【結論】Webライターは誰でもなれる!3つの理由を徹底解説

この記事には広告を含む場合があります。

「誰でもWebライターになれるって本当?」
「なるには具体的に何をすればいい?」
「誰でもなれるとしても、やっぱり不安…」

初めまして。Webライター3年目の梅澤です!私は文章を書く仕事とはまったく関わりがありませんでしたが、簡単にライターになれました。

結論から言うと、Webライターには誰でもなれます。資格や学歴は不要で、簡単に始められるのに、スキルを磨けば高収入を得ることも可能。

正直に言って、かなりおすすめの仕事です。この記事では、以下を詳しく解説します。

  • Webライターには誰でもなれる3つの理由
  • Webライターのなり方3ステップ
  • 注意点3選
  • 不安な人へ3つのアドバイス

私自身の体験を踏まえて、Webライターの実態を嘘偽りなくお伝えするので、ぜひお役立てください。

執筆者

梅澤浩太郎

Webライターを始めて1年で月収40万円を達成。Webマーケや人工知能の分野で執筆経験あり。LPとメルマガを組み合わせた仕組み構築が得意。東北大学大学院修了。

\稼げるWebライターを目指すあなたへ/

「Webライター未経験から
月収100万を稼ぐまでのロードマップ」

Amazonで5冠を達成した僕のKindle本「Webライター未経験から月収100万円を稼ぐまでのロードマップ」を無料で配布しています!

40,000文字を超える超大作なので、ぜひ今すぐダウンロードしてください!

Webライターには誰でもなれる3つの理由

  • 初期投資がいらない
  • 最初からある程度のスキルが備わっている
  • 案件を獲得しやすい

1. 初期投資がいらない

Webライターになるために、必要なものはほとんどありません。パソコンとインターネット環境さえあれば、問題なく仕事ができます。

資格を取得したり、スクールに通ったりしなくてよいため、準備のための費用も時間も不要です。

初期投資がいらないからこそ、現在お金に余裕がない人でも、Webライターになれるのです。

必要なものについては「【保存版】Webライターに必要なもの25選!必需品~準備しておくと便利なものまで一覧で紹介」で詳しく解説しています。

2. 最初からある程度のスキルが備わっている

必要なスキル
  • Googleで検索して情報を探せる
  • Webページを読んで情報を集め、整理できる
  • 日本語で文章を書ける
  • 文章を読む人の感情の動きを想像できる

