【評判】無料のネットショップBASEの機能(40種類)を解説

最近は無料で作れるネットショップが増えていますが、その中でも断トツでおすすめなのがBASEです。

「30秒で店が出せる!お母さんでもできる!」と、にかく簡単さをアピールしているBASEですが、実際はどんな機能があるか気になりますよね。

そこで本記事ではBASEを徹底解説!BASEの機能、40種類を解説。

  • BASEにはどんな機能があるの?
  • BASEで他のサービスよりも優れているところってどこ?

私は楽天、Yahoo!、Amazon、Wowma!、ヤマダモール、など、数々のネットショップを運営してきました。その経験から、BASEの特徴的を他サービスと比較しながら解説してきます!

BASEの出店を検討されている方に参考になれば嬉しいです!

 


目次

BASEの配送機能

(1)配送日指定

購入するお客様が注文時に配達日を指定できる機能です。
休業日を除いた設定ができるので配達可能日をあらかじめ限定させてからお客様に選んでいただけるようになります。

お客様への満足度も上がり、商品のリピートにもつながるかもです!

(2)送料詳細設定

商品ごとに配送方法を設定できる機能。多くのネットショップにもある機能ですね。

  • 小さい商品ならメール便、大型なら宅配便
  • 〇〇円以上お買い上げで送料無料
  • 離島へのお届けは追加送料

お届け先や商品によって細かい設定ができる機能です。

(3)定期便

定期購入品を販売することができるようになる機能。継続回数、配達サイクルも自由に設定ができます。

消耗品や食品など定期的に需要がある商品を販売する時に便利。利益も継続して見込めますので積極的に利用したい機能ですね。

(4)かんたん発送(ヤマト運輸提携)

出荷の際のあて名書きをQRコード読み取り形式にしてくれる機能。

入力の手間を削減し、入力ミスも防ぐことができる機能なのでこれはおすすめ!
時短にもつながるので仕事の効率化も期待できます。

(5)商品の保管・梱包・配送代行サービス

商品保管・梱包・配送作業をアウトソーシングできる機能。

毎日の出荷、梱包は時間とスペースを使います。
代行してくれるサービスは人不足になってきたら重宝しますよ。
自分で在庫を抱えることもなくなりますので管理がすごく楽。

 

 

↑目次へ戻る↑

BASEのショップ機能

(6)独自ドメイン

ショップのURLを任意のURLに変更できる機能(ドメイン取得作業が別途必要です)

モール系ネットショップの代表、楽天やYahoo!ショッピングはURLにどうしても「rakuten」「yahoo」といった文字が入ってしまいます。

しかし、BASEではドメインをオリジナルに変更できますので独自性を出せます。URLでブランディングを考えているのでしたらぜひ導入したいところですね。

(7)カテゴリ管理


商品をカテゴリごとに管理できるようになる機能。
大カテゴリ・中カテゴリ・小カテゴリの3階層を作ることができます。

(8)ラベル

任意の商品に任意のラベルを貼って商品をアピールさせることができる機能。

売り込み商品、セール商品を目立たせることができます。
ネットショップはまずお客様の目に留めてもらえることが大事なのでラベル機能はかなり有効です。

(9)商品検索

ショップに検索窓が表示され、任意のワードで検索できるようになる機能。
商品数が多数あるショップには大変重宝しますね。

(10)BASEロゴ非表示

BASEロゴを消すことで、オリジナル性を高めることができる機能。
(有料サービス)

独自ドメイン機能と併せて使うと完全オリジナルのショップができますね。
かっこいいお店を作りたいかたにおすすめです。

(11)ショップロゴ作成

ネットショップの看板ともいえるショップロゴを作成できる機能。
ロゴは下記のように種類は多数!組み合わせて自由に作ることができます。

  • 言語:英語or日本語
  • フォント:10種類
  • カラー:33色
  • サイズ:14~90pt

(12)HTML編集

HTML/CSS/Javascript等を編集することでページのカスタマイズができるようになる機能。

デザインテンプレートにとらわれないオリジナル性を演出させることができますので
HTMLが編集できる人には必須の機能ですね。

 

