【たったひとつ】Webマーケティングの勉強は独学でもできる?最も効率的な学習方法とは

「Webマーケティングはどう勉強していけばいい?」
「独学でも勉強できる?」
「どんなスキルを身につけておけばOK?」

Webマーケティングは多くの分野があり、必要なスキルも多岐にわたります。そこで、どのように勉強していけばいいのか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
専門性が高いので、独学で勉強できるのかも気になるポイントですよね。

Webマーケティングの勉強は大変なように感じますが、適正な方法で学んでいけば未経験から就職・転職も可能です!
また就職だけでなく、独立してフリーランスとして活躍することも十分できます。

この記事ではWebマーケティングについて、以下の内容を解説していきます。

  • Webマーケティングの勉強方法
  • 独学でも学べるのか
  • 身につけておくべきスキル

Webマーケティングを勉強で困っている場合は、ぜひ参考にしてみてください!

【30秒で解説】Webマーケティングはネットを中心に行うマーケティング手法

Webマーケティングは、ネットを中心に行うマーケティング手法のことです。

インターネット上のサイトやサービスを通して、マーケティングを行っていきます。

Webマーケティングは、以下のように多数のものがあります。

種類概要
SEOネット検索でサイトが上位表示されるための施策
SNS運用TwitterやInstagramを運用し、商品やサービスの情報を届ける
キーワード分析ターゲットとなるユーザーがいるキーワードを見つけ出す
Web広告検索結果やページ上に表示される広告で宣伝する
メールマーケティングメールマガジンでサイト流入増加と固定客の獲得を目指す

それぞれ行う手法や得られる効果が異なります。

これらを総合的に駆使してユーザーに働きかけ、商品・サービスが売れるようにしていくのがWebマーケティングです。

Webマーケティングの効果的な勉強方法

Webマーケティングの勉強は、スキルについて学習していくだけでは効果が薄いです。

スキルについてのインプットと実践でのアウトプットを、セットで行っていくことが重要です。

しかしどのように勉強していけばいいのか、イメージできていない場合もあるでしょう。

そこでここからは、Webマーケティングの効果的な勉強方法を解説していきます。

  1. Webマーケティングのスクールで勉強する
  2. 本で勉強する
  3. ブログやメディアで情報を集める
  4. 動画教材で勉強する
  5. 勉強会やセミナーに参加する
  6. ブログを運営しスキルを実践
  7. Webマーケティングのスクールに就職する

順番に見ていきましょう。

1. Webマーケティングのスクールで勉強する

スクールならメンターや講師に教わりながら、Webマーケティングについて勉強できます。

Webマーケティングは独学でもある程度学べますが、勉強しているうちに分からないことがどんどん出てきて、理解するのに時間がかかることも。

疑問をすぐに解消できないというのは、学習をすすめるうえで大きな障害となるポイントです。

そこでスクールであれば、分からないことはメンター・講師に質問可能

また、適切な勉強方法でWebマーケティングを学んでいけるので、最短効率でスキルを取得できます。

2. 本で勉強する

Webマーケティングは、本を読むことでも勉強できます。

Webマーケティングに関する本は多数販売されているため、専門的な知識を独学でも学ぶことが可能です。

本ならそれほどお金もかからないため、少ないコストで学んでいきたい場合にも適しているでしょう。

Webマーケティングの本では、以下のものが特におすすめです。

3. ブログやメディアで情報を集める

ブログやメディアからも、Webマーケティングについて勉強できます!