Webライターの仕事をするためのスキルは、普通に生活をしている人なら、誰でもある程度は身についています。

そのため、特別な勉強をしなくても、すぐに仕事に取り掛かることが可能です。

とはいえ、スキルアップの努力が不要というわけでなく、スキルのレベルによって収入は大きく左右されます

Webライターとしてスキルアップする方法については、後ほど詳しく紹介します。

3. 案件を獲得しやすい

初心者でも取り組みやすい案件が多いのが、Webライターの特徴です。

例えば、アンケートに回答したり、過去の体験談を書いたりする案件もあります。そういった簡単な仕事から始めて、だんだんと難しい案件に挑戦していけます。

また、多くの案件が掲載されている「クラウドソーシングサイト」を利用すれば、仕事を探すのも簡単です。

ほとんどの案件で働く場所は自由なので、クラウドソーシングサイトを経由して、自宅にいながら全国の発注者から仕事を受けられます

Webライターは誰でもなれる!3ステップでなり方を解説

  • クラウドソーシングサイトに登録する
  • 案件に応募する
  • 文章を書いて納品する

STEP1. クラウドソーシングサイトに登録する

まずは案件を獲得するために、クラウドソーシングサイトに登録しましょう。大手サイトの「クラウドワークス」と「ランサーズ」がおすすめです。

登録後には、発注者から信頼を得やすくするために、プロフィールを整えましょう。例えば、以下は必ず済ませておくべきです。

必ず済ませておくこと
  • 本人確認
  • 電話確認
  • NDA(機密保持契約)の締結

少し時間をかけてプロフィールを充実させるだけで、受注確率は一気に上がるので、必ずやっておきましょう。

プロフィールの書き方については「【例文あり】Webライターの必須プロフィール項目10選!失注確定の3つの落とし穴」で詳しく解説しています。

STEP2. 案件に応募する

登録後は、クラウドソーシングサイト内でライターを募集している案件に応募して、仕事を獲得します。

最初のうちは仕事の実績が少ないため、他のライターと比較された際に不利になりやすく、案件獲得に苦労する場合が多いです。

そのため不採用になるのを恐れず、たくさん応募することが大切です。私自身も、最初はクラウドソーシングサイトで10件応募して、採用に至ったのは1件だけでした。

仕事や趣味に関連した案件があれば、積極的に応募しましょう。応募時に知識や経験をアピールしやすいですし、良い記事を書きやすいです。

また、いきなり報酬が高い案件を狙っても、ほぼ採用されません。報酬にはこだわらず、まずは実績を積むことを意識しましょう。

STEP3. 文章を書いて納品する

案件を受注できたら、クライアントの指示通りに文章を書いて納品します。マニュアルが用意されている場合はよく読んで、書かれていることを守って作業しましょう

私の経験上、マニュアル通りに作業できないライターは多いので、遵守するだけで高評価を受けられることがよくあります。

文章を納品してクライアントからOKをもらえたら、報酬を受け取れます。少額でもお金を稼げれば「Webライターになった」と堂々と言えるでしょう。

【3選】Webライターは誰でもなれるが注意点あり

  • プロ意識を持つべき
  • 最初はあまり稼げない
  • スキルアップが必要

1. プロ意識を持つべき

Webライターには誰でもなれるからといって、仕事を甘く見てはいけません。文章を書いて報酬を得る「プロ」だという意識を持っておく必要があります。

もし「ちょっと試しにやってみよう」程度の気持ちだとしても、それはクライアントには関係のないことです。初心者であろうと、質の高い原稿の提出が求められます。

とはいえ、最初からベテランライターと同じようには、執筆できないのは当然です。

クライアントもまだ実績が少ないことは知ったうえで発注していますから、プレッシャーを感じすぎないようにしましょう。

不明点はクライアントに確認しながら、たとえミスをしたとしても「最後まで仕事をやり切る」ことが大切です。

2. 最初はあまり稼げない

Webライターになるのは簡単ですが、すぐに大きく稼げるわけではありません。

最初のうちは単価の低い案件が多いうえ、執筆に慣れていないと時間もかかります。私も最初のころは、かかった時間と報酬額から「時給」を計算すると、わずか200円程度でした。

ほとんどの人は「アルバイトをしたほうがよっぽど稼げる」状態からのスタートになるでしょう。

ただ、そもそもいきなり報酬を得ながら働けていること自体が、すごいことだといえます。「お金をもらいながら仕事を学べている」と思うのがおすすめです。

実績とスキルを蓄積していくことで、だんだんと楽に稼げるようになっていくでしょう。

Webライターの収入については「【独自調査】Webライターの平均年収は約500万円!収入を爆上げする7つの裏技」で詳しく解説しています。

3. スキルアップが必要

Webライターとして収入を伸ばしていくには、スキルアップが必須です。誰でもなれるからこそ、ライターのスキルの幅はとても大きいです。

スキルアップしていけば、どんどん単価の高い案件を取れるようになり「時給」を高めていけます

私はWebライターになって1年で、月収40万円を達成しました。スキルを高めることを重視していたからこそ、成果につながったのだと思っています。

Webライターとして長期的に働くつもりであれば、私も受講した「Writing Hacks」がおすすめです。当ブログを運営する沖ケイタが講師を務めており、必要な知識を一気に学べます。

また、当ブログでは沖ケイタが執筆したKindle本「Webライター未経験から月収100万円を稼ぐまでのロードマップ」を無料で公開しています。

ぜひ、こちらもお役立てください!

Amazonで5冠達成

Webライターになるのが不安な人へ3つのアドバイス

  • まずは副業から始める
  • 案件に応募する前に書籍で学ぶ
  • ブログを開設して記事を書いてみる

1. まずは副業から始める

Webライターの仕事は、副業でも問題なくできるのが大きなメリットです。

専業Webライターを目指す場合でも、まずは副業から始めましょう。Webライターの仕事だけで十分な収入を得られる自信がついてから、会社を辞めるなどするのがおすすめです。

なぜなら、いきなり本業を辞めてWebライターになると生活していけるか不安になり、今すぐ報酬が得られる低単価な案件にこだわってしまうことが多いからです。

長期的な視点を忘れないためにも、副業でライターとしての基礎を作っておきましょう。

専業Webライターを目指す方法については「【実体験】最速で専業Webライターになる4つの条件と8つのコツ」で詳しく解説しています。

2. 案件に応募する前に書籍で学ぶ

「いきなり案件に応募するのは怖い」と感じるなら、応募前にWebライターとしての文章の書き方を勉強しておきましょう。

手軽に基礎を学ぶには書籍が適しています。私のおすすめは以下の2冊です。

これらで学べば、どのように文章を書けばよいのかがわかるので、執筆スキルはかなり上がります。

書籍を読み終えて手応えをつかめたら、自信を持って案件に応募しましょう

3. ブログを開設して記事を書いてみる

しっかり準備をしてから案件に挑戦したい人には、ブログの開設がおすすめです。ブログを運営すると、記事執筆の流れを一通り体験できて、Webライターの仕事に生かせます。

また執筆したブログ記事は、案件への応募時に「サンプル記事」として見せられるメリットもあります。

発注者にスキルをアピールできるので、応募した案件の採用率アップにつながるでしょう。

ブログを開設するなら、案件でも扱うことが多い「WordPress」の利用おすすめ。ただし、レンタルサーバーの契約が必要になるので、自分に合ったサービスを選びしょう。

レンタルサーバーの選び方については「【厳選】Webライターにおすすめなレンタルサーバー3選!4つの比較ポイントを徹底解説」で詳しく解説しています。