【1年で退職したヤツが語る】新卒で会社を辞めたその後ってどうなるの?結論、人生終わりじゃない

※この記事は当ブログ運営者ではなく、ライターさんの体験を元に執筆されたリアルな体験談です

新卒で入った会社を辞めたいと悩んでいる方に向けた記事です。

会社は辞めたいけど、「最低でも3年は続けろ」って周りから言われるしな…と悩んでいる人もいると思います。辞めた後のことが気になっている人もいるのではないでしょうか。

実は私もそんな一人です。新卒で入った企業がとんでもなくブラックでした。残業や休日出勤は当たり前、毎日上司から怒られる日々…身も心もボロボロになってしまったため、1年ちょっとで辞めたのです。
現在は転職しており、前職とは比べられないくらい楽しく働いています

そこで今回は、

  • 新卒で入った会社を辞めた体験談
  • 新卒で退職するメリット・デメリット
  • 辞めた後の実際の声

をご紹介していきます。きっと、悩んでいる人の力になれるはずです。

新卒で入った会社を辞めた私の体験談

私が新卒入社した企業は失敗でした。その時の体験談を少しご紹介します。結論からお伝えすると、前の企業を辞めて転職して正解でした。

私は、生命保険の会社に営業職として新卒で入社しました。

  • 大手企業だから安定しているだろう
  • もう就活したくない
  • お給料もそこそこいい

こんな軽い気持ちで選んでしまいました。

しかしいざ働いてみると、周りの人から煙たがられる、休日関係なく出勤させられる、ノルマを達成できなければ泣くまで説教される…想像もしていなかった地獄。辛いと思いながらも、「最低3年続けろ」という世間の声を信じてとりあえず頑張ってみました。

そんな気持ちで続けてみたものの、1年ほどでついに限界が来てしまったのです。
仕事のことを考えると涙が出るようになりました。自分のことをゴミだと思うようになりました。
さらに、業務に何のやりがいも感じられず、自分がしていることを恥ずかしいと思うほどでした。

限界を感じた私は、仕事をしながら転職を決意します。
「たった1年しか社会人経験がないけど転職できるのかな?」と不安になりながらでしたが、なんと就活を始めてから2か月で新しい職場が決まりました。私は、もっとかかると思っていたのでびっくりでした。

転職した今だからこそ言えますが、「仕事は最低3年続けろ」なんてくそくらえです。今の日本は転職しやすい時代です。本当にあなたが会社を辞めたいのなら、こんな都市伝説みたいな言葉に縛り付けられる必要はありません。

「3年」って正直なんの根拠もないんです。「経験が積める」なんて反論する人もいるでしょうが、正直転職した今の方がスキルが身についていると感じます。私は今も営業職ですが、新しい職場ではセミナー講師をしたり、会議資料を作ったりと様々な業務を経験しています。今の私の方ができることは多いです。

前職の同期と1年振りに会う機会があったのですが、元同期は仕事の愚痴しか言っていませんでした保険会社に勤めていた当時の私も、悪口まみれだったと思います。改めて、転職先の環境が恵まれているかということに気付きました。

新卒で入社した企業をたった1年で辞めた私ですが、会社を辞めて良かったと心から思っています。

  • 残業も少ない
  • 休日出勤もないノルマを達成することに命を懸けなくてもいい
  • 前職での仕事よりもとても働きやすい

辞めるときのは想像していない環境が手に入りました。
あなたが本当に辛い思いをしているのなら、新卒で入った会社を辞めても良いんです。

新卒で会社を辞めるメリット

新卒で退職すると不利だと思う方もいるかもしれません。しかし、早めに会社を辞めるとかえってメリットになる部分もあります。具体的に紹介すると、以下の5つです。

  1. ストレスから解放される
  2. 就活で落ちた会社に中途入社できる可能性がある
  3. 若いうちに新しい仕事に挑戦できる
  4. 第二新卒枠で就職ができる
  5. 転職時、会社とのミスマッチが防げる

