新卒での退職が気まずい理由3選とその対処法【辞められない場合は?】

※この記事は当ブログ運営者ではなく、ライターさんの体験を元に執筆されたリアルな体験談です

退職したいと思っていても、新卒だと気まずいですよね。

「自分の担当をもらったばかりだから言い出せない」
「辞めると言った後に教育担当の先輩とどう接していいかわからない」

そんな悩みから、うまく言い出せない方もいるのではないでしょうか?実は、退職を切り出した後の行動で、職場のいやすさは大きく変わります。

そこでこの記事では、新卒だから仕事を辞めたいけれども気まずくて言い出せないという方に向けて

  • 気まずい理由
  • 対処法
  • 新卒で退職するメリット
  • デメリット

などを解説していきます。

退職に対して気まずいと思っているということは、あなたが周りの事を考えられる心優しい人の証拠です。

そんな方の悩みが少しでも軽くなるように、この記事を書いていきますね。

新卒で退職したいけど気まずい理由3選

まず最初に、退職が気まずい理由を整理して考えてみましょう。よくある理由は3つです。

  1. 上司に言いづらい
  2. 退職届を出してから辞めるまでがつらい
  3. すぐ辞めるのは申し訳ない

気まずい気持ちと向き合うためにも、その理由を整理して明確にしておくといいですよ。

新卒で退職したいけど気まずい理由1:上司に言いづらい

退職するにあたって最初の壁は、上司に言いづらいということ。新卒で会社に入ったばかりということもあって、結構なハードルですよね。

大きい会社で普段あまり話さないという場合は、話しかけるのさえ勇気がいります。逆に普段関わっている場合は、お世話になっているからこそ伝えにくいですよね。

せっかく勇気を振り絞って退職の話をしようと思ったときに限って、仕事の指示を伝えられてすぐに席を離れてしまうことも。まとまった話をするタイミングを見つけられないと、また勇気を失ってしまいます。

新卒で退職したいけど気まずい理由2:退職届を出してから辞めるまでがつらい

退職届を出してから辞めるまでって、引き継ぎなどがあって1ヶ月くらい時間がありますよね。その期間って会社にどんな顔で行ったらいいのかとか考えると、不安になってしまいます。

ベテランで周りの人みんな仲が良い場合なら、味方がいるかもしれません。しかし、新卒だと部署内に深く関われる人が少ない方もいますよね。

もともと気をつかう職場なのに、もうすぐ退職する人という目で見られることを考えると、気まずくなってしまいます。

新卒で退職したいけど気まずい理由3:すぐ辞めるのが申し訳ない

まだ新卒だしすぐ辞めるのは申し訳ないという理由もありますね。

やっと仕事を覚えたばかりなのに、辞めるとまたみんなに迷惑をかけてしまう。と抱え込んでいる人も多いのではないでしょうか?

早期退職とか考えずに簡単に辞める人も結構たくさんいるので、周りに気を使えているあなたは仕事に対してまじめな性格です。

悩んでいるのなら一人で抱えこみすぎないようにするのも大切ですよ。

新卒で退職したいけど気まずい時の対処法4選

退職が気まずい理由を整理したところで、ここからはその対処法を紹介していきます。

  1. 何日か頑張ったら有給消化
  2. 今まで以上に礼儀正しく
  3. そこまで気にしない
  4. 最後まで仕事をやりきる

上記の4つの対処法を紹介していきますね。

ぜひ参考にしてください。

新卒で退職したいけど気まずい時の対処法1:
何日か頑張ったら有給消化と耐える

退職を伝えたあと何日かは頑張って、残りは有給を使えば気まずい期間は短くてすみますね。

6ヶ月継続して勤務した労働者には、10日間の有給休暇を与えなければならないと労働基準法で定められています。半年以上働いていればいいので、新卒でも使える人は多いですね。

事務所で担当者に聞くなどして、自分の有給日数を確認しておきましょう。

さらに、退職の通知は2週間前までに行えばいいと法律で定められています。そのため、ギリギリに伝えて有給も利用すれば会社に行くのはたったの数日だけ。

実際に、私の働いている会社でも退職届を出した後10日間くらいは出勤して、残りは有給休暇でそのまま退職という流れが多いです。

新卒で退職したいけど気まずい時の対処法2:今まで以上に礼儀正しく

今まで以上に礼儀正しくするというのも効果的です。

  • 普段以上にあいさつ
  • 仕事を手伝う
  • 言葉遣いを丁寧に

など、退職するまでの間だけでも意識して行いましょう。

礼儀正しくしていると、退職者だとしても悪い気にはならないんですよね。
むしろあなたが辞めてしまうのがさみしい、という気持ちの方が大きくなってしまう人もいるでしょう。

