>>【限定】Uber Eats2000円割引コード発行中

【最新8月】foodpanda(フードパンダ)をお得に使えるクーポンと使い方を解説【2,500円割引可能】

当ページでは管理人がfoodpanda(フードパンダ)の公式アカウントを常に監視し、どこよりも最速最新クーポン情報をお届けしております。管理人は今までにフードデリバリーアプリを数百回以上利用しているヘビーユーザーですので、クーポン・裏技の類はお任せください。

それ以外にも…

  • 誰でも使える2,500円OFFクーポン(使わないと損)
  • foodpandaの正しい使い方
  • foodpandaのメリット
  • 実際に利用した感想

などなど。
初めてfoodpandaをご利用する人でも確実にお得に利用できるように全ての機能を実際に使い、画像たっぷりで解説しています。お得に使いこなしたい方はぜひ最後までお読みください。

 

【最新版&期間限定】foodpanda(フードパンダ)のクーポンを徹底解説

 

コード FP21007
割引額 最大2,500円分OFF
・1,200円オフ×1枚
・800円オフ×1枚
・500円オフ×1枚
期限 未定
対象 初めてfoodpandaを利用する方
エリア foodpanda対応中の全エリア

初めてfoodpandaを利用する方限定の超お得なクーポンです!合計で2,500円オフになるので必ず使いましょう!

【8月31日まで】
時間帯によって異なる3種のクーポンでデリバリーすると最大50%

コード ・FPC21(24時間利用可能)
・FPCGOGO(お昼の時間帯)
・FPCYORU(夜の時間帯)
割引額 FPC21:200円×5枚
FPCGOGO:350円オフ
FPCYORU:400円オフ
期限 2021年8月31日まで
エリア foodpanda内の対象店舗
備考 初めてfoodpandaを利用する方は初回限定クーポンがお得です

サブウェイで200円オフクーポン

コード GOGOGO
割引額 500円オフ
期限 先着10,000名
エリア foodpanda内の対象店舗
備考 初めてfoodpandaを利用する方は初回限定クーポンがお得です

【〜8月31日まで】
Soup Stock Tokyoで600円オフクーポン

コード SSTCURRY600
割引額 600円オフ
期限 〜8月31日まで
エリア foodpanda内の対象店舗
備考 初めてfoodpandaを利用する方は初回限定クーポンがお得です

フードデリバリーアプリを使うならUber Eatsもおすすめ

初回配達クーポン

コード JPEATS2000
割引額 2,000円
期限 2021年8月8日まで
エリア Uber Eats内の全店舗
備考 ・当サイト限定クーポン
・最低料金の設定なし
・友達紹介クーポンよりもお得

特徴

  • クーポン入力で初回は総額2000円OFF
  • 掲載店舗数が他アプリよりも多い
  • 日本内での対応エリアが広い
  • アプリが超使いやすい

Uber Eatsは日本での知名度が非常に高いフードデリバリーアプリです。現在利用可能の当サイトの限定クーポン「JPEATS2000」を入力して2,000円割引でご利用いただくと圧倒的にお得です

こちらは当サイト限定の特別なクーポンとなります。このクーポンは割引額は2,000円ですが最低料金の設定がありません。つまり1,000円以下の注文で使えば代金が0円になることもあります。

非常にお得なのでぜひ使ってみてください!

※このプロモーションコードを利用する際は必ず下記(該当)リンクからご利用ください

そもそもfoodpanda(フードパンダ)の仕組みとは?30秒で概要をサクッと解説

引用:https://www.foodpanda.co.jp/

まずはfoodpandaの概要を簡単に説明します。

foodpandaとはざっくり言うと、アプリで飲食店やショップの商品を簡単にデリバリー(出前) or テイクアウトできるサービスです。

デリバリーサービスを使う時にやることは、アプリで商品を選ぶだけです。自宅で待っていれば出来立ての商品を届けてくれます。

テイクアウトサービスはUber Eatsやmenuと同じように以下のような流れで進めます。

  1. アプリで商品を決める
  2. 事前決済を済ませ、お店への到着時間を決める
  3. お店に商品を取りに行く

事前に注文することで待ち時間なく商品を受け取れるのが大きなメリット。もうケンタッキーやバーガーキングに入店した後、全く待つことなく商品を受け取ることができます。

foodpandaは他のデリバリーアプリと比べると配達料が安いです。配達先とお店が近い場合は無料になる場合も。コスパ良くデリバリーサービスを使いたい時にすごく助かりますね。