ネットなら最新の情報が手に入りますし、自分の知りたい内容をピンポイントで探せます。

また、ネット検索なのでお金をかけずに勉強可能です。

おすすめのサイトは、以下のものです。

その他にもさまざまなサイトがあるので、知りたい項目について検索してみるといいでしょう。

4. 動画教材で勉強する

動画教材で勉強するのも有効な手段です。

本やブログなどの文章だと、具体的な内容をイメージしづらいことがあります。

また、文章を読むのが苦手な人にも、動画での学習は適しているでしょう。

講師に分からないことを質問できるサービスもあるので、効率的な学習が可能です。

ただ基本的には自主学習なので、自力で継続して学んでいく力が求められます。

5. 勉強会やセミナーに参加する

Webマーケティングに関する勉強会やセミナーからも学んでいけます。

ネットで調べても出てこない根本的な知識を学べるため、非常に密度の高い情報を得られるでしょう。

ただWebマーケティングの勉強会やセミナーは多数開催されており、どれがいいか迷うこともあるかもしれません。

SNSでWebマーケティングについて発信している人を探し、その人の主催しているものに参加しましょう。

日々の情報を見ていると、信頼できる人かが判断できます。

6. ブログを運営しスキルを実践

ブログを運営することでも、Webマーケティングのスキルを学んでいけます。

ブログは、Webマーケティングのスキルを総合的に使って運用していくためです。

  1. SEO
  2. ライティング力
  3. コーディングスキル
  4. 個人事業の経験
  5. SNS

このようなスキルを活用するため、Webマーケティングについて実勢的に学んでいけます。

ブログ運営からWebマーケティングを学ぶ方法については、以下の記事を参考にしてみてください。

【最適】Webマーケティングをブログ運営から勉強できる?参考にすべきサイトや具体的な方法を解説

>>【最適】Webマーケティングをブログ運営から勉強できる?参考にすべきサイトや具体的な方法を解説

7. Webマーケティングの企業に就職・転職する

Webマーケティングの企業に就職・転職するのも、有効な手段です。

実務を通してWebマーケティングを学べるので、インプットとアウトプットを同時並行で行えます。

しかしWebマーケティングは実績が評価されることが多く、まったくの未経験での採用は難しいでしょう。

就職・転職を目指すならブログ運営や副業で実践し、最低限のスキルを習得しておきましょう。

Webマーケティングを独学する際に身につけるべきスキル

Webマーケティングは独学からでも学べますが、どういったスキルを身につけるべきか分からない場合もあるかもしれません。

Webマーケティングを独学する場合は、以下のスキルは身につけておくべきです。

  1. SEOの知識
  2. ライティング力
  3. SNS運用
  4. Web制作スキル
  5. 広告運用

順番に見ていきましょう。

1. SEOの知識

Webマーケティングを行うなら、SEOの知識は必須です。SEOは「検索エンジン最適化」という意味で、検索結果の上位表示を目指すための施策を指します。

サイトへのアクセスのほとんどはSEOなので、ネットで集客するために欠かせません。

SEOで上位表示できれば、サイトを多くの人に見てもらえます。

自社のサービスをアピールする機会が増えるため、売り上げにも大きく影響します。

SEOはWebマーケティングの必須スキルなので、特に入念に学んでおきましょう。

2. ライティング力

Webマーケティングでは、ライティング力も重要なスキルです!

商品やサービスの魅力を伝えるために、ライティング力が求められるためです。

どんなにいい商品・サービスであっても、魅力や購入することのメリットが伝わらないと売れません。

ユーザーは簡単には購入を決めてくれないため、強く関心を引くライティング力が求められます。

ブログ運営やライター活動を行うと、実践的なライティング力を身につけていけます。

3. SNS運用

SNS運用も、Webマーケティングにおいて重要なスキルです。

若者を中心に利用率が高いため、より多くの人に商品・サービスを宣伝できます。

適切に運用することで、短期間で商品・サービスの認知度を高めたりアピールすることが可能です。

SNS運用は、セミナーや本を通じて勉強できます。

Facebookには「デジタルマーケティングアソシエイト」という資格もあるので、受験するのもいいでしょう。

4. Web制作スキル

Web制作スキルは、商品のイメージアップにつながるスキルです。

ネットの商品やサービスをPRするには、ホームページやランディングページといった専用のページで宣伝を行います。

そのため、こだわりのあるページを作るスキルがあると、Webマーケティングを行う上で非常に役立つのです。

特に必要なのがHTMLやCSSなど、コーディングのスキルです。

サイトの仕組みやコードについて勉強し、自分で実用的なWebサイトを作ってみましょう。

5. 広告運用

Webマーケティングの市場の中でも、広告運用は特にかけられる費用の割合が大きいです。

ネット広告は、ユーザーの検索結果や閲覧履歴をもとに表示しています。

こういった広告を「リスティング広告」といいます。

ニーズを分析した上で興味のありそうな広告のみを表示しているため、購入につながる可能性が高いのです。

また、リスティング広告は、Googleが定期的に行うアルゴリズム(検索結果の表示基準)変更の影響を受けません。

安定して利益が出しやすいため、広告運用はWebマーケティングで求められるスキルです。

ネットで配信されている最新情報を調べる・広告の仕組みを学ぶなどの方法で、広告運用を勉強していきましょう。

Webマーケティングを勉強するならスクールが最もおすすめ!選ぶポイントを3つ紹介

Webマーケティングを勉強するなら、スクールが最もおすすめです!

適したカリキュラムに沿って、実践的なスキルを学べます。

独学でも勉強はできますが、どのように実践していけばいいのか分からなかったり、疑問が解消できずに挫折する場合も多いです。

マーケティングスクールなら学習カリキュラムがあり、実践形式で無駄のないやり方で学んでいけます。

スクールによっては就職・転職をサポートしてくれるところもあるので、未経験から働くことを目指す場合も最適です。

とはいえWebマーケティングスクールは多くの種類があるため、どれを選べばいいか分からない人も多いのではないでしょうか。

Webマーケティングスクールは、以下のポイントで選んでいくのがおすすめです。

  1. 受講形式で選ぶ
  2. 受講期間で選ぶ
  3. メンターの有無で選ぶ

順番に見ていきましょう。

1. 受講形式で選ぶ

Webマーケティングスクールは、受講形式から選びましょう!

受講形式は通学型とオンライン型の2つに分かれますが、おすすめなのはオンライン型です。

オンライン型ならスクールに直接通うことなく、ネット上で学んでいけます。

ネット環境があれば自宅といった好きな場所で学べるので、仕事が忙しい人でも受講しやすいです。

2. 受講期間で選ぶ

Webマーケティングスクールは、受講期間で選びましょう!

期間が少なすぎるとスキルが身につきませんし、長期で無理のある期間だと勉強を継続できないためです。

せっかくWebマーケティングに通ってもスキルが身に付かなければ、お金と時間が無駄になってしまいます。

人それぞれ仕事といった、ライフスタイルが異なります。

自分のライフスタイルに合わせて、適切な期間のものを選びましょう。

3. メンターの有無で選ぶ

メンターの有無も、Webマーケティングスクールを選ぶ基準にしましょう!メンターは簡単にいうと「あなたの学習をサポートしてくれる人」のこと。

メンターがいるのといないのでは、学習効率に大きく差が出ます。。。

自分に合った効率のいい勉強をサポートしてくれるため、スキル習得が早くなるのです。

メンターがいないと自分に合った方法で行えず、勉強に時間がかかってしまいます。

無駄のない勉強を行うためにも、メンターの有無を重視しましょう。