新卒で退職したいけど気まずい時の対処法3:そこまで気にしない

新卒で辞めるのは気まずいかもしれませんが、実はそこまで気にしなくても大丈夫ですよ。なぜなら、職場の人たちは今までに退職者を何人も見てきて、慣れているからです。会社を辞めるのは、珍しいことではありません。

実際に辞める人がいても、退職したことを周りが知らない場合も。

なので、あまり気にしないことも大切です。

新卒で退職したいけど気まずい時の対処法4:最後まで仕事をやりきる

退職すると決めたあともしっかりと仕事を続けましょう。気を抜いてしまうと周りからの印象が悪くなる原因になり、気まずくなります。

「もうすぐ辞めるからって、最近仕事が雑だよね」
といった悪評が立つと一気に居場所がなくなってしまいますよね。

最後の出勤日まで気を抜かずに、やり切ることが大切です。会社の人たちからのイメージが良いままで終わることができれば、気まずさも軽減されます。

周りの評価は聞こえてこなくても、最後に問題を起こすのはおすすめしません。自分の中で悪いイメージが残ってしまい、次の職場でも引きずってしまうからです。

新しい場所で気持ちよく働くためにも、今の職場をすっきり退職しましょう。

新卒で退職することのメリット3選

新卒で退職するのに気が引けている人もいるでしょう。しかし、すぐに辞める方がよい点もあります。

ここでは新卒のうちに会社を辞めるメリットを3つ紹介していきます。

  • 転職先が見つけやすい
  • 違う業界にもチャレンジできる
  • 引き継ぎが楽

それぞれ細かく説明していきますね。

新卒で退職することのメリット1:転職先が見つけやすい

新卒で退職する場合、まだ年齢が若いので転職先が見つけやすいですよ。

今までは3年働かないと次の仕事は見つけづらいと言われていました。その時の影響で今も転職先がないと言う人もいます。しかし、実際は少子高齢化が進み若い人材が足りていません。

転職サイトを見ても第二新卒というキャッチコピーが多く、若い人向けの求人が多いことがわかります。厚生労働省の調査によると、6割ほどの企業が第二新卒の応募を受け入れています。

さらに、1年以内で辞める新卒の数は5万人もいるんですよ。そのため、心配する必要はありません。

新卒で退職することのメリット2:違う業界にもチャレンジできる

まだ若くて将来は長いので、今働いている業界と違うところにもチャレンジできます。

年齢が大きくなっていくほどに、異分野や異業界への転職は難しくなりますよ。

なので今働いている職種以外に興味があるものがあったら、はやめい挑戦しましょう。

第二新卒の場合は、専門性を求められていないので未経験でも応募しやすいのがメリットです。

経験なしでも募集している求人をチェックしてみるといいですね。

新卒で退職することのメリット3:引き継ぎが楽

新卒のうちは受け持っている業務が少ないので、引き継ぎは比較的楽です。

何十年も仕事を続けていると、どうしてもその人にしか増えていきますよね。他の人が理解するために2ヶ月必要、なんて言われたらかなり大変です。

仕事が自分に合っていないのなら、引き継ぎが簡単な今辞めた方が楽ですよ。

スポンサーリンク

新卒で退職することのデメリット3選

ここまでメリットを述べてきましたが、新卒で退職することには、少なからずデメリットもあります。特に1年未満で辞める場合は要注意。

  • 失業保険がもらえない
  • 戻りたくても戻れない
  • 仕事が嫌になる

上記の3つについてお話していきますね。

新卒で退職することのデメリット1:失業保険がもらえない

継続勤務が1年に満たない場合は、失業保険がもらえません。
そのため、もう少しで1年になるとかなら、待ってみるのもいいかもしれませんね。

失業保険は直近の給料をもとに、50〜80%の金額を90日間もらえます。たとえば月収20万円の場合、最低でも30万円程度もらえる計算になりますね。
失業保険がもうすぐもらえるのに辞めるのはもったいないです。