↑目次へ戻る↑

BASEの販売機能

(13)シークレットEC

ショップにパスワードをかけて、訪問者を限定させる機能。

  • 会員限定セール
  • シークレットセール

リピーター様に向けた特別なセールを仕掛けるときに有効です。

他のネットショップでもシークレットセールはやっていますが、ショップ丸ごとパスワードをかけて入場制限かけられるものは初めて聞きました。

パスワードを知っている人にとっては、「自分は店に優遇されている」という特別感が演出できますので大変有効ですね。

(14)クーポン発行

自分のショップ限定で使用できるクーポンを発行できるようになる機能。

メールマガジンと組み合わせて使うのがおすすめ。

(15)年齢制限

ショップを訪問したお客様に年齢確認ができる機能。お酒やたばこを販売するショップはあると便利です。

(16)デジタルコンテンツ販売

音楽・写真・PDFファイルなどデジタルコンテンツを販売できるようになる機能。
購入したお客様にはダウンロードURLをメールで案内します。お客様にとっては送料がかからないし、即手元に届くメリットがありますね。

(17)数量制限

お客様に対して販売個数を制限することができる機能。

人気商品や数量限定の商品、1人でも多くのお客様に買っていただきたい時は便利。
まとめ買いされたくない商品につけてもいいですね。

(18)セール

ショップで独自のセールができる機能。
商品ごとに割引率やセール期間を設定することができます。

セール商品は赤文字で「〇%OFF」と表示されるのでアピールにもなりますね。

(19)Tシャツ作成

任意の画像や写真を使ってTシャツを作成し販売することができる機能。
しかもTシャツは受注してから制作してくれるので在庫を抱えるリスクもゼロ!

この機能はBASEならではですね。他のサービスでは見たことがない機能です。

在庫を抱えておくスペースがない人や、ネットショップをやりたいけれど売るものに悩んでいる方にはぴったりではないでしょうか。

(20)スマホケース作成

任意の画像や写真を使ってスマホケースを作成し販売することができる機能。
こちらもTシャツ同様、受注してからの制作してくれるので在庫を抱えるリスクもゼロ!

Tシャツ作成機能と併せて使うのがいいですね。
販売できる商品数がぐっと増えるので売上アップも期待できます。

(21)BASEライブ

ライブ配信することができるようになる機能。

動画で商品をアピールすることができます。
お客様とのやりとりもリアルにできますのでファンを作ることも可能。

一般的にはライブコマースと呼ばれる手法で、今盛り上がりを見せてている販売方法です。

(22)Instagram販売

InstagramとBASEを連携させてInstagramで商品を販売できる機能。
Instagramユーザーに直接アピールできます。
商品撮影サービスを使ってプロのカメラマンに撮ってもらった写真を使えば注目を集められますね。

 

 

 

↑目次へ戻る↑

BASEの集客機能

(23)SEO設定

ページごとに任意の検索キーワードや説明文を設定することができる機能。

専門知識がなくても簡易的なSEOができます。

(24)Blog

ショップのブログを作ることができる機能。

ショッピングメディアBASE Mag.へ、記事の掲載申請ができます。
固定記事機能を使うと、特定の記事をお知らせとしてショップのトップに表示できます。

スポンサーリンク

(25)広告出稿

広告に必要な設定用CSVファイルが作成できる機能。

作成できるCSVファイルは以下の2種類です。

  • Yahoo!プロモーション広告
  • Google広告

広告を使ってショップの宣伝を考えている人におすすめの機能ですね。

(26)Twitter広告「オートプロモート」

運用のいらない定額制のTwitter広告が出稿できる機能。

従来のTwitter広告はは設定やメンテの手間が多く管理が必要でしたが、オートプロモートは運用の手間をなくし、多くの人に簡単に楽しく利用できるように開発されたTwitter広告です。