それぞれについて詳しく解説してきます。

1.ストレスから解放される

仕事を辞めることであなたを苦しめるストレスから解放されます。

例えば、

  • 大嫌いな上司
  • 最悪な人間関係
  • 顔も見たくない取引先
  • 残業・休日出勤当たり前の労働環境
  • 精神的にもつらすぎる業務内容

など挙げていけばきりがないですね。あまりにもストレスが強ければ、うつや精神疾患などに繋がる場合も。

実際に私の後輩で転職をした人がいます。その子は仕事がつらすぎて、会社に行くたびにトイレで泣いていたそうです。限界を感じ会社を辞めた今は、仕事のことで泣くことはなくなったと言っていました。

今の環境を変えることで、あなたのお悩みも解消されるかもしれません。

2.就活で落ちた会社に中途入社できる可能性がある

就職活動時に落ちてしまった企業に、中途採用として入社できる可能性があります。

第一志望は不採用になったから、仕方なく内定を貰ったところに入社したという方もいらっしゃるでしょう。

大学生の時は落ちてしまうともう一度その企業を受けることはできません。しかし、新卒で会社を辞めると、中途採用枠でチャレンジすることができるのです。

3.若いうちに新しい仕事に挑戦できる

新卒で会社を辞めるメリットは若いうちに新しい仕事に挑戦できることです。

例えば、

  • 営業→事務
  • 金融業界→IT業界

など経験したことのない職種や業界へチャレンジできるのは若い人の特権と言えるでしょう。実際に私の友人も営業を1年で辞め、今は事務職として働いています。

私が転職したときにお世話になった転職エージェントにも、「未経験で挑戦できるのは20代だからこそ。これが30代になってくるとなかなか厳しいです。」と言われました。確かに紹介してもらった求人の種類は多く、今まで経験していない業界・職種も含まれていました。

4.第二新卒枠で就職ができる

新卒で会社を辞めると「第二新卒」として転職活動をすることができます。第二新卒とは、大学卒業後に1~3年以内に就活をする人のことです。

最近では第二新卒の需要が高まっています。実際にデータも出ており、厚生労働省の調査によると、約6割の企業が第二新卒の応募を受け入れているのです。
【参考】新規学卒者採用枠での既卒者の応募受付状況ー厚生労働省

そのため大嫌いな仕事を3年も我慢しなくても、あなたを受け入れてくれる企業は多いということがいえます。

ちなみに私も第二新卒として転職を経験しました。「社会人歴3年以上」が条件の企業には書類選考の時点で不採用でしたが、面接まで進めた会社は複数ありましたよ。

5.転職時、会社とのミスマッチが防げる

転職する際に会社とのミスマッチを防ぐことができます。

大学生の時は、特に何も考えずにネームバリューやお給料で会社を決めていた人も多いでしょう。実際、私がそうでした。

働くうちに仕事をしていく上で大切にしたいことに気がつきました。そのため転職の時には、給料は下がってもいいから残業が少ないところを選びました。その条件に合ったのが今の会社です。働いて1年が経ちますが、その部分に関してはミスマッチはありません。

一度会社員として働いたおかげで、自分に合った転職先を選ぶことができたのです。

新卒で会社を辞めるデメリット

一方新卒で会社を辞めるデメリットもあります。以下5つです。

  1. 仕事をすぐ辞めるのでは?と疑われることがある
  2. 失業給付をもらえない可能性がある
  3. 転職時に即戦力として求められることがある
  4. 転職先の人間関係になじめない場合がある
  5. 中途採用枠での転職は不利になる可能性がある

それぞれの項目について詳しく解説していきますね。

1.仕事をすぐ辞めるのでは?と疑われることがある

入社後にすぐに辞めてしまうと、転職時に「採用してもすぐ辞めるのでは?」と疑われてしまう可能性があります。

あなたがもし面接官だったら、新卒で退職しているすぐ応募者をぜひ採用したいと思うでしょうか?「うちの会社もすぐに辞めてしまうのでは」と考えてしまうのが普通でしょう。

