【逃げ出したい】営業がつらいと感じている人へ送る5つの対処法

※この記事は当ブログ運営者ではなく、ライターさんの体験を元に執筆されたリアルな体験談です

「ノルマが達成できない」
「接待ばかりで仕事外の時間が取られる」

営業職って、つらいですよね。相手ありきの仕事なので、自分の思ったどおりに進まないこともしばしば。ストレスがたまる職種です。

他にも、

  • しんどいテレアポ
  • わずらわしい人間関係が
  • 多すぎる残業

という厳しい環境の中で、自分は営業に向いてないと感じている方もいるのではないでしょうか。つらいなかで上司に詰められると負のスパイラルに入りますよね。

そんな悩みを抱える方に向け、営業がつらいと感じる原因や対処法を解説します。私自身、過去に営業を辞めたので、体験談を踏まえつつあなたの背中をそっと押せるように書きました。

1人で苦しんでいる方は、ぜひこの記事を読んでみてくださいね。

営業に向いていない人の5つの特徴

「営業として働くのがつらい。仕事の能力が低いのかも」と責めている方は、営業職に向いているかどうか自己チェックしてみてください。営業は、向き不向きが大きく分かれる職種です。
実は、営業が合わないだけで、他の仕事に適正がある場合も。

下記の特徴に当てはまる人は、あまり営業には向いていません。

  1. コミュニケーションが下手な人
  2. NOと言えない人
  3. 言われたことしかできない人
  4. スケジュール管理が出来ない
  5. 数字や人間関係にストレスを感じやすい人

このような方は、他の職種のほうがうまくいくこともあるでしょう。具体的に解説していきます。

1.コミュニケーションが下手な人

人と話すのが苦手な人は営業に向いてないです。

営業はお客様と対話を進める中で、お客様のニーズを引き出し、自分達の商品を提案して購入してもらう仕事です。どんな営業でも必ずお客様と話す必要があります。

また、自分ではうまく話せたつもりでも、何故かお客さんに怒られることが多い場合は要注意隠れコミュニケーション下手の可能性があります。

営業は商品の話をする以上に、相手のニーズを聞き出して汲み取ることが大切です。話すのがあまり得意でなくて一生懸命になり、一方的に話してしまうと逆効果。

特に、飛び込み営業など新規の人と話す機会の多い職業はストレスを感じやすいタイプです。ルート営業や社内の調整など、同じメンバーと話すのが主になる仕事のほうが合っているでしょう。

2.NOと言えない人

NOを言うのが苦手なタイプには、営業はあまり向いていません。

営業って無茶振りも多いですよね。現実的でない価格や納期の交渉。お客様の要望とはいえ、限度があります。
本当は無理だと思っているのに、相手の顔色をうかがって「考えてみます」なんていう方は要注意。

出来なかった場合、信頼は無くなります。今後一切の取引がなくなってしまう可能性も。

「イエスマン」であり続けて、NOというのに強い抵抗がある人は営業以外の仕事の方がよいでしょう。
出来ることと出来ないことの線引きをし、お客様を説得させるのが営業の仕事です。

3. 臨機応変に対応を変えるのが苦手な人

相手のニーズを把握した上で、臨機応変に対応を変えるのが苦手な人は営業に向いていません。

営業の仕事の1つとして「提案」があります。
商品を持っていき、パンフレットに書いてあることを説明するだけではなかなか成果に結びつきません。

相手が欲しい商品と提案している物がずれていたら、そこで違う方向にシフトする柔軟さがある方がうまく成果が出せます。事前に準備をするのは大切ですが、その内容からそれると不安になる人は、他の職種のほうが活躍できるでしょう。

4.スケジュール管理ができない人

ゴールから逆算し、優先順位をつけられない人は営業に向いていません。状況に合わせて優先順位がコロコロ変わる職種なので、しっかりスケジュール管理する必要があります。

会議や商談の時間を守ることは社会人として当たり前のこと。とはいえ、相手に合わせて商談日程を調整するのは簡単なことではありませんよね。
クレームで「今すぐ来い」なんて言われたら、作っていた予定は一瞬で崩れます。

トラブルが起きても、その都度優先順位をつけてスケジュールを管理できる人が営業向きです。逆に、短期間で予定が変わるとパニックになってしまう人は、長期でじっくりとプロジェクトをすすめる仕事のほうがよいでしょう。

