新卒社員に贈る今すぐ仕事を辞めても良い7つの理由【退職した人の体験談】

※この記事は当ブログ運営者ではなく、ライターさんの体験を元に執筆されたリアルな体験談です

入社したばかりだけど仕事辞めたいな、と思うことありますよね。

初めての経験が多いので戸惑うことが多いなか、上司や同僚とも上手くいかない、残業も多いし、この生活が何十年も続くのか…と思うと、辛くなりますね。

もう辞めたい、でもせっかく新卒で入ったし、今辞めたら会社に迷惑をかけてしまう…。すぐに辞めたら次の仕事につくのも大変かもと退職をためらっている人も多いのではないでしょうか。

どうしても仕事を辞めたいあなたの背中を押すために、以下の情報をお伝えします。

  • 新卒でもすぐに辞めた方が良い理由
  • 入社後すぐに退職した人の感想
  • すぐ辞めてしまう場合のデメリット

僕自身、新卒で営業の会社に入社し、毎日ノルマを達成しなければいけないというプレッシャーをストレスに感じていました。最終的には適応障害という、うつ病の一歩手前の病気になってしまいました。もう少し早く退職しても良かったなと今は思います。

体験談を交えながら、苦しんでいるあなたを救う方法を紹介します。

仕事が辛いのは能力の問題ではなく向き不向きに問題

能力が十分なのに、仕事が向いていなくてつらいという人は少なくありません。というのも、仕事内容により性格的な向き不向きが大きく分かれるから。

自分の性格や考え方をガラッと変えるのは難しいですよね。無理に頑張ろうとすると、ものすごくストレスがかかることも。正直、性格が合わないことで持ってしまった仕事の苦手意識を克服することはとても難しいです。

さらに、今の仕事は自分には向いてないなという後ろ向きな気持ちだと、100%のパフォーマンスを発揮して働くことができません。自分自身を苦しめるだけでなく、会社やお客様にも迷惑をかけてしまいますね。

性格は人によって様々。仕事が上手くいかないからといって、自分を責める必要はありません。自分の性格に合っている仕事を見つければ良いのです。

新卒でもすぐに会社をやめた方が良い7つの理由

新卒入社後、すぐ辞めたいというと様々な意見を言われます。

  • 3年は続けた方が良いよ
  • すぐ辞めたら転職もできないよ
  • 仕事もそのうち楽しくなるよ

あなたのためを思っているとは思いますが、このようなアドバイスには全く根拠はありません。

新卒でもすぐに会社を辞めた方が良い理由を紹介します。

【新卒でも辞めるべき理由1】うつ病になる可能が高い

自分に合ってない状態で仕事を続けるとうつ病になってしまう可能性が高いです。

うつ病の原因は主にストレスです。仕事が自分に合っていない、上司との関係が上手くいかないなどの日々のストレスの積み重ねで発症してしまいます。

寝付けない、頭がいたい、動悸が激しいなどの症状が出てきたら注意が必要です。一度うつ病になってしまうと回復に数年の時間がかかることも。

精神的に参っていると思ったら、今すぐ辞めることをおすすめします。

【新卒でも辞めるべき理由2】時間がもったいない

我慢して働き続けるのは時間がもったいないです。

会社を辞めた人、転職した人はほとんどの場合「もっと早くやめればよかった」と思っています。

3年は続けないといけないという考え方もありますが、3年もあれば自分のやりたい仕事において1人前の実力をつけることができますよね。

時間はお金では買えません。だらだらと仕事を続けても意味ないので、時間を有効に使うためにもすぐに辞めることをおすすめします。

【新卒でも辞めるべき理由3】自分にあった仕事は必ずある

今の仕事以外にも、内容の異なる業務はたくさんあります。

オフィスワークに関しては、事務や人事、経理、総務やマーケティングなど数多くの職種があります。他にも販売やサービス業など異業種まで入れたら数え切れません。

今の仕事が合っていないならば、性格的に負担のない職種に変えることで楽しく働ける可能性も。

どんな仕事が自分にあっているかわからない人は、一度転職エージェントなどの専門家に相談してみることをおすすめします。

【新卒でも辞めるべき理由4】人間関係の問題は簡単には解決できない

人間関係の問題は簡単には解決できないもの。我慢してしまう人は多いと思いますが、それだけで改善されることがありません。
あなたに対して理不尽に接してくる上司は何年経ってもそのままです。

