【体験談】京都でのUber Eats(ウーバーイーツ)配達ガイドをまとめた

こんにちは!京都在住のワカジツと申します。

京都でも最近スタートした「Uber Eatsの配達パートナー」を体験してきました!隙間時間に稼働できるということで、ずっと前から気になっていたんですよね。

そして、実際に何回か配達し、京都の状況がわかってきました。

  • Uber Eats京都はどれくらい報酬が貰えるの?
  • どのようなお店が登録されているの?
  • 注文は入りやすい?

こんな疑問点について体験談で詳しく解説します。

Uber Eatsの配達パートナーを京都でやってみたい!」という方はぜひ参考にしてみてください!

【1000円クーポンコード配付中】
↓↓↓
「ins6j15tt」

上のクーポンコードを入力すると初回の料金がなんと1000円OFFランチがほぼタダで食べれてしまうのでおすすめです。

ぜひ一度Uber Eatsを体感してみてください。
>>1000円OFFでUber Eatsを使ってみる

Uber Eats(ウーバーイーツ)の概要を30秒で解説

【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム
僕の体験談を紹介する前にUber Eatsの概要を30秒ほどでサクッと解説します!

仕事内容は飲食店からお届け物(ご飯)を預かって、お客様にお届けするだけです。

シフトは無く、配達したいときにアプリを起動して、やめたいときにアプリを終了してOK!本当にめちゃくちゃ自由です。

配達距離に応じて報酬が支払われるシステム。
また、雨の日や忙しい時間帯(昼食・夕食どき)は報酬がアップするなど嬉しい特典も用意されているようです。

面接はなく、説明会に参加すればすぐにスタートすることができます。

  • 好きな時に好きなだけ配達できる
  • 報酬が週振り込み(日曜じめ、水曜~金曜日まで振り込み)
  • 変な人間関係はなく1人で黙々と配達できる
  • 利用するお客さんはリテラシーが高いので、クレーマーに遭遇することがほとんどない

 

 

京都でUber Eats(ウーバイーツ)の配達を実際にやってみた

さっそく説明会にてUber Eatsの登録を済ませ、そのまま配達に出かけました。

まずはUber Eatsのアプリを起動し、オンライン状態にします。
この状態で待機しているとお店からの配達依頼が届きます。了承するか拒否するかを選ぶことができます。

お店は松屋やマクドナルドといったファストフード店や、和菓子や京料理やといった京都ならではの店舗が登録されています。

ぼくが最初に配達した店は、京都の中心街にあるベトナム料理店でした。

配達の通知を受け取ると、そのお店までのナビが表示されるので、お店に向かいます。

しかしここで注意点が……

登録時にも説明されるのですが、京都市には「自転車通行禁止エリア」があります。

禁止区域は、市街地の中心部を十字に通っているのでめちゃくちゃ不便です。あらかじめ迂回路をチェックしておくと効率よく進めるかと思います。

 

ということで、ベトナム料理店に到着しました!

お店まではナビで案内してくれるので、土地勘が無くても全く問題ありません。

お店に入り「こんにちは、ウーバーイーツです!」というと、カウンターの方が注文番号を読み上げます。

アプリに表示されている番号と差異が無ければ、商品を受け取って終わりです。お店の人も慣れているので、ものの1分でやり取りは完了しました。

そのあとは表示された住所に配達し、全ての任務完了です!

▲実際のアプリの画面

余談ですが今回は、ベトナム料理屋のベトナム人から引き取って、外国人に配達するというミッションでした。

日本人と一言も話さずに終わりましたが、特に言葉が通じなくて困ることもなかったです!

このあと3件ほど訪問し、配達を終了しました。

18時~という食事どきだったからか、配達依頼は多かったですね。

合計4件(2時間)で、1,261円の報酬でした!(報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なります。)

 

京都での配達を終えた正直な7つの感想

 

1.空いてる時間にすぐに配達できるので、効率が良い

Uber Eatsはアプリを起動するだけで、すぐに配達を始められます。他のアルバイトだと最低でも前日には申請してないとダメだし、予定調整が難しいですよね。

Uber Eatsなら仕事終わりで体力に余裕があるときとかにサクッと配達できます。

自宅が配達エリアに入っていると自宅待機もできるので、隙間時間を効率よく埋めたいという方にはうってつけです!