5.数字に苦手意識を持っている人

営業は数字で目標管理することが多いですよね。数字を見るとストレスになるタイプも、営業は合わないでしょう。

管理に加え、目標達成に向けた「逆算能力」も求められます。
逆算能力とは「ノルマを達成させるためには、いつまでに○件の商談をいれなくてはいけない。○件の商談を入れるために、今日は○件テレアポをしよう」というように

  • いつまでにやるのか
  • 何をするのか
  • どこまでやるのか

を数字で具体化する力。基本的に目標も手段も数値に落とし込むので、それが苦手だと合わないでしょう。

6. ストレスを発散するのが下手な人

営業は人間関係や売上ノルマとの戦いなど、ストレスが溜まりやすい仕事です。うまくガス抜きが出来ないと、しんどくなってしまいますね。

特に、相手に断られたり理不尽に怒られたりすることは多いです。断られる=拒否されたと考える人は要注意!相手は最初から断るつもりだった、そこから契約に持っていくのが仕事ってくらいに考えられないとつらいです。

嫌なことがあってもうまく発散したり忘れたり出来ない場合は、我慢しすぎると限界が来るかもしれません。

営業がつらい10の理由

営業って本当につらいですよね。楽しく働いている同僚をみると「サイコパスなんじゃ?それともドMなの?」と思ったものです。

営業がしんどいと感じる理由として多いのは以下の10個。

  1. ノルマが厳しい
  2. 過程ではなく結果のみで判断される
  3. 接待・会食という名の飲み会が多い
  4. 電話・飛び込み営業などの新規営業苦しい
  5. 残業が多い
  6. 土日でも電話が鳴る
  7. 良いとは思えない商品も売らないといけない
  8. なかなか成績が上がらない
  9. 顧客と上手く話せない
  10. 会社内外で板挟みにあってつらい

何個共感できましたか?それぞれを具体的に説明していきますね。

1.ノルマが厳しい

ノルマを達成できるかどうかで、精神状態が左右されるのが営業のつらいところ。

営業が得意な人や好きな人には、やる気を出させるためにも「ノルマ」は有効です。しかし、「ノルマが厳しい」と感じている人にはストレスでしかありませんよね。

絶対に達成できないノルマが課せられたら、ただ絶望するばかり。

顧客の希望よりも目標達成を優先してしまった経験がある人も、いるのではないでしょうか。本当はお客さんのことを考えて提案したいのに、ノルマに左右されるのはつらいですね。

2.過程ではなく結果のみで判断される

営業は数字で結果が出るわかりやすい職種です。一方で過程を評価してもらえないのはつらいですよね。

目標に向けて「毎日○件商談をする。○件電話をかける。新規部門に営業をかける」と頑張っていたとします。しかし、肝心の「結果」を出していなければ0点。

自分がどんなに頑張っているか主張をしても、周りがたとええ頑張りを認めていたとしても、です。
結果が出なければ営業マンとしては落第。

頑張っているのに結果に反映されない状態が続いたら、やめたくなりますよね。

3.接待・会食という名の飲み会が多い

接待と会食という、常に気を使う楽しくない飲み会が多いです。飲み会代は経費で落ちるかもしれません。

しかし、残業代は支払われないのです。

当たり前だと考える方もいるかもしれませんが、よく考えてみてください。

勤務時間と同じくらい気を使っています。お酒も入っているので、セクハラやパワハラをされることも。お酒の席なので相手を責めることもできません。

楽しくもない話に笑顔で答え、心底興味のない自慢話に感心したフリをする。

これ無給ですよ!

もっと言えば次の日も仕事があります。心身ともに休まらなく、また出勤です。しんどいですね。

4.電話・飛び込み営業などの新規営業苦しい

電話も飛び込みも1日何十件も行います。ほとんど断られるの、精神的にキツイですよね。1日中頑張って、アポが1件も取れないってことも普通にあります。

しかも、優しく断ってくれる顧客ばかりではありません。あれ?私存在してはいけないのかな?って思うぐらい、お怒りになる人も。
なかには、唾を吐きかけられた人もいました。

