絶対に失敗しない退職代行の選び方!明日確実に辞められる

最近噂の退職代行。明日にでも会社を辞められると評判です。

特にブラック企業は辞める時も大変なので、退職代行に頼りたくなりますよね。
私も会社に寝泊まりするほどのブラック会社に務めており、退職するまでに本当に時間がかかりました(今思うと、もっと早くやめればよかった…)

でも「本当に退職代行って失敗しないの?」と気になるはずです。

そこで本記事では、以下のことを徹底解説!

  • 退職代行で失敗することはある?
  • 失敗パターン解決策
  • 失敗しない退職代行会社の選び方

読むと退職代行への不安がなくなり、前へ進むことができますよ!
ぜひ最後まで読んでくださいね。

 

 

退職代行で失敗することはほぼない!成功率100%

そもそも、退職代行で失敗することはあるのでしょうか?
代表的な退職代行サービスの成功率を見ていきましょう。

(退職代行SARABA 公式HPより引用)
多数のご依頼をいただきましたが、退職成功率はほぼ100%です。

>>退職代行SARABAの詳細

 

(退職代行ニコイチ 公式HPより引用)
退職成功率100%継続中。累計4,000人の退職に成功。

>>退職代行ニコイチの詳細

 

(退職代行EXIT 公式HPより引用)
数百件のご相談に対応させていただきましたが、退職できなかったケースというのは今までに一件もありません。

 

(退職代行コンシェルジュ 公式HPより引用)
数々のご相談に対応させていただきましたが、退職できなかったことは一件も御座いませんのでご安心ください。

 

(退職代行サービスリスタッフ 公式HPより引用)
これまで多数のご依頼を頂きましたが、退職が成功した確率は100%です。

 

上記で紹介した業者では、退職成功率ほぼ100%です。

「ほぼ100%」と言っても、残りの数%が失敗した訳ではありません。依頼者自身が退職ではなく休職を希望したため、退職成功率に含まれていないのです。

これについては退職代行SARABAさんに直接取材して、すべて包み隠さず話して頂きました。興味のある方は、そちらの取材記事もぜひ参考にしてください。

なぜ退職代行は失敗しないのか?会社は2週間で合法的に退職できる

退職成功率がほぼ100%なのはわかっても、なぜ失敗しないのか気になりますね。

その理由は、法律で「会社は2週間で合法的に退職できる」と決まっているからです。

(民法627条引用)
当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申し入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申し入れの日から2週間を経過することによって終了する。

民法では「退職の意思を伝えてから2週間後に会社を辞められる」と定められています。
なので、きちんと手順を踏めば、失敗することはないんです。

また、就業規則で「退職は1か月前に申し出る」とあっても、従う必要はありません。なぜなら、就業規則や労働契約よりも、民法の方が優先順位が上と決められているからです。

さらに、退職までの2週間は有給休暇を取得すればOK!
退職届を提出したその日から、2度と出社しなくても済むんです。

有休がなくても、退職日まで欠勤する旨を伝えると「では本日付けで退職にしますか」と話がまとまることがほとんどです。

その結果、即日退職となります。

さらに詳細は下の記事で解説しているので、参考にしてみてください。

退職代行で考えられる4つの失敗パターンと解決策

成功率100%と言われても、本当に大丈夫なのか不安ですよね。

そこで、想定される失敗ケースを4つ紹介します。もちろん解決策もあるので、小さな不安も徹底的に排除しましょう!

