モテるためにブロガーになるという選択をした僕の思考回路

ブロガーがモテる?はぁ〜?タダのオタクじゃん!

そう思う人も多いはず。
しかーし!「モテたいからブログを頑張る」というのはかなり合理的な選択肢なんですよ。

僕もモテたいからブログ始めたようなもんですからね。

プロ無職のるってぃも発信活動を頑張る理由はモテたいからっ言うし、今をときめくお利息ブロガーのしゅうへい氏もたしかそうだったような…

やっぱりそうだった←

ということで、この記事では「なぜモテるためにブログを書くのか?」と言う話を合理的に解説するよ。

いわゆるモテる職業はけっこう辛そう…

僕が「モテたい!」と思って最初に思いついた職業は以下の通り。

  • 医者
  • 弁護士
  • 銀行員
  • 誰もが知ってる大企業
  • なんとかエージェント

まぁいずれも社会的な評価も高いし、お金も持っているし、言うことなしですね。

しかし、これらの職種ってけっこう激務なんですよ。
しかも、しかも。これらの職業の人たちがモテ始めるのって勤め始めて3年目〜とかじゃないかなって思う。
少なくとも1年目はお金もまだないし、仕事で精一杯だし、そんな余裕ないのでは?

僕みたいな怠け者はそんなの無理無理。

お金もあって、毎日の生活も自由に送れて、お金も稼げて、その上でモテたい!」と考えるわけです。

スポンサーリンク

時間も自由に使えて、お金も稼げる職業ってなんだろう?

  • ブロガー
  • YouTuber
  • アフィリエイター
  • 転売
  • 投資家

自由に時間も使えて、お金も稼げる職業という条件で出てきたのが上の5つ。投資家は軍資金がないから無理。転売はストック型の収入じゃないから無理。

残りはブロガーとYouTuberとアフィリエイターの3択になったわけだが、ここで「そもそもモテるってなんだ?」と若かりし僕は考えたわけです。

僕の中でのモテるの定義とは「何もしなくても、あっちの方から興味を持ってくれる」だったわけです。

そう考えたら、個人のキャラクターが押し出せるブロガーかYouTuberが最適かなと。
実は僕、YouTuberも挑戦したことがあったのですが、動画編集がダルすぎて断念。あと、本当に成り上がるためには毎日更新しなきゃいけないし、ちょっとそれは大変で嫌だなーっておもって(クズ)

最終的に僕はブログを選んだわけです。

あと、これは僕の勝手な予想ですが、最近の子ほどお金持ちかどうかとか関係ないと思う。それよりも影響力とか知名度の方が重要視されてそう。

実際にブロガーだとモテるのか?

さぁ。果たしてブロガーだとモテるのか?

う〜ん。
昔と比べたら少しモテるようになったかも?
くらいですね。

まぁそもそも論ですが、「〜になったらモテる」とかないですからね。モテる人はどんな状況でもモテるし、モテない人はどんな状況でもモテない。
ただ、ブロガーとして生きてることによって使える武器は増えたかなって感じ。

僕なんてまだまだ道半ば。
これからもモテるためにブログを頑張りますよん。