ただし、勤務期間が半年などまだまだ短く、すぐに辞めたい場合は無理せず退職してしまってよいでしょう。

あなたに会った職場に転職できれば、しっかり稼げる額です。あなたの身体や心を1番に考えましょう。

新卒で退職することのデメリット2:戻りたくても戻れない

新卒の人以外も言えるのですが、元の会社に戻りたくなっても戻ることはできません。

なので、少し嫌なことがあったからやめようとか軽い気持ちなら、もう一度考えてみることも大切ですね。

仕事を始めたばかりで、わからないことも多いと思いますので様子見も肝心です。先輩たちを見渡して、あなたがもっているのと同じ不満をもっているようならば、辞めても良いでしょう。

新卒で退職することのデメリット3:仕事が嫌になる

高校生気分や大学生気分がやっと抜けたころで仕事を辞めて、まとまった休みを経験してしまうと、仕事が嫌になってしまうかもしれません。

退職した場合は休みすぎないように気を付けて、次自分が何をするのかを考えた方がいいですね。

ただ、焦りすぎてしまうと思い通りの職場も探せないので、難しいところです。自分を見つめ直したい場合は、期限を決めておくことをおすすめします。

気まずい気持ちを乗り越えて新卒で退職しても大丈夫

退職することが気まずいって思っているあなた、ぶっちゃけ新卒で仕事を辞めても大丈夫です。

まだ若いのでこの先将来で取り返すことができますよ。むしろ、すでに違和感があるなら、早めに選択したほうが後悔もありません。

年齢が上がってきてしまうと、家庭を持っている場合もあります。また、家を買ったり親の介護があったりすると、仕事を辞めるのも難しくなりますよね。

なので仕事が合わないのなら、新卒の今こそ辞め時です。

実はこの記事を書いている私は、新卒のときから退職したかったのに、気まずい気持ちから勇気が出ず辞められませんでした。ずっとモヤモヤしたまま4年間過ごし、最終的に離職。毎日憂うつだったので、早めに言い出せばよかったなぁと後悔しています。

同期には1年目で辞めた人もいますが、転職先での楽しそうな話を聞くことも多かったです。そんな話を聞いて退職を決意したのですが、もっと早く決断すべきでした。

遠慮せず早く辞めたいと伝えていたらという後悔から、今回この記事を書いています。あなたの違和感が正しければ、その気持ちは変わりません。

だからこそ、自分のためにお金や時間を使える今のうちに、しっかりと考えてみてほしいのです。

今後の事を考えるために、まとまった時間が欲しいという場合は、とりあえず退職をしてから将来の事を考えるというのもあり。後悔しない選択をしてほしいな、と思います。

新卒で退職したいけど気まずくて辞められない場合

新卒で退職したいけど気まずくてどうしても辞められないという場合は、退職代行を使うのもおすすめですね。

退職代行は、自分の代わりに会社に辞める意思を伝え、退職を代行してくれるサービスです。

退職代行の利用をおすすめしたいポイントは3つあります。

  1. 辞めたい時にすぐに退職できる
  2. 転職サポートもしてくれる代行業者もある
  3. 退職後の書類のやり取りも行ってくれる

それぞれについて詳しく解説していきますね。

1.辞めたい時にすぐ退職できる

代行サービスを使えば、辞めたいと思ったその日に退職できます。

「こんなクソ会社辞めてしまいたい」と思っても、上司に気持ちを伝える勇気が出なくてずるずる続けてしまう…という方もいらっしゃるでしょう。

  • 朝起きるとどうしても会社に行きたくない
  • 夜中に仕事のことを考えると涙が止まらない
  • 仕事へ行く準備はできているのに、外へ出たくない…

こんな風に一度でも思った事はありませんか?

退職代行であれば、辞めたいと思ったときに辞めることができます。あなたの代わりに退職の意向を伝えてくれるため、会社からの引き留めにも合いません!

