沖ケイタのプロフィールはこちら

仕事辛すぎワロタの社会人1年目へ!先輩の大失敗エピソードを6つ紹介するから元気出して!

1,052 views

f:id:keita-agu-ynu:20170409184816p:plain

  • あー!会社行きたくねー!
  • 仕事辛すぎワロタwww
  • 上司マジ怖い。泣きそう

 

この記事は、社会の厳しさに絶望している社会人1年目のみなさんに向けて書きました!

これを読んで、少しでも気持ちが楽になっていただければ幸いです。

 

さてさて。

この記事では「今の仕事の辛さが今後の成長につながります!」とか「辛さの先に成功がまっている!」などの意識高めな文章は全く記載されておりません。

 

その代わりに、先輩社会人6名の「仕事での大失敗エピソード」を紹介いたします。

他人の不幸は蜜の味←

ぜひ、この記事を読んで元気を出してください。自信を取り戻してください。少しホッとした気持ちになってください(←強制)

 

それではさっそくいってみよー(・ω・)ノ

 

ラーメンの出前を間違えてしまい…(28歳 女性 元警察官)

警察官として世に出て2ヶ月、刑事さんのもとで現場や事件処理を学ぶ刑事実習中の出来事です。

「今日のお昼はラーメンに出前を取るからみんなの注文を聞いて電話してくれる?」と頼まれたので、早速みんなの注文を取り電話をかけます。

私:「もしもし、さくら警察署3階、刑事課です。」

相手:「はい」

私:「出前をお願いします。味噌ラーメン2つ、チャーシュー麺1つ。以上です。よろしくお願いします」

相手:「あの…うち、木村というのですが…」

私:「え!!!たっ、たいへん失礼いたしました。」

 

私は、ラーメンの出前をかける相手を間違ってしまったのですが、問題はそこではありません。

なんと私が間違えて電話してしまった木村さんは当時捜査中の被害者だったのです。

 

周りの上司や先輩たちが、顔を真っ赤にしてうつむくわたしの様子を見て、なにがあったのかと尋ねます。

正直にテーブルを指し「ここに書いてある電話番号に出前を注文したんです・・・」と告白。

そして大爆笑!

「あんた、それ被害者の自宅だよ!いやー、うちらがなにを食べているか知られちゃったねー。ま、仕方ないしょ。」

その後、無事にラーメンをいただくことができました。

おしまい。

 

投稿者:nana@ 🙂 TA (@nanapekota) | Twitter

 

靴下でオシャレをしたら大変なことに(28歳 女性 元販売員)

新入社員時代の話。

販売業の仕事をしていたのですが、服装に規定があり、黒パンツYシャツ。靴は黒。

靴下の色の指定がなかったので、お休みの日に買ったパッションピンクの靴下を履いて出勤。

 

すぐさま上司に「おまえ、それはなんだ?」と言われ、絶対に褒められると思い、「昨日お休みだったんで買ったんです〜♡下ろし立てなんですよっ!」とニコニコしながら話しました。

 

そしたら上司が鬼の形相で「お前仕事なめてんのか?帰れ」と新入社員全員の前で怒鳴られ、家に帰されました。

 

なぜ靴下ごときでこんなにも怒鳴られなければならなかったんだろうと、当時は全く理解できませんでした笑

その後、母に泣きながらその話をしたら「あんた仕事なめすぎ。パッションピンクの靴下で仕事行くなんてありえない」と鼻で笑われ、さらに落ち込む。

 

販売業だからこそ、外見に気を使わなければならないのはよくわかっていたけれど、靴下の規定は無いからいいかな、と思っていました。しかし、社会ではパッションピンクの靴下を履いていくことは「非常識」だったようで、社会の暗黙のルールみたいなのを直で感じたわたしでした。

 

規則に書いてあることだけ守れば良いってわけじゃないんですね笑

社会の常識を知っておく大切さを知った日でもありました。

 

投稿者:ちゅみ@4/8名古屋 (@joomi_37) | Twitter

 

酔って調子にのったらフルボッコ(29歳 男性 元金融営業)

当時私は入社3年目でエリアトップの成績をとり、有頂天になっており、先輩や上司のいうことを聞かない問題児でした。

でも、営業成績を上げているという一番ややこしい人間でした。

近畿エリア全社員が集まる飲み会で事件は起こりました。金融系ってかなりの体育会系&縦社会なんです。縦社会なのに私のようなペーペーの社員がいちびり散らかしているのは正直うっとおしいですよね。

 

近畿エリア全員が集まる飲み会であろうことか、

 

  • 入社10数年立ってこの営業成績いかない奴はこの仕事に向いていない。
  • 営業成績は上げれば何の問題もない。お客様目線?なにそれ。
  • 俺はすごい。営業は俺に任せて他はサポートに回るべき。

 

くらいのめちゃくちゃなことを言っていたらしく、調子に乗りまくっていました。

そのような調子に乗り散らかした発言をしていたところ、直属の上司が思いっきりぶん殴ってくれたんです。なんだったら蹴りも何発か入ったと思います。

その時は僕はボコボコにされたことに腹を立てていたんですが、酔いが醒めてから考えると自分の発言、行ってきた行動すべてが間違っていて上司に多大な迷惑をかけていたことにやっと気づくことができたんです。