【2021年7月最新】foodpanda(フードパンダ)の配達エリアを徹底解説

foodpandaは対応エリアを徐々に拡大しています。現在のfoodpanda対応エリアを紹介します。

東京

東京で対応しているエリアを紹介します。

  • 渋谷区
  • 港区
  • 新宿区
  • 品川区
  • 目黒区
  • 千代田区
  • 中央区
  • 台東区
  • 豊島区
  • 中野区

徐々に拡大中ですので、東京都内全域が網羅される日も近いでしょう。

関東(東京以外)

東京以外の関東地区でfoodpanda対応エリアを紹介します。

【埼玉県】

  • さいたま市
  • 戸田市
  • 川口市
  • 蕨市

【千葉県】

  • 千葉市
  • 習志野市
  • 船橋市

【神奈川県】

  • 横浜市
  • 川崎市

【栃木県】

  • 宇都宮市

関東以外の都道府県

関東以外のfoodpanda対応エリアを紹介します。現在は下記都道府県の主要都市のみが対応エリアです。

8月4日より、金沢でサービスがスタートします!

  • 宮城県
  • 石川県
  • 岐阜県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 福岡県
  • 大分県
  • 鹿児島県
  • 熊本県

 

自分の住所がfoodpanda(フードパンダ)のエリアに対応しているか確認する方法

ここでは、自分の住んでいるところがfoodpandaに対応しているのか気になる方も多いでしょう。

  • 配達が可能な場合
  • 配達が不可能な場合

上記2つのケースに分けて、対応エリアの確認方法を解説していきます。

配達が可能な場合

まずは配達が可能なケース見ていきましょう。実際の画面を使用しながら解説していきます。

STEP.1
foodpandaアプリの「レストラン配達」をタップ

foodpandaのアプリに「レストラン配達」という部分をタップすると、配達先候補が表示されます。

STEP.2
受け取り場所の検索

続いて受け取り場所を設定します。住所の入力や現在地から調べることも可能です。また、地図上で好きな場所を指定することもできます。

STEP.3
レストランを探す

お届け先を設定完了後、レストランの候補が表示されればその場所は配達対応エリアとなります。反対にデリバリーに対応していなければ、この画面が出てきません。

配達が不可能な場合

配達エリアに対応していないと「お住まいの地域ではまだサービスを開始していません」というアナウンスが出てきます。実際の画面がこちらです。

エリアは現在拡大中なので、お住まいのエリアが対応するのもそう遠くないでしょう!

 

foodpanda(フードパンダ)の使い方を画像付きで解説

foodpandaの使い方を解説します。紹介するのは以下の2つ。

  • フードデリバリー
  • テイクアウト

詳しく解説しますので、foodpandaを使ってみようかなと思っている方は参考にしてください。

【foodpandaの使い方1】
フードデリバリー

STEP.1
配達先住所の入力

まずは住所を入力しましょう!画面上部の「レストラン配達」をタップすると住所入力画面になります。画像の例のように地図上で好きな場所を指定可能です。もちろん自宅やオフィスの住所もOK!

この時にマンションに住んでいる人は建物名と部屋番号を必ず入力しましょう。オフィスに配達を希望の場合も同様です。そうしないと配達員は届けることができません。その他にも何か目印などがあったら入力しておくことを推奨します。

STEP.2
お店を探す

次にデリバリーを頼むお店を選びましょう!今回はフレッシュネスバーガーを選びました。

STEP.3
メニューを選ぶ

お店のメニューをみて届けて欲しい商品を選択。配達時間も選択できます。

STEP.4
住所の詳細を入力

初回時は商品確定後に登録を行います。以下の中から登録方法を選択し、電話番号を入力しましょう。

  • Apple ID
  • Facebook
  • メールアドレス
STEP.5
住所の確認と支払い方法の登録

配達先の住所を確認し、最後に支払い方法を入力しましょう。支払い方法は以下の2つから選べます。

  • クレジット・デビットカード
  • 代金引換

 

STEP.5
商品が届くのを待つ

支払いが確定したらあとは到着を待つだけです。配達員の人が建物がわからなくなったりするとメッセージが来ることもありますので、アプリの通知はオンにしておきましょう!

 

【foodpandaの使い方2】
テイクアウト

STEP.1
テイクアウトできるお店を探す

テイクアウトのアイコンをクリックして、自分の食べたいものを見つけしょう。

STEP.2
商品を選んで受け取り時間を選ぶ

商品を選んだら受け取り時間を選びます。

すぐに向かうこともできますし、時間を指定することもできます。仕事や用事帰りの時間に合わせれれば、待ち時間を作らずにそのままテイクアウト可能です!