特に難しいのは、職場全体の環境が悪い場合。お互いの悪口を言い合っていたり、社風が合わなかったりする会社の空気を変えるのは、至難の業でしょう。

人間関係に関するストレスが大きい場合は、今すぐ退職して違う環境を探すことをおすすめします。

【新卒でも辞めるべき理由5】同じ仕事でも会社によって待遇は違う

違う会社に転職しても同じような状況になってしまいそう…と考えてしまう人も多いと思います。しかし、同じ業界・仕事でも会社によって待遇が全く違います。

給料の違いはもちろん、ノルマがない会社も。残業禁止のところも増えてきています。

転職活動時に人事や社員に質問すればどんな働き方か分かります。転職時には、一度就職したからこそ、新卒とは違った目線で質問できるのがメリットです。
いい会社を選ぶ目が鍛えられているので、実はチャンスですよ。

【新卒でも辞めるべき理由6】転職するのは普通

転職することが珍しくない社会になってきています。

厚生労働省の調査によると、1年以内で辞める新卒の数は5万人!意外と多いと感じた方もいるのではないでしょうか。

また、転職のハードルが下がり、同じ会社で働き続ける人がどんどん減ってきています。副業の解禁も進んできているのも1つの要因です。

早めに退職しても、そこまで気にすることはありせん。

【新卒でも辞めるべき理由7】休むと自分と向き合える

退職して仕事から離れることで自分と向き合うことができます。

将来何がやりたいのかまだ分からないけど、卒業も迫ってるのでとりあえず就職を選んという人も多いのではないでしょうか。働き始めるとゆっくりと考える時間も取れませんよね。

僕自身は退職して実家に帰ったり、人に相談したり、旅行に行ったりして自分のやりたいことが見えてきました。忙しい日常から離れて、ゆっくり過ごすことはすごく大切です。

自分が何をしたいか分からないからしっかり考えたいけど、時間がないという方は、一度退職してゆっくり考えることをおすすめします。

新卒は6割が辞めたいと思ったことがある

 

入社して間もないのに会社を辞めたいなんて自分はダメなんじゃないかと思う方もいるかも知れません。しかし、まったく気にする必要はないです。

実は、新卒1年目の社員は6割が辞めたいと思ったことがあるというデータが出ています。(参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000167.000012242.html)

結構たくさんの人が辞めたいと思っていますね。辞めたいと思った理由の順位は以下の通りです。

  1. 上司との関係がうまくいかなかったから
  2. 給料が低いから
  3. 同僚との関係がうまくいかなかったから

人間関係が上手くいかなくて辞めることが多いようです。上司や同僚は選ぶことができないので、一度合わない人と一緒になるとしんどいもの。毎日顔を合わせるのでストレスもたまりやすいですね。

また、入社してみたら、給料が聞いていた額と違ったなどの給料の問題もあります。なかには残業代が未払いの会社も。入社前は具体的に生活を考えていなかったけれど、将来のことを考えると収入が高い仕事につきたいと思う方もいますね。

6割の人が辞めたいと感じているので、自分が辞めたいと思っていることを責める必要はありません。

新卒で入社後すぐ辞めた人の体験談

会社を辞めるのは普通と聞いても、退職したあとに後悔しないか気になりますよね。そこで、実際に新卒で辞めた方に話を伺いました。

2ヶ月で、新卒で入った会社を退職しました。

広告系の会社の営業職で入社したのですが、研修が始まってすごく違和感がありました。はじめは印刷している工場で現場研修を積むことになったのですが、いつまで研修を続けるのか決まっていません。人事に聞いてもこっちもわからないと言われ、いつになったら営業ができるんだろうと思う日々でした。

