【厳選】カジュアルな革靴おすすめ10選【種類ごとに徹底解説】

「革靴ってどうやって選べばいいの?」

「どんな革靴がカジュアルと言われているの?」

「カジュアルな革靴ってどう履けば、おしゃれになれるの?」

カジュアルな革靴を履きこなすことで周りよりも若々しく見えますし、大人っぽい雰囲気を出すことができます。しかし、確かに革靴を買ったことがない方にとっては、どんなブランドがいいのか・どうやって選べばいいのか、が分かりにくいですよね。

そこで、この記事では、カジュアルな革靴の選び方やブランドを徹底解説しています。

  • カジュアルな革靴の選び方
  • おすすめ利用シーン
  • メリット
  • カジュアルに履ける革靴の種類4選
  • カジュアルな革靴のおすすめブランド10選

一人前の男なら革靴くらい履きこなせて当たり前。この記事を読んで「革靴を履いたことがない・・・」なんて状況から抜け出しましょう!

カジュアルな革靴の選び方【3STEP】

カジュアルな革靴は3つの選び方があります。

  1. デザインで選ぶ
  2. シルエット(形)で選ぶ
  3. 色や質感で選ぶ

1つずつ丁寧にお伝えしていきます。

1. デザインで選ぶ

まず始めに、デザインを見て選びましょう。革靴のデザインには、「内羽根式」と「外羽根式」という2つの種類があります。

「内羽根式」でデザインされた革靴を選んでしまうとカジュアルではなくフォーマルな印象を与えてしまいます。
↓↓↓

 

逆に「外羽根式」でデザインされた革靴はカジュアルな印象を与えることができるので、カジュアルな革靴を探しているときには、このデザインを探してみてください。
↓↓↓

 

2.シルエット(形)で選ぶ

カジュアルな革靴のシルエットはとてもわかりやすいです。細身のモノではなく、やや丸みを帯びているものを選びましょう。

それだけでカジュアルな印象を与えられます。

3.色や質感で選ぶ

「革靴といえばブラック」というイメージがあるかもしれませんが、カジュアルなものを選びたいのであればブラウンやベージュのような色がオススメです。

また質感に関しては、ただのレザーではなく少し羽毛のようなスウェード調のものがオススメ。ブラウン+スウェード調だとかなりカジュアルな印象です。

カジュアルな革靴のおすすめ利用シーン

カジュアルな革靴に利用シーンは2つあります。

  1. 恋人とデートするとき
  2. 誕生日などでおしゃれなお店に行くとき

1つずつ丁寧にお伝えしていきます。

1. 恋人とデートするとき

恋人とデートするときくらいは、いつもの服装ではない特別な服装をしてみてはどうでしょうか。

服装が普段と違うだけでも特別感がありますし、お互いに楽しめると思います。

ですが気合を入れすぎて空回りしないようにしましょう(笑)

2. 誕生日などでおしゃれなお店に行くとき

友人の誕生日を祝う時や自分の誕生日を祝ってもらう時は、カジュアルな革靴の出番です。

「いつもより特別だから普段とは違う服装をしたいんだけど、かしこまりすぎていつもみたいに楽しめないのは嫌だな」という時にカジュアルな革靴はぴったりです。

カジュアルな革靴の3つのメリット

カジュアルな革靴のメリットは3つあります。

  1. おしゃれになれる
  2. 大人っぽく見える
  3. コーデの幅が広がる

1つずつ丁寧にお伝えしていきます。

1. おしゃれになれる

フォーマルな革靴だと少し堅苦しい雰囲気を出してしまいますが、カジュアルな革靴を履きこなすことで周りよりもおしゃれに見せることができます。

さらにカジュアルな革靴を履くときには服装もそれに合ったものを選ぶことになるので、全体的に見栄えが良くなります。

スニーカーでもおしゃれになることはできますが、革靴を履くことでスニーカーよりも1段階上のおしゃれを目指しましょう!

