読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はこれを証明しようと思う。

高校生の頃から自己啓発、ハウツー系の本を読みあさるも行動を全くしないノウハウコレクターの私が自分を変えるために、本に書いてあることを実践し、どんな変化があるか証明していくブログ。まぁ色々書くけどね(笑)

twitterではブロックじゃなくてミュートにするとみんな幸せになるっていう話

オピニオン


私はバイトでよく高校生と接する機会があります。

高校生は怖いですよー。

 

「あいつマジでウザいんだけど!もうブロックする!」

 

高校生はもうすぐブロックしちゃいますから。

これは大学生もそうかもしれないですね。

特に女子(笑)

 

私は意味の分からないbot以外はtwitterでブロックしたことがありません。

なのですぐブロックしちゃう高校生、大学生を見ると

 

「若いな〜」

なんて年上ぶっています。

 

しかし、こないだ友人がこんなツイートをしてたのを発見してしまいました。

 

「あいつの〜って何のためにやっているんだろうね?自己承認欲求?痛すぎてこっちがみてられねーよ。そこまでしてお金稼ぎたいの?ひくわ。」

 

これ完全に私のブログがバカにされています。

 

 

f:id:keita-agu-ynu:20151004181034p:plain

 

 

 

 

ブロックしてやる。

 

 

そうです。

私もまだまだ若かったのです。

 

もう私の右手はブロックボタンに向かって一直線。

うぉぉぉぉぉー。

 

 

ん?

 

なんだこのボタンは?

 

f:id:keita-agu-ynu:20151012154922j:plain

引用:ツイッターのミュート機能使い方!相手には通知で確認されてバレる? | SNS・アプリの使い方ガイド

 

ミュート?

 

ミュート機能とは?

f:id:keita-agu-ynu:20151012155126j:plain

引用:ブロック・フォロー外しするほどじゃないけれど... 「ミュート」ができるTwitterクライアントまとめ - エキサイトニュース

 

ミュートとは、対象ユーザーの、ツイートをはじめとした一切のアクションを非表示にする機能です。例えば、そのユーザーをフォローしていた場合でも、今後は、自分のタイムラインにそのユーザーのツイートが表示されなくなります。また、たまにタイムライン上に流れる「...さんがお気に入りしました」「...さんがフォローしています」などの関連ツイートも、流れなくなります。自分の中から、そのユーザーの存在を消せるわけです。引用:https://syncer.jp/twitter-how-to-use-mute

つまりフォローを外すことなく、その人のツイートをタイムラインに表示させない機能のことです。

私はこの機能の存在を知って、ブロックではなくミュートにすることにしました。

 

なぜならこの機能は自分のためにも相手のためにもなる最強の機能だからです。

 

そうです。

 

ミュートはみんなを幸せにするのです。

 

ブロックやフォロー外しはバレる 

皆さんも経験があると思いますが、ブロックやフォローはずしはすぐに相手にばれます。

 

こちらの記事を参照ください。

info-of-info.com

 

バレたら当然、相手も怒りますよね?

 

より関係が悪化するわけです。

 

ブロックの負のスパイラル

以下にブロックすることで起きる負のスパイラルについてまとめます。

 

ブロックする

ブロックが相手にバレる

相手が怒る

二人の関係が悪化・・・

 

つまりブロックとは自分と相手にとって

Lose-Loseの選択なのです。

 

ミュートでみんな幸せに?

一方、ミュート機能は自分の嫌いな人を一時的に遠ざける機能です。

他人のツイートから自分を守ってくれます。

 

そしてミュート機能はほとんど相手にバレることはありません。

 

そうするとこんな流れが生まれます。

 

 

相手をミュートする

相手のことを考えなくて済む

時は流れる

少しずつ相手への対応が穏やかになる

それに応じて相手も自分への対応が穏やかになる

二人の関係が良くなる

そっとミュートを解除する

 

ミュートは自分と相手にとって

Win-Winの選択なのです。

 

 

自分の知り合いや友達をブロックしても良いことはひとつもありません。

ここは1つ大人の気持ちで、ミュート機能を使ってみてはいかがですか?