【評判】LITALICOワンダーに直撃取材!90分間子どもが熱中できる環境の秘密

提供:LITALICOワンダー

年長〜高校生を対象に、IT×ものづくり教室を展開するLITALICOワンダーに直撃取材!

  • 創業の思い
  • 実際の授業内容
  • お子さんのエピソード

など、教室のリアルな雰囲気を伺ってきました。

プログラミングやLITALICOワンダーに興味のある人は、参考にしてみてください!

LITALICOワンダーの概要を30秒でサクッと解説

  • 興味や好きなものに合わせた学びを柔軟に選択できる
  • 一人ひとりに合った学び方を提供できる少人数制
  • たくさん試行錯誤ができる90分授業

LITALICOワンダーはIT×ものづくりとして、プログラミング学習やロボット制作を通し、自分らしく世界を広げる力や創造力を身につけていける教室です。

今回は教室長の北川さんと塚本さんにお話を伺いました!

【LITALICOワンダー創業の思い】
公教育とは違う、強みを伸ばす教育を

ーー本日はお時間をいただきありがとうございます!まずはLITALICOワンダー創業のきっかけを教えてください。

運営会社のLITALICOは「障害のない社会」をビジョンに掲げ、障害のある方の「働く」をサポートしています。しかし障害のない社会を作るには、障害のある方だけではなく、学校に馴染めなかった経験や、学習環境が整っていない方々への支援も大切だなと感じておりました。

ーーなるほど…!素晴らしいミッションですね。

さらにLITALICOでは発達障害を持っているお子さん向けの学習塾「LITALICOジュニア」を運営しています。
そこで特別プログラムとして行った、プログラミングやスポーツの授業時のお子さんの夢中度合いがすごくて、意外な才能を発揮してくれた場面を見ることもできました。
そこで、苦手なことに対応する授業よりも、強みになることをちゃんと伸ばしてあげる教育が重要だと思ったんです。そんな教育を障害の有無に関係なく、全ての子供に届けるべきだと思い、LITALICOワンダーをスタートさせました。

ーー公教育はできることよりも、できないことに注目されがちですもんね。僕もこれからの時代、強みを伸ばしていくことはすごく大事だと思っています。


公教育では5教科をまんべんなく勉強しつつ、1人の先生が多くのお子さんを見なければなりません。そのため、どうしても一人ひとりに合わせた学び方を提供したり、個性を伸ばしていくことがなかなか難しいですよね。
私たちはお子さんそれぞれの好きなことや興味のあることを取り入れつつ、社会に繋がるものとしてIT×ものづくりを教育に取り入れています。

LITALICOワンダーの授業内容

ーーLITALICOワンダーでは実際にどのような授業を行っているんですか?

LITALICOワンダーはプログラミング教室と思われがちですが、我々はあくまでもIT×ものづくり教室としているのがポイントです。我々が目指しているのは「お子さんが自分で限界を決めずに自身の世界を広げていけるようになること」「新しいものに臆せず飛び込んでいけるようなマインドを身に着けること」です。
それを実現させるための手段として、たくさん失敗をしても乗り越えられるITを使ったものづくりを取り入れているんですね。

 

ーーITを使ったものであれば、ボタンひとつで戻ることができますもんね…!実際に授業の中ではどのようなものを作っているのでしょうか?

LITALICOワンダーには決まったカリキュラムがないので、一人ひとりが違ったものを作っています。将来クレーン車を設計すると言っている子は、様々なパターンのクレーン車をずっと作っていて。クレーンを支えるための仕組みまでしっかりと自分で調べて試行錯誤した結果、完成させることができたんです。
完成できたことはもちろんですが、それまでのプロセスがすごくよかったですね。

(クレーン車の写真)

ーーすごい…!自分の好きなことを突き詰めていった結果ですね!

