【必見】Webマーケティングのやりがいはこれ!6つの魅力や向いている人・向いていない人の特徴を解説

「Webマーケティングはどんな部分にやりがいがある?」
「Webマーケティングで大変なことは?」
「どんな人がWebマーケティングに向いている?」

ネット業界の激しい変化に伴って、Webマーケティングの需要が増えています。
Webマーケティング業界で働きたいと考える際に「どのような部分にやりがいがあるのか」は気になるポイントですよね。

そこでこの記事では、Webマーケティングのやりがいについて解説します!

  • 魅力的に感じるポイント
  • 大変だと感じるポイント
  • 1日の仕事の流れ
  • 向いている人・向いていない人の特徴
  • マーケティングの具体的な勉強方法

について紹介するので、これからWebマーケティングを仕事にしたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

Webマーケティングはこれがやりがい!魅力的に感じる6つのこと

こちらでは、Webマーケティングの仕事で魅力的に感じるポイントを6つ紹介します。

  1. 結果が数字て現れる
  2. 専門スキルが身に付く
  3. ビジネスやサービスの成功に直結する
  4. 他の仕事でも役立つ力を習得できる
  5. 常に新しい知識を吸収できる
  6. 人の心を動かせる

順番に見ていきましょう。

1. 結果が数字で現れる

Webマーケティングの施策結果は閲覧数やCTR(クリック率)、CV(成約)率などの数字で現れます。

行った施策がよければ数字が伸びますし、悪ければその分数値も悪化。

すべての結果が数字で可視化され、一目瞭然です。

自分が取り組んだ仕事が数字になって現れるので、モチベーションアップにつながります。

2. 専門スキルが身に付く

Webマーケティングを通して、幅広い専門スキルが身につきます。

具体的には、以下のものです。

  • SEO(検索エンジン最適化)
  • Web広告・SNS運用
  • データ分析

さまざまなスキルを駆使して働くので、意欲的に学べばどんどん専門スキルを身につけられます。

ただWebマーケティングでは、自主的に学ぶことが重要。

受動的に働いていてスキルがつくことはないので、積極的な姿勢が求められます。

3. ビジネスやサービスの成功に直結する

個人だけでなく、会社の成長につながる仕事ができる点が、Webマーケティングの魅力です。

サービスの規模によっては、Webマーケティングの成果が会社の売り上げに直結することもあります。

そのためWebマーケティングで成果が出れば、より重要な仕事を任せてもらえます。

規模によっては社会に大きな影響を与えることにもなるので、さらに仕事にやりがいを感じられるでしょう。

4. 他の仕事でも役立つ力を習得できる

Webマーケティングで使う分析力や企画の提案力などのスキルは、どの仕事でも役立ちます。

そのためWebマーケティングの仕事から、他の職種でも使える力を伸ばせるのです。

また、Webマーケティングを必要としている企業も増えているため、別の会社に転職してもスキルを活かせる可能性も。

高いWebマーケティングスキルがあればフリーランスとして働く選択肢もあるので、仕事の幅をどんどん広げられます。

5. 常に新しい知識を吸収できる

Web業界は変化の激しい業界で、以前通用した手法が通じなくなることはよくあります。

対応していくには、新しいツールやWebマーケティングノウハウなど、最新の知識が大切です。

そのためWebマーケティングで働くと、自ずと新しい知識を吸収できます。

新しい知識を活用すれば仕事の結果にもつながるので、さらにWebマーケティングのやりがいを感じられるでしょう。

6. 人の心を動かせる

Webマーケティングの本質は、人の心を動かすことです。

  • 商品購入
  • 資料請求
  • メルマガ登録

いずれも人の心を動かして「使ってみよう」と思わせられれば、成果につながります。

つまりWebマーケティングの成果は、どれだけ人の心を動かせたかということ。

しかもそれが数値で出てはっきり分かるので、成果を出すことに夢中になっていきます。

Webマーケティングでしんどい・大変と感じる4つのこと

Webマーケティングの仕事はいいことばかりではなく、しんどい・大変なこともあります。

いい面ばかりでなく悪い面も把握しておかないと、いざ働き出してからギャップを感じてしまうでしょう。

Webマーケティングのしんどい・大変だと感じることは、以下の4つです。

  1. 結果が出るまでに時間がかかることが多い
  2. 常に新しいスキル・知識が求められる
  3. 業務量が多い
  4. プレッシャーを感じる

順番に見ていきましょう。

1. 結果が出るまでに時間がかかることが多い

Webマーケティングは、結果が出るまでに時間がかかることが多いです。

コツコツ数字を伸ばしていくのがWebマーケティングにおいて大切なので、いきなりドカッと数字が増えることはほとんどありません。

例えば代表的なWebマーケティング施策であるSEOは、成果が出るまで3〜6ヵ月が必要です。