また、面接時では早期退職した理由を必ず聞かれます私が転職活動時に会社をすぐに辞めた理由を聞かない企業はありませんでした。そのため、面接官を納得させられる理由を答える必要があります。

2.失業給付をもらえない可能性がある

新卒で会社を辞めてしまうと、失業給付を受け取れない可能性があります。「失業給付」とは退職後、仕事に就いていない人がもらえる国からの手当てです。

失業保険の給付対象になると、直近の給料をもとに50〜80%の金額を90日間もらえます。

ただし、この失業給付を受け取るためには条件を満たす必要があります。

1.ハローワークに来所し、求職の申込みを行い、就職しようとする積極的な意思があり、いつでも就職できる能力があるにもかかわらず、本人やハローワークの努力によっても、職業に就くことができない「失業の状態」にあること。
したがって、次のような状態にあるときは、基本手当を受けることができません。

2.離職の日以前2年間に、被保険者期間(※補足2)が通算して12か月以上あること。
ただし、特定受給資格者又は特定理由離職者については、離職の日以前1年間に、被保険者期間が通算して6か月以上ある場合でも可。

引用元:ハローワークインターネットサービス

上記を簡単に説明すると、

  1. 無職の理由が病気やケガではないこと
  2. 働いていた期間が12ヶ月以上あること

このようになります。どちらの条件も満たす必要があります。入社から1年以内に退職してしまうと、「2.働いていた期間が12ヶ月以上あることの条件に当てはまりません。そのため失業給付がもらえない場合があるのです。

どうしてもお金に困っているという方は、転職先を決めてから会社を辞めた方が安全ですね。

3.転職時に即戦力として求められることがある

転職時にある程度社会経験もあることから、即戦力として求められる可能性があります。

新卒の時には何ヶ月という単位で研修があった人もいるのではないでしょうか。中途採用ではそのような、長期間の研修はありません。また、研修自体もないという会社もあります。知識がある前提で職場に入ると、戸惑うこともあるでしょう。

私が転職した際には、研修自体はありました。しかし、実践を通して勉強していくというスタイルだったため、先輩に着いていくのが必死でしたね。それはそれで自分の身になりますが、新卒の時のように手厚い研修は期待しない方がいいでしょう

4.転職先の人間関係になじめない場合がある

当たり前ですが、転職をしてしまうと新卒の時とは違い同期はいません

そのため、すでに人間関係ができている輪に飛び込まなければならず、うまくなじめない可能性もあります。

私も実際に、転職したての頃は職場の輪に入れずに悩みました。しかし、1ヶ月も経てば周りの環境に少しずつ慣れていけました。最初の方は人間関係で苦戦するかもしれませんが、時間が解決してくれる場合もありますよ。

5.中途採用枠での転職は不利になる可能性もある

経験を十分に積む前に会社を辞めることで、中途採用枠での転職が不利になる可能性もあります。

例えば、あなたが採用担当だとしてイメージしていただきたいです。もしあなたの会社に以下2人の応募があった場合どちらを採用したいでしょうか?

  • Aさん:営業経験10年
  • Bさん:営業経験6ヶ月

私は営業経験が長いAさんに来て欲しいです。

このように経験が浅ければ、他の求職者とのバッティングに負けてしまう可能性も。

私も実際に未経験の事務職の求人に応募した時、経験のある人の応募があったため書類選考で落ちてしまった経験があります。

どうしてもつらいなら新卒で辞めてもいい

ここまでメリットやデメリットを説明してきましたが、今の仕事がどうしてもつらいのなら、新卒で会社を辞めたって大丈夫です。下記にてその理由をご紹介してきますね。

新卒で会社を辞めるのは約5万人

あなたは1年間で新入社員がどれだけ会社を辞めているか知っていますか?

