Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達を女性の私が不安ながら挑戦してみた

はじめまして!女性配達パートナーのみさきです!
Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達に興味がある女性も多いと思いますが、やっぱりちょっと不安ですよね…

  • 体力的に女性でも大丈夫か不安
  • 怖いお客さんとかいないかな
  • ちゃんと配達できるかな?難しそう…

そこで、今回は全く運動しない&方向音痴の女性の私がUber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの体験談を紹介します。

女性でUber Eats(ウーバーイーツ)の配達に興味がある方はぜひ参考にしてみてください!

Uber Eats(ウーバーイーツ)の概要を30秒で解説

【a】Uber Eats 宅配ドライバープログラム
私の体験談を紹介する前にUber Eatsの概要を30秒ほどでサクッと解説します!

仕事内容は飲食店からお届け物(ご飯)を預かって、お客様にお届けするだけです。

シフトは無く、配達したいときにアプリを起動して、やめたいときにアプリを終了してOK!本当にめちゃくちゃ自由です。

配達距離に応じて報酬が支払われるシステム。
また、雨の日や忙しい時間帯(昼食・夕食どき)は報酬がアップするなど嬉しい特典も用意されているようです。

面接はなく、説明会に参加すればすぐにスタートすることができます。

  • 好きな時に好きなだけ配達できる
  • 報酬が週振り込み(日曜じめ、水曜~金曜日まで振り込み)
  • 変な人間関係はなく1人で黙々と働ける
  • 利用するお客さんはリテラシーが高いので、クレーマーに遭遇することがほとんどない

 

 

女性の私が初めてのUber Eats(ウーバーイーツ)の配達に挑戦

説明会で受け取った、ちょっと派手めな配達バッグを背負って配達に向かいます。

「こんな派手なバックで電車に乗るのは嫌だなぁ〜」と思いましたが心配ご無用!
バックは折りたたみが可能です。さらに付属の黒い雨よけカバーをつければあまり目立つことなく移動できます!

さっそく、日曜日の六本木に移動しアプリをオンラインにして配達依頼を待ちます。

配達1件目スタート!30分待って初の依頼が!

▲待機中のアプリ画面。地図に自分の場所が表示されます。

Uber Eatsはランチタイム(11時〜13時)とディナータイム(18時〜21時)が一番注文が多いと言われています。

今回は15時前からスタートしたのでなかなか配達依頼が来ません。しかし30分ほど待ってようやく初の配達依頼が来ました!

配達依頼が来ると現在地から何分のところにあるお店なのか表示されます。ただ自転車もバイクも同じ時間が表示されるのであくまで目安とのことでした。

もし、配達を終わりにしたいタイミングで依頼が来ても拒否することができますし、悪い評価などに繋がることもありません。

今回はもちろん依頼を受けます。早速お店にGO!

お店に到着!アプリがGoogleマップと連携しているので迷う心配なし

記念すべき初の配達のお店は、現在地から3分ほどのところにあった「神の赤肉はなれ」という高級そうな焼肉屋さん。

六本木に疎い私でしたが、迷うことなく到着!Uber EatsのアプリはGoogleマップと連携しているので、とても方向音痴の私でもしっかりお店にたどり着けました。

案内に従って無事にお店にたどり着くことができました。

営業時間前のようで準備中の札がかかっていましたが、恐る恐る階段をくだり、店員さんに「Uber Eatsです」と伝えると注文番号を聞かれました。

アプリの画面を見せて注文番号を確認してもらい、袋に入ったお弁当のようなものを渡されてお店とのやり取りは終了です!

Uber Eatsです」と「ありがとうございます」しか言っていないので、接客が苦手な人でも問題なさそうです。

商品を注文者のお家へ配達

▲配達終了後のアプリ画面

お弁当をバッグにしまい、次は注文者の方に商品を届けます!
再びGoogleマップと連携をして地図を表示。これで注文者の家の場所と距離がわかります。

日曜日の六本木を自転車で駆け抜け、注文者の家に到着。商品を渡して無事に1件目の配達完了です!

