営業を辞めたいと悩んでいるあなたへ!つらい10の理由と対処法を徹底解説【退職経験者が語る】

※この記事は当ブログ運営者ではなく、ライターさんの体験を元に執筆されたリアルな体験談です

営業なんか辞めてしまいたいと思っている人のためにこの記事を書きました。

毎月やって来るノルマや上司からの圧力、長時間労働など営業って本当につらいですよね。しかし、「営業を辞めたいけど、どうすればいいのか分からない…」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

今回はそんな方向けに、

  • 営業を辞めたくなる理由
  • 対処法
  • 本当に辛いなら辞めてもいい訳

をご紹介していきます。

実は私も営業を経験しており、「辞めたい」と苦しんだ経験があります。きっと悩んでいるあなたのお役に立てるはずです。

営業を辞めたくなる理由10選!理由別の対処法もご紹介

営業を辞めたい理由を始めに整理してみましょう。自分の中で認識することで、対策を練ることができるかもしれません。

よくある理由は以下の10個です。

  1. ノルマに追われているのが辛い
  2. 嫌な顧客にも対応しないといけない
  3. テレアポや飛び込みが苦痛
  4. 良いと思えない商品も売らなければならない
  5. 歩合制で毎月のお給料が固定ではない
  6. 残業が多く、長時間拘束される
  7. 土日も電話がかかってくる
  8. 成績がなかなか上がらず辛い、怒られる
  9. 顧客と上手く話せない
  10. 顧客同士の板挟みにあって辛い

それぞれの対処法も解説していきますね。

1.ノルマに追われているのが辛い

営業職ならではの悩みですね。会社によっては「目標」と呼ばれているところもあるかもしれません。

毎日毎日追いかけてくるノルマにストレスを感じる人も多いでしょう。実際私もそうでした。壁に貼り付けられる成績を見るたびに気持ちが重くなったこともあります。

そんなあなたはノルマを気にしすぎているのかもしれません。営業にとっては確かに大切なことですが、あなたが思い詰めるほど気にかける必要はありません。どんな優秀な人もノルマを達成できないことなんてたくさんあります。

またどうしてもノルマを気にしてしまう…という方は、営業職から離れることをおすすめします。
また、会社によってはノルマがないところも。そのような企業に転職するのも良いでしょう。

2.嫌な顧客にも対応しないといけない

営業をしていると様々な人と仕事をすることも多いでしょう。中には嫌な顧客もいますよね。

例えば、

  • 商品の値切りがしつこい
  • 自分の意見ばかり通そうとする
  • アポイントの約束を守ってくれない

など挙げていけばきりがないです。

あなたがこんなモンスター顧客で悩んでいる場合は、真に受けずにスルーするのが一番です。私はこんな人に出くわした時には、「野菜がなんかしゃべっている」と思うようにしていました。

どうしても辛いという場合は、上司に相談して担当を変えてもらうようお願いするのもいいでしょう。

3.テレアポや飛び込み営業が苦痛

営業では新規開拓をメインにテレアポや飛び込みをさせられる人もいるでしょう。せっかく会社に訪問しても門前払いにあったり、電話しても怒られたり、とてもつらいですよね。

テレアポや飛び込みが辛いのなら、顧客へのアプローチ方法を変えるのも一つの手です。契約が取れたひとから紹介してもらうことができれば、いきなり押しかけて怒られることはなくなります。
ツテがなければ、相手のペースで読むことができるメールなどもいいでしょう。

しかし、1日のテレアポや飛び込み数を決められている場合にはこの方法が使えない可能性も。

もし新規開拓に苦痛を感じるのなら、ルート営業反響営業などへの転職を視野に入れてもいいでしょう。既存顧客やニーズのある人への営業になるので、あなたの悩みも少なくなるかもしれません。

4.良いと思えない商品も売らなければならない

営業はモノを売る仕事です。しかし、その「モノ」が決していい商品とは限りませんよね。

中にはお客さんが損してしまうようなぼったくり製品を売ることもあるでしょう。そんなことをしていると心が痛みますよね。

営業である以上、仕事だと割り切ることも大事なマインドです。しかし、どうしても心が痛むという人もいらっしゃるかと思います。そんな場合は無理に商品を勧める必要はありません。そもそも、商品が合う人におすすめすればよいのです。

また、そもそも顧客への配慮ができる人は、提案営業の方が向いています。本当にあなたがいいと思う製品をおすすめしましょう。

今の会社の製品自体が気に入らなければ、転職も視野に入れてもいいかもしれません。

5.歩合制で毎月のお給料が固定ではない

成績によって毎月のお給料が変動するという方もいるでしょう。その場合、金銭的にも精神的にも不安ですよね。

契約を取らなきゃ…と焦りながら行う営業はとてもストレスがかかります。プレッシャーに押しつぶされて仕事ができなくなれば、元も子もありません。

「営業は好きだけどお給料が不安」という方は、固定給の営業への転職がおすすめです。毎月安定した収入があれば、思い切って仕事ができますよ!