2. 大人っぽく見える

革靴を履くことで大人っぽく見えます。

スニーカーを履いているとそれに合う服装がどうしても子供っぽい感じが出てしまうので、なかなか大人っぽいコーデにすることができません。

カジュアルな革靴を履きこなすことで、大人っぽさをアピールできます。

3. コーデの幅が広がる

これまでスニーカーやサンダルしか履いてこなかった人は、革靴を履きこなすことでコーデの幅を広げられます。

スニーカーでは着にくかったジャケットや少し大人っぽいコートなど、いつもよりもおしゃれなコーデに挑戦することができるようになります。

カジュアルに履ける革靴の種類4選

カジュアルにはける革靴の種類は4つあります。

  1. ローファー
  2. プレーントゥシューズ
  3. スウェード
  4. デッキシューズ

1つずつ丁寧にお伝えしていきます。

1. ローファー

アメリカンカジュアルシューズの代表です。

カジュアルな場面以外でもマルチに履かれる革靴の種類ですが、やはりカジュアルな場面での着用が定番です。

「高校生が学校に行くときに履くもの」というイメージを持っている人もいるかもしれませんが、全くそんなことはありません。

最近では成人で履いている人もいますし、かなりポピュラーになっています。

スポンサーリンク

2. プレーントゥシューズ

プレーントゥシューズはその名前の通り、プレーンな(装飾などの特徴がない)シューズのことです。

シンプルなデザインなので、革の良し悪しや作りがよいかどうかがはっきりわかります。

ですが、とてもシンプルなデザインに設計されているため、どんな服装でも簡単に合わせることができます。

3. スエード

スエードは革の内側を起毛させているので、どくどくの光沢感や高級さがあります。またスエード独特の温かさを感じることもできます。

かなり丈夫な素材ですので、多くの靴に使われています。

さらにほかの革靴に比べてカジュアル感がかなり強いため、大学生でも気負うことなく楽に履くことができますよ!

4. デッキシューズ

デッキシューズもスウェードと同様に、かなりカジュアル感が強いです。

スウェードにはあたたかさがあるため冬に履くのがオススメですが、デッキシューズは夏に履くことをオススメしたい革靴。

グリップ力を高めるために柔らかいラバー素材が用いられているのが特徴です。

大学生っぽさを出すときには派手めな色を、周りより落ち着いた雰囲気にしたいときは紺色や茶色などの色がオススメ!

カジュアルに履ける革靴のブランド10選

カジュアルにはける革靴のブランドを10個ご紹介します。

  • 平均予算
  • おすすめの年代
  • 特徴

について、それぞれ丁寧にお伝えしていきます。

1. ドクターマーチン

ドクターマーチンの平均予算

ドクターマーチンの最安値は約1万円です。4万5千円ほどで売られている種類もありますが、平均予算は1万~2万円くらいと考えておきましょう。

ドクターマーチンがおすすめの年代

若者で履いている人もいますし、30代~40代で履いている人も見られます。しかしSNSや他の情報サイトなどを見てみると、10代~20代の若者に人気のブランドになっています。

ドクターマーチンの特徴

ドクターマーチンは耐久性に優れていて、かなり独特なデザインになっています。3ホールや8ホールといった種類があります。

2. トップサイダー

トップサイダーの平均予算

トップサイダーは世界初のデッキシューズブランドです。
デッキシューズが欲しい人はトップサイダーで選べば間違いありません。

予算は6000円~でも十分買うことができますが、高いものだと2万円後半程するものもあります。

1万円あればいい靴が買えると思います。

トップサイダーがおすすめの年代

ドクターマーチンよりは年代は高めです。しかしデッキシューズなので、履くときは大人っぽさよりは大学生っぽさが押し出されると思います。

トップサイダーの特徴

アメリカ発祥で初のデッキシューズブランドです。

デッキシューズには濡れていても滑りにくいという特徴がありますが、トップサイダーが人気を得ている要因はやはりそのデザイン性の高さです。非常にさわやかなデザインの靴が多いです。