注文者は40代くらいの優しそうな女性でした。周りがオフィス街で近くにスーパーがないので毎週土日は使っているとのことでした。

配達が終わるとその分の報酬がすぐにアプリ上に表示されます。今回の私の報酬は578円でした。(報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なります。)

続けて2件目の配達にも挑戦

無事に1件目の配達を終え「次の配達をこのあたりで待つか、移動しながら待つかどうしようかな~」と考えていると、すぐに次の配達依頼が来ました。

2件目で依頼が来たのはHOOTERSというド派手なお姉さんが看板のお店。料理を受け取りに行くと「来た~!早く来ないかなって待ってたよ〜!」と歓迎されました笑

料理を受け取り、自転車を走らせ注文者の元へ行くと、なんと男性の外国人のお客様でした!

商品を渡してぎこちない「Thank you」を言い、商品を渡して終了。ふくよかな男の方だったので、きっと日頃からをUber Eatsを使っているのでしょう(失礼)

「せっかくチアリーダーの可愛いお姉さんがいるので、お店に行った方がいいのでは…?」と余計なことを思っていたら、すぐにまた次の配達依頼が来ました。

3件目の配達は少し離れて市ヶ谷駅周辺

六本木からスタートしたのに、いつの間にか市ヶ谷にいました。

お次の依頼はなんとマクドナルドです!

最初にちょっと恥ずかしいなと思っていた派手めなバッグも、この頃には「Uber Eatsの配達してますけど?」というくらいのドヤ顔で背負えるようになっていました笑

しかも、配達中などに他の配達パートナーの人と会うと、挨拶するほどの仲間意識が生まれました。

すっかり暗くなってきた市ヶ谷を走り抜け注文者の元へ行くと、驚くことに3件目の注文者の方も外国人の方でした。(めっちゃイケメン)

これで無事に約2時間で3件の配達が終了しました!

 

 

Uber Eatsの配達は女子でも心配なし!怖がらずに挑戦しよう!

▲疲れ切った顔を盛れるアプリで誤魔化そうとした私

  • 体力的に女性でも大丈夫か不安
  • 怖いお客さんとかいないかな
  • ちゃんと配達できるの難しそう…

こんな不安を抱えている女性も多いと思いますが、心配いりません!

今回の体験談を元に1つづつ解説していきますね!

1.確かに疲れるけど無理なレベルじゃない!

今回はレンタルの電動自転車を使ったので、体力的にはかなり余裕で配達できました。

しかし、普通の自転車での配達となると坂が多い道だと結構しんどいですね。「早く届けなきゃ!」という気持ちにもなるので、普段よりも疲れるかも。

ただし、先ほども紹介した通り配達依頼はキャンセルすることもできます。ひっきりなしに配達しなければいけないわけではないので、疲れたらアプリをオフにして休憩すればOKです。

体力面で不安な方も休みながら自分のペースで配達できます。

2. お客さんは優しい…!リテラシーが高い人ばかり

これはもともと噂で聞いていたのですが、Uber Eatsのお客さんは基本的にリテラシーが高い人が多いです。まだまだ新しいサービスですし、お値段も少し高めですからね。

なので、クレームなどもほとんど起きないようです。

実際に私が配達したお客さんも優しそうな方が多かったですよ。と言っても、ほとんど会話はしないので、あまり気にする必要もないかもしれません。

3.方向音痴でも大丈夫!Googleマップと連携

先ほども紹介しましたが、Uber EatsのアプリはGoogleマップと連携しています。なので、方向音痴の私でもしっかり配達することができました。

また、もし道に迷ったり建物がわからなかった時は、注文者に直接電話やメッセージで問い合わせることもできます。

本当にいざとなったら、Uber Eatsのサポートセンターに連絡すれば助けてくれるので大丈夫ですよ!

 

 

2時間で3件の配達!気になる報酬額は…?