6.残業が多く、長時間拘束される

営業は残業が多いですよね。

私も前職では、毎月50時間以上の残業をしていました。せっかく家に帰ってもご飯を食べて、お風呂に入って、寝るだけ…自分は何のために仕事をしているのか分からなくなった経験もあります。もっとプライベートの時間も欲しいですよね。

また、残業代がつかないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?それって法律ではアウトです。会社によっては残業も少ない、きちんと残業代は支払われる、というところもあります。

長時間労働が慢性化している場合は、うつや精神疾患などを発症する可能性も。あなたが限界を向かえる前に会社を辞めましょう!

7.土日も電話がかかってくる

顧客から土日にも関わらず電話がかかって来くると、せっかくのお休みなのにリフレッシュできないですよね。連絡があれば、そのまま休日出勤…なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

もし急ぎの要件でなければ電話に出ないというのは手です。

ただ、会社によっては顧客からの連絡にはすぐに返事をすると決められている場合もあるでしょう。そんな時は、部署異動や転職などをおすすめします。

業務内容が変われば、今の悩みから解放されるでしょう。

8.成績がなかなか上がらず辛い、怒られる

営業である以上成績からは逃れられません。どう頑張っても成果に繋がらず、上から怒られてしまうという方もいらっしゃるでしょう。

そんな時は、成績が良い人のやり方を真似てみることをおすすめします。今のやり方を変えれば、成長に繋がるかもしれません。また、1人では解決できない場合は上司などに相談してみましょう。

9.顧客と上手く話せない

営業はサービスや商品の説明をする必要があるため、顧客と話す機会は多いです。しかし、上手く会話ができないという人もいるでしょう。

そんな時はロープレをして、提案に慣れるというのも1つの手です。しかし、元々の性格によっては克服が難しい可能性もあるでしょう。人には向き不向きがあるので、気にする必要はありません。

どうしても会話が苦手ならば、思い切って営業を離れるのもいいかもしれません。

10.顧客同士の板挟みに合って辛い

仲介営業をしていて顧客同士の板挟みに合い、悩みが増えるという方もいるでしょう。

どちらの機嫌も取りつつ、自分はきちんと利益を上げなければなりません。間に入るのは難しいですよね。
ただ、それだけ営業のスキルや全体を見る能力が身に付きます。

どうしても今の営業が辛いのなら部署異動もいいでしょう。仲介営業は両顧客の配慮ができるため、社内で評価されやすい傾向にあります。

営業を辞めたくなった時の対処法

ここでは営業を辞めたくなった時の対処法を7つご紹介していきます。

  1. 成績の良い先輩や同期のセールストークを真似てみる
  2. ノルマばかり気にしすぎない
  3. 上司や先輩に相談してみる
  4. 他部署への異動をお願いしてみる
  5. 仕事を休んでみる!「休職」という手もあり
  6. 転職する
  7. 仕事を辞めてみる

それぞれについて詳しく解説していきますね。

1.成績の良い先輩や同期のセールストークを真似てみる

あなたがもし結果が出ずに悩んでいるのなら、成績の良い先輩や同期の真似をしてみましょう。結果を出している人は、それぞれ必勝法をもっています。
セールストークの型を身につけることで、一気に結果が出ることも。

すでにマネをしているのにうまくいかない場合は、あなたの性格にあっていないのかもしれません。自分の話し方や性格にあった営業方法を取り入れて見ましょう。
何人かをみることで、あなたにしっくりくるセールストークが身につく可能性があります。

2.ノルマばかり気にしすぎない

営業にノルマはつきものですが、もしかしたら気にしすぎなのかもしれません。

私が営業で辛いと悩んでいた時は「ノルマを達成できないのは仕事をしている意味がない」と思っていました。偏った思考ですよね。それで自分を追い詰めて、上手く顧客に提案ができずに未達という負のスパイラルにおちいっていました。

ふと「ノルマ達成ってそんなに気にしないでもいいんじゃないか」と思うように。そこからは、伸び伸びと営業をすることができ、仕事って楽しいと感じるようになりました。

このように今営業が辛いと悩んでいる人には、ノルマを意識しすぎているのかも。肩の力を抜いて、少し落ち着いてみてもいいのかもしれません。

3.上司や先輩に相談してみる

もし今の仕事のやり方で悩んでいるのであれば、上司や先輩に相談してみるのもいいでしょう。

人に自分の気持ちを話すと気持ちが楽になった経験はないでしょうか?一人でもんもんと抱えこむより、思い切って外に出してしまいましょう!