(27)GoogleAnalytics設定

Google Analyticsによるアクセス解析を行うことができる機能。

SEO対策の効果がGoogle Analyticsで分析できるので導入した方がいいですね。

(28)Yahoo!コンバージョンタグ設定

Yahoo!プロモーション広告用のコンバージョンタグを設定できる機能。
このタグを設置することでYahoo!プロモーション広告の効果測定ができるようになります。

(29)Googleコンバージョンタグ設定

Google 広告用のコンバージョンタグを設定できる機能。

このタグを設置することでGoogle 広告の効果検証が正確にできるようになります。

(30)Googleプロモーションコード

Google広告がお試しで出稿できる機能。

実際に出稿すると7,500円分のプロモーションコードがもらえますのでお試しでやってみたい方にはおすすめします。

 

 

↑目次へ戻る↑

BASEのその他の機能

(31)メッセージ

ショップにメッセージ機能が設置できる機能。

お客様とのやり取りをすべてWEB上で完結させることができます。
WEBにつながる環境さえあればどこでもチェックできるのはかなりのメリットですね。

(32)納品書ダウンロード

注文情報に紐付いた納品書データを出力しダウンロードできる機能。

納品書を希望するお客様もいますのでぜひ導入すべき機能です。
印刷すれば商品と一緒に同梱させることもできます。

(33)英語外貨対応

ショップに英語・日本語表記の選択ができるようになる機能。
外貨は34か国に対応していて、販売したい国を選択すると対象国の通貨で表示されるようになります。

海外にも販売したい方は導入がおすすめ。しかし、海外に荷物を送るのは送料が高いですし、スプレー缶やバッテリーなど危険物扱いになるものは発送できません。
輸出の知識がない人は使用しない方が無難です。

(34)商品撮影サービス

商品画像をプロのカメラマンが撮影してくれる機能。

こんなサービスまであるとは・・・驚きました。
これは他のサービスにはないですよ。

商品画像(専門用語でカゴ画像とも言われています)はいわば店の顔。
一覧からいかにクリックしてもらうかってことにネットショップ運営では全力をかけてるんですね。

キレイな写真はマストなんですけど、それがプロに撮ってもらえるなら超強力じゃないですか。
スマホで撮ってた過去の私…そりゃ負ける!(´;Д;`)

(35)メールマガジン配信

過去に購入してくれたお客様に対してメールマガジンを配信できる機能。

積極的に呼びこめる効果があるのでネットショップをやるならメールマガジン配信は必須です。
クーポンと組み合わせて使うと効果は抜群。

(36)レビュー

ショップの商品ページに購入者からのレビューが表示される機能。

レビューが売上を左右すると言っても過言ではないです。
ネットショップを運営したらよりよいレビューを書いてもらえるとお客様からの信頼が得られるので購入してもらえるチャンスが増えますよ。

(37)csv一括配送

ショップで購入された複数の商品ステータスを一括で[発送済み]に変更できる機能。

注文ごとに配達業者や伝票番号は入力できます。
他の多くのサービスにもすでに実装されている機能ですね。

(38)不正決済保証

クレジットカードが不正利用されたときの損害金額が補償される機能。

保険みたいなものと捉えてもらえるとわかりやすいですね。
月額料金がかかるサービスです。

(39)振込申請プラス

売上金の「早期振込サービス」や定期的な自動振込を行う「定期振込サービス」が使えるようになる機能。

売上から実際入金が来るまでにはタイムラグがありますので、その間隔を縮めたい方にはおすすめです。

(40)売上管理 by free

クラウド会計ソフトFreeとの連携で決算の手間を楽にしてくれる機能。

  • 銀行口座やクレジットカードの入出金明細を取得
  • 売上・決済手数料・引出手数料を自動取り込みリアルタイムに把握することが可能

 

