>>【限定】Uber Eats1000円割引コード発行中

【2020最新】menu(メニュー)の配達エリアを徹底解説【対応してるか確認する方法あり】

フードデリバリー・テイクアウトサービスのmenu(メニュー)。最近ではオードリーがCMをしていることから、名前だけは知っている人も多いのではないでしょうか。

中には、実際に利用してみようかなと思っている方もいるでしょう。しかし、自分の住んでいる地域にmenuが対応しているかどうかは分かりませんよね。いくら便利なサービスでも、利用できなければ意味がありません。

そこでこの記事では、

  • menuの配達エリア
  • 自分の住んでいる場所が対応しているかを確認する方法

を紹介していきます。

なおイメージが湧きやすいように、実際のmenuの画面を使って解説していきます!これからサービスを利用しようと検討している人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

menu(メニュー)デリバリー&テイクアウトアプリ

menuの最新クーポンコード

▼合計2000円OFF▼
「tpg-6qi259」

>>iPhoneでmenuをダウンロード
>>Androidでmenuをダウンロード

【2020年7月時点】menu(メニュー)の配達エリアを徹底解説

まずはmenuの配達エリアについて紹介していきます。なお情報は2020年7月時点のものです。

東京

現在menuは東京の一部で配達に対応しています。

具体的には、

  • 新宿区
  • 渋谷区
  • 港区
  • 中央区
  • 千代田区
  • 品川区
  • 目黒区
  • 墨田区
  • 台東区
  • 文京区

が挙げられます。なお東京以外では、神奈川県の川崎市武蔵小杉にも対応しています。

ただし、上記エリアでも場所によっては対象外のところもあるようです。デリバリーの可否を調べる方法は、自分の住んでいるところがmenuのエリアに対応しているか確認する方法にて詳しく紹介していきます。

なお現在menuは急速な勢いで対応エリアを拡大そのため、今後東京以外でもサービスが展開されることが予想されます。

大阪(対応予定)

エリア拡大が濃厚となっているのが大阪です。なお、現在は配達には対応していません。

menu公式サイトには大阪エリアで配達員の募集を受付しています。

時期は未定ですが、大阪でも配達可能になることが予想されますね。

menu(メニュー)デリバリー&テイクアウトアプリ

menuの最新クーポンコード

▼合計2000円OFF▼
「tpg-6qi259」

>>iPhoneでmenuをダウンロード
>>Androidでmenuをダウンロード

自分の住んでいるところがmenu(メニュー)のエリアに対応しているか確認する方法

ここでは、自分の住んでいるところがmenuに対応しているのか確認する方法を紹介していきます。

なおmenuは、下記2つのサービスを展開しています。

  • 配達(デリバリー)
  • テイクアウト

それぞれの確認方法を、実際の画面を使いながら解説していきますね。

配達エリアを確認する方法

まずは配達エリアを確認する方法を紹介していきます。

  • 配達が可能な場合
  • 配達が不可能な場合

上記2つのケースに分けて解説していきますね。

配達が可能な場合

まずは配達が可能なケース見ていきましょう。実際の画面を使用しながら解説していきます。

STEP.1
muneアプリの「配達」にアクセス

menuのアプリに「配達」というボタンがあります。そこをクリックしましょう。

STEP.2
受け取り場所の検索

続いて受け取り場所を設定します。住所の入力や現在地から調べることも可能です。

STEP.3
お届け先を決定する

お届け先の詳細を設定していきます。menuではピンが出てくるので、移動させることが可能。細かい場所の設定までできるのが嬉しいですね。

お届け先が決まれば「この位置に届ける」ボタンを押しましょう。

STEP.4
【配達可能】食べたいものを選ぶ

お店や食べ物を選択する画面になれば配達可能ということです。

反対にデリバリーに対応していなければ、この画面が出てきません。

配達が不可能な場合

配達エリアに対応していないと「現在ご指定エリアはまだ配達エリアに含まれておりません」というアナウンスが出てきます。実際の画面がこちらです。

なお画面下に「このエリアでの配達をリクエスト」というボタンがあります。

これを押すと配達エリアになる可能性があるようです。要望が多いとエリア拡大されるかもしれませんね。

テイクアウトエリアを確認する方法

続いてmenuのテイクアウトエリアかどうかを確認する方法を紹介していきます。こちらは、配達可否を調べるより簡単です。

テイクアウトが可能な場合

まずはテイクアウトが可能な場合を紹介していきます。

STEP.1
muneアプリの「テイクアウト」にアクセス

menuのアプリに「テイクアウト」というボタンがあります。そこをクリックしましょう。

STEP.2
【テイクアウト可能】地図にお店が出る

地図を開いてお店が出てくればテイクアウト可能ということです。

余談ですが、テイクアウトは配達よりも対応エリアが広いです。東京以外の地域でも対応していることが多いのが嬉しいですね。

テイクアウトが不可能な場合

テイクアウトが不可能な場合も紹介していきます。

対応していない場合は、地図上にお店の表示がされません場所を駅前などに変更して探すと、テイクアウトできる場合もあります。

menu(メニュー)のエリア拡大予想

menuの配達可能なエリアは、東京が中心です。まだまだ少ないことが現実ですね。

なお、Uber EatsやDiDi Foodを見ていると、都市部を中心に徐々に展開されています。そのため、今後menuも東京以外の地域でも拡大されることが予想されるでしょう。

具体的には、

  • 関東圏
  • 大阪
  • 名古屋
  • 福岡

が展開されると見ています。

上記でも少し触れましたが、今後大阪エリアのデリバリー対応は濃厚です。サービスが浸透していけば、関西圏や地方都市での展開も考えられますね。

menu(メニュー)デリバリー&テイクアウトアプリ

menuの最新クーポンコード

▼合計2000円OFF▼
「tpg-6qi259」

>>iPhoneでmenuをダウンロード
>>Androidでmenuをダウンロード