読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はこれを証明しようと思う。

高校生の頃から自己啓発、ハウツー系の本を読みあさるも行動を全くしないノウハウコレクターの私が自分を変えるために、本に書いてあることを実践し、どんな変化があるか証明していくブログ。まぁ色々書くけどね(笑)

「大学の授業を1回サボると~円の損」という煽りは無視でいい理由

オピニオン 大学生活


この記事にたどり着いたあなたへ。

もしかして、あなたは今、こんな状況に置かれているのではないでしょうか?

  • 大学をサボってしまって罪悪感にかられている
  • 大学の授業をサボろうか迷っている
  • 何となく大学がつまらない 

それ。めっちゃ気持ちわかります。 

 

私は今、大学院の2年生なのですが、学生時代はとにかく授業をサボっていました。なぜかと言うと、行く意味を見出せなかったからです。

授業はつまらないし、全部授業に出なくても単位は取れてしまいますもんね。

けど、授業をサボって何をするかといっても、意外と大したことはしてないんですよねw

 

そんな生活が嫌で、授業をサボることに罪悪感を感じてた時期もありました。(それでも授業さぼっていたけど)

「もうホントに自分ってなんなんだよ!」ってちょっと自己嫌悪になってました。

 

そんな時に僕も「大学 サボる」で検索したことがあります。

そうすると「大学の授業を1回サボるろ〜円の損ですよ!ちゃんと授業に行きましょう!」みたいな記事がたくさん出てきて、マジで吐きそうでした。

 

「おいおい。それって絶対おかしくない?そんな話じゃねーよな?」って思っていたので、今回は少し視点を変えて僕の意見を話します。

 

・「授業1回サボると~円無駄にしてますよ!」っていうよくある議論

・授業を受ける意味

・大学生活の目的

なんかと絡めながら書いていきます。    

 

授業をサボるといくら損をするのか計算してみた

なんだかんだ言って僕も大学の授業をサボるといくら損をするのか計算してみました笑

 

国立大学文系の授業1回分の授業料

入学金:282,000円

授業料:535,800円×4

卒業単位数:132(1授業2単位)

1授業の時限数:15回(1授業90分)

卒業までに必要な時限数:990回  

全部計算すると、、、 

 

大学の授業1回分の授業料

2,425,200÷990≒2500円  

 

とても大まかな計算ですが どうやら1回授業をサボると約2500円損したことになるらしいです。 

 へー。笑

 

大学の授業に出ているために生きている訳ではない

「大学の授業を1回サボると~円無駄にしてます!」っていう考え方が最近流行りみたいですね。

日本の大学生の学習意欲を煽る考え方ですが、はっきり言って無視していいです。  

 

なぜなら、あなたは大学の授業に出るために生きている訳ではないからです。

あなたは「あなたの幸せのため」、「目標達成のため」に日々の時間を使うべきです。  

そう考えたときに大学の授業が必要かどうかは個人の問題であって、全ての人に共通する問題ではありません。  

 

少しおもしろい例を出します。

A君は大学合格という目標のために予備校を利用していたので、無駄な授業はサボって自習していました。

一方、B君は「お金がもったいないから」という理由で予備校の授業をさぼらずに全部受けていました。

 

大学受験の世界では「予備校の授業をちょくちょくサボるA君が大学に合格して、予備校の授業を全部真面目に受けていたB君が不合格になる」という現象がよく見られます。  

 

A君は「目標達成のために行動」していたのに対して、B君は「お金を払っているから授業を受けなければ損する」という本来の目的とは関係ない所で考えがストップしていたことが原因です。    

 

もう1つ面白い話があります。実話です。

私の大学の学部長がオリエンテーションで留学の素晴らしさについて語っていたときに放った言葉が衝撃的だったのでここで紹介します。  

 

この人のスピーチはそれはそれは素晴らしかったんですよ。

もう話の最後の方には教室のほとんどの人が「よし!大学入ったら勉強頑張るぞ!」って思っていたことでしょう。  

そのタイミングで学部長はとんでもないことを言い出したんですよ。  

「あのねー。今までの私の話を聞いて「よーし大学入ったらたら授業をサボらず頑張るぞー!」とか考えている人は正直に言って三流以下ですよ。

そういう人に限って授業には出るけど居眠りしたり、板書書き写しマシーンになったりするんですよ。

 

そんなの全く意味ないですからね?

 

そんなことするくらいだったら授業サボってパチンコ行ってお金稼いで、試験前だけノート見せてもらっている人のほうがよっぽど効率よく時間を使えていますよ。

大切なのは授業にでるかでないかじゃなくて、時間をどう使って目標を達成するかなんですよ。

大学の授業はあなたの夢を叶えるためのひとつの手段なんです。

それ以上でも以下でもありません。

  この言葉に度肝抜かれました。  

パチンコはさすがにオススメしないですけど、今だったら、大学サボってプログラミングを学習するのとかオススメですよ。

素人でも1ヶ月で習得できるし、プログラミングができるだけで就活は無双できます。

 

あとはいろんなバイトを経験するのもすごくオススメです。

今の時代は工夫すれば時間をかけずにお金を稼ぐことは可能です。

僕も

  • 短時間
  • 稼げる

この3拍子そろったアルバイトを探し続けました笑

 

大学の授業はサボって正解だった

私は大学の授業をサボって正解だったと心から思っています。なぜなら私は大学に入るまで勉強と部活しかしてこなかった人間だったからです。

そんな私の大学時代の目標は「勉強と部活以外の経験をすること」でした。

 

授業をサボって遊んでいたこともありました。

カフェで本を読んでいることもありました。

ただボーッとしていることもありました。

 

全てが私にとっては新鮮で、私の人間の幅を広げてくれる貴重な経験でした。    

 

大学院の授業をサボらない理由

大学生時代とは違い大学院時代の私の目標は「経験から成長」へと変わりました。

己を磨き続けるストイックな2年間にしようと決めたのです。そんな私にとって授業は目標達成のための大事なツールなのです。

だから私は授業をサボらないし、授業を楽しいと感じるのです。    

 

大学をいかに利用するか

大学はあなたに何も与えようとはしてくれません。

しかし、あなたがしたいことをする環境は整っています。  

 

大学には日本の頭脳とも言える教授がたくさんいて学ぶには最高の環境です。

大学には同世代の若者がキャンパス内にはたくさんいてお互いに夢を語ることもできます。

サークルで死ぬほど遊びつくすこともできます。

「そうだ。旅に出よう。」と思ったら旅に出かける時間があります。    

 

そんな最高の環境が大学には揃っています。

授業はその中の1つのツールであって授業が大学の全てではないのです。    

 

あなたが本当に望む環境と長所について

何度も言いますが、大学はあなたの夢を現実するための1つのツールなんです。それを使うも、使わないもあなた次第です。

 

しかし多くの大学生が、自分の目標を見つけられずに、何となく過ごしていますよね。その原因って、自分がどんな人間か、わかっていないからなんです。

偉そうなことを言っていますが、僕自信もそうでした。

 

「自分は何が得意で、何が苦手なのか。」をしっかり客観的に把握しないと、どこに向かって走りだせばいいかわからなくなります。もちろん夢も目標も見つかりません。

 

自分の長所と短所をしっかり見極めて、納得のいく大学生活を送ってください。

 

関連記事

 

関連記事