SNS運用も、フォロワーが短期で大幅に増加することはほとんどありません。

Webマーケティングは、短期的ではなく中長期的に成果を追うもの。

すぐには結果が出ないことを認識しておきましょう。

2. 常に新しいスキル・知識が求められる

Webマーケティングは変化が激しい業界なので、新しいスキルと知識が必要です。

新しいことを学んでいけることは楽しみでもありますが、人によっては苦労します。

例えば新しく流行ったツール(TikTokなどのSNS)があれば、すぐに勉強しないと施策を打てません。

よってWebマーケティングは、激しい変化に対応するための知識量の柔軟な対応力が求められます。

それを楽しめるかどうかによって、やりがいを感じられるかが変わってきます。

3. 業務量が多い

Webマーケティングでは20〜30社のクライアントを抱えることもあり、業務量が多いです。

  • 進捗管理
  • レポートの作成
  • クライアントからの連絡対応

こういったことを複数のクライアント相手にこなしていくので、仕事に追われやすいです。

もちろん目の前の仕事をこなすのではなく、効率的な進め方も考えないと成果が出ません。

華やかなイメージがあるかもしれませんが、泥臭く働くことが求められる仕事です。

4. プレッシャーを感じる

Webマーケティングでは、プレッシャーを感じることが多いです。

クライアントから常に結果を求められますし、企業の社長や重役相手に取引することも。

うまくいかなければ自分の責任なので、他の職種と比べてもプレッシャーの大きい仕事です。

また、広告代理店のクライアントだと、予算として月100万円、大企業だと月1,000万〜1億円をもらうこともあります。

請け負う金額が多く、強いプレッシャーに押しつぶされかねない面もあるでしょう。

Webマーケティングの仕事の1日の流れを紹介

Webマーケティングがどのように1日働いているのか、気になる人も多いでしょう。

企業や関わっている企画で異なりますが、一般的な1日の流れは以下のとおりです。

  1. 前日からの数値の確認
  2. タスクの洗い出し
  3. 業務
  4. ミーティング
  5. 明日のスケジュールの確認

順番に見ていきましょう。

1. 前日からの数値の確認

まずはKPI(重要業績評価指標)といった施策がらみの数値が、前日と比べて変化しているか確認します。

KPIは簡単にいうと、Webマーケティングの施策で確実に達成したいポイント。
例えばSNSでPRをするなら「◯回いいね・◯回のシェア獲得」などがKPIです。

数値の状況に応じて施策を調整して、より良い成果獲得へとつなげます。

2. タスクの洗い出し

現在のタスクを洗い出し、どういった手順で行うかの予定を立てます。

数値を確認し、成果を出すためにはどのような施策が必要かを分析することが大切です

  • Webサービスの機能実装
  • SEOでのサイト運用
  • 新たな施策の企画・提案

など、その時によって優先的に行うことは変わります。

Webマーケティングは多くの仕事を並行して進めるため、タスクを整理しておかないと作業が滞る可能性が高いです。

3.業務

タスクに基づいて、日々の業務を進めていきます。

数値の改善策を考えたり、新しい施策を実行したりするのが主な仕事です。

ときにはクライアントと打ち合わせを行い、施策の進捗報告などを行うことも。

数字を伸ばすために、様々な業務をこなします。

3. ミーティング

新しい企画・施策を始める場合は、社内メンバーとミーティングも行います。

戦略や規模が大きくなると、企業の上層部も絡んでくるので重要な仕事です。

しっかりと自分が進めたい施策をアピールするために、プレゼンの能力が求められます。

5. 明日のスケジュールを確認

最後に明日のスケジュールやミーティング予定の確認、メール送信などを行います。

これらも含め、一通りの仕事が終われば終業です。

Webマーケティングが向いている人の4つの特徴

ここからは、Webマーケティングが向いている人の特徴を紹介します。

  1. コミュニケーション能力が高い
  2. マルチタスクをこなせる
  3. 物事を論理的に考えられる
  4. 数字での分析が苦ではない

順番に見ていきましょう。

1. コミュニケーション能力が高い

意外に感じるかもしれませんが、Webマーケティングに向いているのはコミュニケーション能力が高い人です。

Webマーケティングでは、ミーティングで社内外の相手と話す機会が多いです。

その際にコミュニケーション能力が低い人だと、円滑にやりとりできず仕事に支障をきたします。

また、新しい企画や施策の実践には、多くの人の理解・協力が必要。

コミュニケーション能力があれば、社内外の人たちとうまく連携して業務を進められます。

2. マルチタスクをこなせる

マルチタスクをこなせる人は、Webマーケティングに向いています。

Webマーケティングではひとつの業務だけを任せられることはほぼなく、複数の仕事を並行して進めることが一般的です。

場合によっては20〜30社と仕事を行うこともあり、様々な業務に同時に対応する力が求められます。

マルチタスクをこなすのが得意な人なら、Webマーケティングの仕事にも早く慣れて成果を出せます。

