忖度の意味とは?例文付きで使い方をわかりやすく解説

この記事では「忖度」と言う言葉の意味と使い方を例文付きで紹介します。
2017年の流行語にもなったこの言葉。

最近ではニュースやバライティー番組でも耳にすることが多く、芸人さんがネタに使ったりもしています。

わかりやすく解説していきます。

忖度の意味とは?わかりやすく解説

忖度
=相手の感情を推し量る

忖度とは「相手の感情を推し量る」という意味です。簡単に言うと相手の気持ちを予測することです。

しかし最近では、2017年の森友・加計学園問題のニュースで使われることが増え「直接指示したわけではないが、それに近しい動きがあった」などというネガティブな意味で使われることもあります。

つまり、元々は「相手の気持ちを推し量る」と言う意味だった「忖度」が「上司や権力者の意向を汲み取り媚びへつらう」といった意味に変わってしまいました

スポンサーリンク

【例文】
忖度の使い方を紹介

忖度の例文
  • 相手の気持ちを忖度して、何も言わなかった
  • 社長の意見を聞き、忖度して行動した
  • 親を亡くしたの彼女の気持ちを忖度する