【求人あり】Webマーケティングは未経験からでも働ける!仕事を見つける3つの方法とは

「未経験でも働けるWebマーケティングの求人はある?」
「未経験から就職する方法は?」
「どんなスキルを身につける必要がある?」

このような疑問を抱えていないでしょうか。

インターネット市場の成長に伴い、Webマーケティング業界の需要も増加し続けています。
Webマーケティングの業界で働きたいと思ったときに「未経験で採用されるのかどうか」は気になるポイントですよね。

結論からいうと、Webマーケティングには未経験OKの求人もあります!
ただし就職するには、ある程度必要なスキルを身につけないといけません。

そこでこの記事ではWebマーケティングについて、以下の内容を解説していきます。

  • 仕事内容
  • 求められるスキル
  • 具体的な勉強法

未経験からWebマーケティングの仕事をしたい場合は、ぜひ参考にしてみてください。

Webマーケティングは未経験の求人あり!具体的な5つの仕事内容とは

Webマーケティングで具体的にどういった仕事をするのか、イメージできない人もいるかもしれません。

Webマーケティングでは、以下のような仕事を行っていきます。

  1. 集客施策の実行
  2. サイト運営
  3. メルマガやSNS運用
  4. データ分析
  5. 改善方法の提案

それぞれ順番に見ていきましょう。

1.集客施策の実行

Webマーケティング仕事は、まずは人を集めなければ始まりません。集客施策を実行し、より多くの人の目に止まるように工夫を凝らします。

マーケターは運用方針を決定して、どのような層にアプローチしていくのか舵取りを行うのが仕事です。イメージとしては、設計図を作る役割に似ています。

  • Webサイトの作成
  • SNSでの宣伝
  • ブログの運営
  • 広告運用

などで認知を集めて、お客さんにひとりでも多く来店してもらえるように様々な施策を実行することが大切です。

2. サイト運営

商品やサービスの情報や購入リンクを記載した、Webサイトを運営していきます。
集客した顧客へ、商品を販売することが狙いです。

ただ情報を記載しているだけでは成約につながらないので、魅力を正しく伝え購入したくなるようにしないといけません。

  • Webサイトの見やすさ
  • 適切な商品リンクの設置
  • セールスライティング

を意識して、運営を行っていきます。

Webマーケティングはネットを通じたプロモーション活動なので、サイト運営は特に重要な仕事といえるでしょう。

3. メルマガやSNS運用

メルマガやSNSの運用も、Webマーケティングでは重要です!
リピーター獲得につながり、売り上げが安定しやすくなるためです。

メルマガの運用では、主に以下のことを意識していきます。

  • 登録者を増やす
  • 購読率・開封率を上げる
  • 解除率を下げる

メルマガは、発信内容に関心のある人しか購読しません。

そのためメルマガに購読する人はリピーターになりやすく、商品やサービスを利用してくれる可能性が高いのです。

また、SNSの発信でサイトへのアクセスを狙えます。

ターゲットを決めて発信していけば、よりアクセスと利用者を増やせるでしょう。

メルマガとSNSも、発信で得た結果に基づいて改善を繰り返していきます。

4. データ分析

サイトのPV(ページビュー数)やCVR(成約率)などのデータ分析も重要な仕事です!