3. 物事を論理的に考えられる

物事を論理的に考えられる人は、Webマーケティングに向いています。

Webマーケティングでは仮説を立て施策を実行していくため、論理的思考力(ロジカルシンキング)が必要不可欠。

もし施策がうまくいっても、論理的に考えられなければなぜうまくいったのか?」を分析できません。

そのためいい結果を出し続けられず、まぐれで終わってしまいます。

Webマーケティングで成果を出していくには、顧客や自社の課題を正しく理解し適切な施策を行うのが重要。

論理的思考力がなければできないため、Webマーケティングをやる上で必要な能力です。

4. 数字での分析が苦ではない

数字での分析を苦に感じない人は、Webマーケティングに適性があります。

Webマーケティングは数字で結果が出ますし、そのデータを分析し次の施策に役立てます。

つまりWebマーケティングは、常に数字の分析を行う仕事。

数字での分析が苦でなければ、業務内容自体にストレスは感じにくいです。

Webマーケティングはやめておいた方がいい人の3つの特徴

逆に以下のような人は、Webマーケティングはやめるべきです。

  1. ルーティンワークをこなしたい人
  2. 変化を楽しめない人
  3. 人の悩みに関心を持てない人

順番に見ていきましょう。

1. ルーティンワークをこなしたい人

ルーティンワークをこなしたい人は、別の仕事をやるべきです。

なぜなら、Webマーケティングにルーティンワークはほとんどないからです。

Webマーケティングは変化が激しい業界なので、業務内容も頻繁に変わります。

同じ仕事を繰り返していくことはできないので、ルーティンワークをこなしたい人には向きません。

2. 変化を楽しめない人

ネット業界の激しい変化を楽しめない人は、Webマーケティング向きではありません。

例えば以前のWebマーケティングは、Googleなどの検索エンジンがメインの集客手法でした。

しかし2018年ごろから、YouTubeなどの動画サイトによる集客や販売が増えています。

こういった激しい変化を「覚えることが多い」というように感じる人には、Webマーケティングは難しいかもしれません。

3. 人の悩みに関心を持てない人

人の悩みに関心を持てない人は、Webマーケティングに向きません。

Webマーケティングは、人の悩みについて徹底的に分析することが不可欠。

どんなことで悩んでいるかは理解した上で、どう伝えれば購入してもらえるかを考えていきます。

また、分析するのは自分と年齢・好み・考え方が違う人ばかりです。

Webマーケティングに必要なニーズを読み取れないため、人の悩みに関心が持てないとWebマーケティングは厳しいです。

Webマーケティングを勉強する3つの方法

Webマーケティングのスキルを身につける方法は、以下の通りです。

  1. Webマーケティングスクールで学ぶ
  2. 書籍やセミナーで学ぶ
  3. ブログを運営してみる

順番に見ていきましょう。

1. Webマーケティングスクールで学ぶ

Webマーケティングスクールで学ぶのは、特におすすめの方法です!

Webマーケティングスクールは実践的なスキルを教えてくれるため、実際の業務への応用がしやすいのも特徴。

さらに講師やメンターが在籍しているため、疑問点をすぐに確認できます。
スクールによっては、就職や転職支援を行っているため、すぐに仕事が見つかることもあるでしょう。

費用はかかりますが、最短距離でWebマーケティングの仕事につなげられるため、非常に効果的な方法です。

▼おすすめのマーケティングスクールはこちら▼

【2021最新】Webマーティングのおすすめスクール・講座8選!5つの選び方も徹底解説

>>【2021最新】Webマーティングのおすすめスクール・講座8選!5つの選び方も徹底解説

2. 書籍やセミナーで学ぶ

Webマーケティングスキルは、書籍やセミナーからも学べます!

書籍なら1冊1,500円程度で買えて、少ない費用で多くの知識を得られます。

また、セミナーに参加すると、ネットに出ていない密度の高い知識を習得可能。

書籍やセミナーを活用すると、より多くの知識を身につけられます。

▼Webマーケティングのおすすめ書籍はこちら▼

【超厳選】Webマーケティングを学べるおすすめの本15冊を一挙紹介!3つの選び方も解説

>>【超厳選】Webマーケティングを学べるおすすめの本15冊を一挙紹介!3つの選び方も解説

3. ブログを運営してみる

自分でブログを運営するのも、Webマーケティングスキルの習得に有効です!

ブログ運営では、Webマーケティングスキルを総合的に使っているためです。

ブログを検索上位に出すにはSEOの知識が必要ですし、自分でビジネスを行い個人事業の経験を得ることも可能。

前述した手段でWebマーケティングスキルを身につけたらブログを運営し、より実践的な能力を習得するといいでしょう。

▼ブログでの学習方法はこちら▼

【最適】Webマーケティングをブログ運営から勉強できる?参考にすべきサイトや具体的な方法を解説

>>【最適】Webマーケティングをブログ運営から勉強できる?参考にすべきサイトや具体的な方法を解説