>>【限定】Uber Eats1000円割引コード発行中

【目前?】沖縄県でUber Eats(ウーバーイーツ)が始まる可能性はある?今後の展望を解説

自宅にいながら気軽にフードやドリンクを注文できるUber Eatsが、日本国内で急激にエリアを拡大しています。

CMやインターネットで情報を見て「沖縄でもUber Eatsを使ってみたい」と考えている方も多いのではないでしょうか?

ただし残念ながら2020年2月現在では、沖縄でUber Eatsを利用できません。

ではいつになったら沖縄でUber Eatsが利用できるのか、この記事では開始予想や、対応されるであろうお店についてくわしく解説します!

沖縄でのUber Eats予想を知りたい方は、ぜひ記事をチェックしてみてください。

注意
現在、新潟エリアでUber Eatsは非対応です。もし出前を検討されている方は国内最大店舗数を誇る「dデリバリー」がおすすめです!
>>dデリバリーの詳細はこちら

沖縄エリアではUber Eatsは非対応!しかし今後対応する可能性あり!?

沖縄エリアでは、Uber Eatsは現状非対応です。

ただし、今後サービスが開始する可能性は十分にあると考えられます。

その理由は、以下の3つです。

  1. 観光客が多い
  2. グルメが充実している
  3. 飲食店の数が日本一

それぞれくわしく解説します。

1.観光客が多い

沖縄県は日本でも有数の観光地なので、訪問客が非常に多いです。

2019年には観光客数が1,000万人を超えるなど、人気を集めています。

よってホテルやゲストハウスなどに宿泊する人も多く、Uber Eatsを使うユーザーが増えることは間違いありません。

Uber Eatsは利用者が見込めそうなエリアから対応を進めているため、観光客が多い沖縄もでのスタートも十分に考えられます。

▼ホテルでのUber Eats利用に関する詳細はこちら▼

【画像付き】Uber Eats(ウーバーイーツ)はホテルで使える?3つの手順と注意点を紹介

>>【画像付き】Uber Eats(ウーバーイーツ)はホテルで使える?3つの手順と注意点を紹介

2.グルメが充実している

沖縄は、グルメが充実している地域として知られています。

その分Uber Eatsで取り扱いができる料理も増えるため、利用者の増加が見込めますよね。

沖縄そば、アグー豚、ゴーヤチャンプルーなど、沖縄ならではのグルメが楽しめる点は、Uber Eatsにとっても魅力的なはずです。

3.飲食店の数が日本一

沖縄県は「人口1万人あたりの飲食店数」が1位です。(参考:http://grading.jpn.org/DivSRH6131.html)

