ランディングページの制作会社の料金相場と比較ポイントを徹底解説

PR:WonderFuls

企業の売上を大きく左右するランディングページ。あなたの会社では商品の魅力がしっかり伝わるハイクオリティのランディングページを作ることができていますか?

この記事では

  • ランディングページ制作の料金相場
  • 制作会社の正しい選び方
  • おすすめの制作会社

以上をがっつり紹介しています!ぜひ、参考にしてみてください。

そもそもランディングページとは?30秒でわかりやすく解説

ランディングページとは「商品・サービスを売るためのWeb上の長いページ」のことを指します。省略してLPとも呼ばれます。

一般的なポータルサイト・ECサイトとは違い、基本的に1枚のペラページで商品・サービスの魅力を伝えるのが特徴です。

ランディングページの良し悪しで売上は大きく変わるので、Webで商品を売る上では超重要といっても過言ではありません。ランディングページを改善したことによって売上が5〜6倍上がった、なんていう事例も珍しくないのです。

なので、ランディングページとはただの商品紹介ページではなく、商品の売上に直結する最重要工程と認識しておきましょう。

 

イメージしやすいように有名企業のランディングページをいくつか紹介しておきます。

 

ライザップのランディングページ

 

シックスパッドのランディングページ

 

リクルートエージェントのLP

ランディングページ制作の料金相場

ランディングページ制作の料金はピンキリです。格安なものならば10万円以下のものもあります。ここでは料金別でランディングページ制作会社の概要を紹介します。

10万円以下【おすすめしない】

本当に費用を抑えたいなら10万円以下で制作を発注することも可能です。しかし、この価格帯になると業者への発注は難しく、個人のフリーランスに発注することになります。

一概には言えませんが、デザイン面、文章などのライティング面で考えてもクオリティが高いものは期待できないでしょう。

いくら費用を安く抑えたいと言っても、セールスの要であるランディングページが低クオリティでは売上にはつながりません。

なので、基本的にはおすすめできません。

10万円〜30万円【どうしても安く抑えたいならここ】

ランディングページの制作費用として一般的な価格帯です。

デザイン面はクオリティの高いものが期待できますが、商品の購入を促進するような文章構成などは期待できません。

「デザインが綺麗な商品紹介ページ」というイメージで、ランディングページと言えるかどうかは微妙なところ。

価格だけでは一概に判断できませんが、どうしても安く抑えたい場合以外はおすすめできません。

30〜60万円【一番おすすめ】

ランデイングページの一般的な相場よりも少し高いです。しかし、おすすめはこの価格帯の制作会社です。

デザイン性の高さはもちろんのこと、細かいセールスの訴求、訪問者が思わず買いたくなるような文章構成・セールスライティングなど、商品購入を促進するランディングページを作成することができます。

ランディングページの費用を抑えても、肝心の商品が売れなければ意味がありません。長い目で見たらこの価格帯の制作会社に頼むのが一番お得と言えるでしょう。

100万円以上【予算に余裕があれば】

まれに100万円以上の価格帯の制作会社もあります。この価格帯になると、ランディングページの制作だけでなく、その後の商品のプロモーション・宣伝まで行ってくれます。

もし予算に余裕があれば良いかもしれませんが、ランディングページの質としては30〜60万の制作会社と比べても大差はないかと。

個人的には少し割高な気がします。

ランディングページ制作会社の正しい選び方3選

ここではランディングページ制作会社の正しい選び方を3つ紹介します。

スポンサーリンク

【ランディングページ制作会社の選び方1】
商品のセールスまで気を配った制作をしてくれるかどうか

先ほども紹介した通り、デザインを綺麗に整えるだけなら10〜30万円ほどの安価な制作会社でも可能です

しかし「商品が売れるランディングページ」を制作するためには…

  • セールスライティング
  • SEO
  • グロースハックの専門知識

などなど。様々な知識が必要になります。

制作会社の紹介ページにそれらについてしっかりと言及されているでしょうか?

「売れるランディングページを作ります!」という思いが伝わる制作会社がおすすめです!

【ランディングページ制作会社の選び方2】
ポートフォリオを参考にしてみる

実際にランディングページの制作会社のポートフォリオも確認しましょう。
そのポートフォリオを見て、あなたが本当に「買いたいと思えるかどうか」自分に問いかけて見ましょう。

またポートフィリオにある企業の競合他社のランディングページと比較してみるのもおすすめです。

【ランディングページ制作会社の選び方3】
そもそも制作会社のランディングページが魅力的かどうか

ランディングページの制作会社の本当の力量を知りたい場合は、その制作会社のランディングページをしっかりチェックしましょう。

正直に言って自社のランディングページはクライアントのランディングページ以上に気合いを入れているはずなので、そこで力量が測れます。

  • 読みづらい
  • サービスの内容がわかりずらい
  • 頼みたいとは思わない

こんなランディングページの制作会社には、たとえ価格が安くても頼むのはやめましょう。

【費用別】ランディングページ制作会社9選

費用別にランディングページ制作会社を紹介します。オプションやグレードなどで若干料金には差があるので、参考程度でお願いいたします。

【10〜30万円】

ecco

PLuS Works

Ryuki Design

30万円〜

【おすすめ】WonderFuls(理由は後述)

インクローバー

株式会社ポストスケイプ

ZERO

【おすすめ】ランディングページ制作はWonderFulsが一番

ランディングページ制作はWonderFulsが一番おすすめです。
WonderFulsは各分野の精鋭が集結したWeb・ITの課題を解決するプロフェッショナルです。

  • プログラマー
  • エンジニア
  • Webマーケター
  • SEOコンサル
  • コピーライター
  • アフィリエイター
  • Webデザイナー

これほどまでに、それぞれの分野のプロが集まっている会社は他にはありません。

2019年3月よりスタートしたので、制作実績は少ないですが「あなたの会社の商品がガンガン売れるランディングページ」を制作してくれます。

ますは、気軽にお問い合わせしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。