【必見】Webマーケティング業界への転職に強いエージェント13選!新卒・未経験向けの情報も完備

「Webマーケティング業界への転職におすすめのエージェントは?」
「新卒からだとどのエージェントが就職しやすい?」
「注意点があるなら知りたい」
などと考えていませんか?

インターネットの普及に伴い、Webマーケティングの需要がどんどん高まっています。
そこでWebマーケティング業界に転職するために、転職エージェントの利用を検討している方も多いのではないでしょうか。

ところが転職エージェントは数多く存在するので、どこを選べば自分の望む企業に就職できるのかが、いまいちわからないですよね。

そこでこの記事では、転職エージェントについて以下の内容を解説します

  • Webマーケティングでの転職におすすめのエージェント・サイト
  • 新卒からのWebマーケティング就職におすすめのサイト
  • 転職エージェントを使う場合の注意点
  • 業界未経験から転職を目指す方法

Webマーケティングでの転職・就職を成功させたい方は、ぜひご一読ください!

Webマーケティングでの転職におすすめのエージェント・サイト10選

Webマーケティングでの転職を目指すなら、以下のエージェント・サイトがおすすめです。

大手から小規模なところまで幅広く紹介しているので、ぜひ自分にぴったりのエージェントを見つけてみてください。

  1. リクルートエージェント
  2. マイナビエージェント
  3. doda転職エージェント
  4. パソナキャリア
  5. レバテックキャリア
  6. マスメディアン
  7. マイナビクリエイター
  8. プロの転職
  9. Webist
  10. Geekly