通い始めたばかりの子は作りたいものが思い浮かばないこともあるので、そういったときは私たちからも提案して、一緒に作りたいものを見つけていきますね。1回の授業は90分ですが、中には3ヶ月や半年など長時間かけて1つの作品を作る子もいます。

 

ーー公教育の図画工作の授業だと作るものも締め切りも決まっていますもんね。1回の授業が90分なのはなぜですか?公教育の授業だと50分程度ですが…

50分だと、お子さんがその時間で終わりそうなことにしかチャレンジしなくなってしまうんです。でもたっぷり90分あれば、できないと思っていたことでも手を伸ばすことができるようになるんです。
しかも私たちは、スタッフ1人にお子さん4人の少人数制なので、一人ひとりに寄り添ってしっかりとサポートすることができます。

ーー90分の間に集中力が切れてしまうことはないですか?僕も小学校に教育実習に行ったことがあるのですが、話を聞いてくれなかったり、違う遊びを始めてしまったりと、めちゃくちゃ苦戦した記憶があります…。


LITALICOワンダーは基本的にお子さん自身の好きなものや興味のあるものを作っています。だから習い事というよりも自分の好きなものを作れて、サポートしてくれるお兄さんやお姉さんがいる楽しい場所のイメージ。時間割がきっちり決まっている公教育とはまた違うのかなと思います。それでもやっぱり気乗りしないときや、時には教室から飛びちゃう子もいます。

ーーそんなときはどのように対応しているのですか?

 

教室を飛び出た先で「じゃあここで作ろっか」と提案します。そのくらい自由度が高いのも、LITALICOワンダーの特徴です。どんなときでもお子さんの気持ちを否定せず、認めてあげることを大事にしています。

 

ーーどうしても公教育だとなかなかそこまでできないですもんね…。

さらに親御さんにも応援してもらう環境づくりも大事にしています。毎回作品ができている子もいる中で、いつも途中で終わってしまうと心配になりますよね。授業の最後にフィードバックの時間を設けていて、親御さんに授業内容や制作プロセス、次の授業の予定などをしっかりとお伝えするようにしています。

LITALICOワンダーの5つコースを紹介

LITALICOワンダーでは4つのコースがあります。

ゲーム&アプリプログラミングコース(年長〜高校生)

ゲームやアプリの制作を通して、プログラミングの基礎となる考え方を身につけるコース。

こんなお子さんにおすすめ!

  • ゲームで遊ぶのが大好き!
  • パソコンやタブレットで遊ぶのが好き!
  • 自分でゲームやアプリを作ってみたい!

ゲーム&アプリエキスパートコース(小学3年生~高校生)

プログラミングの基礎を身につけたお子さんが、より応用的・発展的なものづくりを目指すコースです。

こんなお子さんにおすすめ!

  • 3DゲームやVRゲームをつくりたい!
  • 自分のホームページをつくりたい!
  • Scratchやロボットプログラミングが好き!

ロボットクリエイトコース(年長〜小学3年生)

ブロックで組み立てたロボットをプログラミングを使って動かし、機会の内部構造やプログラミングの基礎を身につけるコース。

こんなお子さんにおすすめ!

  • ブロック遊びやロボットが大好き!
  • 機会を改造することが好き!
  • ロボットや機会を自分で動かしたい

ロボットテクニカルコース(小学3年生〜高校生)

モーターやセンサー、ギアなどを使用した機会の内部構造、プログラミングによる制御について理解を深め、より複雑なロボット製作に挑戦するコース。

こんなお子さんにおすすめ!

  • ロボットや機械が大好き!
  • 機械が動く構造に興味がある
  • ロボコンに挑戦してみたい!

デジタルファブリケーションコース(小学1年生〜高校生)

3Dプリンタやレーザーカッターなどのデジタル工作機器を使ってオリジナルのものづくりに挑戦するコース。

こんなお子さんにおすすめ!

  • 工作やものづくりが大好き!
  • 3Dプリンタやレーザーカッターを使ってみたい
  • ゼロから自分でデザインしたい!

【事例コラム1】
不登校の女の子が勇気を出して発表会にチャレンジ

ここでは実際にあったお子様のエピソードを紹介します!

