【必見】UdemyでJavaを学習するメリット4選とおすすめ講座10選

「JavaをUdemyで勉強したい」
「どの講座がおすすめなのかがわからない」
「お得に講座を購入したい」
などと考えていませんか?

Javaは、世界中の基幹システムで使われているプログラミング言語です。
多くの現場で使われており、MacでもWindowsでも使える高い汎用性があります。

UdemyにはJavaに関する講座が数多く存在するため、どれを選べばいいのかが分かりづらいですよね。

そこでこの記事では、

  • JavaをUdemyで学習するメリット
  • UdemyのおすすめJava講座
  • Udemyでお得に講座を購入する方法

について解説します。ぜひこの記事を最後までお読みいただき、UdemyでJavaの学習を始めてみてください!

UdemyでJavaを学習するメリット4選


Javaを学習する方法はたくさんあり、書籍やウェブサイトなど選択肢は様々です。その中でも、多くの人がUdemyでJavaを学習しています。

ここでは、UdemyでJavaを学習するメリットを4つ紹介します。

  1. 動画形式で理解しやすい
  2. 手を動かしながら学べる
  3. 質問ができる
  4. 30日間返金保証がある

それでは解説します。

1. 動画形式で理解しやすい

Udemyの講座は、動画形式であることが大きな特徴です。本でJavaの勉強をしたけど理解できなかったという人には、Udemyの動画講義はおすすめです。

UdemyのJava講座では、講師が実際にコーディングしながら解説してくれます。
コードを文字で読むのと実際のコーディングを映像で見るのでは、理解度が全く違うでしょう。

Udemyの講座は買い切り型で、自分が理解できるまで何度でも視聴可能です。動画をダウンロードしてオフラインでも見られます。

Javaを始めとしたプログラミング学習は、途中で挫折する人が多いです。
ところがUdemyでは動画でわかりやすく学習できるので、初心者や以前に勉強して挫折した人にもおすすめです。

2. 手を動かしながら学べる

UdemyのJavaを始めとしたプログラミング講座は、実際に手を動かしながら学ぶことが特徴です。
わかりやすい動画講義を受講しても、適切にアウトプットをしなければ知識が定着しません。

Udemyの講座は講師が手本を示しつつ、自分でもコードを真似しながら手を動かして学ぶ構成になっています。
またいくら勉強をしても、自分でコードを書くという最初の一歩を踏み出すにはハードルがあるものです。

Udemyの講座は、動画を見ながら自然とコードを書く構成になっているのでおすすめです。

3. 質問ができる

Udemyは動画再生ページにQ&A投稿欄があるので講師に質問できますこの点が、UdemyでJavaを学習する大きなメリットです。

質問フォームから文章で質問が送れるので、対面で質問することが苦手な方も心配ありません。
また過去の受講生の質問と講師からの回答を参照することもできます。

自分が持っている疑問の解決方法が見つかることもあるので、確認してみましょう。

4. 30日間返金保証がある

Udemyには、購入後30日間の返金保証があります。途中まで学習してみて、内容が自分のイメージと違った場合にお金が戻ってくる制度です。

申請手順も非常に簡単で、返金も速やかに行われます。

ただし、Udemyには返金ポリシーが定められています。以下のようなケースでは返金不可となるため、注意しましょう。

  • 返金申請前にコースの大部分を視聴完了している
  • 同じコースで2回目以上の返金申請
  • 同じ受講生が何度も返金申請している
  • 定額制サービスの場合

あくまで、購入したコースが自分の期待したものではなかった場合の対応となります。

UdemyのおすすめJava講座10選


UdemyにはJavaの講座が10,000以上あるため、どの講座を受ければよいかわからないのではないでしょうか。

ここではUdemyのおすすめJava講座を10個紹介します。

それでは1つずつ解説します!