苦しすぎて、泣きたくなくても、自然と涙が溢れてくることもあります。耐えられなくて仕事を辞めたいと思うことは、当然の感情です。

5.残業が多い

顧客優先で働くので、とにかく残業が多くなります商談はお客様が指定した時間になるので、「19時から商談」もあり得ます。

また、顧客の要望に合わせて動いていると、書類作成などの内勤の時間がなかなか取れないことも多いですよね。結局、ゆっくり仕事ができるのは残業タイムになってから。

働き方改革で残業時間を減らすように指示はありますが、お客さんがいる限り仕事内容を急激にへらすのは無理。
その結果、仕事は家に持ち帰り。もちろん残業代は出ません。

必要であれば土日出勤も。

心身ともにクタクタで休みの日は家でダラダラして終えることが増えてくると、ストレスも発散できずに負のスパイラルに入ります。

6.土日でも電話が鳴る

会社の求人に「土日休み」とあっても、営業は休みではありません。自分の顧客が土日が休みではなければ、休日関係なく電話がなります。個人向けの営業ならば、土日しか連絡のつかないお客さんもいますよね。

つらいものだと、深夜に電話がかかってくることもありました。常に会社用携帯を持ち歩いているので、携帯が鳴っている錯覚がよく起こっていました。
いつ鳴るかわからない電話を常に気にするのはストレスです。

ちなみに、これは幻想振動症候群と言って、常に携帯に気にかけている人に起こるようです。携帯依存症のサインと言われていますが、好きでなっているわけじゃないですよね。

携帯をぶっ壊して、どこか遠くに行きたいとよく考えていました。

7.良いとは思えない商品も売らないといけない

「商品開発なに考えているの?こんなの売れるわけない」と思ってしまう最悪な商品やサービスでも売らないといけないのがつらいところ。
営業が商品を作っているわけでないので、現場の声が届いていないと感じる製品も少なくありません。

しかし、営業はそれでも売らなくてはいけません。自分の中で納得できない商品をお客様にすすめているとき、すごくモヤモヤしますよね。まるで騙している気分。

それでも、会社のためにどんな商品も売らなくてはいけません。しかも、万が一売り上げが悪かったら、怒られるのは営業なのです。

営業のせいにするなら、商品開発するときに営業の声もちゃんと聞けよ!と言いたくなります。

8.なかなか成績が上がらない

なかなか成績が上がらないと、上司からの叱責で追い込まれていきます。
どんどん萎縮してしまい、昔はあった自信がどこか遠くに。

特に営業向いているよと言われていた人ほど、成績が上手く上がらないと精神的につらくなってしまいます。

他の人に、営業が得意な人の商談を真似をすると良いよ!とアドバイスをもらって試してみたけど効果が出ない。なにが悪いんだろう。
そもそも本当に営業が向いていたのだろうかと考えるようになります。

もがき足掻いても上がらない成績、どんどん職場にも居場所がなくなってしまいます。

9.顧客とうまく話せない

事前に準備してきた商品の説明などはスラスラ話すことができるが、会話が続かない。突然起こる沈黙、すごく気まずいですよね。

どうしようどうしよう、と考えている間に商談時間が終わることも。

もはや一緒の空間いるだけでも、ストレスを感じてしまいます。

10.会社内外で板挟みにあってつらい

営業は社内とお取引相手との間で板挟みにあうことが多々あります。そんな人間関係がつらいと感じている人も、多いのではないでしょうか。

先方と希望を社内の担当者に伝えると拒否され、妥協案を顧客に伝えても却下。妥協点を見つけるのが、いつの間にか営業の仕事になっています。

社内=味方だと思っていたのに、助けてくれないこともありますよね。
我々が営業しないとお客は見つからないから商品を売ることできないんだぞ!とついつい思ってしまいます。

取引先と社内の融通の利かなさに対する愚痴を同僚に話さないと、やってられませんね。

【体験談】営業つらい。つらすぎる!退職までの奮闘記

私も約2年間、食品メーカーで営業をしていました。結局つらすぎて会社を辞めたので、体験談を共有しますね。

営業ってつらいんです!今悩んでいる方はきっと共感できるはず。
そして、営業を辞めようかなって考えている人はぜひ私が退職するまでの戦いを参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

先輩怖い!目標未達からの「なんで?攻撃」

目標未達、ブルーになる響きです。

私の会社はノルマがありませんでしたが、

  • 月初にその月の目標売上を発表
  • 毎週月曜に目標の進捗状況を発表
  • 月末に結果を発表

という流れで毎月過ごしていました。

目標数字を達成できなかった時は最悪で、上司、先輩からの吊し上げ。達成できない人は1人30分ほど徹底的に「なんで?」攻撃の餌食です。

毎週月曜日が怖くて仕方ありませんでした。そのためだけに、発表原稿を作るほどです。

会社内外、全員敵!

先輩たちからの攻撃を交わしても、心は休まりません。営業にとって、職場は戦場です!

