禁酒したいけど辛い…無理…って事でサプリ飲んで解決を試みた結果w

商品提供:レバリズム

「お酒は大好きだけど健康に悪いから禁酒しようかな…けどお酒飲みたい!うおおおおおお」

取り乱してすいません。1ヶ月の禁酒生活に挑んだにも関わらず、見事に挫折した沖ケイタと申します。

この記事では禁酒に失敗した僕が

  • お酒も楽しみながら
  • 二日酔いもせず
  • 飲酒による健康への害をなるべく抑える

という贅沢な悩みを解決するためにあるサプリメントを飲んでみた体験記です。

僕と同じように生粋の酒キャラの人はぜひ参考にしてみてください!

禁酒が辛くて無理な7つの理由

泣かされる

最初は「まぁ1ヶ月くらいなら禁酒も余裕でしょ」と軽い気持ちで考えていましたが、想像以上に無理でした。

これから禁酒を始める人は心の準備という事で、僕が感じた「禁酒が辛くて無理すぎる7つの理由」を参考にしてみてください!

【禁酒が辛くて無理な理由1】
当たり前のようにお酒の誘いがきまくる

きっとあなたはお酒が大好きなはず。
休日は必ず飲みに行くし、仕事が終われば1人で夜な夜な晩酌をしているはず。

いわゆる「酒キャラ」が定着してしまっているので、禁酒をしたからといってあなたの元にはお酒の誘いがたくさんくるのではないでしょうか?

友達
「飲みに行こうよ!」

あなた
「いま、禁酒中で…」

こんなやりとりも最初の2〜3人は耐えられても、さらにお誘いが来ると誘惑に負けそうになってしまいます。

これは個人的な意見ですが、そもそも僕は「断る」という行為自体が苦手なので、なんだか段々自分が悪い事しているように感じてくるんですよね…

そうなると潜在的に「禁酒=周りの期待に応えられない悪い事」のように考えてしまって、ちょっと病みます(あくまで体験談ですがw)

【禁酒が辛くて無理な理由2】
お祝いの席で禁酒中はちょっと気まずい

普通の飲み会なら参加を断ればいいですが、会社の大きな飲み会、イベント、お祝いの席…などなど、どうしても参加しなくちゃいけない飲み会も多いはずです。

Aさん
「〜さんも飲みなよ!」

あなた
「禁酒中で…」

Aさん
「けど今日は〜さんのお祝いだからさ!ちょっとくらい良いじゃん!」

あなた
「う〜ん…」

こんな誘われ方をしてしまうと、なかなか断るのも難しいです…

【禁酒が辛くて無理な理由3】
日本居酒屋多すぎる問題。コンビニでもお酒買えちゃう

そもそも日本は居酒屋が多すぎます。
ちょっと都心にいけばチェーン店の居酒屋が立ち並び、少し田舎でもバーやスナックなどお酒が飲める場所がたくさんあります。

さらに、ファミレス、牛丼チェーンなど居酒屋以外でもお酒が飲めてしまい、終いにはコンビニでも気軽にお酒が買えてしまう…。

こんなにお酒が気軽に飲めてしまう国もなかなか珍しいです。

つまり、あなたが少しでも「禁酒辛いな…」と感じたらすぐにお酒が手に入ってしまう環境であるという事です。

本当に物理的にお酒を遠ざけたいなら山籠りしないといけないので、実質不可能。常にお酒の存在を感じながらの禁酒は想像以上にきついです。

【禁酒が辛くて無理な理由4】
解禁させようとする酒ヤクザの存在

お酒好きなら周りに1人〜2人はラスボス級の酒キャラがいるはずです。
僕は彼ら彼女らを「酒ヤクザ」と勝手に呼んでいます笑

禁酒中に彼らと居合わせると大変です。

「禁酒???関係ないから!飲もうぜ!」

となること間違いなしです。僕みたいな断るのが苦手な人は押し切られてしまうかもしれないので注意が必要。

スポンサーリンク

【禁酒が辛くて無理な理由5】
一度でも飲むともう止まらない

ぶっちゃけていうと、僕は1ヶ月間の禁酒を達成できなかったんですよね。
一度お酒を飲んでしまいました。

しかし、一度飲んだら最後。
「どうせ、もう禁酒も失敗しちゃったし飲みまくるか!」という思考に陥り、また今まで我慢していたこともあり、激しい飲酒生活がスタートします。

