【感想】「億男」を読んでお金と幸せの答えを考える

お金持ちになれば、幸せになれる。

月末になると銀行口座は5000円以下になり、カップ麺ばかり食べる。それでもバイトはやる気がでない。
そんな貧乏大学生だった当時の僕は「お金さえあれば幸せになれる」と信じて疑いませんでした。

そんな僕はブログに出会って、熱中し、勉強し、努力しました。
その結果、お金持ちにはなっていませんが、月に100〜150万円くらいは安定して稼げるようになったんです。

お金持ちの入口の入口くらいに来た僕が感じたことは大きく3つ。

  • お金は世の中のほとんどの問題を解決してくれる
  • お金を持っているだけで自分に自信がつき、周りからちやほやされる
  • お金を持っているからといって幸せになるとは限らない

そんな僕が今回は「億男」という本を紹介します。
借金を抱えて主人公の一男がある日、3億円の宝くじに当選。いきなり大金を得て不安になる一男は昔の親友で大富豪の九十九や、その仲間との出会いを通して「お金と幸せの答え」について考えるストーリーです。

※若干ネタバレも含みますがご了承ください

スポンサーリンク

お金持ちにはお金持ちの苦悩がある

億男には大富豪の九十九の仲間として3人のお金持ちが登場しています。

  • 12億円を貯め込みながら普通の暮らしを送る女性
  • 大金を手にれたがゆえに、自分に寄ってくる人間全てが「俺のお金に魅力を感じているだけでは?」と不信感を抱くようになった男性
  • お金の使い方がわからなくなり、宗教法人を立ち上げて、信者を熱狂させることにハマってしまった男性

3人とも普通の人には理解できないお金の悩みをもっています。

日本のメディアはお金持ちの華やかな面だけを切り取りますが、億男では、お金持ちの悩みの部分を切り取って私たちに伝えてくれます。

お金を稼げば稼ぐほど、自分の欲がわからなくなる

私にはどうしても好きなものとか心から欲しいものがない

主人公の一男の妻である万佐子のセリフです。

お金が欲しい!
僕はお金に対する欲望が強かったですが、いざ手に入れると、なんとなく虚しいというか。万佐子と同じような心境になってしまっています。

お金を持つと、働く必要がなくなってきます。
そう聞くとまるで天国のように思うかもしれませんが、うまく自分の生活をデザインしないと空虚と退屈が猛烈に襲ってきます。

ああ。僕はいったい何にお金を使えばいいのだろう。

スポンサーリンク

お金と幸せの答えはあなただけのもの

「お金と幸せの答えってなんだろう?」僕はそれが知りたくて、この本を読みましたが明確な答えは書かれていませんでした。

ただし、この本の最後にこんな言葉が書かれていました。

お金と幸せの答え、それはひとつではない。人間すべてひとりひとりに解がある。

僕もその解にたどり着くように、これからもお金を稼ごうと思いました。
その先になにがあるのか?その時、自分は何を思うのか?そんな好奇心が今の僕をやる気にさせてくれています。

最後に作者の川村元気さんのインタビュー記事があったので引用させていただきます。

今はお金を何に使うのかを考えるのがむずかしい時代。昔のように「お金さえあればOK」という時代ではないし「お金がなくても幸せ」というのも信じられない。いまどき、お金があるだけで尊敬されることは、正直あまりない。だから「品」とか「格」とかを大事にするために、お金を使うようになってくるのではないかと思います。「お金とは何か?」を正しく知り、客観的にお金に向き合う。そうすれば、お金にコントロールされる側ではなく、お金をコントロールする側に回れるのではないでしょうか。
引用:http://media.yucasee.jp/posts/index/14677/4

【1冊10分で読了】本の要約サイトflierがおすすめ!


1冊の本を10分で読める分量に要約!
そんな画期的な本の要約サービスflier(フライヤー))をご存知ですか?

・1冊10分で読める要約
flierに掲載されている全ての本が1冊10分程度で読了可能です!通勤時間や隙間時間でまるでコラムを読み進めるようにサクサクと

・厳選された良書ばかりを掲載
ビジネス書を中心に良書を選定して掲載されています。経営者、ビジネスリーダー、大学教授、出版経験者、書店員などを交えて「選書委員会」を開いて本を選ぶほどの徹底ぶり。あなたの人生を変える1冊に出会えます。

・専属ライターによる高品質の要約 
要約のクオリティーにはかなり力をいれているのもflierの特徴の1つです。数々のヒット作を手がけたライター、出版社編集者、新聞記者、経営コンサルタントなど、「経験豊富なプロのライター」だけが要約を行なっています。

・読みやすさにこだわったサイトデザイン
視認性が高く、目が疲れにくいフォントや行間を採用している。電子書籍を超える圧倒的な読みやすさです。

 

 


スポンサーリンク

このブログの運営者

沖 ケイタ

ブログで月にMacbookが12台買えるくらい稼いでます。渋谷のIT企業を1ヶ月半で辞めてプロブロガーへ。
何者かになりたい大学生を応援してます。
>>沖ケイタの詳細プロフィールはこちら
>>沖ケイタのVALUはこちら

ブロガー交流コミュニティ「ブログビレッジ」参加者募集中!


>>ブログビレッジの詳細はこちら<<

ハシモトくんスタンプ発売中!


>>スタンプの詳細はこちらから