気になる今回の報酬額は…
約2時間で3件の配達をしての1,612円です!
報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なるのであくまで目安として参考にしてください。

慣れてきたり、ランチタイムなどのピークの時間に配達するともっと短時間でたくさん回れるのではないかと思います。

スポンサーリンク

 女性の私がUber Eats配達パートナーに感じた6つのメリット

1.働きながら運動をすることができる

ダイエットや健康のために運動したいけど、ジムに通うのは面倒くさい…という女性にはUber Eatsの配達は超オススメです。

ジムに通うにはお金がかかりますが、Uber Eatsで配達すれば逆に報酬をもらいながら運動することができちゃいます。

2.好きなときにできて、好きなときに休めるから急用にも対応しやすい

Uber Eatsは空いている時間にアプリをオンラインにすればいつでも仕事を始めることができます。逆にアプリをオフにすれば好きなときに休むこともできます。

そのためお子さんが学校に行ってる時間だけ使いたい主婦の方にもおすすめ。
シフト制のバイトとは違って休みたいときに休めるので、お子さんの急な体調不良にもすぐに対応できます。

大学生の方も授業が始まるまでの時間や空きコマで配達をして、反対にテスト前はしっかり休んで勉強に専念することもできますね。

3.服装や髪型が自由

これは特に女性に嬉しいポイントなのではないかと思います。

ダサい制服だとモチベーションも下がりますよね。
また「髪を染めたいけど、職場で禁止されているから染められない」ということを経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか。

Uber Eatsはもちろん接客の部分もあるので綺麗な服装という規定はありますが、細かい服装や髪色、ネイルなどの指定はありません。

おしゃれを楽しみたい女性にもおすすめです!

4.週振り込みなので急にお金が必要なときも対応できる

「急なデートの予定が入ったから美容院に行きたいけど、そんな余裕ない…」
「セールでたくさん買い物しちゃった」
「給料日前なのに外せない女子会があるの忘れてた!」

Uber Eatsは週払いなので、こういういうときにもすごく助かります。配達する時間も自分で選べるので、空いている時間に必要な分だけ行うこともできます。

5.人間関係に悩まないのでストレスフリー

「今日はあの人と一緒のシフトだから嫌だな…」となった経験はありませんか?

Uber Eatsは基本的にお店の人とは商品を受け取るだけ、注文者には渡すだけなので変な人間関係ができてしまうことはありませんし、優しい人ばかりでした。

人見知りで新しい環境が苦手という方にもオススメです。

6.知らなかったお店を知ることができる

Uber Eatsは誰もが知るチェーン店から地元の個人店まで、たくさんのお店が掲載されています。

女子会やデートに使えそうな素敵なお店を知るきっかけになるかもしれません。

 

女性の私がUber Eats配達パートナーに感じた3つのデメリット

1.電動自転車じゃないと長時間勤務や坂が大変

私は電動自転車を使って配達したのですが、普通の自転車だと厳しいかなと思いました。

電動自転車を持ってないと思う方も多いと思いますが、Uber Eatsでは月4000円で電動自転車の貸し出しもしています。

好きな場所から借りれて、好きな場所に返却できるのですごく便利です。

今回初めて電動自転車を使ったのですが、坂がびっくりするほど楽に登れるし、漕ぎ出しも勢いがつく素晴らしさに感動しました…!

2.日焼けする可能性がある

ずっと外にいることになるので、夏の昼間などは日焼けしてしまう可能性があります。

日焼けが気になるという人は夏場は避けたり、日が落ちた夜にやるのがおすすめです。

3.配達待ちの時間が手持ち無沙汰になる

私が最初の30分ほど依頼が来なかったように、配達待ちの状態でもすぐに依頼が来なくて手持ち無沙汰になってしまう可能性があります。

今回はランチタイムを過ぎてから始めてしまったというのもありますが、暇な時間を作りたくないという方は不向きです。

短時間でたくさん配達したいという方は需要の多いランチやディナーの時間を狙ったり、都内で配達するのがいいと思います。

Uber Eats配達パートナーはこんな女性におすすめ

  • 効率よく運動したいという方
  • 隙間時間を活用したい方
  • スケジュールが不規則な方
  • 飲食店の開拓をしたいという方
  • 新しい環境で人間関係を築くのが苦手という方
  • あまり接客をしたくないなという方

時間、場所、服装、これらが全て自由なバイトなんて他にほとんどないのではないでしょうか…?

「女性の配達パートナーを初めて見た」と言われたり、配達中に見かけた人は全員男性だったように、Uber Eatsの配達パートナーはまだまだ男性の方が多いみたいです。

しかし最近は説明会に来る方の3分の1は女性だそうで、女性の配達パートナーも増えているようです。(説明会にも何人か女性の方がいました)

Uber Eatsの配達パートナーは女性でも活躍できるお仕事です。
説明会に行けばすぐに開始できて、やっぱり違うかもと思ってもすぐに辞められるので気になった方はぜひ始めてみてくださいね!