LITALICOワンダーでは、学校にあまり行けていない子や不登校の子も通っています。ある小学5年生の女の子もあまり学校に行けておらず、家ではずっとiPadでゲームをしていて親御さんも困っていました。そこで「ゲームが好きなら自分でも作ってみる?」と提案してもらい、体験授業の予約をしてもらいました。

とはいえ思春期で親御さんに見られていると嫌がられれる可能性があるので、女の子1人で来てもらうことに。親御さんにはこっそり見ててもらうような状態でした。そんな中でも女の子とスタッフは好きなゲームの話で盛り上がりつつ、体験授業も楽しんでもらうことができ、通学が決定しました。

ーーおお!それは良かったですね…!

さらに授業でゲームを作りつつ、徐々に仲良くなれそうな子がいるコマの授業を提案することで、横のつながりも生まれていって。LITALICOワンダーには「ワンダーメイクフェス」という任意参加の作品発表会があるんです。
作品を承認してもらえる場として出てほしいなとは思いつつも、なかなか学校にも行けてなかったので、対面で発表することは難しいかなと感じていました。

しかし、友達の女の子がブース出展することになり、その子と一緒になら出ると言ってくれたんです。これには私たちも親御さんも驚きましたが、発表会当日も初めて会う人に自分の作品を誇らしげに発表している姿はとても立派でしたね。そこで褒められたことや承認されたことが成功体験となり、「次出るときには賞を取りたい」とまで語ってくれて、それから作品へのこだわり具合も変わってきました。

ーードラマ化できそうなくらいめちゃくちゃいい話ですね…!

LITALICOワンダーの発表会(ワンダーメイクフェス)


ーー事例にも出てきた、発表会についてももう少し詳しく教えてください!

LITALICOワンダーではIT×ものづくり発表会の「ワンダーメイクフェス」を定期的に開催しています。一般的に発表会はステージの上に1人で立ってプレゼンテーションしますよね。でも発表の仕方がそれだけだと、やりたがらない子もいます。そこでワンダーメイクフェスでは

  • プレゼンテーション発表
  • ブース出店
  • ポスター展示

と3つの方法を用意。またいずれの発表形式でも、作品のどこがよかったか一目でわかるようなシールなどで見た人からの感想がもらえるようになっています。

ーー発表形式が自由に選べると、目立ちたい子も、人前に出るのは苦手だけど作品は見てほしい子も好きなように発表できますね!感想がもらえるのも嬉しい。

【事例コラム2】
ロボコンで優勝は逃したが特別賞を

ここでは再び、実際にあったお子さんのエピソードを紹介します!

先日ロボコンを開催した後、我々のところにメールが届いたんです。ロボコンで優勝は逃したものの、審査員特別賞を受賞した子のお母様からでした。
受賞の理由が、ロボコン当日にお子さんがお母様に話していたロボットのこだわりポイントと一致していたみたいで「結果だけではなく、子供のこだわりを見てくれたことが嬉しくて感動した」とメールには綴られていました。

その子にしかわからないこだわりをきちんと承認してあげることは、まさに我々がやりたいことなので、そのように言っていただけたのはすごく嬉しかったですね。個性と創造力を伸ばすことを目的としている、LITALICOワンダーらしいエピソードかなと思います。

LITALICOワンダーの口コミ

Web上にあるのLITALICOワンダーの口コミを集めてみました。

LITALICOワンダーの口コミ1

リタリコワンダーにはうちの子供も通ってますが、子供、一人一人を大切にしてくれます。発達障害の子供のスクールから事業を始めたので、個性を大切にすると先生が話していて、とってもいい教室だなと思いました!

LITALICOワンダーの口コミ2

リタリコワンダーのロボットクリエイトコースに子供がハマってる!今週はどうしても行けないけど、スケジュール変更も簡単にできて便利。

LITALICOワンダーの口コミ3

先日リタリコワンダーで教わったことを活かして子供がゲーム作ってる!自分でどんどんカスタマイズしててすごい。

LITALICOワンダーの口コミ4

リタリコワンダーの見学に行ってきました。子供たちがレゴで作品を作ったり、ゲームを作っていて、貴重な体験ができました!