STEP.3
支払い情報を入力して受け取りに向かう

支払い情報を以下の中から選択します。

  • クレジット・デビッドカード
  • 代金引換

クレジットカードにすると、お店に行った時にお金のやり取りが減るので、スマホを見せるだけでOKです!

時間通りにお店に向かって商品を受け取りましょう!

 

foodpanda(フードパンダ)の料金システム・手数料を実例付きで解説

 

foodpandaのフードデリバリーを利用すると、商品価格に加えて手数料が発生します。

  1. 配送料
  2. 少額取扱料

それぞれ解説していきます。

1. 配送料

foodpandaのデリバリーを利用すると、配送手数料がかかります。

配送料金は公式サイトより、以下の金額になると定められています。

お店から配達先までの距離(km) 配送料
〜1km 無料
〜1.5km 50円
2km 100円
2.5km 150円
3km 200円
3km〜 250円

1kmを越えると、約0.5km毎に50円増えていくようです。

また、上限は現在250円で、他のデリバリーサービスよりも安い価格となっています!

2.最低注文金額との差額料金

商品の合計注文金額が1,000円未満の場合は、1,000円から不足している金額が差額料金として発生してしまいます。

例えば、商品量が900円となった場合、差額料金として100円の請求が発生します。1品からでもデリバリーで注文可能ですが、金額が低いと割高になってしまうので注意しましょう。

なお、最低注文金額との差額料金が発生するのは以下のエリアです。

  • 札幌
  • 横浜
  • 川崎
  • 名古屋
  • 大阪
  • 神戸
  • 京都
  • 広島
  • 福岡
  • 東京

foodpanda(フードパンダ)と店舗料金の比較

 

デリバリーサービスは通常の料金よりも割高になってしまうと思っている方も多いですよね。そこでfoodpandaを使った際の料金とお店での価格を比較してみました。

比べるのは以下の2つ。

  • foodpandaのフードデリバリーと店頭価格
  • foodpandaのテイクアウトと店頭価格

ハンバーガーチェーン店の「フレッシュネスバーガー」の価格を参考にしています。

フードデリバリーと店頭価格を徹底比較

foodpandaを使ってフードデリバリーした場合と店頭での販売価格を表で比較しました。
フレッシュネスバーガー下北沢店の価格を参考にしています。

foodpandaデリバリー 店頭価格
フレッシュネスバーガー 550円 500円
クラシックバーガー 680円 600円
フライドポテト 360円 250円

お店や商品によって値段の上がり幅は異なりますが、大体30〜50%程料金が上がっています

テイクアウトと店頭価格を徹底比較

foodpandaを使った場合のテイクアウトと店頭での販売価格を表で比較しました。
長崎ちゃんぽん東京プレミアム広尾店の価格を参考にしています。

foodpandaテイクアウト 店頭価格
長崎ちゃんぽん 900円 650円
野菜たっぷり皿うどん 1,100円 840円
薄皮餃子5個 370円 260円

また、タピオカミルクティーチェーン店の「comma tea」の料金も比較してみました。

foodpandaテイクアウト 店頭価格
ロイヤルタピオカミルクティー 625円 570円
ストロベリータピオカラテ 604円 550円
焦がし黒糖タピオカラテ 712円 650円

お店や商品によって値段の上がり幅は異なりますが、10%程料金が上がっていますお店側はfoodpandaの導入手数料や容器代を負担しているので、その分料金が上がってしまうことが多いですね。

 

foodpanda(フードパンダ)とUber Eatsの料金を徹底比較

foodpandaのフードデリバリーと、人気のデリバリーサービスであるUber Eatsの料金を表で比較しました。
フレッシュネスバーガーの価格を参考にしています。

foodpandaデリバリー Uber Eats
フレッシュネスバーガー 550円 550円
クラシックバーガー 680円 650円
フライドポテト 360円 370円

クラシックバーガーはUber Eatsの方が安く、フライドポテトはfoodpandaの方が安くなっています。

また、デリバリーサービスは上記に加えて、配達料やサービス料がかかります。それらの料金も表にしてみました。

配送料 foodpandaデリバリー Uber Eats
サービス料 無し 商品の10%
小額注文手数料 1000円に満たない分の差額金額 150円(総額699円以下)
配送手数料 0〜200円 150円〜570円

foodpandaのフードデリバリーでは、サービス料がかかりません。foodpandaの少額注文手数料は、1,000円に満たない分の差額金額を請求されてしまうので、1品だけ頼む時はUber Eatsの方がお得な場合も。

ただ、配送手数料はfoodpandaが安くなるので、1,000円以上注文する場合は、foodpandaのフードデリバリーの方が安く済むケースがほとんどだと思われます。

下にすき家で注文した時を比較してシミュレーションしてみましたので、参考にしてください!