あなたが悩んでいることは、過去に上司や先輩が経験したことかもしれません。苦悩を乗り越えた人だからこそできるアドバイスもあるはずです。私も、実際に営業のやり方で悩んでいるとき上司に相談しました。顧客への対応方法を工夫したことで、受注に繋がった経験があります!

4.他部署への異動をお願いしてみる

もし今の仕事を続けるのが辛いのなら、他部署への異動をお願いしてみても良いでしょう。

営業として成果を残しているならば、自分の意見も通りやすい場合も。また、社内公募するタイミングで申請するのもいいでしょう。

一方、会社によっては部署異動の制度自体がない可能性もあります。更に、異動願を出しても部署異動できないことも。しかし、行動しなければ何も起こりません。いまの会社で働きたいと思うのなら、アクションを起こしてみましょう!

スポンサーリンク

5.仕事を休んでみる!「休職」という手もあり

会社に行きたくない時は、思い切って仕事を休んでみることをおすすめします。1~2日ほど仕事から離れてリフレッシュしましょう。仕事のことを考えすぎていると、どんどん気持ちが沈んでしまいます。

また、どうしても辛い場合は、休職という選択肢もあります。長期間仕事を休んでみましょう。

休職の後復帰するかしないかは置いておき、今は仕事から離れてゆっくりしませんか?
その方が、冷静な判断ができ、今後どうするかも自然と決められるでしょう。心がいっぱいいっぱいならば、一回離れるのも一つの手です。

とはいえ、休職する間のお金が気になる方もいるでしょう。残念ながら、休職すると会社から給与は支払われません。しかし、条件を満たせば国から「休業補償給付」という手当をもらうことが可能です。

年齢や労働条件にもよりますが、支給金額は普段の給与の80%程度。いきなり無収入になるわけではないので安心してくださいね。

本当に辛い場合は一旦営業から離れて、ボロボロになった心を休めましょう。

6.転職する

思い切って転職をするのも一つの手です。営業でも企業によって待遇や業務内容は様々です。

  • 今の会社に不満がある
  • 上司や先輩と縁を切りたい

こんな方は転職をすると、環境も大きく変わります。今の悩みもなくなる場合も。

ただし、仕事を続けながら転職活動をするのはなかなか大変です。転職活動は平日に行われることがほとんどです。そのため、有給を上手く使ったり、業務時間を上手くやり繰りする必要があります。

私も在職しながらの転職をしました。また、いつ転職先が決まるかわからない不安も。仕事は早く辞めたいけど、転職先は失敗したくない…という葛藤がありました。
当時は苦しかったですが、仕事環境が改善した今思い返すとあのとき転職してよかったなと思います。

7.仕事を辞めてみる

  • どうしても仕事がつらい
  • 上司が憎い
  • 出社すると吐き気がしてしまう

そんな方は思い切って仕事を辞めてしまいましょう。あなたが泣きそうな程辛い思いをしてまで、会社のために働く必要はないのです。

本当に辛いのなら営業を辞めてもいい

ここまで営業を辞めたい時の対処法をご紹介して来ましたが、本当に辛いのならば辞めても大丈夫です。「営業を辞めたい」と悩んでいるあなたの背中を押す理由をご紹介していきますね。

仕事なんてたくさんある

今の日本は「売り手市場」と呼ばれ、求職者にとって有利な状況が続いています。リクルートワークス研究所の調査によれば、企業側は人手不足により採用に苦戦しているとのことです。

あなたは1つの勤務先にこだわる必要はありません。今よりもいい環境で働ける会社を探してもいいのではないでしょうか?

辞めるのは甘えじゃない!あなたの心の方が大切

「一度就いた仕事を辞めるなんて甘えかな…」

そんな風に思っているあなたはとても責任感の強い人です。しかし、そんな方にこそお伝えしたいことがあります。仕事を辞めることは決して甘えではありません

どんな仕事にも向き不向きがあります。また、実際に業務をしてみないと自分が営業に向いているのかなんて分かりませんよね。無理して嫌な仕事を続ける必要はありません。

あなたは何も悪くないです。心がボロボロになる前に、あえて逃げる勇気も必要ですよ。

仕事を辞めてもすぐにはお金に困らない

「働かないとお金が心配…」という不安から辛い仕事を辞められないという人もいるでしょう。

安心してください!会社を辞めてしまっても「失業給付」という手当があります。なんと条件を満たせば、国からお金をもらうことができるのです!