 

Uber Eats配達パートナーの登録方法について

ウーバーイーツバイトの登録方法

最後にUber Eatsの説明会と登録法について紹介します。

STEP.1
5分で完了!Webから登録

ウーバーイーツバイトの登録画面

まずはWebページから登録を済ませましょう

以下の項目を入力しましょう

  • 氏名
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 配達予定の都市の設定
  • 本人確認書類のアップロード

本人確認書類のアップロードを求められ、この承認に少々時間がかかります。しかし、説明会に本人確認書類を持参すれば承認されるのを待つ必要はありません!

Webでの登録が済めば明日からでも説明会に参加できます!

STEP.2
パートナーセンターに行く前の準備

メールにて登録後、パートナーセンター(各都市にあります)にて本登録をします。持ち物は以下の通りです。

  • 写真付きの身分証明証
  • スマートフォン
  • キャッシュカード、通帳(振込先情報の確認のため)

この時に配達用のカバンも受け取るので、説明会後に予定を入れていたり、大荷物での参加はあまりおすすめしません。

※登録後にメールで最寄りのパートナーセンターの場所が届きます。念のため下記にも全国のパートナーセンターの所在を紹介しておきます。

恵比寿

住所東京都渋谷区恵比寿1-25-1
NAGAHAMAビル 5F
最寄駅恵比寿駅(徒歩7分)
営業時間月〜日(祝日含む)
12:00〜19:00
登録>>Uber Eatsの登録はこちら

 

秋葉原

住所東京都千代田区神田須田町2-1-1
ザ・パークレックス神田須田町 4F
最寄駅秋葉原駅(徒歩5分)神田駅(徒歩5分)
淡路町駅(徒歩4分)岩本町駅(徒歩4分)
営業時間月〜日(祝日含む)
12:00〜19:00
登録>>Uber Eatsの登録はこちら

 

新宿

住所東京都新宿区西新宿7-9-16
西新宿メトロビル 3F
最寄駅新宿駅(徒歩7分)
営業時間月・火・木・金・土(祝日含む)
12:00〜19:00
登録>>Uber Eatsの登録はこちら

 

横浜

住所神奈川県横浜市中区弁天通4-53-2
DOMONビル4階A
最寄駅馬車道駅(徒歩4分)関内駅(徒歩7分)
営業時間月・水・土(祝日含む)
12:00〜19:00
登録>>Uber Eatsの登録はこちら

 

心斎橋

住所大阪市中央区南船場4-4-21
りそな船場ビル604
最寄駅心斎橋駅(徒歩2分)
四ツ橋駅(徒歩6分)
営業時間月〜日
12:00〜19:00
登録>>Uber Eatsの登録はこちら

 

京都

住所京都市下京区金換町109-1
最寄駅京都駅(徒歩10分)
営業時間木〜土
12:00〜19:00
登録>>Uber Eatsの登録はこちら

 

神戸

住所神戸市中央区琴ノ緒町5-4-8
TKP三宮ビジネスセンター
最寄駅JR三ノ宮駅(徒歩3分)
営業時間木〜土
12:00〜19:00
登録>>Uber Eatsの登録はこちら

 

名古屋

住所愛知県名古屋市中区栄1-5-8
藤田ビル 2階
最寄駅伏見駅(徒歩1分)
営業時間月・火・木・金・土
12:00〜19:00
登録>>Uber Eatsの登録はこちら

 

福岡

住所福岡市中央区天神1-10-13
天神MMTビル6F
TKP天神カンファレンスセンター
最寄駅天神駅(徒歩1分)
営業時間月・火・木・金・土
12:00〜19:00
登録>>Uber Eatsの登録はこちら
STEP.3
パートナーセンターにて本登録

パートナーセンターにて、いよいよ本登録です。

  1. Uber Eatsの説明(ビデオ)
  2. アプリの操作方法の説明
  3. プロフィール写真の説明
  4. 配達バッグを受け取る

ここまで終了したら、登録完了です。すぐに配達をスタートすることができます!

 

 

ライター:みさき

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。