メーカー営業がつらいのは、契約を取れても調整が続くこと。お客さんにOKと言っても社内が動かなければ、商品が提供できません。

食品メーカーの場合、取引先の元に何度も足を運び、商品に合うレシピを何種類も考えます。やっと契約が取れたと思って、喜べるのは一瞬。

次は社内に戻り、工場と製造日程についての交渉。
期日が長いものであれば問題はありませんが、大体期日の短いお願いに。返ってくる言葉は

「無理!」

え?聞き間違い?すごい丁寧に頼んだし、なぜその期日までに商品が必要なのかもお伝えしましたよね。

作ってよ…と思いつつ、仕方がないので営業同士で調整する方向に頭をシフト。今ある在庫の奪い合いですね。

同じ商品を販売している営業担当に電話かけまくります。製品ちょうだいっていっても無駄なので、具体的に提案。

「本当にその量必要ですか?」「出荷日ずらせませんか?」

営業みんな苦労はわかってるはずなのに、協力してもらえないんですよね。自分の時は強制的に協力させるのに。下っ端の私は口が裂けてもそんなこと言えず我慢我慢。

助け合いの精神など存在せず、お互いが自分の利益しか考えていない空間で私は2年間を過ごしました。

褒められたい!怒られる毎日で自信喪失。

私にとって営業は「楽しくない」の一言。新規部門を開拓しても、大きな契約を取っても褒めてくれません。

大人だし仕事なんだから、褒められることを要求するなと思う人もいるかもしれません。でも、人は何歳になっても褒められたいんです!

でもむしろ真逆で、どんな些細な失敗でも誰かしらに怒られる環境。

そんな環境で働いてて楽しいですか。楽しいはずがない!
怒られすぎて、「怒られないためには何をしたら良いか」と考えるようになってしまいました。

挑戦したいこともあるが、どうせ怒られるから止めよう。

先輩と目があうと、怒られるんじゃないかとドキドキしていました。

お互いを認めあえる職場じゃなかったら、絶対働いていても楽しくないですよね。

人手不足や引き継ぎ問題で辞めさせてもらえない

同僚が3ヶ月前に退職の旨を伝えていたら、上司から叱責を受けることに。辞めるまでの間ずっとグチグチと文句を言われていました。辞める権利があるはずなのに。

ビビった私は1年前に退職の意思を伝えました。

それにもかかわらず、2ヶ月退職する日を伸ばすことに。

理由としては、営業の人手不足と引き継ぎをやってから辞めるよう言われたから。いいんですよ、私もしっかりと引き継ぎをして辞めるつもりだったので。

しかし引き継ぎする人がなかなか見つからず、最終的に上司に言われた引き継ぎ相手は営業経験皆無の新入社員でした。

もっと悪いことに、引き継ぎ期間はたったの3週間。

終わるかー!

営業の仕事を教えつつ、取引先への挨拶参りの日々でした。私は引き継ぎ書作成のため、毎日23時すぎまで残業し、朝は7時に出社していました。

この生活を続けていて上司が私に言ったのはいたわりの言葉ではなく、「最後だからって残業しすぎないで」でした。

結局残った有給も消化することができませんでした。

職場のことを考えて真面目にやった自分が馬鹿らしいですよね。怖くて出来ませんでしたが、相手の要望を突っぱねたら良かったです。

とにかく営業が辛いときの5つの対処法

営業って本当にいやですよね。どんなにしんどくても商談には行かなきゃいけないし、電話もかけなきゃいけない。

あれ?最後に笑ったのいつだろう。って思うこともしばしば。

つらい営業に立ち向かってきた私が、心も身体も疲れきったあなたの気持ちが楽になる5つの対処法を紹介しますね。

1.上司・同僚に相談してみる

信頼できる上司や同僚に相談してみましょう。話を聞いてもらうだけでもスッキリすることもあります。

さらに、話しているうちに頭の中が整理されて、どうしたいかが明確に分かることも。

うまくいけば、同じ悩みを乗り越えた上司から有益なアドバイスが貰えるかもしれません。すくなくとも、相談することによって、周りが今のあなたの状況に気づくきっかけにもなります。