2.運動不足解消になる

ぼくは普段は在宅ワークなので、特にこの点が魅力に感じました。運動しながらお金も貰えるってすごく効率がいいですよね。

休日にダラダラと家で過ごすくらいなら、運動がてらUber Eatsで配達しちゃいましょう。

3.好きな服装・髪型で配達

Uber Eatsには服装や髪型の規定が無いので、他のアルバイトのように接客のために髪色を変えたり、制服を着たりする必要がありません。

なるべく動きやすい服装のほうがいいのはもちろんですが、わざわざ着替えを取りに帰る必要もないのですぐに配達を始められます!

4.自転車に付けるスマートフォンホルダーは必須

配達している中で一番非効率に感じたのは「ナビを確認する時間」なので、スマートフォンホルダーは用意しておいた方がいいですね。

ぼくは真冬に配達したのですが、

  1. 手袋を外す
  2. スマホをポケットから取り出す
  3. 道を覚える
  4. スマホをしまう
  5. 手袋をつける

という工程を配達中に何度も繰り返しました。

わざわざ途中で止まらないといけないし、寒いしでかなり非効率だったので、簡易的に使えるホルダーを用意するとより効率よく配達できます。

5.インセンティブは使いこなしたほうがいい

ぼくはブースト無しの状態で2時間配達し、1,261円という報酬でした。(報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なります。)

Uber Eatsで報酬を上げるためのコツとして、インセンティブというものがあります。

インセンティブとはは、配達エリアや時間、天候によって報酬がアップする制度です。

これを使うと報酬が単純に1.5倍近くになることもあるので、うまく使いこなしたほうがいいですね、

ぼくが配達したケースでも、1.5倍のブーストがかかれば時給900円なので、普通に働くくらいには稼げるようになります。

特に京都駅周辺は1.7倍~1.8倍と、ブーストの割合も高かったです。

また「10件配達すれば追加で2,000円貰える」というようなタイプのインセンティブもあります。常に発生しているわけではなく、雨の日や土日などの配達パートナーの少ない日にメールが届きます。

※報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なります。今回紹介したのはあくまでも一例です。

6.配達先が表示されないのは少し不便

プライバシー保護のためか、配達依頼が来た時は、お店の場所しかわからないようになっています。つまり、お店からお客さんの自宅までの道は、お店に行ってみないとわからないんですよね。

「自宅が北の方だから、北に向かう仕事を受けたい」という使い方はできません。

家と逆方向に配達すると、自転車をこぐ量が増えるので余計に疲れます・・・

スポンサーリンク

7.電動自転車が無いと長時間はツライ

自転車で運動不足を解消できるとはいえ、ずっとこぎ続けるのはさすがに辛いです。いくら自由度が高いとはいえ、自転車自体が嫌になってしまったら元も子もありません。

長期的にガッツリ報酬を貰いたいという場合は、電動自転車での稼働をオススメします。

電動自転車は買うにせよレンタルするにせよ高級ですが、坂道でも疲れずラクラクなので、稼働時間を伸ばしたい方は検討してみてください。

 

 

京都のレンタル自転車3選

Uber Eatsを始めたいけど、自転車を持っていないという方もいらっしゃいますよね。そこでこちらでは、京都市内で自転車を借りられる場所についてまとめました。

PiPPA京都

PiPPAは、京都市内のPiPPA専用駐輪ポートであればどこでもレンタル・返却ができるレンタサイクルサービスです。

注文が来やすい京都駅周辺で借りて、配達先の近くで返却して自宅へ帰るといった使い方ができます。

1次利用は30分100円で、月額だと1カ月1,500円~で毎回30分だけ無料です。

月額だと15日以上使わないと元が取れないので、副業としてやるなら一時利用でも問題ないかと思います!