また、現場の上司の人が合わない人で、たくさん怒られました。新人だから怒られるのは仕方ないのですが、ちょっと理不尽過ぎたなって思います。

転職する暇もなかったので、研修が終わる前に退職しました。会社からは引き止められましたが、何とか辞めることができました。

転職活動を始めると、第二新卒という枠ですぐに就職することができました。今では広告系の営業マンとしてやりたかった仕事ができています。

あの時辞める決断ができてよかったと思っています。

このように、違和感を感じたらダラダラ続けずすぐに辞めることで満足の行く仕事が出来ています。まだ会社に染まりきっていない新卒だからこそ、チャンスもありそうです。

新卒で会社を辞めた人の感想5選

体験談以外にも、新卒で会社を辞めた人の感想を調べてみました。退職した選択に満足している人が多そうです。

 

どこか清々しいようにも見えますね。会社に染まりきっていないからこそ出てくる違和感を信じて辞めたほうが、しあわせになっている事がわかります。

【要注意】新卒でもすぐに会社を辞めたほうが良い4つの状況

辞めようか悩むけどどうしようと思っている方に向けて、確実に逃げ出すべきケースを4つ紹介します。

  1. セクハラ
  2. パワハラ
  3. 違法残業
  4. 違法な仕事内容

これらの問題は深刻で時には犯罪になってしまうことも。詳しく解説していきます。

【会社を辞めるべき状況1】セクハラ・パワハラがひどい

セクハラ・パワハラがひどい場合は今すぐ退職した方が良いです。

セクハラ・パワハラは犯罪です。最近はSNSなどで実態が発覚することが多くなっています。しかし、まだまだ表に出ていないものが多いです。被害者本人がなかなか相談できないことも。

告発しようとしても会社からもみ消されることもあります。会社内でトラブルになってしまうのは嫌ですよね。

すぐに退職して、弁護士に相談しましょう。

【会社を辞めるべき状況2】残業時間が多い

残業時間が非常に多い場合は今すぐ辞めた方が良いです。

過労死自殺の問題があってから、残業時間のチェックは厳しくなりました。今では退勤時間になるとパソコンの電源が自動で落ちる会社も。

とはいえ、まだまだ違法に残業させている会社は多いです。私の前職の会社は出勤簿が手書きでした。月の残業時間が多すぎると、「残業時間多いから減らして」と総務から連絡がきました。今思うと違法行為だったと思います。

残業が多いと体調を崩す可能性が高くなります。自分がどれくらい残業しているか確認しましょう。

【会社を辞めるべき状況3】入社前聞いていた待遇と違う

入社前に聞いていた待遇と違う場合は注意が必要です。

特に給料が提示されていた額が違う、残業代が支給されない場合は行黄色信号。

社員にしっかりと給与が払われてない会社は、取引先からの信用も低くなりがち。働き続けていても未払いの状態は改善されません。

早めに退職して、未払いの分は労働基準局などに行って相談してみましょう。

スポンサーリンク

【会社を辞めるべき状況4】仕事内容がグレー

仕事内容がグレーの場合はすぐに退職した方が良いです。

営業の仕方が詐欺っぽい場合や、コンプライアンスが守られてない職場など、信用が失われるような場合は、注意しましょう。

会社が告発されて突然仕事が無くなる場合があります。

また、怪しい仕事をしていると、友達からの信用もなくなってしまいますよね。

会社を辞めても大丈夫な2つの理由

しんどくて会社を辞めたいけど、会社を辞めた後のことが不安で辞められないと思う方もいると思います。

  • 転職できるかどうか
  • 会社への迷惑

考え始めたらきりがないですよね。そんな不安を解決できる手段をいくつか紹介します。

第二新卒としての転職可能

新卒で入社してすぐ退職したい方は、転職活動時に不利なんじゃないかと思う方も多いと思います。早くに退職した場合は、第二新卒という扱いで転職活動が可能です。

第二新卒とは新卒で入社後、3年以内に転職する人のことを指します。

マイナビジョブズ20’sによると、7割ほどの企業が第二新卒の採用に前向きです。
(参考:https://mynavi-job20s.jp/guide/guide02.html)

新卒で入った会社がブラック企業だった、希望していない部署に配属になってしまったなどの理由で3年以内に退職する人は珍しくありません。しかし、やる気のある人も多く、若くてビジネスマナーをもった第二新卒を採用するのは企業側にもメリットがあるもの。そのため、求人は増えていくと言われています。