2.有給休暇も消化できる

代行サービスを利用すれば、あなたの代わりに「有給消化をしたい」という要望を伝えてくれます。自分で上司に言うより断然楽ですよね。

私は代行業者を使用しなかったため、有給を消化しきれずに退職してしまいました。今でも後悔しています…。
もちろん、きちんと消化させてくれる企業もあります。しかし、上司の圧が強かったり、普段から有給を使えかったりする企業ではきちんと消化できない可能性が高いです。

さらに、代行業者によっては有給消化の交渉まで行ってくれるとこも。ただし、ここに関しては注意が必要な部分です。

有給消化の「交渉」ができるのは、下記の通りです。

  • 弁護士が代行するサービス
  • 労働組合が運営する業者

ここを守らないとあなたが損する可能性もあります。

代行業者選びのポイントは下記の記事にて、詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。
【解決策あり】退職代行の失敗例11選&ほぼ100%退職できるおすすめ業者5社

3.苦手な上司とも話さずに辞められる

退職代行のメリットは、会社と直接やり取りをしないで辞められること。つまり、苦手な上司と話す必要は一切ありません。

一番勇気のいる「退職したい」と伝えることも業者が行ってくれますよ!

もしかすると、上司はあなたへ連絡をするかも知れません。しかし、それに応じる必要はないです。あなたのことを大切にしてくれないクソ上司となんて、おさらばしてしまいましょう!

【当サイト一番のおすすめ】SARABA

料金27,000円 (業界最安値)
対応時間24時間 365日対応 (今すぐ連絡して退職可能)
支払い方法銀行振込 クレジットカード
返金保証あり
特徴
  • 当サイト1番のおすすめ退職代行
  • 24時間365日対応
  • 明日からでも退職できる
  • 業界最安値の27,000円
  • 行政書士完備
  • 労働組合が運営しているので安心
SARABAさんは当サイトで一番おすすめしている退職代行サービスです。電話でのインタビューにも丁寧にご回答いただき、非常に好印象な会社でした。

業界最安値の27,000円で、24時間365日対応してくれるのはSARABAさんだけです。

今すぐ連絡すれば明日にでも退職できる素晴らしいサービスです。退職代行サービスで迷っているのであればSARABAさんを選べば間違いありません!

【弁護士対応の退職代行】弁護士法人みやび

料金54,000円
対応時間10:00~21:00
クレカ決済の有無 無
返金保証の有無 無
特徴
  • 即日退職に対応
  • LINE、メールからの相談料は無料
  • 損害賠償請求など法的な対応もお任せ
  • 未払い給与、退職金などの請求は着手金無料
実績のある弁護士に依頼したいなら、「弁護士法人みやび」がおすすめです。全国対応可能で、LINE、メールから無料で相談できます。

また、「相談したとき返事が返ってくるのが早い!」という口コミが目立ちました。今すぐ不安を解消したい人は、問い合わせてみましょう。

【20代専門の退職支援】リスタート

対応時間24時間365日対応
料金無料
転職支援あり
特徴
  • 無料の転職支援サービス
  • 20代限定
  • 転職支援あり
リスタートは転職会社として有名なUZUZの新サービスです。

特徴は大きく分けて2つ。

1つ目は費用が一切かからず無料であるということ。なぜ無料かというと、元々転職会社なので退職した方がそのままお客さんになってくれるからです。 これはユーザーにとっても嬉しいとこ。「ブラック企業排除!」を宣言しているUZUZで転職支援を行ってもらえるのできっと、より良い環境の会社に巡り会えるはずです。

2つ目の特徴は退職代行ではなく、退職支援であるということ。つまり、退職に対するアドバイス(即日退職も含め)は完全にサポートしてくれますが、最終的には自分で退職を伝える必要があります。

他の退職代行サービスとは大きく違いますが無料というのは嬉しいですね。さらに転職支援も付いているので、20代の方にはおすすめです!

 

【業界一の老舗でメンタル面のケアもあり】ニコイチ

料金28,000円
対応時間7:00~23:30
支払い方法銀行振込
クレジットカード
返金保証あり
特徴
  • 創業14年の老舗
  • 業界最安値の28,000円
  • 退職率100%(2019年11月現在)
  • 退職成功者7500人突破
  • 心理カウンセラー在籍

創業14年の老舗です。日本で一番はじめに退職代行サービスを行っており、今までに4000人以上の退職を代行。
心理カウンセラーの方が相談に乗ってくれたりと手厚いサポートが特徴です。

対応時間が7時〜23時30分ですが、業界最安値の28,000円は魅力的です。