ただし、「頑張れ」と言ってくる人には要注意。頑張りたくても頑張れないときに、前向きな言葉を言われるときついですよね。

相手を変えましょう。

2.営業から異動する

今の会社は好きだけど、営業という職種がつらいのであれば異動は良い手段です。

上司や人事に相談後に異動希望を出して、部署を変えてもらいましょう。

ただ異動希望を出すときに以下のことを念頭においてください。

  • 異動するまでに時間がかかる
  • 希望が通らないことも

移動できなくても声を上げることで、人事部をはじめ周りの人が苦しんでいる事に気づいてくれます。

行動を起こすことで、営業から離れるチャンスを掴むことができます。

3.休職する

会社に行きたくない時は、思い切って仕事を休んでみることをおすすめします。1~2日ほど仕事から離れてリフレッシュしましょう。仕事のことを考えすぎていると、どんどん気持ちが沈んでしまいます。

また、どうしても辛い場合は、休職という選択肢もあります。長期間仕事を休んでみましょう。

休職をすることは決して悪いことではありません。時間をあけることで、冷静に振り返るきっかけにもなります。

好きなことをしながらゆっくり過ごし、心と身体の健康を取り戻すことに集中してください。

とはいえ、休職する間のお金が気になる方もいるでしょう。残念ながら、休職すると会社から給与は支払われません。しかし、条件を満たせば国から「休業補償給付」という手当をもらうことが可能です。

年齢や労働条件にもよりますが、支給金額は普段の給与の80%程度。いきなり無収入になるわけではないので安心してくださいね。

4.転職する

会社によっては部署異動ができないところもありますよね。そういう時は転職を検討しても良いでしょう。

営業をまだ頑張ってみたいという方にも転職はおすすめです。

営業にも色々な種類があり、新規開拓をする必要のないルート営業などもあります。自分に合う営業職が見つかったら再度挑戦して見るのも良いかもしれませんね。

ただ働きながらだと、「いつ転職活動をするか」という問題があります。忙しい仕事の合間を縫って、転職のために時間を作るのは至難の技です。

土日や有給を使って時間をとれますか。貴重な休みはゆっくり過ごしたいですよね。

突発で仕事が入ってしまう可能性も考えると仕事をしながらの転職活動はハードルが高いようです。

5.退職する

営業がどうしてもつらいなら、先に仕事を辞めてしまいましょう。

いつまでもつらい場所にいる必要は全くありません。逃げるが勝ちです。きつい環境でストレスを貯め続けると、冷静な判断ができなくなってしまいます。

たしかに、次の職場が決まっていないのに、辞めるのは不安なもの。ただし、転職活動より先にあなたの心が壊れたら元も子もありません。

あなたを守ってあげられるのは、自分だけです。

健康であれば、次の仕事は必ず見つかります。まずは限界になる前に避難しましょう。

営業がつら過ぎるなら今すぐ辞めても大丈夫

つらいけど、今後のことを考えると不安で会社を辞められない。

すごく分かります。仕事を辞めた自分の将来のことを考えると真っ暗になっちゃいますよね。

  • お金
  • 次の仕事は見つかる?
  • 同僚に迷惑がかかるんじゃないか

主にこの3つが皆さんの心配事になるのではないでしょうか。

1つずつ説明していきます。

すぐにお金には困らない

「働かないとお金が心配…」という不安から辛い仕事を辞められないという人もいるでしょう。

安心してください!会社を辞めてしまっても「失業給付」という手当があります。なんと条件を満たせば、国からお金をもらうことができるのです!

直近の給料をもとに、50〜80%の金額を90日間もらえます。

当面の生活費ならまかなえそうですよね。そのため、仕事を辞めてすぐにはお金に困ることもないでしょう。

さらに、退職金や有給消化ができればその分も手元に入ります。

次の仕事は必ず見つかる

人手不足の昨今、仕事は必ず見つかります。

転職市場予測を見ても、ここ最近の売り手市場は変わりません。仕事を探す人のほうが有利な状況なのです。

もし新卒で入社してすぐに退職した人であっても、大学を卒業して3年以内であれば第二新卒として就職活動をすることも可能なので安心してくださいね。

辞めても迷惑じゃない!あなたの心優先で

仕事を辞めたら、周りの人に迷惑をかけるのではないかと考える方も多いのではないでしょうか。

すごく嫌な言い方ですが、仕事ではあなたの代わりは必ずいます。今までも同僚が退職したり、休職して突然会社に来なくなった人がいたはずです。

それでも会社は潰れません。どうにか回す方法を考えるだけです。気にする必要はないのです。

しかし、あなたの人生においてあなたの代わりは存在しません。

会社を優先するのではなく、自分を最優先してくださいね!

何度も言いますが、あなたを守れるのはあなただけです。

営業がつらくてもバックれはNG!