その数はなんと5万人意外と多いと感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらのデータは厚生労働省のもので、平成30年3月卒業の離職者数となっています。
つまり、今の社会人1年目がどのくらい会社を辞めたのかというデータです。
【参考】新規学校卒業就職者の在職期間別離職状況ー厚生労働省

理由は人によって違うかもしれませんが、これだけ多くの新入社員が退職しているのです。「会社を辞めたい」と思っているのはあなただけではないので、安心してくださいね。

仕事よりもあなたの心の方が大切

あなたの心よりも大切なものなどありません。

働かなければ生活できませんが、いまの日本ではたくさんの仕事があります。自分がどの会社で働くかはあなたの自由です。1つの企業にこだわる必要はあるのでしょうか?

確かに長い期間勤めることは周りから評価されます。しかし、あなたの心身をすり減らしてまで得るほどのものなのではありません。若いうちならいくらでもやり直しがききます。「本当に自分に合った会社で長く働く」という選択も良いのではないでしょうか?

この世の中に仕事はありふれるほどありますが、あなたの心はたった1つしかありません。「まだ大丈夫」と思っていても、いつか限界は来てしまいます。心がボロボロになる前に、新しいスタートを踏み出す勇気も必要ですよ。

新卒で退職しても大丈夫!実際に会社を辞めた人のその後

私以外に新卒で会社を辞めた人がどんな感想を持っているか知るために、Twitterの声を集めました。

ゆっち(武藤優莉愛)
@Yutchi2123
新卒で入った会社が長時間労働当たり前で、心身の体調壊して3ヶ月で辞めた。初めての挫折だったかも。半年間無職になった時は、社会的な肩書きが何も無くなって疎外感しかなかった。
水商売するなんて思いもよらなかったけど、この仕事始めて7年。
あの時の会社より今のほうが余程ホワイトだと思った。

岡 千尋@そうだんドットミー(大阪⇆東京)

@bln49980

私は新卒で銀行に入りここでの出世が本当に自分のためになるのか疑問に思って2年で会社を辞めた。入社してから3年間は働きなさいという親の意見を振り払い、安定してる環境を捨てるのは怖かったけれどあの時勇気を出して覚悟をしたから今があると思っている。自分の気持ちに素直になること、大切かなと

ハルナスビ@C97 3日目 コスプレ参加
@9harunasubi9
新入社員だけど既に仕事辞めたい奴!いつ辞めても平気だぞ!世の中には腐るほど仕事があるんだから無理してまで頑張る必要なんてない!俺なんて新卒で入社した会社を初日の昼休みでバックれたけど今こうして生きてるし彼女もいるぞ!人は仕事を辞めたくらいじゃ死なない!さっさと辞めろ!
Hanana
@atehana2377
去年新卒で入った会社4ヶ月で辞めたけど
毎日Twitterで「新卒 辞めた」 「新卒 辞めたい」って出勤前や退勤時、休日ですらずっと検索かけてたな…
自分の身体が悲鳴をあげる前に自分で身体を守ってあげてください。
Madokaちょまど@ITエンジニア兼マンガ家
@chomado
私は、正直新卒入社した会社を3ヶ月で辞めた時は
(次の会社の内定があったとはいえ)本当につらかったですよ。
スーツ着て就職活動した会社をすぐ辞めるわけですから。
なんか、『人生のレールから外れてしまった』感じがしました。
でも次に入った会社でコード書きまくって幸せになった!
皆さん、自分の決断に後悔していない様子ですね。どこか吹っ切れたようなすがすがしい声が目立ちます。

体験談!新卒で入った会社はすんなり辞められない?

退職を考え始めた人の参考になるよう、私が実際に新卒で入社した会社を辞めるまでをご紹介します。

結論からお伝えすると、退職するのにとても苦労しました辞めようと思っている方は参考程度にご覧ください。

法律違反!有給休暇は残ったまま退職することに

私は、有給を5日以上残したまま退職してしまいました。有給休暇の使用を会社から拒否されてしまったからです。

有給を消化していれば、転職先の出勤まで心の準備ができたり、旅行にも行けたりしました。退職した今でも後悔しています。

当時の私は知らなかったのですが、「有給を消化させないこと」は違法にあたります。下記の記事では、有給休暇に関する法律を分かりやすく解説していますので、ぜひご覧ください!