(例)
フレッシュネスバーガーで人気商品「フレッシュネスバーガー」(550円)を2つ、合計1,100円分注文した場合(送料は互いに最安値とする)


・Uber Eats

1,100円+110円(サービス料)+150円(配送料)
=1,360円

 

・foodpanda
1,100円+0円(配送料)
=1,100

 

foodpandaの方が約260円お得という結果になりました。注文額が多くなればなるほど、お得額が増えていきますね。

foodpanda(フードパンダ)のメリット5選

foodpandaのメリットは以下の5つです。

  1. 配達先に近いお店は配達料が無料
  2. 朝8時〜利用可能
  3. サービス料が無料
  4. トラブル時に安心のカスタマーサポート
  5. フード以外の注文ができる

それぞれ解説します。

【メリット1】配達先に近いお店は配送料が無料

お店と配達先の距離が近いと配達料が無料になります。

1km以内のお店であれば無料、3km以上でも250円の配送料で済み、他のデリバリーサービスよりも安い料金で利用できます!コスパ良くフードデリバリーを使いたい方にfoodpandaはおすすめです!

【メリット2】 朝8時〜利用可能

フードパンダは朝8時から営業を開始しているので、朝ごはんを注文することができます。

予約注文をしたり、職場などを配達先に設定したりことで朝ごはんにでき立ての美味しい料理を食べることができますね。

【メリット3】サービス料が無料

foodpandaには他のフードデリバリーサービスで請求されるサービス料がありません

サービス料がなく、配送料も業界最安値なので、非常に安い料金で利用できます。

【メリット4】トラブル時に安心のカスタマーサポート

foodpandaではカスタマーサポートがチャット形式になっており、非常に相談しやすいです。

画像付きでチャット相談できるので、どのような配送事故が起きているかなどを具体的に伝えられます。実際に質問したことがありますが、1〜2分で返答が返ってきてすごく助かりました!

 

【メリット5】フード以外の注文ができる

ショップのアイコンをタップすると雑貨も注文できます。

現在はコンビニのローソンのみとなっていますが、今後利用できる店舗が増えていくことが期待されますね。

foodpanda(フードパンダ)のデメリット

foodpandaのデメリットは以下の3つです。

  1. 配達対応エリアが少ない
  2. 最低注文金額が1,000円
  3. 対応店舗が少ない

それぞれ解説します。

【デメリット1】配達対応エリアが少ない

foodpandaは2020年9月に日本でリリースされたこともあり、対応エリアがまだまだ少ないです。東京23区内でも対応していないエリアがあります。

ただ、急速にエリアを拡大しているので、お住まいのエリアが対応する日も近いでしょう。

【デメリット2】 最低注文金額が1,000円

最低注文金額が1,000円となっている点もデメリット。1,000円に満たない場合は、「1,000円-買い物代金」の差額分を請求されてしまいます。

1品だけ頼むと損する可能性があるので、なるべく1,000円以上で注文するようにしましょう。

【デメリット3】 対応店舗が少ない

foodpandaに対応している店舗もまだまだ少ないです。チェーン店も増えてはきていますが、まだまだ他のフードデリバリーアプリに比べると劣ります。

ただ、foodpandaの方が安く注文できるので、使いたいお店がfoodpandaに対応している場合は積極的に利用しましょう!

 

foodpanda(フードパンダ)を実際に使ってみた

フードパンダを実際に利用したので感想を記載します!

フードデリバリー

まずはフードデリバリーを使ってみました!

美味しいハンバーガーが食べたかったので、今回はフレッシュネスバーガーを選びました!

定番メニューっぽいフライドポテトセットを選択し、バーガーとドリンクを選びます。バーガーごとに料金が異なるのですが、どれくらい料金が加算されるかわかりやすくなっていて、すごく助かりました!注文画面は他のアプリより見やすい印象です。

注文して、到着を待ちます!正直もう少し早く届けて欲しかったですが、距離があるのに配達料が200円と安いのと、サービス料が無料なのでグッと我慢。配達員がどこにいるかわかるのも助かります!