1. 【 5日でできる】はじめての Java プログラミング入門

講師井上 博樹 先生
定価(税込)10,800円
評価(5点満点)4.2点
受講人数8291人
最終更新2020年5月

2021年5月15日時点

初心者向け講座ということで、開発環境のインストール方法から説明されています。プログラミング初心者や以前に挫折したことがある方におすすめの講座です。

用語の説明が省略されているところがあるので、自身で調べるか講師に質問するなどして学習する必要があります。

2. 一週間で身につくJava言語

講師亀田 健司 先生
定価(税込)24,000円
評価(5点満点)4.3点
受講人数3251人
最終更新2020年11月

2021年5月15日時点

この講座ではJavaを言語の文法学習だけでなく、サンプルや練習問題で応用力が身につきます

Oracleの資格試験を受験するために、Javaプログラミングの基礎を学びたい方にもおすすめです。

3. Java超初心者でも大丈夫!挫折させないJavaプログラミング講座~基礎固め編~

講師HIROKI KIKUSHIGE 先生
定価(税込)3600円
評価(5点満点)4.5点
受講人数821人
最終更新2021年4月

2021年5月15日時点

「超初心者でも大丈夫!」と銘打っているとおり、とにかく図解を多用した丁寧な説明が特徴の講座です。

13時間の講義で初心者が躓きやすい内容をフォローしているので、一度挫折してしまった人にもおすすめできます。

4. これなら絶対理解できる!挫折させないJavaプログラミング講座~オブジェクト指向編~

講師HIROKI KIKUSHIGE 先生
定価(税込)4800円
評価(5点満点)4.5点
受講人数478人
最終更新2021年4月

2021年5月15日時点

「基礎固め編」と同様に、図解を多用した丁寧な説明が特徴の講座です。

練習問題は「少し背伸びさせるような難易度」と実力をアップさせるのに適していると評判です。

5. シリコンバレーエンジニア監修!GAFAデータ構造コーディング試験入門in Java & Python【やさしい図解説付】

講師CS Career Kaizen 先生
定価(税込)6600円
評価(5点満点)4.6点
受講人数812人
最終更新2020年11月

2021年5月15日時点

元Microsoftのエンジニアが、コーディング試験に出たデータ構造の問題を解説する講座です。

問題が難易度順なので、初心者からでも着実にレベルアップしていけます。

6. Spring 入門 ~ SpringBoot 2 を使ってお問い合わせアプリとToDoアプリを作る ~

講師Trainocate Lecturers
定価(税込)18,000円
評価(5点満点)4.3点
受講人数3251人
最終更新2020年11月

2021年5月15日時点

Javaなどの「オブジェクト指向」習得者向けの講座です。Springというフォームを用いてJavaによるWeb制作を学習できます。

を動かしながら、入門知識が身に付くと評判です。

7. 【3日でできる】はじめてのAndroidアプリ開発入門【Android Studio 2.3・Java 8対応】

講師井上 博樹 先生
定価(税込)10,800円
評価(5点満点)4.1点
受講人数2299人
最終更新2020年2月

2021年5月15日時点

現役エンジニアが「はじめてAndroidアプリを開発したい方」向けに2週間でノウハウを教える講座です。

最後にソースコードがダウンロードできるので、加工してオリジナルのアプリを作れます。

8. 【Java サーブレット( Servlet )決定版】ゼロから環境構築~設計モデルまで、動画で楽々学ぶ

講師サーチマン 佐藤 先生
定価(税込)24,000円
評価(5点満点)4.2点
受講人数3455人
最終更新2020年11月

2021年5月15日時点

「Javaとは」という初心者が疑問に思うテーマについて解説してくれる講座です。とはいえ完全初心者向けというわけでなく、基礎学習を行った方に向いています。

広く浅く、幅広い知識が学べる構成になっています。

9. 誰でもわかる JavaDBアクセス基礎&JavaWebアプリ開発基礎

講師荒川 英一郎 先生
定価(税込)21,000円
評価(5点満点)4.6点
受講人数847人
最終更新2018年12月

2021年5月15日時点

「サーブレット」や「JSP」など、業務に使える実践的な手法が学べる講座です。講座で使用したプログラムのサンプルが付属しています。

10. Java Programming Masterclass for Software Developers

講師Tim Buchalka
定価(税込)18,000円
評価(5点満点)4.6点
受講人数57068人
最終更新2021年4月

2021年5月15日時点

英語の教材なので、語学に自身がある方が対象になります。トータルで80時間の講座ですが、頻繁に更新されているので「情報が古い」ということがありません。

最も詳細に、Javaについて解説した講座と言えます。

Udemyでお得に講座を購入する方法4選


Javaを学習するのに最適なUdemyの講座ですが、実は定価より安く買う方法があります。ここでは、Udemyでお得に講座を購入する方法を紹介します。

  1. セール
  2. 新規会員限定キャンペーン
  3. 講師クーポン
  4. まとめ買い

それでは解説していきます!

1. セール

Udemyでは、月に1回以上のペースでセールが開催されています。2020年は2~10日間のセールが、40回以上開催されました。Udemyのセールでは大幅な値下げが行われます。

Udemyの講座は、定価で購入すると2万円を超えるものもあります。しかし、セールになると2000円を下回ることも珍しくありません。さらに、Udemyには最安値が1200円となるビッグセールが行われます。ビッグセールでは、割引率が95%を上回る講座もあります。

1200円までは下がらなくても、2万円の講座が1500円で購入できるセールが毎月1~4回開催されています。ここまで頻繁にセールを行っていると、定価で買うのがもったいないと感じるでしょう。Udemyで講座を購入したいと考えたら、まず直近のセールをチェックすることをおすすめします。

▼Udemyのセールに関する記事はこちら▼

【保存版】Udemyのセールはいつ?お得な情報を見逃さない方法4選

>>【保存版】Udemyのセールはいつ?お得な情報を見逃さない方法4選

2. 新規会員限定キャンペーン

Udemyには新規会員向けに、割引キャンペーンが用意されています。セールと違って、自分が入会するタイミングで利用できる点がメリットです。

ただし利用期間は会員登録してから6時間のみです。
そのため、受講する講座を決めてから会員登録することをおすすめします。

割引率は高く、20,000円の講座が1,500円程度になるケースもあります

Udemyは20,000円を超える講座も多く、購入にハードルを感じるかもしれません。新規会員限定キャンペーンを利用すれば、お試し価格で購入可能です。
Udemyを受講したことがない方は、キャンペーンを利用して購入を検討してみてはいかがでしょうか。

3. 講師クーポン

Udemyでは、講師クーポンが発行されることがあります。新しい講座が発表されたタイミングなどに発行され、お得に受講することが可能です。

中には「リリースから2日間は無料」という講座もあり、興味があるテーマであれば見逃せない内容になっています。

講師クーポンの入手方法は、Udemyでその講師の講座を購入したことがあれば、新規講座の情報が通知されます。

また、その講師がTwitterやFacebookのアカウントを持っている場合、クーポンの情報を発信することがあるのでフォローしておきましょう。

4. まとめ買い

Udemyの講座は「まとめ買い」で割引価格になることがあります。Udemyのセールは、セール対象外の講座もあります。購入したい講座がセール対象になっていないときはまとめ買いがおすすめです。

購入したい講座をカートに入れたときに、まとめ買いを提案されることがあります。もう一つの講座を指定することはできませんが、多くの場合で同じテーマです。

20,000円を超えるような講座が、1本辺り1,200円になることもあります。

合計で2400円なので、仮にもう一つの講座を見なかったとしても十分にお得です。まとめ買いを提案されたときは、積極的に活用することをおすすめします。