上司に迷惑をかけても良い。その代わりに家では優しいパパになろう

58 views

“人に迷惑をかけてはいけない”

僕は生まれて25年間、ずーっとそう思って生きてきました。
しかし、それは大きな間違いでした。

他人に迷惑をかけても良い。
いや。正確には、他人に迷惑をかけずに生きるのは不可能。

  • 人に気を使いすぎる人
  • 上司の目ばかり気にしながら仕事をしている人
  • 人間関係に悩んでいる人

こんな人は、ちょっと僕の話に耳を傾けてみてください。

スポンサーリンク

新卒の会社を2ヶ月で退職。周りに迷惑をかけたくないという不可能な思い

僕は新卒で入った会社で勝手に自滅して、逃げるように退職しました。

なぜ自滅した原因は、「人に迷惑をかけてはいけない」という僕の脳に刷り込まれた価値観です。

「会社に迷惑をかけてはいけない」

「上司に迷惑をかけてはいけない」

「お客様に迷惑をかけてはいけない」

こんなことばかり考えて、仕事をして勝手に自滅してしまいました。

しかし、よくよく考えてみれば、新卒の僕が周りに迷惑をかけずに仕事をこなすなんて不可能なんです。
新卒なんて仕事もろくにできないし、会社に利益はもたらさないし、先輩社員の時間を奪うだけ。
いるだけで迷惑な存在です。

新卒で仕事をするということは、そういうものだと割り切って仕事を頑張らなければいけません。ですが、僕のような人間関係で疲弊するタイプは、この割り切りが難しい…

さらに、当時の僕はあろうことか一番最悪の考え方にシフトしてしまいました。

「迷惑をかけたら、取り戻さなきゃ!」

僕はGive & Takeの精神にのっとて、「迷惑をかけてしまった人には、別の場面で助けてあげないと!」という考え方にシフトしました。
もう迷惑をかけることは割り切ろうと考えたんです。その分取り返せばいい。

しかし、よーく考えてみてください。
上司の方が自分よりもスキルも経験も圧倒的に上です。そんな上司を新卒の僕が「助太刀するでござる!」と助っ人に入れる場面はなかなか現れない。

スポーツで考えたら’当たり前ですよね。
錦織選手と僕(テニス歴:体育の授業)がダブルスを組んでプロツアーに出場したら終始、迷惑をかけ続けて終わるはずです。
僕が錦織選手を助けてポイントをとるシーンは永久に現れないでしょう。

Give & Takeはとても素晴らしい考えかもしれませんが、状況によっては実現不可能です。
これをわかっていないと「僕は上司に迷惑をかけてばかりで、助けることさえできない。なんて自分はダメな奴なんだ…」と自己嫌悪のスパイラルに陥ります。
これは本当に辛いですよね…

スポンサーリンク

会社ではお荷物キャラでも、優しいパパだったらそれでいい

世界に上司とあなたしか存在しなかったら、あなたは一生迷惑をかけ続ける人間になっていたかもしれません。しかし、もちろんそんなことはなくて。あなたの周りにはたくさんの人がいるわけで。

だから、あなたが上司に迷惑をかけ続ける代わりに、別の人の迷惑を許し、助けてあげればいいと思うんです。

社会人1年目は迷惑をかけ続けても、2年目になったら今度はあなたが迷惑をかけ続けられる上司になればいい。
会社ではお荷物キャラでも、家では子ども思いの優しいパパだったらそれでいい。

僕なんて辞めた会社には多大なるご迷惑をおかけしましたからね。
その分、辞めた会社になにかしてあげられる訳でもないのですから、僕はブロガーとして、こうやって記事を書いているわけです。
僕と似た性格の人がちょっとでも気持ちが楽になるようになればいいかなと。

迷惑をかけてしまった人に無理に恩を返そうとしなくていいんです。
あなたができる範囲で、助けられる人を助ければいい。そして、迷惑をかけられても許してあげればいい。

こうやってみんなが考えられれば住みやすい世の中になるんじゃないかなー。

スポンサーリンク

このブログの運営者

沖 ケイタ

ブログで月にMacbookが12台買えるくらい稼いでます。渋谷のIT企業を1ヶ月半で辞めてプロブロガーへ。
何者かになりたい大学生を応援してます。
>>沖ケイタの詳細プロフィールはこちら
>>沖ケイタのVALUはこちら

ハシモトくんスタンプ発売中!


>>スタンプの詳細はこちらから