ひとつずつ詳しく解説します。

1. リクルートエージェント

参照:https://www.r-agent.com

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1という高い実績を誇っています。

一般サイトにはない非公開求人を10万件以上保有しており、Webマーケティングの求人も多数です。

さらにWebマーケティングにも精通した実績豊富なアドバイザーが在籍しており、手厚い転職サポートを受けられます。

幅広い選択肢から求人を探せるため、登録しておくといいでしょう。

2. マイナビエージェント

参照:https://mynavi-agent.jp

株式会社マイナビが運営するマイナビエージェントは「20代に信頼されている転職エージェントNo.1」という実績を持っています。

マイナビエージェントでは、職務経歴書のブラッシュアップや模擬面接、転職に関する夜間・土曜の相談を受け付けているなど、サポート体制が万全です。

転職したい理由を丁寧にヒアリングし、場合によっては今の会社で働くことを勧めることもあるなど、ユーザーに寄り添った支援を行ってくれます。

自分にとって最適で、間違いない選択ができるでしょう。

3. doda転職エージェント

参照:https://doda.jp/consultant/

doda転職エージェントは、パーソナルキャリアが運営するエージェントです。

業界最大級の10万件の求人の中から、自分に合ったものを提案してくれます。

doda転職エージェントには各業種の専門スタッフが在籍しており、変化の激しいWebマーケティング界においても適切なアドバイスを受けられるでしょう。

さらに職務経歴書や履歴書の添削をしてくれるほか、面接日程の調整といった企業とのやりとりを代行してくれるなど、サポートが整っている点も魅力です。

4. パソナキャリア

参照:https://www.pasonacareer.jp

パソナキャリアは、転職エージェントが支援する求人・転職情報サイトです。

オリコンが実施した調査では、2019〜2021年の3年間に顧客満足度1位を獲得しています。

人材紹介サービスの中でも企業とのコネクションが強いのが特徴で、独占求人の数も豊富です。

Webマーケティングの求人も多数扱っているため、満足のいく転職ができるでしょう。

5. レバテックキャリア

参照:https://career.levtech.jp

レバテックキャリアは、求人数が7,000件以上と豊富なことに加え、約8割が年収600万円以上であることが特徴です。

さらにITプロフェショナル専門エージェントなので、Webマーケティング関係の求人も多数扱っています。

Webマーケティング未経験者より、さらなるレベルアップを目指し転職する方に向いているでしょう。

6. マスメディアン

参照:https://www.massmedian.co.jp

マスメディアンは、株式会社「宣伝会議」が運営する転職エージェントです。

Webや広告関係を多く扱っており、Webマーケティングの求人も多数揃っています。

転職支援実績は4万件以上で、Web関係の分野ではトップクラス。

業界に精通したキャリアコンサルタントが、あなたにぴったりの求人を提案してくれます。

7. マイナビクリエイター

参照:https://mynavi-creator.jp

マイナビクリエイターは、Web・ゲーム・IT業界を専門にした転職エージェントです。

各業界出身の専門性の高いアドバイザーが在籍しており、選考を勝ち抜く質の高いポートフォリオ制作をサポートしてくれます。

また、Webマーケティングのような専門職の転職には、緻密な戦略が必要です。

マイナビクリエイターなら、業界の転職事情も考慮し個人の適切な求人・キャリアプランを紹介。
Webマーケティングへの転職活動をスムーズに進められるでしょう。

8. プロの転職

参照:https://proten.jp/introduction/

プロの転職は、広告やIT・Web業界に特化した転職支援サービスです。

特化で10年以上運営している実績があり、各業界と強いつながりを持っています。

そのため企業の社長・役員クラスとのつながりも持っており、量より質を重視した求人を確保可能。

個別面談といった転職サポートも充実しているため、Webマーケティングの転職も進めやすいです。

9. Webist

参照:https://webist-cri.com

Webistは、クリーク・アンド・リバー社が運営するWeb業界に特化した転職エージェントです。

大手・有名企業をはじめとする3,000社以上の企業と取引があるため、経営層や採用担当との協力なネットワークを持っています。

そのため大手や有名企業の求人も多数あり、Webマーケティングでのスキルアップに最適です。

また、正社員に限らず業務請負や派遣社員などの働き方も選べるのが特徴。

自分の満足できる働き方を見つけられます。

10. Geekly

参照:https://www.geekly.co.jp

Geeklyは、IT・Web・ゲーム業界を専門とした転職支援サービスです。

業界に特化したキャリアコンサルを実施してきたことで、主要な会社とのつながりが強固。

非公開求人が1万件以上と、豊富に用意されています。

中にはGeeklyだけが紹介してもらっている独占求人もあるため、他にはない求人を見つけられます。

新卒からのWebマーケティング就職におすすめのエージェント3選

就職エージェントには、新卒を対象にしたものも存在します。

こちらでは新卒向けのエージェントを3つ紹介します。

  1. JobSpring
  2. ハタラクティブ
  3. キャリアパーク

順番に見ていきましょう。

1. JobSpring

参照:https://jobspring.jp

JobSpringは、HRクラウド株式会社が運営するエージェントです。

2020年2月期に行われたサイト比較のイメージ調査では「エージェントによる手厚いサポート」でNo.1となっています。

エージェントの経験だけではなく「適性検査 Cubic」を使った人物分析も導入しており、どんな企業に向いているのかを正確に可視化できます。