つまりUber Eatsが始まった場合、対応する店舗の数も多いと予想されます。

その分Uber Eatsのニーズが高まり、利用者もどんどん増えるでしょう。

以上のことから、Uber Eatsは沖縄でもサービスが始まる可能性は十分にあるといえます。

沖縄エリアでUber Eatsが開始された時に対応するであろうお店10選

こちらでは、沖縄エリアでUber Eatsが開始した際に対応する可能性が高いお店を10個紹介します。

【Uber Eats沖縄で予想される店1】
マクドナルド

定番チェーン店のマクドナルドです。

全国的にUber Eatsに対応しているお店なので、沖縄でUber Eatsが開始する際には、ほぼ確実に利用できます。

さらにマクドナルドでは定期的にクーポンの配布も行なっているので、お得に注文できる可能性が高いです。

▼マクドナルドのUber Eats詳細はこちら▼

【体験】Uber Eats(ウーバーイーツ)でマクドナルドは1000円クーポンが熱い【マックデリバリーと比較】

>>【体験】Uber Eats(ウーバーイーツ)でマクドナルドを注文する4つのメリット【マックデリバリーと比較】

【Uber Eats沖縄で予想される店2】
ケンタッキー

ケンタッキーも、Uber Eatsに積極的に対応しています。

チキンを1つ250円から注文できるなど、コスパが高く使いやすい点が魅力です。

パーティーセットがあるので、大人数でパーティーをするときにも適しています。

▼ケンタッキーのUber Eats詳細はこちら▼

【神】Uber Eats(ウーバーイーツ)でケンタッキーを1000円OFFで注文する裏技【お届けケンタッキーと比較】

>>【店舗一覧】Uber Eats(ウーバーイーツ)でケンタッキーを1個から注文する方法

【Uber Eats沖縄で予想される店3】
スシロー

寿司チェーン店として人気のスシローです。

新鮮な海鮮を安い値段で食べられるため、全国で人気を集めています。

12種1人前のセット(970円)や、バラエティセット(600円)がおすすめです。

【Uber Eats沖縄で予想される店4】
松屋

牛丼チェーン店の松家です。

2020年2月に沖縄県へ初出店をするなど、今後沖縄県内でのチェーン展開が見込めます。

全国的にUber Eatsを展開しているので、沖縄でも対応する可能性は高いです。

【Uber Eats沖縄で予想される店5】
ガスト

ステーキやハンバーグが人気のガストも、Uber Eatsに対応しています。

肉類だけでなく、パスタやピザなど、メニューが豊富なのが嬉しいお店です。

【Uber Eats沖縄で予想される店6】
スターバックス

スターバックスでは、人気のドリンクやスコーンが注文できます。

モーニングにもピッタリのメニューが揃っているので、朝の忙しい時でも気軽に頼める点が魅力です。

【Uber Eats沖縄で予想される店7】
いきなり!ステーキ

ステーキ専門店のいきなり!ステーキも、Uber Eatsに対応しています。

常に話題を集めているお店なので、沖縄でUber Eatsが始まると同時に参入してくる可能性は高いです。

【Uber Eats沖縄で予想される店8】
リンガーハット

九州で人気のリンガーハットも、Uber Eats沖縄での対応が予想されます。

手早い配達により、ラーメンでも伸びること無く自宅で食べられる点が魅力です。

【Uber Eats沖縄で予想される店9】
ほっともっと

弁当チェーン店のほっともっとです。

からあげやロースカツ弁当などのガッツリ系だけでなく、幕の内や野菜がメインの栄養にこだわったものまで、ラインナップはたくさん。

パーティープレートもあるので、大人数での飲み会時にも便利です。

【Uber Eats沖縄で予想される店10】
ピザハット

配達サービスといえば、ピザを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

Uber Eatsでは定期的にクーポンを配布しているため、お店の宅配を利用するよりも安く注文できることがあります。

混んでいてもスピーディーに配達してくれるので、利便性が高いです。

沖縄エリアで出前を頼みたいならdデリバリーがおすすめ!

沖縄では現状Uber Eatsに対応していませんが、他のデリバリーサービスは利用できます。

その中でも特におすすめなのが、dデリバリーです。

dデリバリーはドコモが提供する宅配サービスで、沖縄でも50種類以上の店舗の料理を注文できます。

  • ドコモ以外のユーザーでも利用可能
  • 時間や日付を指定して注文できる
  • 自宅以外の場所でもOK
  • 現金やクレジットカードにも対応

と、使いやすい要素が充実している点が魅力です。

使い方は簡単で、ピザ・カレー・和食・洋食など、幅広いメニューの中から、好きなメニューを頼むだけでOK。

利用するとdポイントが溜まったり、キャンペーンでドリンクが無料になったりと、お得な特典も存在します。

専用アプリでお店を簡単にチェックできるので、Uber Eatsが対応するまでの間は、dデリバリーを使って料理を楽しんでみてください

そもそもUber Eats(ウーバーイーツ)とは?概要を解説!

そもそもUber Eatsはどんなサービスなのか、簡単に知っておきましょう!

このUber Eatsはすごくざっくり説明すると、アプリで注文できるフードデリバリー(出前)サービスです。

海外発のサービスなので、日本の出前とは少し意味が違っています。

では、どのような点が違うのか、こちらではUber Eatsの概要を解説します!
  • Uber Eatsの仕組み
  • 配達パートナー
  • 対応エリア
  • 利用方法
それぞれ詳しく見ていきましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組み

Uber Eatsの仕組みは、普通の出前サービスとは少し違っています。

  1. 利用者が料理を注文
  2. レストランが調理を行う
  3. Uber Eats配達パートナーが料理を配達
という流れで、料理が注文者へ届きます。

つまりUber Eatsは、出前注文の「配達」の部分だけを代行してくれるサービスです。

利用者からすると他の出前と使い勝手は変わりませんが、お店側の人手不足を補えたり、配達に対応していないお店の料理も食べられたりと、メリットが大きいです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナー

Uber Eatsには「配達パートナー」という制度が存在します。これは一般の人が空いた時間を活用して配達を行うことで、報酬を得るという仕組みです。

18歳以上で日本の就労条件を満たしていれば誰でも配達パートナーになれます
  • 授業の空きコマを利用した大学生
  • 時間の融通がきくフリーター
  • 副業としてお金が欲しいサラリーマン
  • 運動しつつ報酬が欲しい人
など、Uber Eatsで配達している人はさまざまです。