そのほか、dodaによると求人数自体も伸び続けているので転職の心配はありません。

周りに迷惑という考えは間違い

周りに迷惑をかけたくないから辞めないと考えている人もいるかもしれません。

もちろん退職してすぐは、会社に迷惑もかかる部分もあるでしょう。しかし、ここまであなたを苦しめてきたのは会社であることを忘れてはいけません。合わない仕事やノルマを与えてくる会社は、あなたに迷惑をかけていたといえます。

辛い仕事を我慢しても楽になることはありません。我慢すればするほどストレスが溜まっていき、うつ病などの精神疾患になる可能性が高まります。

働けなくなった時に、会社はあなたの人生の責任を取ってはくれません。僕が適応障害で休職した際、今まで通りの営業職で復帰するしかありませんでした。無理なら退職する選択肢しかなく、会社を泣く泣く辞めました。

幸いにも、他の会社から声をかけて頂いたり、フリーランスとして仕事をしたりと、今は自分のやりたいことができています。これもあのときに、会社を辞められたから。

自分の人生の責任は自分で取る必要があります。だから、会社よりも、自分のことを最優先に考えて欲しいのです。

幸せな人生を歩みたいのであれば、迷惑をかけることになっても、自分のやりたいことを優先して行動してください。僕はあのとき会社を辞める決断をしてよかったと心から思っています。

新卒で辞める人の4つのデメリット

早く会社を辞めることで気持ち的にも楽になる部分は多いです。しかし、新卒で入社してすぐ退職してしまうとデメリットもあります。

  • 転職が不利になる
  • また人間関係の問題を抱えるかも
  • 金銭面の不安がある
  • 出世に影響する可能性がある

事前にくわしく確認しておきましょう。

【新卒で辞めるデメリット1】転職に不利に働く可能性がある

すぐに会社を辞めてしまうことで転職活動でマイナスにみられる可能性があります。

人事から「採用してもすぐに辞めてしまうのではないか」と思われてしまうことも。第二新卒という採用手法が確立しているとはいえ、まだまだマイナスとして捉える企業もあります。

転職活動の時はどうして会社を辞めることになったのか詳しく説明することをおすすめします。

【新卒で辞めるデメリット2】人間関係の問題を再び抱える可能性がある

人間関係がうまくいかなくて退職した場合、次の会社に入った時にも同じように苦しむ場合があります。

上司・同僚を選ぶことはできません。同じように人間関係で悩む場合は、自分自身のコミュニケーションの仕方を変えてみるしかありません。

改めて人間関係を作り直すので、非常にストレスも溜まります。少しずつ良好な関係を作っていきたいですね。

【新卒で辞めるデメリット3】金銭面の不安がある

新卒入社で1年以内に辞めた場合、失業保険をもらうことが出来ません。そのため、辞めたあと次の仕事が見つかるまでの生活費は貯金から賄う必要があります。

新卒でお給料が少ないなか、お金の不安を抱えるのはしんどいですよね。

とはいえ、残業代未払いなど、給与面に問題がある会社にいる限り、貯金はたまりません。デメリットはあるものの、精神的にも疲弊してしまう前に転職する方がよいでしょう。

【新卒で辞めるデメリット4】出世に響く可能性がある

会社によっては、新卒から採用した人しか役職をつけないところも。出世の可能性が閉ざされることもあるのが、デメリットと言えるでしょう。

中途の割合が多い会社に行くか、スキルを身に着けてから再転職すれば出世はできます。まずは入ってみて、さらに役職をもちたいと思ったあとにこの問題を考えても遅くはありません。

仕事・職場が合わない人は体調を崩す前に会社をやめたほうが良い

仕事・職場が向いてない人は新卒でも体調を崩す前にやめたほうが良いです。そのまま続けてもうつ病になる確率が上がるだけです。

「慣れるから大丈夫」「最低でも3年は続けろ」とアドバイスする人がいますが、何も根拠はありません。自分に合わない仕事を続けてもストレスが溜まるだけです。

とても苦しい状況にも関わらず、周りの目を気にしてしまいすぐに辞められない人が多いのが現状ですよね。

我慢する必要はありません。あなたに合った仕事は必ずあります。

心身ともに消耗していくのは非常に苦しく、うつ病になってしまうと簡単には回復できません。苦しいなと思うのであれば、早急に仕事を辞めましょう。

「退職代行」という選択肢も!