【8万円お得】退職代行で有給消化するメリットと注意点を徹底解説【パート・アルバイトも対象】

最悪!引き留めのせいで、辞めるのに1か月以上かかった

上司には3週間後に退職するよう申し出ました。しかし、実際に会社を辞めたのは1ヶ月半後

法律では、2週間前に「仕事を辞めたい」と会社に伝えると退職することができます。

しかし、上司から引き留めに合ったせいで、やっと解放されると思った仕事を1ヶ月以上もすることになったのです。やる気0の状態で行う仕事は苦痛以外の何物でもありません。退職まで毎日「早く辞めたい」と思いながら働いていました。

ありえる?退職を伝えたら上司の態度が一変

退職を申し出た日から、あからさまに私への態度がおかしいのです。正直これが一番嫌でした。

例えば、

  • あいさつへの返事なし
  • 「ノルマは達成してから退職してね」という理不尽な説教
  • 他の職員比べて対応が冷たい

など挙げていけばきりがありません。約1ヶ月、この状況が続きました。もう辞めることが決まっていましたが、精神的につらかったです

これが大人のすることでしょうか?ありえませんよね…。

新卒で退職するなら「退職代行」という選択肢も!

会社を辞めようか悩んでいる人こそ「退職代行」を使用していただきたいです。

初めて聞いたという方もいらっしゃると思います。ざっくり説明すると、あなたの代わりに勤務先へ「会社を辞めたい」と伝えてくれるサービスです。会社を辞める際には、自分で上司に退職の意志を伝える、退職日を決める、引継ぎなどをする…という流れが一般的だと思います。代行サービスを使えばそんな面倒な手間は一切いりません!

一番勇気のいる「退職したい」と伝えることも業者が行ってくれます。苦手な上司と話す必要もありません。あなたは退職代行に依頼するだけで、サクッと勤務先を辞めることができるのです!

私が退職した時には、このサービスを知りませんでした。すんなり会社を辞められるのなら、迷わず使いますね…。

退職代行の利用をおすすめしたいポイントは3つあります。

  1. 辞めたい時に退職可能!上司からの引き留めにも合わない
  2. 有給休暇もきちんと消化できる
  3. 退職後の書類のやり取りも行ってくれる

それぞれについて詳しく解説していきますね。

1.辞めたい時に退職可能!上司からの引き留めにも合わない

代行サービスを使えば、辞めたいと思ったその日に退職できます。あなたの代わりに退職の意向を伝えてくれるため、上司からの引き留めにも合いません

私も経験がありますが、

  • 朝起きるとどうしても会社に行きたくない
  • 夜中に仕事のことを考えると涙が止まらない
  • 仕事へ行く準備はできているのに、外へ出たくない
  • 保険の営業をするくらいなら、消えて無くなってしまいたい

こんな風に一度でも思った事はありませんか?

「辞めたい」と思っても、上司に退職の意向を伝える勇気がなくてずるずる続けてしまう…という方もいらっしゃるでしょう。

退職代行であれば、辞めたいと思ったときにサクッと辞めることができます!