施策が成功しているかどうかは、実際に数値を見ないとわかりません。
データに基づいて、伸びている施策を計測し、効果のなかったものをストップします。

このように分析したデータをもとに改善を続けることで、より効果的なマーケティングが可能です。

5.改善方法の提案

データの分析が完了したら、今度は改善方法を考案しましょう。長所を伸ばし、短所を打ち消す施策をデータを基盤に導き出します。

例えば飲食店のデータを分析した結果、近所の年配の方が大半を占めていたすると、以下のような改善案が考えられます。

  • 映える写真を撮ってInstagramなどで拡散する(遠方からの集客)
  • HPのデザインを若者向けに刷新する
  • 子供が夢中になる商品を提案する

これらの改善案を試しながら再度集客に戻って、少しずつ成果を高めていくのがWebマーケティングの仕事内容です。

ここまでのルーティーンとして、案件ごとにブラッシュアップを繰り返していきます。

未経験可のWebマーケティングの求人を探す3つの方法

こちらでは、未経験採用のあるWebマーケティングの求人を見つける方法について紹介します。

  1. スクールに通う
  2. 転職エージェントに相談する
  3. クラウドソーシングを使う

それぞれ詳しく確認していきましょう。

1.スクールに通う

Webマーケティングを効率的に勉強できるスクールには、転職支援がついているものが存在します。

そもそも「スクールに通う人=未経験から勉強したい人」であることが多く、紹介される企業も未経験可が多いです。

さらにスクールだと、未経験の人がいち早く業界で活躍できるような知識を身につけられるため、効率よくWebマーケターとして働けます。

費用はかかりますが、最短距離でWebマーケティングの仕事につなげられるため、非常に効果的な方法です。

▼おすすめのマーケティングスクールはこちら▼

【2021最新】Webマーティングのおすすめスクール・講座8選!5つの選び方も徹底解説

>>【2021最新】Webマーティングのおすすめスクール・講座8選!5つの選び方も徹底解説

2.転職エージェントに相談する

転職エージェントに相談すれば、未経験可能な仕事を紹介してもらえるかもしれません。

転職エージェントには様々な種類があるので、Webに強い会社を選ぶようにしましょう。

またエージェントによっては、面接や履歴書対策など、就職へのサポートが充実している場所も存在します。

登録だけなら無料の会社が多いので、まずは登録してみてください。

3.クラウドソーシングを使う

クラウドソーシングサイトには、Webマーケティングの案件が多く存在します。

クラウドソーシングサイトは、企業と個人の仕事を結びつけるマッチングサイトのこと。
マーケティングだけでなく、様々な案件が募集されています。

中には未経験OKの案件もあるので、積極的に応募することで、採用につながるかもしれません。

などが有名なクラウドソーシングサイトなので、ぜひ確認してみてください。

ただし個人で働くことになるので、企業に就職するのではなく、フリーランス的な活動になります。

Webマーケティングで求められる5つのスキル

Webマーケティングで求められるスキルは、以下の5つです。

  1. SEOの知識
  2. コミュニケーション能力
  3. 論理的思考能力
  4. プレゼンテーション能力
  5. 情報分析能力

順番に見ていきましょう。

1. SEOの知識

SEOとは「検索エンジン最適化」といい、Googleなどで調べものをした際に、検索結果の上位に表示されるようにする施策です。

サイトへのアクセスは検索エンジンからの流入が多いので、SEOで上位表示できれば多くのアクセスを集められて、売り上げに直結します。

SEOでは、ユーザーが抱えている悩みに対して回答する形で、記事を執筆します。
記事を執筆するのはWebライターの仕事ですが、マーケターが的確な指示を出すためにも、知識を身につけなくてはなりません。

  • ユーザーを満足させられる記事構成
  • 適切なタグの使い方

など、SEOの知識を持つことが大切です。

2. コミュニケーション能力

Webマーケティングでも、コミュニケーション能力が重要です。

Webマーケティングではデザイナーや営業担当、クライアントなどさまざまな人が関わっています。

それぞれの人と連携して業務を進めることが求められるため、コミュニケーション能力は重要なスキルです。

プライベートでも、自分の意見を正確に伝える・相手の話をよく聞き意見を汲み取ることを意識して人と接してみましょう!

3. 論理的思考能力

Webマーケティングを行う上では、設定した目標に基づき「なぜうまくいったのか」「失敗した原因は何か」といったことを分析していきます。

結果をデータに基づいて論理的に正しく分析できないと、次に何をしていけばいいのかが分かりません。

また、いい結果が出たとしてもその理由を分析できないと、継続的に成果を出すことは不可能。

Webマーケティングで結果を出し続けるために、論理的思考能力が求められます。

4. プレゼンテーション力

Webマーケティングでは、立案した企画を社内外で発表する機会が多くあります
そのため、プレゼンテーション能力が欠かせません。

自分のやろうとしている企画を認められないと、いい施策を考えても実践できずに終わってしまいます。

プレゼンテーションでは、以下のものを伝えていきます。

  1. WHAT(具体的な情報)
  2. WHY(因果関係)
  3. HOW(実行する手順)
  4. IF(実行することで得られるもの)

プレゼンテーション能力を高めるため、気になったことはすぐ調べ上記4つの視点で分析していくといいでしょう。

5. 情報分析能力

情報分析能力も、Webマーケティングで重要なスキルです!