3. クラークス

クラークスの平均予算

クラークスの最安値は約1万円です。ですが平均的には1万円台後半~の靴が多いので、他の靴に比べると少し高めの値段になっています。

クラークスがおすすめの年代

クラークスは幅広く履かれていますが、InstagramなどのSNSを見ていると、20代の大学生よりは20代後半~30代くらいの人が履いているイメージです。

クラークスの特徴

クラークスは履きやすさと快適さを追求して作られています。最近では人間工学を駆使したコンフォートシューズの最先端的な存在として活躍しています。

4. ハレ

ハレの平均予算

ハレは1万円弱から売られています。

他の革靴に比べて「めちゃくちゃ高い!」というものは少なく、予算は2万円以内で大丈夫な場合が多いです。

ハレがおすすめの年代

メインターゲットは20代~30代男性のようですが、今では若いメンズからも多く愛用されています。

大学生だけでなく高校生までもが履きこなしているようです。ハレを履きこなしている人を「ハレラー」と呼ぶほど、ブランドが成長しています。

ハレの特徴

ハレは若いメンズから大人気のブランドで、

  • 安価
  • シンプル

という特徴があります。

大人気ブランドなので他の人と被ってしまうかもしれませんが、リーズナブルでおしゃれな革靴を履くことができます。

5. ディメッラ

ディメッラの平均予算

ディメッラは1万円程度で売られているものもありますが、ほとんどは3万円~4万円と他の革靴に比べてかなり高額になっています。

「安くておしゃれな革靴が欲しい」という方には向いていません。

ディメッラがおすすめの年代

ディメッラは学生よりももう少し上の年代の方にオススメのブランドです。

高級で手が出にくいというのもありますが、上流階級へ向けたエレガントなスタイルが若すぎると履きこなすことができないかもしれないからです。

ディメッラの特徴

ディメッラはイタリアの靴づくりの伝統を受け継ぐ信頼あるブランドです。

素材・色にこだわり、独自の製法により作り上げられた、軽やかにしてラグジュアリーな風合いを放っているのが特徴です。

しかし幅広いコーデに取り入れやすいシンプルさも兼ね備えているのが特徴です。

6. オールデン

オールデンの平均予算

オールデンはローファーだと安くても6万円くらいします。高いものだと10万円を超えるものも多く、8万円くらいなら珍しくありません。

オールデンがおすすめの年代

かなり高級な靴なので、やはりおすすめの年代は高くなってきます。学生が履くにはあまりにも高級なので、やはり履いている人も30代、40代~が多いように感じます。

オールデンの特徴

オールデンの革靴は、コードバンで作られています。このコードバンがオールデンのブランドを支えている1つの要因であり、「革のダイヤモンド」と呼ばれるほど希少です。

そんなコードバンで作られているオールデンの革靴は「オールデンの革靴を履いたら他の靴は履けない」といわれるほど履き心地がいいようです。

7. リーガル

リーガルの平均予算

リーガルの革靴は1万円~2万円くらいで買うことができます。最安値は楽天市場で8千円くらいのものがありました。

リーガルがおすすめの年代

リーガルの革靴は40代~50代くらいの男性に人気があります。めちゃくちゃ高級というわけではありませんが、それとなくおしゃれを演出できる点が人気のようです。

リーガルの特徴

リーガルは1960年代にアメリカのリーガル・シュー社との技術提携し、日本国内でいち早くアメリカ伝統の「グッドイヤーウェルト製法」を取り入れました。それによって世界的に有名なブランドになっています。

中にコルクを敷き詰めることで耐久性やフィット感を出し、靴の中の断熱性にも優れています。

8. G.H.バス

G.H.バスの平均予算

バスの革靴は1万円代で求められるものが他の革靴に比べて多いです。かなり安価でカジュアルな革靴を手に入れることができます。

G.H.バスがおすすめの年代

シンプルなつくりの革靴が多いので、若いメンズでも楽に履くことができます。黒っぽい革靴が多いので、30代~の男性でも気軽にコーデに取り入れられます!

G.H.バスの特徴

バスは世界で初めてローファーを作ったアメリカの老舗シューズブランドで、「目的に合う最高の靴を作ろう」というのが、創業以来バスが掲げている理念です。

低価格ながらも耐久性に優れた上質なレザーを使用しており、創業当初から今まで本物の革靴を作り続けています。

9. ハルタ

ハルタの平均予算

ハルタは1万円以内の予算でも十分買うことができます。ここまででご紹介してきた革靴の中では一番リーズナブルな革靴ブランドです。

ハルタがおすすめの年代

ハルタのローファーは男女ともに人気がありますが、特に若者に人気があります。InstagramなどのSNSには学生が履いている投稿が多く見られます。

ハルタの特徴

足になじみやすい本革の靴や、水をはじきやすい合皮素材で作られた靴もたくさんあるのが特徴です。

また男性だけでなく女性からも人気があります。学生などの若者がファッショナブルに履きこなすのが流行っています。

10. レイジブルー

レイジブルーの平均予算

レイジブルーもリーズナブルでかなり買いやすい値段になっています。安いものだと5千円以内で買えるものもあります。高くても1万円以内で収まると思います。

レイジブルーがおすすめの年代

レイジブルーはハルタと同様、若い年代によく履かれています。革靴ですがかなりリーズナブルなので、30代~の人にはあまりオススメできません。

レイジブルーの特徴

レイズブルーはそのリーズナブルな値段設定と、シンプルな外見が特徴です。特にプレーントゥシューズはすごくシンプルなので、どんな服装にも合わせることができます。

革靴を始めて買うという人にオススメのブランドです。

2 COMMENTS

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。