読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はこれを証明しようと思う。

高校生の頃から自己啓発、ハウツー系の本を読みあさるも行動を全くしないノウハウコレクターの私が自分を変えるために、本に書いてあることを実践し、どんな変化があるか証明していくブログ。まぁ色々書くけどね(笑)

【変態最高!】左利きの人は変態であることを証明してみた

寄稿


f:id:keita-agu-ynu:20160425134435j:plain

こんにちは、VOS Storiesというブログを運営している"ウミキチ"といいます。

今回はご縁があって、keitaさんのブログに寄稿させていただいてます。

 

「左利きの人は変態であることを証明してみた」って、どういうことなんだ!

なにを言い始めるんだと思うかもしれませんが、ここでの変態はすごくよい意味なので、ぜひ読んでみてくださいねー!

 

左利きの人は変態である理由

左利きの人には、いきなり変態と書かれて気分を悪くしてしまったら申し訳ないです。しかし一転して気分よくなってもらいます。

 

「左利きが変態である」というのは、「左利きはそれだけで特別」であって、一般からすると「異質」なわけです。

 

左利きの日本人は約11%

左利きのアメリカ人は約2%

めちゃくちゃ珍しいわけではないですが、少数派なのでちょっとだけ特別なんですよ。

 

さらに、左利きの人にもっと特別になってもらいましょう!

例えば、日本でサッカーをやっている人は約4%なのですが、その内で左利きの人は約11%(比率的に言えば)です。

すると、日本の人口の中で、サッカーをやっている左利きの人は0.44%しかいない。

約1000人に4人ですよ。くっそ特別じゃん!異質!特異!なんだかすげえ!

 

変態ってどういう意味?

あえて変態って言葉を使わしてもらいましたけど、変態は最高の褒め言葉です。

変態って、イヤらしい人とか不審な変な人、そんな印象を持っているのではないですか?

イヤらしさ丸出しの人って少数派ですよね。不審な変な人も少数派です。

大多数派=一般、に対して、

少数派=一般ではない=特別=変態となります。

 

イヤらしさ丸出しが大多数で一般的だったら、変態じゃなくなりますよね。

つまり、変態ってのは少数派で特別な意味なんですよ。

なので、左利きは少数派=特別=変態ということを証明できます。

  

変態は素晴らしくて、可能性に満ち溢れてる

「世の中の3%くらいの人が様々な分野で冒険をしている人だ」という言葉を聞いたことがあります。

・医療の分野で研究しまくって不治の病の治療を開発した人

・誰も行ったことのない宇宙に足跡を残した人

そんな特別でヤバイ変態な人たちが世の中の可能性を切り開いているんですよね。

 

左利きの人が世の中を切り開くと言ったら大げさですけど、人と違う変態を持ち合わせてるのは武器であり素晴らしいことです。

 

例えば、ぼくなんかで言えば、一般的には好まれないiPhone16GBをめちゃくちゃフル活用するという変態ぶりを発揮してます。

それでも、こんな情報が人の役に立っているので、少数派の変態でよかったと思います。

www.vosstories.net

 

ぼくの変態っぷりはこんなもんじゃありません。

ぼくはアトピー性皮膚炎という病気です。ずっとコンプレックスを持っているし、治ったらいいと本当に願います。

病気だ!特別だ!最高!なんて、言うつもりはありません。もっと辛く戦っている人もいますし、ぼくもその一人です。

しかし、アトピーをよくしたいと思って、健康について調べてブログでアウトプットしてます。

 

ハンディキャップも見方を変えれば武器になるんじゃないでしょうか。

 

病気を持ちながら、それを発信する少数派な変態。ぼくはそれで頑張りたい。

記事を読んで、体質改善して病状がよくなってくれる人がいたら、ぼくの変態は最高なモノになるのではないかと思います。

www.vosstories.net

 

変態であれ、変態を目指せ、変態最高!

最後にちょっと、しんみりしてしまいましたかね。笑

あなたのちょっとした変態は武器になります。なにかの挑戦を成功に導くかもしれません。変態は個性であり、個々のスキルや創造性が問われる現代において能力を発揮するでしょう。

 

これからの時代、自分を変態に育ててくことが大事です。

そのうち、「大変変態ですね」が最高の褒め言葉になる日がきますよ。

なーんてね!

 

「左利きの人は変態であることを証明してみた」でした!

VOS Storiesというブログでいろんなことを書いているので、よかったら来てくださいね!

以上、"ウミキチ"でした!

www.vosstories.net