Webマーケティングでは、情報を分析し業務に反映させていくことが求められるためです。

サイトを運営する上では、GoogleアナリティクスやGoogleサーチコンソールなどのツールを使い、ユーザーや自社のサイトを分析していきます。

情報を正しく分析できればニーズやサイトの問題点が分かり、新しい戦略の構築も可能です。

Webマーケティングに向いている人の特徴

Webマーケティングに向いている人の特徴は、以下のものです。

  1. 地道な作業が苦ではない
  2. コミュニケーション能力が優れている
  3. デジタルデバイスを扱える

順番に見ていきましょう。

1. 地道な作業が苦ではない

地道な作業を苦に感じず行える人は、Webマーケティングに向いています。

Webマーケティングは、分析と改善などを繰り返していく仕事のため、地道な作業が続くことも多いです。

またWebマーケティングは、ひとつのテーマを何度も分析と改善を繰り返すことで、ようやく結果を出せます。

そのため、ひとつのことを地道に続けていける人は、Webマーケティング向きの性格です。

2. コミュニケーション能力が優れている

コミュニケーション能力が高い人は、Webマーケティングに向いています。

Webマーケティングはネット上のやりとりだけでなく、対面でのコミュニケーションの機会も多いためです。

特に仕事が進んでいくと、ステークホルダー(利害関係者)との関わりが増加します。

社内の部署間の連携やクライアントとの打ち合わせ、仕入れ先との交渉の機会も増えていくでしょう。

コミュニケーション能力が優れていれば、こういった場面でも問題なくスムーズに業務を行なっていけます。

3. デジタルデバイスを扱える

Webマーケティングは、パソコンを使った業務が中心になるため、デジタルデバイスを扱えることが大切です。

Webマーケティングではインターネットはもちろんのこと、エクセルやパワーポイントなどのツールを使う機会もあります。

働き始めてから覚えるよりも、最初から扱える人の方が働きやすいでしょう。

Webマーケティングスキルを身につけるための勉強方法

Webマーケティング未経験であれば、必要なスキルを勉強し身につけていく必要があります。

Webマーケティングスキルを身につけるための勉強方法は、以下の3つです。

  1. Webマーケティングスクールで学ぶ
  2. 自分でブログを運営する
  3. 本を購入し勉強する

順番に見ていきましょう。

1. Webマーケティングスクールで学ぶ

Webマーケティングスクールで学ぶのは、特におすすめの勉強方法です!

独学では身に付かない実践的なスキルを効率的に学べて、成長スピードも早いからです。

さらにスクールには講師がいるため、分からないことがあればいつでも質問できます。

スクールによっては、就職を支援してもらえる場合も。

受講にお金はかかりますが、学習方法が効率的で無駄がありません。

2. 自分でブログを運営する

ブログ運営では、Webマーケティングのスキルを総合的に活用します

そのため、Webマーケティングのスキルを実践的に学ぶのに最適です。

基本的なWebマーケティングスキルを学んだら、ブログ運営で試してみるのがいいでしょう。

ブログでの学習方法は、以下の記事で解説しているので参考にしてみてください。

▼ブログでの学習方法はこちら▼

【最適】Webマーケティングをブログ運営から勉強できる?参考にすべきサイトや具体的な方法を解説

>>【最適】Webマーケティングをブログ運営から勉強できる?参考にすべきサイトや具体的な方法を解説

3. 本を購入し勉強する

Webマーケティングスキルを本で学ぶのもおすすめです!

本なら1冊1,500円程度なので、少ない費用でWebマーケティングスキルを学んでいけます。

また体系的に書かれているため、知識のない状態から読み進めても、スキルを身につけられる点が特徴です。

ただし疑問点を質問できないなどで効率が悪くなることもあるので、他の方法と組み合わせると良いでしょう。

▼Webマーケティングのおすすめ書籍はこちら▼

【超厳選】Webマーケティングを学べるおすすめの本15冊を一挙紹介!3つの選び方も解説

>>【超厳選】Webマーケティングを学べるおすすめの本15冊を一挙紹介!3つの選び方も解説