読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日はこれを証明しようと思う。

高校生の頃から自己啓発、ハウツー系の本を読みあさるも行動を全くしないノウハウコレクターの私が自分を変えるために、本に書いてあることを実践し、どんな変化があるか証明していくブログ。まぁ色々書くけどね(笑)

吉田松陰の迫力がありすぎる名言5選が超おすすめ

名言・格言


最近、吉田松陰に関する書籍が飛ぶように売れています。

なぜそんなに人気があるのかといと、吉田松陰のクレイジーぶりが尋常じゃないからです。

まさに狂人です。

 

吉田松陰の名言を紹介する前に、吉田松蔭がいかにクレイジーかわかるエピソードを2つ紹介します。

 

その1:旅行がしたくて脱藩する

ある日、吉田松陰は友人と東北旅行に行きたくて旅の計画をたてていました。

しかし、自分が所属している長州藩がなかなか通行手形を発行してくれなかったらしいです。これでは旅行に行けません。

そんなことをしていたら、ついに旅行当日になってしまったんですよ。

 

しかし何を思ったのか吉田松陰。

吉田「通行手形が出ないから脱藩しちゃおーっと

当時、脱藩は死罪ですw

 

つまり吉田松陰は旅行のためだけに死罪覚悟で脱藩してしまったのです。

クレイジーすぎるw

 

その2:留学したくて黒船に密航w

吉田松陰は黒船が来航した時に「これって外国留学のチャンスじゃね?」と感じたらしく、勝手に黒船に乗り込んで密航を試みます。

 

もちろんすぐに見つかって追い出されます笑

吉田のこのクレイジーな行動に対してペリーは逆に感心したとか。

もちろんこの後に吉田はすぐに牢獄に入れられてしまいます。

 

こんな狂人が歴史上にはいたんですねw

しかしその行動力と飽くなき探究心は見習うべきところがあります。

 

今日はそんな狂人、吉田松陰の迫力がありすぎる名言10選を紹介します。

 

吉田松陰の名言その1

「諸君、狂いたまえ。」

 

まさに吉田松陰の生き方そのもを体現したかのような名言です。

成功は常軌を逸した行動の先にあります。

 

レオナルド・ダ・ビンチは一日の睡眠時間が2時間以下で、起きている時間のほとんどを作品の制作に費やしていたそうです。

エジソンは電球を開発するまでに1万回失敗したと言われています。

 

成功者はみんなある意味「狂って」ます。

成功を志しているあたなは果たして狂っていると言えますか?

 

吉田松陰の名言その2

かくすれば かくなるものと知りながら やむにやまれぬ 大和魂

 吉田松陰が牢獄に入れられてしまった時の言葉です。

吉田松蔭はただ自分の成功を夢見て行動しているわけではありません。

 

これらの行動の奥には常に「日本を思う気持ち」があったのです。

・どうすれば日本はより良い国になっていくか

・どうすれば他国に負けない強い国になることができるか

こんな深い愛国心が松蔭を突き動かす原動力となったのです。

 

吉田松陰の名言その3

何もせずに機会を失ってしまうのは、人の罪である。

私が人生で一番気をつけているのが機会損失です。

何も行動しないというのは行動して失敗するよりも、愚かな行為です。

 

私はやりたいと思ったことは全部やってきました。

そしてたくさん失敗してきました。

しかし失敗から学び成功につながったこともたくさんありました。

 

行動しない<失敗<成功

この不等式をお忘れなく。

 

吉田松陰の名言その4

賢者は議論よりも行動を重んじる。

ワナビという言葉を知っていますか?

ワナビとは、作家志望者に対する呼称。差別的ニュアンスを含んで用いられることもある。
広義には、何かになりたいと考え、なろうとしている人々のことである。

引用:ワナビ (ワナビ)とは【ピクシブ百科事典】

 

夢を語るだけで努力をしない人の集まりというネガティブな意味で使われることが多い言葉です。

 

あなたはもしかしてワナビ状態に陥っていませんか。

私は大学生活のほとんどがワナビ状態でした。

「俺は金持ちになるんだ!(まだ何もしてないけど)」

「まだ俺は本気をだしていないだけだ!」

こんなことを言いながら口だけは達者で何も行動していないクズ野郎でした。

 

成功者はまず行動します。

頭で考えるのは行動しながらにしましょう。

決して立ち止まってはいけません。

 

吉田松陰の名言その5

思想を維持する精神は、狂気でなければならない。

 夢を語ると必ず邪魔してくる人がいます。

 

「そんなの無理だって」

「やめとけよ。失敗したら大変だぞ」

「お前にはむいてないって」

あなたにとって大切な人ほど、こんな言葉をかけてあなたの夢を邪魔します。

 

多くの人がそこで夢を諦めてしまうでしょう。

 

狂いましょう。

ぞんな夢を邪魔してくる人達がドン引きするくらい狂って行動しましょう。

夢を持ち続けるなんてもはや狂気の沙汰。

狂ってナンボの世界ですよ。

 

 

いかがでしたでしょうか?

私は「覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 」という本で吉田松陰の生き方に触れて感銘を受けました。

 

・くすぶっていて行動できない人

・すぐ諦めてしまう人

・夢なかばで挫折しそうな人

こんな人達におすすめの本です。

 

あなたも吉田松陰の思想に触れてみてはいかがですか?