LITALICOワンダーの口コミ5

昨日は息子がリタリコワンダーへ。発表会で入賞したみたい!次の目標も立てて頑張ってる!小学生の子もどんどんやっててびっくり。

LITALICOワンダーの料金体系

入塾金(新規入塾時のみ)

15,000円

授業料(月額)

月4回:20,000円
月2回:12,000円

<ゲーム&アプリエキスパートコースのみ>
月4回:24,000円
月2回:開講なし

教材費(月額)

月4回:2,000円
月2回:1,000円

教室運営費(月額)

2,000円

LITALICOワンダーの校舎紹介

LITALICOワンダーは

  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉

の3箇所で展開されています。

東京都の校舎一覧(全13箇所)

教室名住所
LITALICOワンダー 三軒茶屋東京都世田谷区太子堂2-7-3 橋和屋東京3F
LITALICOワンダー 渋谷東京都渋谷区神宮前6-19-21 BCG神宮前PROPERTY 3F
LITALICOワンダー 渋谷 / 中目黒サテライト東京都目黒区上目黒2-1-1 中目黒GTタワー16F 株式会社LITALICO本社内
LITALICOワンダー 青山東京都港区南青山1-10-4 南青山NKビル2F
LITALICOワンダー 池袋東京都豊島区南池袋2-27-17 黒田ビル3F
LITALICOワンダー 赤羽東京都北区赤羽1-4-8 千和ビル6F
LITALICOワンダー 秋葉原東京都千代田区神田須田町2-3-16 ユニゾ神田須田町二丁目ビル6
LITALICOワンダー 水道橋東京都千代田区三崎町3-2-15 No.68ギャランティー21 東京 4F
LITALICOワンダー 押上 東京都墨田区押上1-20-3 S&Sビル4F 401号室
LITALICOワンダー 蒲田東京都大田区蒲田5-44-5 ユニゾ蒲田五丁目ビル 2F
LITALICOワンダー 町田東京都町田市原町田5-4-20 パセオビル3F
LITALICOワンダー 立川東京都立川市柴崎町2-5-8 堤ビル3F
LITALICOワンダー 吉祥寺東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-8 大石ビル3F

神奈川県の校舎一覧(全4箇所)

校舎名住所
LITALICOワンダー 川崎神奈川県川崎市川崎区小川町4-1 LA CITTADELLA(ラ チッタデッラ)内マッジョーレ棟2F
LITALICOワンダー 横浜神奈川県横浜市西区平沼1-38-2 咲久良ビル3F
LITALICOワンダー 東神奈川神奈川県横浜市神奈川区二ツ谷町2-8 加瀬ビル175 3F 302号室
LITALICOワンダー 横浜桜木町神奈川県横浜市中区花咲町2-66 桜木町駅前ビル5F 502号室

埼玉県の校舎一覧(全1箇所)

校舎名住所
LITALICOワンダー 大宮埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-8-2 第2金子ビル6F

LITALICOワンダーのQ&A

LITALICOワンダーの気になる質問にお答えいただきました!

Q.パソコン操作に慣れていなくても大丈夫ですか?

タイピングができなくても、簡単なマウス操作からプログラミングをはじめることができるので、ご安心ください。初めてパソコンに触れるお子さんも多数参加されています。

Q.パソコンなど用意するものはありますか?

パソコンやテキストなどの授業に必要なものは全てLITALICOワンダーの方で用意しているので、準備していただくものはありません。ご自身のパソコンの持ち込みも可能なので、ご相談ください。

Q.通う曜日・時間は固定ですか?

入塾時に決められた曜日・時間で固定になります。通塾の回数にもよりますが、原則月1回までは授業の振替が可能です。

Q.人見知りなので心配です

スタッフはお子さん一人一人に合った接し方でサポートしていきますので、自身に合った形で少しずつ教室に慣れていくことができます。ITやものづくりが好きという共通点を持つことから、学校とは違った交友関係を築くお子さんも大勢います。

Q.子どもがプログラミングできるようになるには、どのくらい時間がかかりますか?

プログラミング中の簡単な指示の組み合わせは、60分のワークショップで理解できるようになります。小学1〜2年生でも、2年ほどで初期の家庭用ゲームのような複雑な指示の組み合わせを使えるようになりますよ。

LITALICOワンダーはこんな人におすすめ

  • 工作やものづくりが好きな子
  • ゲームやロボットが好きな子
  • 学校を窮屈に感じている子
  • 好きなことに熱中している子

 

Photo by:伊藤美咲