記事を読みながら、営業がつらくて辞めたいからバックれちゃおうかなと思ってる人は要注意。いわゆる「飛ぶ」行為にはリスクがあります。

  • 損害賠償を請求される
  • 有給休暇を消化ができない
  • 働いた分の給料ももらえなくなる
  • 捜索願を出されたり、親に連絡が行く可能性がある

連絡なしにバックレてしまうと、あなたがすべて悪いことになってしまいます。自分の身を守るためにも、しっかりと退職の意を伝えてから辞めるようにしましょう。

退職代行サービスなら今日から仕事を辞められる

バックレたいほど営業がつらいかたにおすすめなのが退職代行。本人の代わりに、退職の意思を会社に伝えてくれるサービスです。しっかり会社に退職の意を伝えているのでバックレ扱いにはなりません。

退職代行には次のようなメリットがあります。

  • 会社が何か言ってきても、代行業者が間に入ってくれる
  • 退職代行業者への依頼は、LINE・メール・電話でOK
  • 上司と一切顔を合わせず辞められる
  • 依頼して即日辞めることも可能

バックれをするくらいなら、退職代行サービスを使いましょう。おすすめのサービスを4つ紹介しますね。

【当サイト一番のおすすめ】SARABA

料金27,000円 (業界最安値)
対応時間24時間 365日対応 (今すぐ連絡して退職可能)
支払い方法銀行振込 クレジットカード
返金保証あり
特徴
  • 当サイト1番のおすすめ退職代行
  • 24時間365日対応
  • 明日からでも退職できる
  • 業界最安値の27,000円
  • 行政書士完備
  • 労働組合が運営しているので安心
SARABAさんは当サイトで一番おすすめしている退職代行サービスです。電話でのインタビューにも丁寧にご回答いただき、非常に好印象な会社でした。

業界最安値の27,000円で、24時間365日対応してくれるのはSARABAさんだけです。

今すぐ連絡すれば明日にでも退職できる素晴らしいサービスです。退職代行サービスで迷っているのであればSARABAさんを選べば間違いありません!

【弁護士対応】弁護士法人みやび

料金54,000円
対応時間10:00~21:00
クレカ決済の有無 無
返金保証の有無 無
特徴
  • 即日退職に対応
  • LINE、メールからの相談料は無料
  • 損害賠償請求など法的な対応もお任せ
  • 未払い給与、退職金などの請求は着手金無料
実績のある弁護士に依頼したいなら、「弁護士法人みやび」がおすすめです。全国対応可能で、LINE、メールから無料で相談できます。

また、「相談したとき返事が返ってくるのが早い!」という口コミが目立ちました。今すぐ不安を解消したい人は、問い合わせてみましょう。

【20代向け 無料の退職支援】リスタート

対応時間24時間365日対応
料金無料
転職支援あり
特徴
  • 無料の転職支援サービス
  • 20代限定
  • 転職支援あり
リスタートは転職会社として有名なUZUZの新サービスです。

特徴は大きく分けて2つ。

1つ目は費用が一切かからず無料であるということ。なぜ無料かというと、元々転職会社なので退職した方がそのままお客さんになってくれるからです。 これはユーザーにとっても嬉しいとこ。「ブラック企業排除!」を宣言しているUZUZで転職支援を行ってもらえるのできっと、より良い環境の会社に巡り会えるはずです。

2つ目の特徴は退職代行ではなく、退職支援であるということ。つまり、退職に対するアドバイス(即日退職も含め)は完全にサポートしてくれますが、最終的には自分で退職を伝える必要があります。

他の退職代行サービスとは大きく違いますが無料というのは嬉しいですね。さらに転職支援も付いているので、20代の方にはおすすめです!

 

【セラピスト兼弁護士によるアフターフォロー】Jobs

運営会社株式会社アイリス
利用料金29,800円(税込)
※期間限定価格
対応時間24時間
支払方法銀行振込 クレジットカード
返金保証あり
特徴
  • セラピストの資格を持った弁護士が在籍
  • 退職後の不安も相談OK!しかも無制限
  • 24時間対応!深夜でも相談OK
セラピストによるカウンセリングを用意した退職代行サービスは退職代行Jobsしかありません。
ちなみに病院などでカウンセリングを受ける場合、1回50分で7,000円~10,000円。
退職後のお金が心配な時期に、無料で悩みを相談できるのは嬉しいですよね。


24時間365日対応ですので今からでも退職の相談にのってもらえます!