ブログアクセスが増えない18の原因をプロブロガーが徹底解説

どうも(・ω・)ノ
ブログで生活している沖ケイタと申します。ブログ歴は4年、最高の月間PV数は45万PVほどです。

この記事にたどり着いたあなたは、きっとこんな悩みを持っているはずです。

「記事を書いているのにブログのアクセスが増えない」

「そもそもアクセスの増やし方がわからない」

「ブログ初心者だけど効率よくアクセスアップを狙いたい」

こんな悩みを持っている方に向けて、この記事では「あなたのブログアクセスが増えない18の原因」を紹介します。

  • SEO編
  • 記事執筆編
  • マインド編

この3つのトピックスに分けて紹介するので、参考にしてみてください!

【SEO編】ブログアクセスが増えない8個の原因

ブログのアクセスを増やすのにもっとも有効な手段がSEOです。自分の記事を狙った検索キーワードで上位表示させることです。

例えばこの記事では「ブログ アクセス 増えない」などのキーワードで上位表示を狙っています。

実は有名なブロガーのアクセスの6〜8割以上は検索からの流入です。SEOの知識0でブログのアクセスを上げるのは至難の技なので、ぜひ身につけましょう!

1.  タイトルにキーワードが入っていない

自分の記事を検索で上位に表示させたい場合は、必ずキーワードをタイトルに含めなければいけません。そうでないとGoogleが何のことについて書かれている記事か認識しずらくなるからです。

ここでいうキーワードとは自分が検索上位表示を狙いたいワードのことです。

例えばこの記事では「ブログ アクセス 増えない」というキーワードを狙って記事を書いているので、この3つのワードを記事のタイトルに入れています。

このように自分が検索上位表示を狙いたいワードは必ず記事タイトルに含めましょう。

2. 見出しにキーワードが入っていない

これはややテクニック寄りの話になってしまいますが、記事のタイトル同様に見出しにもキーワードを入れることで、検索上位を狙いやすくなります。

これもGoogleにあなたの記事の内容を認識してもらうためです。

例えばこの記事では「ブログ アクセス 増えない」というワードで上位表示を狙っているので各H2見出しにキーワードをいれています。

  • 【SEO編】ブログアクセスが増えない8個の原因
  • 【記事執筆編】ブログアクセスが増えない8個の原因
  • 【マインド編】ブログアクセスが増えない8個の原因

もちろん全ての見出しに強引にキーワードを入れることはよくありませんが、自然に挿入できる見出しにはキーワードをいれるのがおすすめです。

3. 文字数が足りない

一概に文字数が少ないから上位表示されないとも言えませんが、やはり上位表示している記事を眺めるとある程度の文字数で書かれています。

例えば僕はSEOを意識して記事を書くときは最低でも2000文字以上、基本は3000文字以上のボリュームで記事を書きます。
ライバルが強いワードを狙うときは1万文字以上になることもあるほどです。