条件や適性をもとに厳選された企業を紹介してくれるので、自分に合った企業を見つけやすいです。

2. ハタラクティブ

参照:https://hataractive.jp

ハタラクティブは、20代のフリーターや既卒・第二新卒向けのエージェント。

カウンセリング実績は、11万人以上で内定率は80.4%と高い実績を持っています。

ハタラクティブには、20代を採用し長期的に育てていきたいと考えている企業が多いです。

利用者の3人に2人は社会人経験がない状態で就職しており、Webマーケティング未経験からの就職も十分目指せます。

3. キャリアパーク

参照:https://careerpark.jp

キャリアパークは、就職・転職などの情報を発信している就活サービスです。

書類選考やインターン、面接などの就職に関する情報が多数掲載されており、就活に関する疑問をすぐに解消できます。

また「キャリアパーク就職エージェント」といった、学生を個別にサポートするサービスも提供。

キャリアパークを活用すれば業界研究ができて、就活を有利にできるでしょう。

Webマーケティング転職でエージェントを使う場合の3つの注意点

これから就職・転職エージェントを使う場合は、以下の点に注意が必要です。

  1. Webマーケティングのどの職種で働くのかはっきりさせる
  2. 転職エージェントは大手と中小で強みが異なる
  3. ひとつの会社だけに登録しない

順番に見ていきましょう。

1. Webマーケティングのどの職種で働くのかはっきりさせる

内定をもらえた時は、自分がWebマーケティングのどの職種で働くのかをはっきりさせましょう

Webマーケティングと一口にいっても、非常に多くのジャンルが存在します。

  • SNSマーケティング
  • SEO(検索エンジン)マーケティング
  • 広告運用

など、内容は様々です。

そのため「どの職種につきたいか」がはっきりしないと、自分のしたいこととは違う会社を紹介される可能性があります。

ミスマッチがないよう、就職後に注力したい仕事内容は何かをはっきりさせておきましょう

2. 転職エージェントは大手と中小で強みが異なる

転職エージェントは、大手と中小で強みが異なります。

大手のサービスだから成功する・自分に合っているとは限らないため、色々吟味することが大切です。

大手のエージェント求人数、中小のエージェントはサポートの質が高いのが強みだといえます。

未経験からの就職・転職なら、サポートの充実した中小のエージェントの方が成功しやすいです。

それぞれの強みを把握したうえで、効率よく就職活動を行うようにしましょう。

3.ひとつの会社だけに登録しない

登録する会社をひとつだけにしないことも、エージェントを使ううえで大切です。

ひとつだけでは、そのエージェントの方向性があっているのかどうかが判断できません。

さらにエージェントごとに紹介できる案件が異なるため、ひとつだけだと自分の理想の企業が見つからない可能性もあります。

エージェントへの登録は基本的に無料のことが多いため、最低でも3つ、余裕があるなら5個以上登録して、最も自分にあう場所を選びましょう。

Webマーケティングに未経験から転職を目指すために!3つの勉強方法

Webマーケティングの求人には未経験OKのものもありますが、基本的にはまったくの未経験で採用してもらえることは少ないです。

特に中途採用となると、企業はなるべく即戦力の人材を求めています。

そのため完全未経験で勝負するよりは、ある程度Webマーケティングについて知識を身に着けておいたほうが効率的です。

そこでこちらでは、転職を目指すうえでWebマーケティングの知識を身につける方法を3つ紹介します。

  1. Webマーケティングスクールで学ぶ
  2. 本やセミナーで勉強する
  3. 実際に自分でブログを運営する

ひとつずつ解説します。

1. Webマーケティングスクールで学ぶ

スキル習得で特におすすめなのが、Webマーケティングスクールで学ぶことです。

現役のマーケター等から直接指導を受けられますし、理にかなった学習方法・手順が確率されています。

そのため、独学で学ぶよりも効率的で早くスキルが身につきます。
さらに分からないことがあっても講師に質問できるので、疑問点を解消しながら学習可能です。

スクールの中には転職保証がついているものもあるため、エージェントを利用するよりもはやく就職できる可能性もあります。

スクールの受講費用がかかってしまいますが、Webマーケティングスキルを身につける近道です。

▼おすすめのマーケティングスクールはこちら▼

【2021最新】Webマーティングのおすすめスクール・講座8選!5つの選び方も徹底解説

>>【2021最新】Webマーティングのおすすめスクール・講座8選!5つの選び方も徹底解説

2. 本やセミナーで勉強する

本やセミナーからも、Webマーケティングスキルを十分に学べます。

本なら1冊1,000円程度ですし、セミナーなら現役マーケターの話を直接聞けるので効果的です。

また、セミナーを活用するとネットに出ていない最新の情報を得られることも。

最新の情報を知っていれば、就職・転職にも活かせるでしょう。

以下の記事でおすすめの本を紹介しているで、参考にしてみてください。

▼Webマーケティングのおすすめ書籍はこちら▼

【超厳選】Webマーケティングを学べるおすすめの本15冊を一挙紹介!3つの選び方も解説

>>【超厳選】Webマーケティングを学べるおすすめの本15冊を一挙紹介!3つの選び方も解説

3. 実際に自分でブログを運営する

ブログ運営は、Webマーケティングの勉強に非常に有効です。
なぜなら、収益を出すにはあらゆるWebマーケティングのスキルを駆使しないといけないためです。

そのため、ブログ運営の実績は、就職活動においてかなり効果を発揮します。

  • SEO
  • SNS・広告運用
  • 個人事業の経験

などの能力を、ブログを通じて学んでみてください。

▼ブログでの学習方法はこちら▼

【最適】Webマーケティングをブログ運営から勉強できる?参考にすべきサイトや具体的な方法を解説

>>【最適】Webマーケティングをブログ運営から勉強できる?参考にすべきサイトや具体的な方法を解説