沖ケイタのプロフィールはこちら

社長が金髪で何が悪い?25歳年収1000万円の社長にインタビュー

1,124 views

社長はスーツで、黒髪で、髪型も整えていて…
みなさん世の中の社長にそんなイメージを持っていませんか?

しかし!今回は髪色が金髪、そして早稲田大学に入学するも遊びすぎて留年そして退学。そんな従来の社長像をぶっ壊すような金髪社長こと飯島一休さんにインタビューをしてきました!

金髪社長の平凡な学生時代

▲今回インタビューさせていただいた金髪社長の飯島一休さん

ーインタビューをさせていただく中村創です。まず簡単な自己紹介をお願いします。

飯島:飯島一休と言います。ちなみに「とんち」で有名な一休さんとは何の関係もありません(笑)ブロガー&社長として年収1000万円を稼いでいます。今日はよろしくお願いします。

 

ーまず今までの人生について聞きたいのですが、小中高はどんな子供だったんですか?

飯島:本当に普通の子でした。部活を一番に考えて、中学では野球を高校ではハンドボールをしていました。
彼女もいて、めちゃくちゃモテるかと言われればそうでもない。
本当にTHE普通でしたね(笑)

 

ー聞く限り本当に普通の人ですね(笑)ちなみに勉強はどうでしたか?

飯島:高校自体は神奈川県でもトップ3に入るような高校でした。勉強もまあまあでしたね。受験勉強もそれなりにして、早稲田大学の社会科学部に入学しました。

 

ー大学に入ってからはどんな感じだったんですか?

飯島:大学入学後もいわゆる典型的な大学生活を送っていました。塾講師のバイトや居酒屋のバイトをして、月6〜10万円を稼ぐ。
テニスサークルにも入っていたので、そのバイト代で飲み会に行ったり遊んでました。

 

ー意外と普通ですね(笑)授業はちゃんと出席してたんですか?

飯島:遊んでばっかりで授業にも行かなかったので、気づいたら3年終了時に留年が決定してしまいました。

アフィリエイトに出会うも月5000円しか稼げない

ー今のようなビジネスをしようと思ったのはいつなんですか?

飯島:さっき3年次に留年したって言ったじゃないですか。周りが就活で騒いでいた中、僕は留年で何もすることがなくて。それで「お金稼ぎをしよう!」と思ったのがビジネスの世界に初めて踏み入れた時ですね。

 

ーおお。「お金稼ぎをしよう」と思った理由は何かあったんですか?

飯島:本当にたまたまですね。
本屋でブログアフィリエイトの本を読んだことがきっかけです。

 

ーなるほど。ちなみにアフィリエイトは独学でやられてたんですか?

飯島:基本独学でしたが、Youtuberで情報商材を売っている人がいて、その教材を1万円くらいで購入して始めました。でも全く稼げなかったです。だいたい月5000円程度でしたね。

 

ー情報商材と聞くとかなり悪いイメージがあるのですが、それは大丈夫でしたか?

飯島:情報商材も全てが悪いっていうわけではないんです。なかには役立つものもあります。
ただダメなところは売り方ですね。
セミナーを開催してドアを閉めて、強制的に買わせたり、実際はそこまで稼いでないのにかなり儲かっていると嘘をついて金稼ぎをしている人もいました。

※以前、当ブログでは情報商材詐欺の被害に遭った人にもインタビューしました。

 

ーそれはひどい。一休さんもまさかそんなことを…?(汗)

飯島:僕も最初は情報判断能力が低く、少し煽ってみたり、ちょっとだけ稼いでる額を盛ってみたりしました。あれは本当に良くなかった…
ただ、明らかに詐欺っぽいことはしてなかったですね。
なんせ月5000円しか儲けてないですから(笑)居酒屋のバイトも相変わらず継続していました。

 

ーちなみにその時も大学は行かれてたんですか?

飯島:この年も留年してしまって…

 

ー(やっぱりこの人クズなのかもしれない。)

スポンサーリンク

継続していたら年収が1000万円を超えた

ー2度目の留年した時は何をされてたんですか?

飯島:基本的にやることは変わらず、アフィリエイトとブログです。
継続の効果があってかちょっとずつ収益が出てきました。
その1年間は本当に仕事のことしか考えてなかったですね。そしたら年収1000万円になってました。

 

ーええ!急になにが起きたんですか笑

飯島:まずブログとアフィリエイトの収入が上がってくる様になりました。メインのサイトだけで10個近くありましたね。それだけで月に30〜40万円近く稼げるようになりました。
あとは、その僕の収益化の方法を教えるコンサルタントをはじめました。そんなことやっていたら気づいたら年収1000万円いってましたね。

 

ーなるほど。ぶっちゃけて言ってコンサル生って結果出てるんですか?

飯島:僕はそこはかなり頑張ってます!いわゆる詐欺商材みたいなコンサルを嫌悪しているので、僕はかなり時間を割いてコンサル生と向き合っていますね。

数字で言うと、コンサル生の先月の実績は月収100万超えが4人、50万超えが3人、10万超えが6人と結構いい感じです。

あと余談ですが、僕の誕生日にコンサル生のみんなが寄せ書きを書いてくれてマジで嬉しかったです!

 

ーまるで家族みたいですね!ところで大学は結局…?

飯島:ちゃんと単位を取れば卒業できるところまでいったんですけど、無理でした。笑

 

ーということは3年目の留年?

飯島:授業料も相当かかるので大学は辞めちゃいました(笑)あとちょっとだったんだけどな。
それが今年の3月ですね。そこから2017年8月に登記して社長になりました。
ちなみに金髪になったのは去年の11月からです(笑)

今後はお金よりも影響力をつけていきたい

ー今後こんなことをしたいというような展望はありますか?

飯島:展望かどうかはわからないですけど、収益を増やすというよりは影響力をつけていきたいですね。

 

ーなるほど。なぜお金よりも影響力なんですか?

飯島:やっぱり、今の日本の情報商材のやり方ってすごく汚いと思うし、結果を出している人の中でも人間的に尊敬できない人も多くて。
一方で、例えばYoutuberやブロガーの人たちは価値のあるコンテンツを提供して周りからの尊敬を集めていると言うか…すごくやり方が真っ当ですよね。
そうやって周りから評価される1つの指標が影響力なのかなって。

今はとにかくTwitterのフォロワーを増やしたいっす!

飯島一休さんのTwitterはこちら

>>金髪社長の飯島一休さんをフォロー

 

ー影響力をつけてどんなことを発信していきたいですか?

飯島:就職以外の働き方があることを大学生や20代の人に向けて発信していきたいです。
自分も大学生のときに、この働き方に気づきましたけど、影響力をつけてそれをもっと多くの人に発信していきたいですね。
大学生や20代の働き方のロールモデルを目指します!

金髪社長のインタビューを終えて

金髪社長という名前を聞いて、どんなにチャラいウェイ系の人が来るのかなと思っていたのですが、とても優しくて落ち着いた方でした。

ギャップ萌えだこれ…

実際に独学でコツコツ継続し、結果を出している人の言葉に説得力がありました。

もし今までごく普通の生活を送ってきたとしても、ある時点から人って変われるんだなとお話を聞いて改めて実感しました。

お金稼ぎに興味がある人、ブロガー・アフィリエイターはもちろん以前の金髪社長のようにTHE・普通の大学生もぜひ金髪社長のブログを読んでみてください!

飯島さんのブログ

・飯島さんのTwitter
https://twitter.com/kazuyoshi1140

ライター:中村創
Twitter:@soooo_nakamura
ブログ:くりえいと