 

後日上司に土下座して謝罪し、お礼を言いました。

上司「ええよ。終わったことや。無礼をはたらいた人にちゃんと謝っときや。」と何もわかっていない自分に今後の対処までご教授くださいました。

この自分自身が大いに調子に乗った経験から1から身を引き締め、

 

  • 一人一人ときっちり接する
  • 気配りは忘れない
  • 目上の方には気を遣う
  • 後輩にも気遣いをしてあげる

 

この4つを守って生きるようになりました。現在は独立していますが、この時の経験が今の仕事に大変役立っています。

 

投稿者:4月は集中いのま@月100いくぞ! (@inomavtec) | Twitter

 

スポンサーリンク

社長の前で居眠りしたらお金もらえた(22歳 男性 製造業)

高卒で製造系の会社に入社し、新入社員期間終え配属部署を決められたときでした。

先輩から「まずこの書類に目を通しておいて」と分厚いファイルを渡される。

専門用語ばかりで、睡魔が襲ってきます。戦いましたがが瞬殺でした。

ほんの数分落ちてしまい、起きると目の前に人が。

社長です。

 

「君はなにをしているんだね」低い声で社長がおっしゃいます。

体から血の気が引いたと思ったら、心臓がバクバク動き出し体が火照ってくる感覚がしました。

とっさに「改善提案を考えています!」そう言いました。

会社には作業効率や安全性を高めるため、ここを改善したらいい!と紙を出すと度合いによってお金がもらえる制度がありました。

 

「どんな改善だ?」社長はおっしゃいます。

苦し紛れに目の前にあった扉を指差し、「ここの扉は指を挟む危険があります!」社長は納得し、「たしかにそうだな」と。「また気になるところがあったら教えてくれ」とおっしゃり去っていきました。

 

その改善提案と他数枚の改善提案を提出し3万ほど頂き表彰されました。

会社の人からも「社長の前で寝たアホがいる」と噂になり、話しかけてくれるようになりました。結果オーライ!!

みんなも社長の前で寝てみよ!←

 

投稿者:水野 陽介 (@mizunote_net) | Twitter

 

居酒屋で学生にトイレを案内していたら…(35歳 女性 居酒屋勤務) 

私は、たまに居酒屋で働いてるのですが、特に週末は学生が多く、その日も学生さんでお店がいっぱいでした。

次から次へと来る注文やオーダーがあがったのを運んだりしてかなりいっぱいいっぱい。

 

そんな中で起きた事件なのですが、1人の男子学生さんが「トイレはどこですか?」と聞いてきました。また運悪く、その男子学生さんの席からトイレまでが距離が遠く、トイレまで学生さんを案内している時です。

ちょっと、殺気を感じたのですが、時すでに遅し。

避けたつもりだったのですが、まんまと背後から学生さんの嘔吐物を頭からかぶってしまいました

そのまま、学生さんは、そこに座り込んでしまい、背後から吐瀉物をあびた私は、一瞬どうしていいのかわからなかったです。

 

こうゆうハプニングもあるけど今でも楽しく働いています。

新社会人のみなさんもいろいろとハプニングなどあるかと思いますが、そこでめげないで欲しいなと私は思います。

 

投稿者:チロル@ブロガー (@arisu1006) | Twitter

 

高木と髙木を間違えて大変なことに…(34歳 男性 フリーランス)

日本でも結構多い「髙木」さんという人が私のクライアントさんにいました。多分クラスに一人、職場に一人はいる名前ですが実は「高」と「髙」。この感じの違いに気づく人はいますか?

僕はこの後ろの方、「髙」という漢字の存在すら知りませんでした。

職場の皆が「普通の高橋さん」と「はしごの髙橋さん」という表現をする意味を知らずに2年過ごしていました。

 

ある日、重要なクライアントさんが「髙木さん」でした。ポンコツ野郎の僕は普通に重要な契約書に「高木様」と書いて送ってしまいました。

後日、私の上司がイヤミを言われたそうです。

この宛名は誰が書いた!!と。そこで初めて私は世の中に二つの漢字を使う高木さんがいることに気づきました。

文章は仕事で大事です。似た字には気を付けましょう

 

投稿者:りょうちゃん@女の子大好きブロガー (@ryo1itoh) | Twitter

 

僕も社会人1年目!ともに頑張ろうぞ(・ω・)ノ

いかがでしたでしょうか?

ちょっとは気持ちが楽になりましたか?

何を隠そう僕も今年の4月から働き始めた新社会人です。

辛いこともあるかもしれませんが、ともに頑張って行きましょう。

 

今後は当ブログでも会社や仕事のことについて記事を書いていく予定です。

ぜひ、今後も僕のブログをチェックしてみてください。

あ。僕のtwitterのリンク貼っておきますね←

 

フォローお待ちしています(・ω・)ノ