【禁酒が辛くて無理な理由6】
お酒を飲まないと眠れない気がする

個人的にはそこまで辛くありませんでしたが、Webの情報を見ていると「禁酒中はとにかく眠れなくて辛い」という意見も多かったです。

特に毎日、習慣的に晩酌をしている人は眠れなくなってしまうかも…

お酒を飲めないストレスに加えて不眠も重なったら、もう禁酒どころの騒ぎではありません。

家でも1人で飲んでしまう人は覚悟しておきましょう。

【禁酒が辛くて無理な理由7】
目に見える変化があまり感じられない

禁酒はダイエットや筋トレと違って目に見える変化があまり感じられません。

ダイエットなら体重、筋トレなら筋肉量など数値的な目標達成感を得られやすいですが、禁酒は特にそういった指標が作りづらいです(禁酒の継続日数ぐらいかな)

個人的な体感ですが、禁酒をしたからといって急に体調が良くなったりは特にしませんでした。僕は3週間ほど禁酒を継続できましたが、健康になった感は皆無。

こういう状態だとなかなか禁酒を続けるのは難しいです。

【禁酒したいけどお酒は飲みたい】
肝臓に優しいサプリ「レバリズム」を飲んでみた

禁酒を諦めた僕はこんな都合の良いことはないかと考えました。

  • お酒も楽しみながら
  • 二日酔いもせず
  • 飲酒による健康への害をなるべく抑える

そこで、今回実際に試してみたのが「レバリズム」です。

 

レバリズムとは「飲みすぎの肝臓に健康習慣を」をテーマに作られたサプリメントです。

  • 肝機能を直接促進する「しじみエキス」
  • 解毒作用、有害ミネラル、中性脂肪の排出を促進する「牡蠣エキス」
  • 肝臓に酵素を送ってくれる「スクワレン」

などなど。お酒から肝臓を守ってくれる栄養素がたっぷり入っているサプリメントです。

Web上の口コミでは…

「お酒を飲んでもスッキリとした気分でいられる」
「体が軽くなった気がする」
「次の日の朝も良い目覚めで迎えられる」

などなど評判も良かったので早速試して見ました!

レバリズムをさっそく飲んでみた

レバリズムの写真がこちら。
1日分が袋になっているので、持ち運びしやすいです。

これが箱に入って1ヵ月分送られてきます。

ちなみに中身はこんな感じ。

一見すると普通のサプリメントです。
これを飲み会前に飲むことで効果が得られるそうですが、毎日飲み続けるのが一番良いみたいです。

レバリズムは誇張無しで絶好調です

実際の効果ですが、これは誇張無しで本当に絶好調です。

ちなみに僕はお酒は好きなのですが、そこまで強いわけではありません。
酔っ払うと以下のような症状が現れます。

  • 記憶をぶっ飛ばす
  • 酔えば酔うほど飲んでしまう
  • 吐く
  • 次の日全く仕事ができなくなる

本当にやばい時は気づいたら家のベットで寝ており、そこまでの記憶も一切ありません。

そんな僕ですが、レバリズムを飲んでからは結構たくさん飲んでも、記憶を飛ばすことなく、次の日もバリバリ仕事ができました。

ちなみに上の文章の「結構たくさん飲んだ」とは約10時間ほどです(笑)
お昼時から深夜までノンストップで飲み続けましたが、それでもノーダメージ。

レバリズムのすごさを実感しました。

 

ちなみに、デメリットとしてはやはり飲み続けないと効果は半減する気がします。僕の場合はまだ飲み始めてからの期間が浅いということもありますが、2〜3日飲まなくなってからの飲み会では見事に記憶を飛ばしました笑

記憶を飛ばした時にTwitterでこんな狂気的なツイートをしていました(恥ずかしい)

 

これからは1日1袋をコンスタントに飲み続けてお酒と健康の両立を目指したいと思います!
本当はお酒を飲まなないことが一番良いはずですが「いやいや、そんなの何を楽しみに生きて良いんだよ!」というお酒大好きのあなた!

ぜひレバリズムを一度試して見てください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。