店舗名:PiPPA
住所:京都市内全域(詳細はURLをご確認ください)
URL:https://pippa.co.jp/kyoto/

京都ちりんちりん

こちらは電動自転車を配達してもらうことができるレンタルショップです。

京都駅や四条周辺での乗り捨てが可能なので、配達を終えた後にお店まで返しに行く必要はありません。

レンタル料は電動付きで1日1,900円+乗り捨て料200円、通常の自転車で1,000円~利用可能です。

店舗名:京都ちりんちりん
住所:京都府京都市上京区和水町439-19
URL:http://www.chirin2.com/

京都 eco トリップ

こちらは京都駅から徒歩4分の所にあるレンタルショップです。

通常の自転車なら800円~。電動自転車なら1,800円でレンタルできます。利用時間は9:00~18:00で、夜間利用(~22:00まで)するのであれば+400円が必要です。

自転車の配達、引き取り対応もしているので、短期間の配達に適しています。

 

店舗名:京都 eco トリップ
住所:京都市南区東九条室町58番地(本店)
URL:https://kyoto-option.com/

京都での配達エリアを紹介

Uber Eatsu京都の配達エリアは、京都市内6区(北区・上京区・中京区・左京区・下京区・東山区)です。

この中でも、京都駅や河原町駅がある下京区、二条城などの観光客が多い中京区が活発で、注文も入りやすいです

ちなみにぼくは上京区に住んでいるのですが、上京区の自宅だと30分経っても配達依頼が来ないこともありました。

駅前なら10分くらいで依頼が来るので、配達で多く報酬を貰うなら、市街地で待機するようにしてみましょう。

京都にはどんなお店がある?

Uber Eatsで配達可能なお店を一部紹介します!

  • マクドナルド
  • ケンタッキー
  • モスバーガー
  • 上島珈琲店
  • 京都ならではの和食・和菓子店

などなど。有名チェーン店が中心です。

全て綺麗に密封された容器で渡されるので、配達中にこぼれてしまうというリスクも少ないため、安心して配達できます。

京都でUber Eatsを登録する手順をわかりやすく解説

ウーバーイーツバイトの登録方法

最後にUber Eatsの説明会と登録法について紹介します。

STEP.1
5分で完了!Webから登録

ウーバーイーツバイトの登録画面

まずはWebページから登録を済ませましょう

以下の項目を入力しましょう

  • 氏名
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 配達予定の都市の設定
  • 本人確認書類のアップロード

本人確認書類のアップロードを求められ、この承認に少々時間がかかります。しかし、説明会に本人確認書類を持参すれば承認されるのを待つ必要はありません!

Webでの登録が済めば明日からでも説明会に参加できます!

STEP.2
パートナーセンターに行く前の準備

メールにて登録後、パートナーセンター(各都市にあります)にて本登録をします。持ち物は以下の通りです。

  • 写真付きの身分証明証
  • スマートフォン
  • キャッシュカード、通帳(振込先情報の確認のため)

この時に配達用のカバンも受け取るので、説明会後に予定を入れていたり、大荷物での参加はあまりおすすめしません。

※登録後にメールで最寄りのパートナーセンターの場所が届きます。念のため下記にも全国のパートナーセンターの所在を紹介しておきます。

STEP.3
パートナーセンターにて本登録

パートナーセンターにて、いよいよ本登録です。

  1. Uber Eatsの説明(ビデオ)
  2. アプリの操作方法の説明
  3. プロフィール写真の説明
  4. 配達バッグを受け取る

ここまで終了したら、登録完了です。すぐに配達をスタートすることができます!

 

京都のUber Eatsパートナーセンターの詳細

住所京都市下京区金換町109-1
最寄駅京都駅(徒歩10分)
営業時間木〜土
12:00〜19:00
登録>>Uber Eatsの登録はこちら

 

京都駅の方から歩いてくると看板が小さくてわかり辛いのですが、右の白い建物がUber Eatsのサポートセンターです。

 

前のピンクの布幕を目印にしてください。
こちらを右に曲がると会場の入り口があります。暗いとわかり辛いので、行く際は通り過ぎないように注意してくださいね!

 

 

【1000円クーポンコード配付中】
↓↓↓
「ins6j15tt」

上のクーポンコードを入力すると初回の料金がなんと1000円OFFランチがほぼタダで食べれてしまうのでおすすめです。

 

ぜひ一度Uber Eatsを体感してみてください。
>>1000円OFFでUber Eatsを使ってみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。