直近の給料をもとに、50〜80%の金額を90日間もらえます。

当面の生活費ならまかなえそうですよね。そのため、仕事を辞めてすぐにはお金に困ることもないでしょう。

体験談!「営業を辞めたい」と思っていた私が営業へ転職した話

今仕事で悩んでいる方向けに、前職で生命保険の営業していた私の体験談をご紹介します。営業を辞めたいと悩んでいたのですが、なんと同じ営業職へ転職したのです。

私は新卒で生命保険会社の営業職として入社しました。いわゆる生保レディです。個人のお客様に向けて保険契約を行う仕事でしたが

  • ノルマがきつい
  • 上司から怒られるのは日常茶飯事
  • 新規開拓なので顧客から煙たがられる
  • ほぼ毎日ある残業、しかも残業代なし
  • 土日出勤強制

など、精神的にも肉体的にも限界が来てしまい転職を決意しました。

しかし初めての転職ということもあり、なかなか行動に移せないでいました。そのため思いきって転職エージェントを使用することに。

結果、私の「営業はブラック」という固定概念がくつがえりました。

営業と言っても様々な仕事があるということを教えてもらったのです。それと同時に今まで自分が働いていた環境が異常だったということに気づかされました。

転職を決意した当初は事務を希望していました。しかし、「今よりも働きやすくなるのなら営業でもいいのではないか?」と考えるようになったのです。就職活動を行っていくうちにご縁があり、今はエージェントから紹介されたIT企業にて法人営業をしています。

今の環境はかなり働きやすいです。例えば、

  • ノルマはあるが、達成できなくても怒鳴られない
  • 反響営業なのでニーズのある顧客への販売、そのため精神的にも楽
  • 理不尽に上司から怒られない
  • 残業も月に10時間程度、しかも残業代はきちんとつく
  • 土日に出勤させられない(している人も見たことがない)

など転職して良かったと今でも思います。

何より今までやってきた営業経験も活かせることが嬉しかったです。「営業なんか絶対に辞めてやる」と思っていました。しかし、会社によって働きやすさは大きく違ってくるのだと強く実感しました。

営業自体にやりがいを感じている人は、もしかしたら今の環境が悪いのかもしれません。そんな方には、早めに職場を変えることで、仕事が楽しくなることもあるとお伝えしたいです。

仕事を辞めるなら「退職代行」を使うのもあり!

会社を辞めようか悩んでいる人こそ「退職代行」を使用していただきたいです。

初めて聞いたという方もいらっしゃると思います。ざっくり説明すると、あなたの代わりに勤務先へ「会社を辞めたい」と伝えてくれるサービスです。

会社を辞める際には、自分で上司に退職の意志を伝える、退職日を決める、引継ぎなどをする…という流れが一般的だと思います。代行サービスを使えばそんな面倒な手間は一切いりません!

一番勇気のいる「退職したい」と伝えることも業者が行ってくれます。あなたは退職代行に依頼するだけで、サクッと勤務先を辞めることができるのです!

退職代行の利用をおすすめしたいポイントは3つあります。

  1. 即日退社できる!会社からの引き留めにも合わない
  2. 辞めた後の引継ぎの対応まで行ってくれる
  3. 退職後の書類のやり取りも行ってくれる

それぞれについて詳しく解説していきますね。

即日退職できる!会社からの引き留めにも合わない

代行サービスを使えば、辞めたいと思ったその日に退職が可能です!

営業は会社の売り上げに直接関わっているため、会社からの引き留めに合いやすい傾向があります。せっかく勇気を出して退職の意志を伝えたのに、仕事を辞められないのは辛いですよね。

「こんな会社辞めてしまいたい」と思っても、上司に気持ちを伝える勇気が出なくてずるずる続けてしまう…という方もいらっしゃるでしょう。

  • 夜中に仕事のことを考える眠れない
  • 朝起きると涙が止まらない
  • すべてが嫌になって何をする気も起きない

こんな風に一度でも思った事はありませんか?

退職代行であれば、辞めたいと思ったときにサクッと辞めることができます。あなたの代わりに退職の意向を伝えてくれるため、上司からの引き留めにも合いません!

