沖ケイタのプロフィールはこちら

男2人で納涼船ナンパに挑戦してみた!浴衣美女たくさん!

1,659 views

中村創

どうも!
当ブログのハイパーアシスタント中村創(@soooo_nakamura)です。

みなさん。
通称「ナンパ船」とも呼ばれている納涼船を知っていますか?

今回はその納涼船でチーム対抗でナンパして、連絡先の数を競うというハチャメチャな企画をしてきました。

※
あくまで企画です。下心はございません。

今回は2人1組で2チームの対抗戦です。

ぼくのチームは相方もぼくもナンパしたことない初心者チーム。
対する相手は過去に納涼船に乗ったことある沖ケイタチーム(当ブログの管理人)です。

  • ナンパ船の噂は本当だったのだろうか?
  • 初心者の僕たちでもナンパできるのか?
  • そもそも女の子は本当にいるの?

全部まとめてこの記事で証明してみせます!

そもそも納涼船とは?本当にナンパできるの?

そもそも「納涼船とはなんぞや?」という方も多いと思うので紹介させていただきます。

今回は東京湾納涼船に乗船しました。
定員1,500人の大型船で今年は6/30-10/9までほぼ毎日出航しています。

場所は東京タワーが近いJR浜松町駅。
ここから徒歩10分ほどのところに乗り場があります。

ちなみにお値段は2600円で約2時間のお酒飲み放題付きです。平日は浴衣を着ていると1000円割引になります。
船上では食べ物も買えます。焼き鳥は100円。

中村創

超お得だね!

船内はとにかく人が多く、盛り上がる音楽が流れています。
そして、浴衣を来ている若い女性組が多い!これは期待できるかも?

そして夜景が綺麗です。これは普通に友達と来ても楽しめるやつだ!

この日は慶応のMrコンテストが開かれていたり、ダンスパーティーが催されていました。

中村創

ワクワクするぅぅぅぅぅ

しかし、いつまでも楽しんではいられません。
そう。ぼく達は今日ナンパをしにきたのです。
いざ出陣!

初心者2人のナンパの結果はいかに?

いよいよナンパだ!
しかし、初心者コンビの僕たちは何をすれば良いのかわからない…
とりあえず、勇気を振り絞って浴衣を着ている女子大生風の子に声をかけてみることに。

中村創

あ、あのー…
何してるんですか?

浴衣女子

え?
いま黄昏てるの。

中村創

お邪魔してすいませんでした

ということで、かなり渋いスタートを切ったナンパ初心者チーム。

この後も果敢に声をかけていく僕たちだったが…

(2時間後..)

なんと…
ぼくたちのチームは…

1組も連絡先を聞けませんでした。

▲ナンパ初心者チーム涙のツーショット

逆に納涼船経験者の沖ケイタさんチームはなんと4組の連絡先を聞き出していました。

この差はなんだこの差は…

ナンパに失敗した5つの原因を分析

ナンパに失敗しちゃったテヘペロで終わる記事にはもちろんしません。失敗したからには分析して次につなげる必要があります。(評論家風)

というわけで、ここからは僕たちがナンパに失敗した原因を解説していきます!
ぜひ反面教師にしてください。

1 :ナンパのスタートダッシュに失敗

まずあげられるるのは、スタートダッシュの失敗です。

納涼船は、19:15分に出航します。出航直後の時間だと女子2人組も沢山いて、尚且つナンパしようとしている他の男子組の人たちも動き出していませんでした。

その時話しかけていれば大きなチャンスだったかもしれません。

しかし納涼船に乗ること自体が初めての僕たちは雰囲気がよくわからなかったので、とりあえず周りをうろちょろすることにしました。

中村創

うわー!
すごいたくさん人がいる!

こんなことを話している間に男女ペアができ、気づいたらなかなか話しにくい展開に…
スタートダッシュは肝心です。(切実)

2:相手の警戒心を解くことができなかった

勢いよく話かけてはみるものの、相手の反応はすこぶる悪いです。

中村創

こんばんはー!

浴衣女子

こ、こんばんは
(えっ。なに?話かけてこないで。キモい)

挨拶をしただけで感じます。

お前誰だよ来るなよオーラをです。

一応話しかけたら返してくれます。そして若干笑顔でいてくれます。でも目が笑ってない。

まぁ急に話しかけたらこうなるのは当たり前ですよね。
ぼく達はここで相手の警戒心を解くような巧みなトーク術を持ち合わせていませんでした…

3:とにかくトークが続かない!

話しかけたは良いもののとにかくトークが続きませんでしたね…

例えば大失敗した会話シーンがこちら

中村創

こんばんは〜

浴衣女子

こんばんは〜(怪しそうな顔)

中村創

どこ出身ですか?

浴衣女子

…..

ここで、僕たちは沈黙が怖くて一目散に逃走しました。完全に犯罪者ですね。

しっかり話のネタも考えてから声をかけないと僕たちと同じ道を辿ることになるでしょう。
例えば「納涼船よく来ますかー?」だったり、上手な人は「お姉さんたち浴衣似合ってますねー!」なんて言いながら声をかけていました。

とにかく会話のネタはたくさん用意しときましょう。

4:ナンパ怖い!単純に勇気が出なかった

はい。文字の通りです。チキりました。

例えばこんな感じ。

(相方)「あの子たちに話しかけようよ!」

中村創

ちょっと年齢的に微妙そう…

(相方)「じゃああっちの子たちに話しかけよう」

中村創

えー。ちょっと心の準備時間欲しい。

〜その間に男たちが近寄る〜

こんな感じで言い訳つけてチキりました。
もっと勇気をもってどんどん声をかけないとダメですね。

5:2人ともナンパ初心者だった

1番の理由はここではないでしょうか。それは2人とも全くといっていいほどナンパの経験がないということです。

一方ケイタさんチームは2人ともナンパ経験者でした←

未経験者の僕たちはどうだったかというと、よくわからないのでなんとなーく思いつきの計画をして、チキってうまく実行できない、落ち込む、どこを改善すればいいのかわからない。

まさに負のトンネルを抜け出せない状態です。

もし2人以上で挑戦するなら必ず1人は経験者を入れることをオススメします。
間違いなく未経験者2人よりはマシ!

下船後は男2人でラーメンを

下船後何をしてたかというと、結構ガチでテンション下がってました。
相手チームの2人は、まさかのナンパした成功した女の子達とご飯に…

いっぽう僕たちは男2人でラーメンへ。

中村創

僕たちには向いてなかったね

(相方)「あぁ単純に納涼船楽しみたかった」

中村創

とりあえず忘れよう(笑)

ということで初心者にとって納涼船でナンパはハードルが高かったです。
しかし、女子大生や20代前半の女性も多く、クラブやバーに比べるとナンパしやすいのは確かでした。
腕に自身がある人はぜひ一度チャレンジしてみてください!

>>東京湾納涼船

 

ライター:中村創
Twitter:@soooo_nakamura
ブログ:くりえいと