アフォリズムの意味とは?使い方をわかりやすく解説【例文付き】

この記事ではアフォリズムと言う言葉の意味と使い方を例文付きで紹介します。

アフォリズムの意味とは?わかりやすく解説

アフォリズム
= 短い戒め

英語で「Aphorism(アフォリズム)=名言、格言、金言」という意味です。

アフォリズムとは「短くまとまった戒めや教訓」を意味します。もう少し詳しく説明すると、ものごとの本質や人間の感情の機微を的確に表した言葉をアフォリズムと呼びます。

アフォリズムは、ことわざとの違い、偉人や著名人が残した名言や格言を指します。

例えば以下のような言葉がアフォリズムと言うことができます。

「人生は歩き回る影法師、哀れな役者だ」
(シェイクスピア)

「脱皮しない蛇は滅びる」
(ゲーテ)

「芸術は長く、人生は短かし」
(ヒポクラテス)

スポンサーリンク

【例文】
アフォリズムの使い方を紹介

アフォリズムの使い方
  • きみはいつもアフォリズムめいたことを言っているね。
  • この教授は授業で度々、アフォリズムを紹介している。

2 COMMENTS

沖ケイタ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。