即日退職できる理由はこちらの記事で解説しています。
関連記事:即日退職できる退職代行7選|今すぐ辞めれる理由も解説【明日辞めれる】

辞めた後引き継ぎの対応まで行ってくれる

「代行サービスを使えば即日退職できるのは分かったけど、引継ぎをしないと不安…」

という方もいらっしゃるのではないでしょうか?退職代行を利用すれば、会社を辞めた後の引継ぎの対応まで行ってくれますよ。

引継ぎの資料などは自分で作る必要がありますが、中にはテンプレートを用意してくれる業者も。
また資料を郵送した後に質問攻めにあうのではないか?と心配な方いらっしゃるでしょう。しかし、安心してください。代行サービスは退職者と勤務先の間に入ってくれます。そのため、あなたは会社と直接やり取りをする必要はありません

引継ぎについては下記記事にて詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください。

【退職代行】引き継ぎなしで辞めてもいいの?トラブルを回避する3つの方法

退職後の書類のやり取りも行ってくれる

代行サービスを利用すると、退職後の書類の受け渡しをあなたの代わりにやってくれます。自分で退職の手続きをすると、自分自身で書類を送ってもらうよう会社へ連絡をしなければなりません。

退職時に受け渡しする書類の一例を示しますね。

  • 離職票
  • 雇用保険被保険者証
  • 年金手帳
  • 源泉徴収票

これらは転職や失業保険の給付などのために、必ずもらわなくてはならないものです。

もし受け取り書類に抜けがあった場合、何度も会社に連絡を取るのは気まずいですよね。退職代行を利用すれば、面倒な手続きを丸投げすることができます!あなたは何もしないで、安心して仕事を辞めることができるのです。

【当サイト一番のおすすめ】SARABA

料金27,000円 (業界最安値)
対応時間24時間 365日対応 (今すぐ連絡して退職可能)
支払い方法銀行振込 クレジットカード
返金保証あり
特徴
  • 当サイト1番のおすすめ退職代行
  • 24時間365日対応
  • 明日からでも退職できる
  • 業界最安値の27,000円
  • 行政書士完備
  • 労働組合が運営しているので安心
SARABAさんは当サイトで一番おすすめしている退職代行サービスです。電話でのインタビューにも丁寧にご回答いただき、非常に好印象な会社でした。

業界最安値の27,000円で、24時間365日対応してくれるのはSARABAさんだけです。

今すぐ連絡すれば明日にでも退職できる素晴らしいサービスです。退職代行サービスで迷っているのであればSARABAさんを選べば間違いありません!

【弁護士対応の退職代行】弁護士法人みやび

料金54,000円
対応時間10:00~21:00
クレカ決済の有無 無
返金保証の有無 無
特徴
  • 即日退職に対応
  • LINE、メールからの相談料は無料
  • 損害賠償請求など法的な対応もお任せ
  • 未払い給与、退職金などの請求は着手金無料
実績のある弁護士に依頼したいなら、「弁護士法人みやび」がおすすめです。全国対応可能で、LINE、メールから無料で相談できます。

また、「相談したとき返事が返ってくるのが早い!」という口コミが目立ちました。今すぐ不安を解消したい人は、問い合わせてみましょう。

【20代専門の退職支援】リスタート

対応時間24時間365日対応
料金無料
転職支援あり
特徴
  • 無料の転職支援サービス
  • 20代限定
  • 転職支援あり
リスタートは転職会社として有名なUZUZの新サービスです。

特徴は大きく分けて2つ。

1つ目は費用が一切かからず無料であるということ。なぜ無料かというと、元々転職会社なので退職した方がそのままお客さんになってくれるからです。 これはユーザーにとっても嬉しいとこ。「ブラック企業排除!」を宣言しているUZUZで転職支援を行ってもらえるのできっと、より良い環境の会社に巡り会えるはずです。

2つ目の特徴は退職代行ではなく、退職支援であるということ。つまり、退職に対するアドバイス(即日退職も含め)は完全にサポートしてくれますが、最終的には自分で退職を伝える必要があります。

他の退職代行サービスとは大きく違いますが無料というのは嬉しいですね。さらに転職支援も付いているので、20代の方にはおすすめです!

 

【業界一の老舗でメンタル面のケアもあり】ニコイチ

料金28,000円
対応時間7:00~23:30
支払い方法銀行振込
クレジットカード
返金保証あり
特徴
  • 創業14年の老舗
  • 業界最安値の28,000円
  • 退職率100%(2019年11月現在)
  • 退職成功者7500人突破
  • 心理カウンセラー在籍

創業14年の老舗です。日本で一番はじめに退職代行サービスを行っており、今までに4000人以上の退職を代行。
心理カウンセラーの方が相談に乗ってくれたりと手厚いサポートが特徴です。

対応時間が7時〜23時30分ですが、業界最安値の28,000円は魅力的です。