2.有給休暇もきちんと消化できる

これは私が実際に退職をするときに有給休暇を消化しきれなかったことが要因です。

代行サービスを利用すれば、あなたの代わりに「有給消化をしたい」という要望を伝えてくれます自分で上司に言うより断然楽ですよね。

さらに、代行業者によっては有給消化の交渉まで行ってくれるとこも。ただし、ここに関しては注意が必要な部分です。

有給消化の「交渉」ができるのは、下記の通りです。

  • 弁護士が代行するサービス
  • 労働組合が運営する業者

ここを守らないとあなたが損する可能性も。

代行業者選びのポイントは下記の記事にて、詳しく解説しています。ぜひご覧ください。

【解決策あり】退職代行の失敗例11選&ほぼ100%退職できるおすすめ業者5社

3.書類のやり取りも代行してくれる

退職後の書類の受け渡しをあなたの代わりにやってくれます。自分で退職の手続きをすると、自分自身で書類を送ってもらうよう会社へ連絡をしなければなりません。

退職時に受け渡しする書類の一例を示しますね。

  • 離職票
  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票

これらは転職や失業保険の給付などのために、必ずもらわなくてはならないものです。

もし受け取り書類に抜けがあった場合、何度も会社に連絡を取るのは気まずいですよね。退職代行サービスを利用すれば、このような面倒な手続きを丸投げすることができます!あなたは何もしなくて大丈夫です。

  おすすめの退職代行サービス4選

退職代行を使ってみたいという方に、当サイトのおすすめを4つ紹介します。

【当サイト一番のおすすめ】SARABA

料金 27,000円 (業界最安値)
対応時間 24時間 365日対応 (今すぐ連絡して退職可能)
支払い方法 銀行振込 クレジットカード
返金保証 あり
特徴
  • 当サイト1番のおすすめ退職代行
  • 24時間365日対応
  • 明日からでも退職できる
  • 業界最安値の27,000円
  • 行政書士完備
  • 労働組合が運営しているので安心
SARABAさんは当サイトで一番おすすめしている退職代行サービスです。電話でのインタビューにも丁寧にご回答いただき、非常に好印象な会社でした。

業界最安値の27,000円で、24時間365日対応してくれるのはSARABAさんだけです。

今すぐ連絡すれば明日にでも退職できる素晴らしいサービスです。退職代行サービスで迷っているのであればSARABAさんを選べば間違いありません!

【弁護士が対応する退職代行】弁護士法人みやび

料金 55,000円
対応時間 10:00~21:00
クレカ決済の有無  無
返金保証の有無  無
特徴
  • 即日退職に対応
  • LINE、メールからの相談料は無料
  • 損害賠償請求など法的な対応もお任せ
  • 未払い給与、退職金などの請求は着手金無料
実績のある弁護士に依頼したいなら、「弁護士法人みやび」がおすすめです。全国対応可能で、LINE、メールから無料で相談できます。

また、「相談したとき返事が返ってくるのが早い!」という口コミが目立ちました。今すぐ不安を解消したい人は、問い合わせてみましょう。

【20代限定 無料の退職支援】リスタート

対応時間 24時間365日対応
料金 無料
転職支援 あり
特徴
  • 無料の転職支援サービス
  • 20代限定
  • 転職支援あり
リスタートは転職会社として有名なUZUZの新サービスです。

特徴は大きく分けて2つ。

1つ目は費用が一切かからず無料であるということ。なぜ無料かというと、元々転職会社なので退職した方がそのままお客さんになってくれるからです。 これはユーザーにとっても嬉しいとこ。「ブラック企業排除!」を宣言しているUZUZで転職支援を行ってもらえるのできっと、より良い環境の会社に巡り会えるはずです。

2つ目の特徴は退職代行ではなく、退職支援であるということ。つまり、退職に対するアドバイス(即日退職も含め)は完全にサポートしてくれますが、最終的には自分で退職を伝える必要があります。

他の退職代行サービスとは大きく違いますが無料というのは嬉しいですね。さらに転職支援も付いているので、20代の方にはおすすめです!

 

【業界一の老舗&カウンセリングに強み】ニコイチ

料金 28,000円
対応時間 7:00~23:30
支払い方法 銀行振込
クレジットカード
返金保証 あり
特徴
  • 創業14年の老舗
  • 業界最安値の28,000円
  • 退職率100%(2019年11月現在)
  • 退職成功者7500人突破
  • 心理カウンセラー在籍

創業14年の老舗です。日本で一番はじめに退職代行サービスを行っており、今までに4000人以上の退職を代行。
心理カウンセラーの方が相談に乗ってくれたりと手厚いサポートが特徴です。

対応時間が7時〜23時30分ですが、業界最安値の28,000円は魅力的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です