もう仕事を辞めたいのに、嫌な職場で退職を言い出せない方には「退職代行」という選択肢もありますよ。

初めて聞いたという方もいらっしゃると思います。ざっくり説明すると、あなたの代わりに勤務先へ「会社を辞めたい」と伝えてくれるサービスです。

会社を辞める際には、自分で上司に退職の意志を伝える、退職日を決める、引継ぎなどをする…という流れが一般的だと思います。代行サービスを使えばそんな面倒な手間は一切いりません!

一番勇気のいる「退職したい」と伝えることも業者が行ってくれます。あなたは退職代行に依頼するだけで、サクッと即日で勤務先を辞めることが可能です。

人間関係に悩んでなかなか上司に話が切り出せない方にこそ、退職代行をおすすめします。

退職代行のおすすめ4選

【当サイト一番のおすすめ】SARABA

料金27,000円 (業界最安値)
対応時間24時間 365日対応 (今すぐ連絡して退職可能)
支払い方法銀行振込 クレジットカード
返金保証あり
特徴
  • 当サイト1番のおすすめ退職代行
  • 24時間365日対応
  • 明日からでも退職できる
  • 業界最安値の27,000円
  • 行政書士完備
  • 労働組合が運営しているので安心
SARABAさんは当サイトで一番おすすめしている退職代行サービスです。電話でのインタビューにも丁寧にご回答いただき、非常に好印象な会社でした。

業界最安値の27,000円で、24時間365日対応してくれるのはSARABAさんだけです。

今すぐ連絡すれば明日にでも退職できる素晴らしいサービスです。退職代行サービスで迷っているのであればSARABAさんを選べば間違いありません!

【弁護士が対応する退職代行】弁護士法人みやび

料金54,000円
対応時間10:00~21:00
クレカ決済の有無 無
返金保証の有無 無
特徴
  • 即日退職に対応
  • LINE、メールからの相談料は無料
  • 損害賠償請求など法的な対応もお任せ
  • 未払い給与、退職金などの請求は着手金無料
実績のある弁護士に依頼したいなら、「弁護士法人みやび」がおすすめです。全国対応可能で、LINE、メールから無料で相談できます。

また、「相談したとき返事が返ってくるのが早い!」という口コミが目立ちました。今すぐ不安を解消したい人は、問い合わせてみましょう。

【弁護士兼セラピスト在籍】Jobs

運営会社株式会社アイリス
利用料金29,800円(税込)
※期間限定価格
対応時間24時間
支払方法銀行振込 クレジットカード
返金保証あり
特徴
  • セラピストの資格を持った弁護士が在籍
  • 退職後の不安も相談OK!しかも無制限
  • 24時間対応!深夜でも相談OK
セラピストによるカウンセリングを用意した退職代行サービスは退職代行Jobsしかありません。
ちなみに病院などでカウンセリングを受ける場合、1回50分で7,000円~10,000円。
退職後のお金が心配な時期に、無料で悩みを相談できるのは嬉しいですよね。


24時間365日対応ですので今からでも退職の相談にのってもらえます!

【業界一の老舗&カウンセリングに強み】ニコイチ

料金28,000円
対応時間7:00~23:30
支払い方法銀行振込
クレジットカード
返金保証あり
特徴
  • 創業14年の老舗
  • 業界最安値の28,000円
  • 退職率100%(2019年11月現在)
  • 退職成功者7500人突破
  • 心理カウンセラー在籍

創業14年の老舗です。日本で一番はじめに退職代行サービスを行っており、今までに4000人以上の退職を代行。
心理カウンセラーの方が相談に乗ってくれたりと手厚いサポートが特徴です。

対応時間が7時〜23時30分ですが、業界最安値の28,000円は魅力的です。