バイトが楽なコンビニを見分ける3つのコツ【経験者が語る】

僕はコンビニのバイトを2年間で3店舗経験するというちょっと変わった経歴をもっています。

コンビニバイトは楽なイメージがあるかもしれませんが、「楽なとことろは楽だけど、忙しいところは鬼忙しい」というのが実態です。

まぁどうせコンビニバイトやるなら楽なところが良いに決まってますよね笑

ということで、この記事では僕の今までの経験からわかった、バイトが楽なコンビニを見分ける5つのコツを紹介します。

ぜひお役立てください(・ω・)ノ

 

コンビニバイト仕事の種類からわかる楽さポイント

まずはコンビニバイトの仕事の種類を紹介します。実はコンビニバイトの業務内容は意外と多いのですが、それぞれの業務内容から楽かどうかが見分けられたりもします。

コンビニバイト業務 (1)  レジ打ち

コンビニのバイトのメインはレジ打ちです。ですので、当然ながらお客さんの入りが少ない方が楽になります。

ただし、レジ打ちと言ってもコンビニの場合は公共料金や宅配便の受付、ホットフードの販売など普通のスーパーのレジよりも覚えることは圧倒的に多いです。
これはどんなに楽な店舗に入ったとしても覚えなくてはいけないので、そこは覚えておきましょう。

コンビニバイト業務 (2)  清掃業務

トイレや商品棚や床などの清掃業務です。
これもどこの店舗にもある業務なのですが、正直に言うと清掃しない店舗は全然しません
つまり楽です笑

コンビニバイト業務 (3)商品の品出し

お店の奥から商品を補充する業務です。
正直に言ってこの作業は店舗によって忙しさは変わりませんので、あまり注目しなくていいです。

コンビニバイト業務 (4)商品の点検&陳列

お店に届くお弁当なのどの商品の数がしっかりあっているか確認する作業です。点検後はそのまま商品棚に陳列します。
この業務も店舗による忙しさはそこまで変わらないです。しかし、オフィスの中に入っているコンビニや駅前のコンビニはフード系の商品が異常に売れるので、ものすごい量の商品が届くので注意

他にも細かい業務はたくさんありますが、主な業務はこの4つです。

バイトが楽なコンビニ店舗の見分ける3つのコツ

さてさて。コンビニの業務内容なども踏まえて、楽なコンビニ店舗を見分ける5つのコツを紹介します。

スポンサーリンク

1:コンビニの立地は超大事!駅近は絶対にやめろ!

とにかくお客さんの数だけ忙しさは増大します。

お客さんが多いコンビニの特徴は以下の通りです。

  • 駅近のコンビニ
  • オフィスの中に入っているコンビニ
  • 学校など人が多い施設の近くのコンビニ
  • 大通りに面していて駐車場があるコンビニ

この4つのどれにも該当しないコンビニを見つけるのは、そこそこ難しいです。

たまに老夫婦が経営しているコンビニとかは、もともと持っていた土地でコンビニを始める人も多いので「なんでこんなとこにコンビニ作った?笑」って思っちゃうくらい変なところにあったりします。

暇なコンビニは1時間に2〜3回しかレジ打ちをしないなんてときもあります。ほぼバイト同士のお喋りで時間が流れていきますねw

求人にはもちろん住所も書いてあるので、グーグルマップなどで調べてみても良いかもしれません。ただ1番良いのは実際にコンビニに行ってみることですね。

自分の希望のシフトの時間に行ってみてお客さんの状況を確かめるのはおすすめです。

2:汚いコンビニはバイトが楽

店内がピカピカなコンビ二の方が働きたいと思うかもしれませんが、綺麗に掃除しているのはバイトだということを忘れずに。

「店内が汚い=清掃に力をいれてない=楽」
この公式は覚えておきましょう。

トイレ掃除はどこの店舗でもやりますが、それ以外の清掃は店舗によってかなり差があります。特に商品棚の清掃はやる店舗とやらない店舗にわかれるので、商品棚が汚い店舗は狙い目です。

3:販促活動をしているコンビニは危険

  •  「おでんいかがですか〜?」
  • 「ただいま唐揚げ10%引きです!」
  • 「恵方巻きの予約受付ております〜!」

店員さんが元気よく販促活動をしているコンビニは危険ですね。こういうコンビニはオーナーがやる気バリバリで地域でトップの売上高を狙っちゃてるパターンです。

当然、日々の業務や清掃も厳しめですし、頑張ってるのでお客さんもたくさん来ちゃて忙しいです笑

特に一番厄介なのはオーナーから強制的に商品を買わされる事件です。これは本当にひどい話なのですが、コンビニによってはクリスマスのケーキや恵方巻きの予約のノルマがあります。

このノルマが達成できない店員はオーナーから「お前全然予約取れてないから自分で予約とれよ」という信じられない圧力をかけられます。
だから、みんな頑張って元気な声で販促活動をしているのです。

こんなオーナーのコンビニでバイトしてたらマジでストレス溜まるので気をつけましょう。

バイトが楽なコンビニを探すのは意外と難しい?

以上の通り、バイトが楽なコンビニを探すのは意外と難しいです。
そもそもコンビニのバイト自体が覚える業務が多いし客層もあまり良くないので、おすすめかと言われると微妙です。

もちろん、楽そうなコンビニが見つかれば良いのですが、なかなか見つからなければ他のバイトに目を向けて見るのもおすすめです。

【おすすめ】バイト探しは1000万人が登録しているLINEバイトで応募!

  •  1000万人以上がユーザー登録
  •  LINEで面接日程を決定!めんどくさい電話のやり取りなし
  • オファー機能で何もしなくても、企業からバイトのお誘いあり

バイトの採用担当とのやり取りを全てLINEで行えるLINEバイトが超おすすめです。電話をする必要がないので、めんどくさくないし、質問したいことも気軽にLINEで聞くことができます。

またオファー機能というものがあり、あなたの希望の勤務時間や曜日、職種を登録しておけばバイト先の方からあなたにオファーが届きます。

バイトに採用されるまでの煩わしさを全て排除したおすすめのバイト求人です。

今すぐ登録してみましょう!

 

\登録者1000万人以上!LINEで連絡を取り合える/

【シフトなし】Uber Eats配達パートナーがおすすめ【好きな時に働ける】

【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム
Uber Eatsというサービスの配達パートナーがめちゃくちゃおすすめです!仕事内容は飲食店からお届け物(ご飯)を預かって、お客様にお届けするだけです。

シフトは無く、働きたいときにアプリを起動して、やめたいときにアプリを終了してOK!本当にめちゃくちゃ自由です。

時給ではなく、配達距離に応じて報酬が支払われるシステムです。
また、雨の日や忙しい時間帯(昼食・夕食どき)は報酬がアップするなど嬉しい特典も用意されているようです。

面接はなく、説明会に参加すればすぐにスタートすることができます。

  • 好きな時に好きなだけ配達できる
  • 報酬が週振り込み(日曜じめ、水曜~金曜日まで振り込み)
  • 変な人間関係はなく1人で黙々と働ける
  • Uber EATSを利用するお客さんはリテラシーが高いので、クレーマーに遭遇することがほとんどない