【2019年11月時点】Uber Eatsの対応エリア

Uber Eatsの対応エリアは常に拡大中です!2019年11月現在では、9つの都道府県に対応しています。

ただし対応している都道府県でも地域によっては使えないので、自分の住んでいる場所でUber Eatsが利用できるか確認してみてくださいね。

  • 23区
  • 武蔵野市
  • 調布市
  • 三鷹市
  • 狛江市
  • 西東京市
  • 東久留米市
  • 小金井市
  • 府中市
  • 八王子市
  • 町田市
23区ではお台場と羽田空港の周辺がUber Eats未対応のようです。 八王子市では特に八王子駅、西八王子駅、八王子みなみ野駅の周辺で対応しています。 町田市では横浜戦を中心にして町田駅、相模大野駅、古淵駅の周りで対応しています。
  • さいたま市
  • 戸田市
  • 川口市
  • 蕨市
さいたま市で対応しているのは大宮区、浦和区、中央区、南区です。
  • 市川市
  • 船橋市
  • 千葉市
  • 習志野市
  • 浦安市
(横浜市)
  • 南区
  • 西区
  • 中区
  • 保土ヶ谷区
  • 神奈川区
  • 港北区
  • 磯子区
  • 鶴見区
(川崎市)
  • 中原区
  • 川崎区
  • 幸区
  • 高津区
(名古屋市)
  • 中区
  • 中村区
  • 西区
  • 北区
  • 中川区
  • 東区
  • 熱田区
  • 千種区
  • 昭和区
大阪市内の24区全てに対応しています。
(京都市)
  • 上京区
  • 中京区
  • 下京区
  • 東山区
  • 左京区
  • 北区
  • 右京区
  • 南区
  • 芦屋市
  • 西宮市
  • 尼崎市
(神戸市)
  • 中央区
  • 兵庫区
  • 灘区
  • 長田区
  • 須磨区
  • 東灘区
(福岡市)
  • 博多区
  • 中央区
  • 南区
  • 城南区
  • 早良区

Uber Eats(ウーバーイーツ)を受け取るまでの5ステップ

ここで肝心の注文方法を確認しましょう!

注文はとても簡単で、5ステップで終わります。
  1. 届けてほしい住所を入力
  2. お店と食べたい料理を選ぶ
  3. 割引クーポンがあれば選択し、注文確定
  4. 配達された料理を受け取る
  5. お店と配達パートナーにフィードバックを送る
近くのお店を検索するため、アプリの位置情報はオンにしておいてください。

ちなみに自宅だけでなく、職場やホテルなど、指定した場所でも受け取れます。

料金は基本的に事前登録のクレジットカード決済です。一部では現金に対応しているエリアもありますが、お金のやり取りは手間になることが多いのでクレジットカードの利用をおすすめします。

登録して3分後には注文完了

【バイトとは違う】
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーを徹底解説


Uber Eatsの配達パートナーとは、凄く簡単に説明するとフードのデリバリーサービスです。

しかし、一般的なデリバリーバイトと違い、Uber Eatsの会社がフードを提供しているわけではありません。
全国9都市の様々なレストランとUber Eatsが提携をしていて、それらのお店に入った注文を配達パートナーがお家に届けるシステムになっています。

配達パートナーは、注文者に料理を届けることで報酬を受け取ることができます。一般的なバイトの時給とは違い、配達回数やフードを運ぶ時の移動距離に応じて報酬が支払われるのが大きな魅力です。

また、一般的なバイトとは違いシフトは決まっておらず、自分の好きな時にだけ配達をして報酬を受け取ることが可能です。

まだ、イメージが付きづらいと思いますので、もう少し詳しく解説していきましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの流れ


配達する主な流れは、以下の4ステップです。
  1. 配達エリアいく
  2. アプリを起動する
  3. お店に行って荷物受け取る
  4. 注文者に届けに行く
STEP.1
配達エリアに行く
自分の好きな時間に配達エリア(全国9都市)に行ってUber Eatsのアプリを起動します。

後は注文が入るのを待つだけです。
STEP.2
アプリを起動する
しばらくすると配達依頼の通知が届きます。お店の場所が表示されるので、配達するフードを取りに行きましょう。

この時に配達依頼を断ることも可能。「ちょっとこのお店は遠すぎるなぁ〜」と言うときは遠慮なく断ってOKです。
STEP.3
お店でフードを受け取る
配達するフードを受け取りに、お店へ訪問します。

お店で店員さんと配達番号を照会して、問題なければ商品を受け取ります。だいたい30秒程度で終わるので気楽ですよ。
STEP.4
注文者に届けに行く
商品を受け取ったら、注文者の元へ届けに行きます。

Uber Eatsでは距離に応じて報酬が支払われるので、遠い場所だから損をするということはありません。

無事にフードを届けたら配達終了です。

大まかにこの4STEP。あとはこれの繰り返しです。

アプリで好きな時に好きなだけ配達が可能

▲実際のUber Eatsのアプリ オンラインにすると開始


Uber Eatsは配達エリアに行ってアプリをオンラインにするだけでOK。

一般的なバイトとは違いシフトなどは存在しません。本当に好きな時に好きなだけ配達をして報酬を受け取ることができます。

逆にこんな時はアプリをオフラインにすれば配達依頼は届きません。
  • ちょっと体が疲れてきた
  • 急な用事ができた
  • 雨が降ってきた
  • 少し休憩して、また配達を再開したい
  • 少し飽きてきた
通常のバイトと比べると本当に自由度が高いのが特徴です。