たくさん文字を書けば上位表示されるわけではありませんが、初心者の人ほど1記事のボリュームを増やして情報量が多い記事を作るのはおすすめです。

4. 競合すぎるキーワードを狙っている

これも初心者ブロガーにありがちなミスの1つです。初心者の人がいきなり「転職 おすすめ」のような超競合キーワードで上位を狙うのはほぼ不可能です。

「転職 おすすめ」というワードは僕でも上位は無理ですよ笑

このように検索上位を狙うためにはライバルサイトとの力関係をしっかりと見極めないといけません。

基本的に企業サイトなどがズラリと並ぶワードは避けたほうがいいです。

逆に以下の記事が上位表示されているワードはチャンスです。

  • ヤフー知恵袋
  • アメブロ
  • 教えてgoo
  • 明らかに情報量が少ない個人ブログの記事

まずはこういった勝てそうなワードでしっかり上位表示を取って、SEOの経験を積んでいくことが重要です。

5.記事を書いてからまだ日が経っていない

どんなに良質で良い記事を書いても、書いた瞬間に狙ったキーワードで1位になることはありません

それはGoogleがあなたの記事を認識するまでにどうしても時間がかかるからです。僕は新規の記事を書いたら最低3ヶ月は上位表示しなくても気にしません。

半年間全く上位表示されていなかった記事がある日突然1位になったこともあります。

記事を書いたらしばらく忘れましょう。答え合わせは3ヶ月後くらいの気持ちでいればOKです。

6.ブログを立ち上げて間もない

これも先ほどの「記事を書いてからまだ日が経っていない」と同様で、新しく立ち上げたブログはGoogleから認知されるのに時間がかかります。

なので3ヶ月〜半年くらいは自分の記事は上位表示されなくても耐え忍びましょう。

つらい期間ですが、ここを乗り越えた先にアクセスがあります。個人的にはぜひ、ここで諦めずに踏ん張って欲しいところです。

7.ブログ全体の記事数が少ない

ブログを初めてから1年が経過していたとしても累計の記事数が10記事とかだと厳しいですね。確かに、一概に記事数が多ければ多いほど、良いわけではありません。

ただ、記事数が少ないということはそれだけ、Googleから認知されるチャンスも少ないということです。

上級者であれば少ない記事数でもしっかり上位表示を狙えるかもしれません。
しかし、初心者の方はまずは記事をたくさん書いて、その中で分析を重ねていきましょう。

8.検索上位の記事の研究が足りない

キーワードの選定とタイトルに気を使う人は多いですが、上位表示されている記事の研究をしっかりやっている人は少ないです。

例えばこの記事では「ブログ アクセス 増えない」というワードで上位表示を狙っているので、1ページにある記事は全て目を通しています。

試験で例えるなら上位表示の記事は、問題の答えにあたります。あまりに上位の記事の内容に引っ張られるすぎて、オリジナリティがなくなるのもいけませんが、やはり上位の記事にどんな情報が載っているかは把握しておきましょう。

【記事執筆編】ブログアクセスが増えない5個の原因

ここでは記事を執筆する上での注意点を紹介します。いくらキーワードやタイトルに気を使っても、肝心の文章がいまいちではアクセスアップにはつながりません。

自分の記事が当てはまっていないかチェックしてみましょう!

スポンサーリンク

1.日記記事ばかり書いている

あなたがすでに知名度がある芸能人なら日記記事を書いてもたくさんの人に読まれるでしょう。日記記事とは「今日は〜にランチに行きました〜」のような自分の近況報告に近い記事のことです。

しかし、この記事を読んでいるほとんどの人が、いわゆる「普通の人」のはずです。

そんな普通の人の近況報告に興味を持ってくれるのはあなたの友達くらいです。

ブログのアクセスアップを目指したかったら日記ではなく、読者にとって役立つ情報を紹介してあげないといけません。

「今日は〜にランチに行きました〜」
ではなく
「今日は〇〇というお店にランチに行きました。場所は××メニューは▲▲料金は〇〇円くらいです。私がいったのは休日の13時ごろでしたが比較的席も空いていて〜」
このように読んだ人が役立つ情報を発信することが大切です。

2.オピニオン記事ばかり書いている

「成功するためには早起きが大切だ!」のように自分の考えていることを表現するオピニオン記事ばかり書いている人も注意が必要です。

確かに有名なブロガーさんがオピニオン記事ばかり書いているので影響されてしまうのはわかります。しかし、彼らは既に多くのフォロワーやファンを抱えているので、オピニオン記事を書いても読まれるのです。

きつい言い方になってしまいますが、オピニオン記事は「どんな」情報を発信するかよりも「誰が」発信するかの方が大切です。

なので、最近ブログを始めたばかりの人がオピニオン記事を書いても、ほとんど読まれることなく終わってしまうのです。

3. ブログのデザインが汚すぎる

いくら読者に役立つ良い文章を書いていても、ブログのデザインが汚すぎると読んでもらえません。

  • 文章に改行が少ないor多すぎる
  • 色文字を使いすぎている
  • 見出しが装飾されていない

Webの文章は誰もが無料で読めるものなので、読みにくい記事は一瞬で離脱されてしまいます。

ブログのデザインについては「おしゃれなブログデザインを実現する方法17選」で詳しく解説しているので、参考にしてみてください。

おしゃれなブログデザインを実現する方法17選【保存版】

4.身内ネタが入っている

身内ネタが入ると読者は一気に冷めて離脱してしまいます。

(例)
「こんばんは!今日はおとといの記事の続きだよ。太郎くんがまたお酒の席でやらかしちゃって〜」

この記事を読んだ読者の人はどう感じるでしょうか?

  • おとといの記事読んでねーから
  • てか、太郎くんってだれ?

