このブログの文末のQ.E.D.ってどんな意味?

116 views

私のブログの文末のほとんどは「Q.E.D.」という言葉で締められています。

 

Q.E.D.がついていない文章も、それはそれで、ついていない理由があります。

たまにつけ忘れもありますけどね(笑)

 

宮森さんのブログ未来は変えられるの?だったら「わっしょい!」

山本くんのブログ面白ハンターは「ちぇけ」で文章が締められてますよね。

 

私もそういう文章を締める決め台詞が欲しくて考えたんですよ。

 

そしてついにたどり着いたのが

Q.E.D.

 

なんじゃそりゃ?

 

と思うかもしれませんが、これにはちゃんとした理由があるんです。

 

 

スポンサーリンク

Q.E.D.ってどんな意味?

f:id:keita-agu-ynu:20151007102022g:plain

数学、哲学などにおける Q.E.D. はラテン語の Quod Erat Demonstrandum(かく示された)が略されてできた頭字語。証明や論証の末尾におかれ、議論が終わったことを示す。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/Q.E.D.

 

つまりQ.E.D.とは数学で使われる用語のことなんです。

一般的には証明問題の答案の文末に「証明終了」という意味で使われます。

 

まぁこれは正確には証明終了という意味ではなく「これが示すべきことであった」という意味なので、示すべきこともなしに答案に書いてしまうと恥を書くことになります。

 

そんな細かいことは置いといて、私は「Q.E.D.」を文末の締めの言葉にすることにしました。

 

私のブログのヘッダー画像の右下にも採用しました。

 

なぜ文末にQ.E.D. ?

私は数学を大学院で専攻しています。

数学と聞くとアレルギー反応を起こす人もいるかもしえません。

 

大丈夫です。

私も論文なんか読んでると起こします(笑)

 

まぁそれでも人よりは数学に慣れしたんだ環境にいるので、このブログにも数学のエッセンスをいれたいなと思いまして、、、

 

このブログのタイトルは「今日はこれを証明しようと思う」です。

日常で疑問に思ったことや、本に書かれていることを実践してみて、どんなことが起きるのか証明することをひとつのテーマとしています。

 

なので私の記事のタイトルは、数学で言うならば示すべき命題であり、本文は証明の過程なのです。

 

ここまできたら、もう文頭は「Q.E.D.」しかないでしょ!

 

意外とかっこいい理由でしょ?←え

 

 

これからもブログにはアホな事から意味深長なこと、役に立つことなどなど書いていくつもりなので応援よろしくお願いします!

 

スポンサーリンク

このブログの運営者

沖 ケイタ

ブログで月にMacbookが12台買えるくらい稼いでます。渋谷のIT企業を1ヶ月半で辞めてプロブロガーへ。
何者かになりたい大学生を応援してます。
>>沖ケイタの詳細プロフィールはこちら
>>沖ケイタのVALUはこちら

ハシモトくんスタンプ発売中!


>>スタンプの詳細はこちらから