↑目次へ戻る↑

BASEの4つのメリット

BASEのメリット(1)初期費用・月額費用無料

ネットショップを出店するときは多くの場合初期費用が数万円かかります。
無料で出店できるネットショップでここまで多機能なのはBASEだけです。

ネットショップは維持費(=月額費用)もかかるところがほとんど。楽天なんかは月額利用料の高さから閉店に追い込まれるネットショップが続出するほどですからね。

BASEは初期費用も月額費用も無料。リスクゼロでチャレンジできるのはBASEだけ。

BASEのメリット(2)出店審査が不要

モール系のネットショップ(楽天、Yahooなど)は誰でも出店できるわけではありません。
出店申し込み後に審査を受ける必要があります。
審査を受けて許可されないとお店も出せないんですよね。

ところがBASEでは厄介な出店審査もいりません。誰でもチャレンジできる環境が整っています。

BASEのメリット(3)出店までが早い

繰り返しますが、多くのネットショップは出店申し込みをすると審査があります。
ところがBASEは審査がないので申し込みをしてから出店するまでがとっても早いのです。

さあ、ネットショップやるぞー!とモチベーションが高いうちに開店できるのはBASEの大きなメリット。

BASEのメリット(4)クレジットカード決済が即使える

ネットショップを利用するお客様はクレジットカードを利用が多数を占めます。
だからこそ運営側はクレジット決済を早く使えるようにしたい。
ところが、ネットショップでカード決済を利用する場合は手続きに数か月を要します。(審査があるため)

その数か月間、クレジットカード決済が使えないということは販売機会損失ですよね。
売れる商品を売れなくしていることになります。

早く手続きしてくれ!とネットショップ運営側はけっこうやきもきする期間でもありますw

しかしBASEならそんなわずらわしさもなし!
無料でしかも即日クレジットカード決済が利用できるようになるのは超強力なメリットです。

 

 

BASEのデメリット

BASEのデメリット(1)集客力が弱い

BASEに限った話ではありませんが、カラーミーやメイクショップ等も含め、独自ドメイン系ネットショップは集客力は弱いです。

もう仕方ないんですよ。
楽天やAmazonに比べたらどうしても規模では勝てません。
ららぽーやイオンと個人商店が戦ってるようなものです。

blog機能Instagram販売を駆使するなどして大型モール店ではやっていないところを狙って集客を仕掛ける工夫が必要です。

BASEのデメリット(2)サポートがメールのみ

他のサービスは電話で問い合わせができるところがほとんどに対し、BASEはメールしかありません。
無料ゆえ、というところでしょうか。

BASEが向いてるのはこんな人

無料で出店できるBASEはこんな人におすすめです。

とにかく早く出店したい人

他モールでは審査をパスしないとショップが出店できません。
BASEだからこそ即日出店できます。

商品数が少ない人

「まずはこれを売ってみたい!」というのがある人にはBASEがおすすめです。無料の強みですね。
維持費がかからないから売れなくても出費なし。
出店したらその後は利益しかありません。

ネットショップに初めてチャレンジしたい人

うまくいくかどうかわからないネットショップに月数万円の維持費はかけられませんよね。
BASEなら無料で出店できるので初めてでも気軽にチャレンジすることができます。

BASEは維持費がかからないネットショップですから、失敗しようが損はありません。
興味があったらとにかくやってみればいいと思います。

あなたもネットショップを利用している側から利用させる側に立ってみませんか?
実際やってみるとネットショップってめっちゃ面白いんですよ。

ネットショップはお客様の表情が見えないからこそ感謝のお言葉をいただくときの嬉しさはヤバイですね。
お客様からの言葉にやりがいを感じて楽しさが倍増します。

ネットショップとはいえ、PCやスマホの向こう側には人がいる。
人とのやりとりに喜びや楽しさを感じる人にはぜひネットショップをおすすめしたいですね。

ぜひBASEで気軽に試してみてください。

 

 

ライター:りぃ