こんな感情が湧き上がり、すぐに離脱してしまうでしょう。

読者は常に「初めて自分のブログを訪れた人」という意識で書きましょう。

5. バズばかり狙っている

バズとはSNSで拡散されて、短期間に多くの人に自分の記事が読まれることです。詳しくは「「バズる」の意味と語源と使い方を超わかりやすく解説」の記事をご覧ください。

「バズる」の意味と語源と使い方を超わかりやすく解説

確かにバズは野球で言うならばホームラン。ブロガーなら一度は味わってみたいものですが、狙ってバズらせるなんてことはほぼ不可能です。

それこそフォロワーが少ない初心者ブロガーの人がバズらせるのは至難の技です。

バズ記事を狙うのは悪いことではありませんが、コツコツと検索流入を狙った記事を書くことが、長期的なアクセスアップを考えると近道と言えます。

【マインド編】ブログアクセスが増えない5個の原因

最後は少し自己啓発的な話になってしまいますが、アクセスがあるブログを運営している人と、そうでない人には考え方の違いがあります。

アクセスが増えないで悩んでいる人も知らずのうちに、間違った考え方をしているかもしれません。

ぜひ参考にしてみてください。

1.  有名ブロガーと比べすぎている

最近は収益報告をしているブロガーさんがかなり増えてきました。それを参考にすることは良いことですが、自分よりすごい人を見て凹むくらいなら見ない方がいいです。

Twitterの世界ではたまに「ブログ開始3ヶ月で10万PV突破しました!」みたいなスーパーマンも現れますが、それは一部の天才だけです。

そういった人に惑わされてしまうと、短期的なアクセスに目がいってしまい、バズ記事ばかり狙うようになってしまいます。

人は人、自分は自分。
ブログは努力科目です。日々、検索流入が見込める資産となる記事をコツコツと積み重ねていきましょう。

2.  Googleアナリティクスを見てない

記事を書くことは大いに結構ですが、アクセスの分析を怠っている人は意外にも多いです。

数学で例えるなら記事を書くとは問題を解くことであり、アクセスを見ることは答え合わせをすることにあたります。

つまり記事を書いてばかりでアクセスを見ない人は、問題を解いてるけど答え合わせをしない人と一緒です。

記事を書いたら必ず数字で振り返りましょう。

Googleアナリティクスはなんとなく難しそうなイメージをもって使っていない人もいるかもしれません。しかし、この機会にしっかり数字と向き合いましょう。

Googleアナリティクスの使い方はブログマーケターの松原潤一さんの記事が参考になります。
>>まるで教科書!初心者のためのGoogleアナリティクスの使い方【絶対保存版】

3. そもそもアクセスアップを狙う必要もないかも?

そもそもあなたはアクセス数を目標にブログ運営をする必要がない可能性もあります。
例えばゲームの攻略ブログはアクセス数が命ですが、高知の美味しい蕎麦屋さんを紹介するブログだったらそもそも大きなアクセスは見込めません。

当たり前ですが、扱うジャンルがニッチになればなるほど、狙えるアクセス数は少なくなります。

しかし、それは悪いことではありません。高知でお蕎麦屋さんを営んでいる人にとっては「高知の美味しい蕎麦屋さんを紹介するブログ」はとても強力な集客ツールになるからです。

まず自分がどんな目的でブログを始めたのかもう一度考えて見ましょう。もしかしたらアクセス数を無理に増やす必要もないかもしれません。

4. ブログ執筆の時間をしっかり取れていない

これも当たり前ですが、ブログは時間をかけなければ大きく育ちません。
厳しいようですが、週末に1時間ブログに使う程度では、なかなかアクセスのあるブログに成長させることは難しいでしょう。
(そういった運営スタイル自体を否定しているわけではありません)

やはりアクセス数のあるブログを運営されている方は1日平均2時間くらいはブログに費やしています。

あなたが本気でブログに取り組みたいのなら、それくらいの時間を捻出できる環境を整えないといけません。

5. 自分が得意or好きなテーマで記事が書けていない

先ほど「時間を捻出しろ!」と言いましたが、多くの人はここで大きな壁にぶつかります。いつ結果が出るかもわからないブログに、なかなか時間を割くのは難しいでしょう。

しかし、ブログを書く行為自体を好きになってしまえばそんなこともなくなります。そのためには、まずは自分の得意or好きなジャンルで記事を書いていきましょう!

ブログやアフィリエイトには一般的に稼げるジャンルというものが存在しますが、そんなのは無視でいいです。

まずは自分の好きなテーマを精一杯発信して、ブログを楽しむ気持ちを育みましょう。それが一番大切です。