失敗パターン1.会社から損害賠償請求される

退職代行を利用して、会社から訴えられたり、損害賠償請求をされたら、成功とは言えないですよね。
でも、実際に訴えられることはありません。万が一訴えられてもお金を払う必要はないので安心してください。

労働基準法にも定められています。

(労働基準法第16条)
使用者は、労働契約の不履行について違約金を定め、又は損害賠償額を予定する契約をしてはならない。

労働契約に違約金や損害賠償を定めること自体が禁止されています。

また、実際に裁判を起こすには、損害の証拠も必要で手間がかかります。会社も本気で訴えるつもりはなく、ただの脅しで言っているのです。

ちなみに退職代行SARABAさんに直接聞いたところ「今までに実際に訴えられたことは1度もない」と回答いただきました。

失敗パターン2.会社が退職を認めない

もし退職できなかったら、退職代行失敗ですね。

でも、大丈夫です。前述の民法627条にあるように、退職の意思を告げて2週間後には辞めれるんです。
会社が了承していなくても、退職できます。

自分ひとりで退職届を提出したら、会社に説得されて退職できないこともあるかもしれません。

でも代行業者が法律に沿って手続きする以上、「会社が認めないから退職できない」ということはありません。
そのための退職代行サービスですから、安心して任せましょう。

スポンサーリンク

失敗パターン3.退職代行の料金が予算超過

無事に退職はできても、予算を超えて高額になったら、成功とは言いづらいです。

後から金額が増える原因は、オプションです。最初に価格を確定させないと、オプション利用でどんどん料金が上がる場合があります。

この解決策は、オプション費用なしの代行サービスを選ぶことです。

失敗パターン4.依頼した退職代行業者が優良ではない

ここまで説明した失敗パターンは、きちんとした代行業者なら、解決できる内容です。

逆に言うと、依頼した業者が悪質だったり経験が少ないと、失敗につながります。

退職代行で失敗しないためには、とにかく業者選びが重要です!
後述の「失敗しない業者の選び方」を参考にして、優良な代行業者に依頼しましょう。

 

退職代行で失敗したら費用はどうなる?

万が一失敗したら、退職代行の料金はどうなるのでしょう?

退職代行の中には、退職できない場合に返金保証が付いてる業者もあります。ただし、すべての業者が返金保証をしているわけではありません。

成功率ほぼ100%とは言っても、返金保証がないとやはり不安ですよね。依頼する時には、保証付きの代行業者を選びましょう

退職代行で失敗しない業者の選び方

ここまでの失敗パターンや解決策をふまえると、次のような代行業者を選べば良いことがわかります。

  • 成功率ほぼ100%の退職代行業者
  • 返金保証のある退職代行業者
  • オプション料金のない退職代行業者
  • 法律の専門家(弁護士や行政書士など)がいる退職代行業者

どれだけスムーズに退職できても、代行業者の行為に違法性があったら大変です。
そういう意味で、法律の専門家に監修を受けていることは重要。

 

一番オススメは退職代行SARABA!


「明日にでも会社を辞めたいけど、退職代行で絶対に失敗したくない!」そんな人におすすめなのが「退職代行SARABA」です。

  • 成功率ほぼ100%
  • 退職できなかったら全額返金保証がある
  • 全部コミコミで3万円、オプション料金なし
  • 行政書士がいるので違法性なし
  • 依頼して即日退職できる

退職代行で失敗しない条件を、すべて満たしているんです!「失敗したらどうしよう」という心配は不要。安心して明日辞められますよ。

SARABAさんは電話取材にも対応してくれたとても親切な会社です。

退職代行を考えている人は今すぐ、SARABAに連絡しましょう!

 

 

【実績14年】ニコイチ

料金28,000円
対応時間7:00~22:00
支払い方法銀行振込
クレジットカード
返金保証あり
特徴
  • 創業14年の老舗
  • 業界最安値の28,000円
  • 退職成功者4000人突破
  • 心理カウンセラー在籍

創業14年の老舗です。日本で一番はじめに退職代行サービスを行っており、今までに4000人以上の退職を代行。
心理カウンセラーの方が相談に乗ってくれたりと手厚いサポートが特徴です。

対応時間が7時〜22時ですが、業界最安値の28,000円はとても魅力的。

SARABAさん以外にも退職の神様の記事「【全35社】おすすめの退職代行業者を徹底比較!」にて、数多くの退職代行会社が紹介されています。ぜひ参考にしてみてください。

【比較】退職代行おすすめランキング!25社を徹底調査してみた

ライター:MACAH

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。