時間通りに到着しました!商品が暖かくてすごく美味しく食べられました!フードデリバリーアプリはやっぱり便利ですね。

 

テイクアウト

続いてテイクアウトです!渋谷のコワーキングスペースで作業をしていて、帰りにタピオカミルクティーが飲みたくなったので使ってみました!

結構お店があって悩みましたが、今回はミヤシタパークにある「comma tea」でテイクアウトすることにしました!「大人のcommaロイヤルミルクティー」を選択して、受け取り時間を30分後の19時にしました。片付けの準備などをしてちょうど良さそうな時間に設定できるのは嬉しいです!

時間通りにお店に到着して受け取りです!到着して注文番号を伝えるだけなので財布を出さずにスマホ1つだけでやりとりが完了!実質1〜2分くらいでお店を出られたのですごく楽で驚きました。

帰り道に何か買って帰りたいなって時にすごく便利だと感じました!

foodpanda(フードパンダ)で人気のチェーン店7選

そもそもどんなお店がfoodpandaのデリバリーに対応しているか分からないですよね?配達可能な店舗が少なければ、いくら便利でも使うのをためらってしまうでしょう。

そこでこの記事では、foodpandaを初めて使う人にもおすすめなお店を15個紹介していきます!

1. ケンタッキーフライドチキン

超有名チェーン店のケンタッキーフライドチキンはfoodpandaでデリバリー可能です!

店頭価格とUber Eatsを使用した場合の料金を比べてみました。

商品名 店頭 foodpanda Uber Eats
オリジナルチキン 250円 270円 270円
クリスピー 230円 250円 250円

ケンタッキーはお店で食べるのと比べても、20円~30円とほとんど変わりません!デリバリーでもお得に利用できます!

2. バーガーキング

バーガーキングはワッパーが人気ハンバーガー店です。店頭価格とUber Eatsを使用した場合の料金を比べてみました。

商品名 店頭 foodpanda Uber Eats
ワッパーセット 790円 1,040円 1,040円
アボカドワッパーセット 990円 1,240円 1,240円

250円前後高くなっていますね!

3 .クリスピーチキンアンドトマト

クリスピーチキンアンドトマトは、デリバリー専用のフライドチキンチェーン店です。

お店での提供はありません。そのため、foodpandaとUber Eatsを使用した場合の料金を比べてみました。

商品名 foodpanda Uber Eats
CCTオリジナルチキン 1,680円 1,680円
コチュマヨチキン 1,780円 1,780円

どちらも同じ金額なので、サービスによって差額がないのが嬉しいですね。

 

4. シェイクシャック

シェイクシャックはニューヨーク発祥の本格ハンバーガーを楽しめるお店です。店頭価格とfoodpandaの料金を比べてみました。

商品名 店頭 foodpanda
シャックバーガー 680円 821円
チーズフライズ 400円 464円

商品にもよりますが、foodpandaを使用すると60円~250円くらい高いですね。

5. カレーハウス CoCo壱番屋

カレー屋さんのCoCo壱番屋もおすすめです。店頭価格とUber Eatsを使用した場合の料金が下記の通りです。

商品名 店頭 foodpanda Uber Eats
ポークカレー 514円 659円 840円
ロースカツカレー 809円 1,059円 1,240円

お店で食べる価格と比べると約150200円高いことが分かります。Uber Eatsよりもfoodpandaの方が安いメニューもあります。

6. サブウェイ

野菜たっぷりのサンドイッチを楽しめるサブウェイもfoodpandaで注文できます。店頭価格とUber Eatsを使用した場合の料金を比べてみました。

商品名 店頭 foodpanda Uber Eats
ローストビーフ 590円 810円 810円
BLT 420円 640円 640円

お店の価格と比べると200円~300円高くなっています。

7. ローソン

コンビニエンスのローソンもデリバリーができます!食品だけでなく、雑貨なども注文できます!

商品名 店頭 foodpanda Uber Eats
アイスカフェラテ 150円 220円 220円
Lチキ 180円 228円 228円
マスク7枚入り 278円 335円 335円

便利なコンビニですが、ちょっと遠くにあったり、家から出たくなかったりする時もあるでしょう。そんな時にfoodpandaを使えば、自宅までコンビニの商品を届けてもらえます!

少し割高になりますが、コンビニがより身近なものになりますね。