【保存版】Webマーケティングに向いている人の特徴7つを徹底解説!未経験から仕事にする方法も紹介

「Webマーケティングはどんな人に向いている?」
「どのような仕事内容なのか詳しく知って、自分に向いているか判断したい」

「自分はWebマーケティングに適性があるか知りたい

インターネットメディアやSNS、YouTubeなどの普及により、Webマーケティングの需要が大幅に増しています。
「Webマーケティングを仕事にしたい!」と考えるうえで、どんな人が向いているのか・自分に適性があるのかは気になるポイントですよね。

そこで今回はWebマーケティングについて、以下の内容を解説します!

  • Webマーケティングが向いている人・向いていない人の特徴
  • Webマーケティングの仕事内容
  • 未経験者がWebマーケティングを仕事にする方法

自分がWebマーケティングに向いているか知りたい場合は、ぜひ参考にしてみてください!

Webマーケティングが向いている人の7つの特徴

Webマーケティングが向いている人には、以下のような特徴があります。

  1. ロジカルシンキングが得意
  2. 数字にあらわれる結果を出したい
  3. 地道な作業ができる
  4. 人の心理や行動に興味がある
  5. デジタルデバイスの扱いに慣れている
  6. コミュニケーション能力が高い
  7. マルチタスクを扱える

順番に見ていきましょう。

1. ロジカルシンキングが得意

ロジカルシンキング(論理的な思考)が得意な人は、Webマーケティングに向いています!
Webマーケティングは分析と検証、改善を繰り返していく作業だからです。

  • なぜ効果が出たのかor出なかったのか
  • 数値にどのような変化があったか
  • 改善するにはどのような施策を打てばいいか

などを考えるうえでロジカルシンキングは外せない能力なので、論理的に考えられる人には非常に向いています。

もちろん勉強すると身につけられる能力ではありますが、最初から「物事を論理的に考えることが好き」という人には、Webマーケティングはうってつけの仕事です。

2. 数字にあらわれる結果を出したい

Webマーケティングでは成果を確認するために、非常に多くの数値を扱います

  • PV数(メディアや広告へのアクセス数)
  • CTR(広告のクリック率)
  • CVR(商品の成約率)
  • SNSのフォロワー数
  • ツイートのインプレッション数
  • 動画の再生数

など、状況によって色々な数値を使い分けるのが特徴です。

出てくる数字が多いので「ゲーム感覚でWebマーケティングを行っている」という人もいるほどです。

数値を伸ばすことが好きな人は、Webマーケティングの仕事に楽しんで取り組めるでしょう。

3. 地道な作業ができる

Webマーケティングは地道な作業を求められるので、コツコツ続けられる人が向いています

結果が出るまでに、ひたすら分析や改善などの作業を繰り返すからです。

ひとつのテーマに関するマーケティングでも、すぐに結果が出ることはありません。

何度も繰り返し検証し改善していくことで、ようやく思うような結果が出てくるものです。

状況によってはたった1つの文章だけを変更して、比較を行うこともあります。

そのため、一見地味な作業でもコツコツ取り組んでいける・粘り強く続けられる人は、Webマーケティングの適正が高いです。

4. 人の心理や行動に興味がある

Webマーケティングは、人の心理や行動を分析していく作業です。

商品やサービスを購入してもらうには、ユーザーの行動心理や購買行動を徹底的に分析する必要があります。

ユーザーが購入したいと思うような商品・サービスを作るのはもちろんのこと、請求方法やサイトのデザインも購入に結びつく重要な要素です。

人の心理や行動に興味が強い人なら、ユーザーの行動心理も理解しやすく、強い意欲を持って分析に取り組めるでしょう。

5. デジタルデバイスの扱いに慣れている

Webマーケティングの作業ではほとんどの作業でデジタルデバイスを使うため、扱いに慣れていない場合は難しいでしょう。

パソコンやスマートフォンはもちろんのこと、エクセルやパワーポイントなどでデータを集計して発表する機会も多いです。

日中パソコンと向き合うため、難なく操作できるスキルが求められます。

6. コミュニケーション能力が高い

Webマーケティングでは、ある程度のコミュニケーション能力も求められます

Webマーケティングと一口にいっても、様々な施策が存在し、クライアントによって柔軟に変化しなくてはなりません。

よってクライアントの意図を汲み取り、施策内容をわかりやすく伝える必要があります。

また施策はひとりで進めるものではないため、同僚や上司、代理店ともうまく連携しながら作業を進められる人材が重宝するでしょう。

7. マルチタスクを扱える

Webマーケティングは複数の仕事をこなすことが多く、マルチタスクに追われがちです。

そのため自分で適切にタスクを管理し、効率よく進める力が求められます。

マルチタスクがこなせないとスムーズに仕事をこなせず、苦労することが多くなるでしょう。

Webマーケティングをやっていくなら、タスクをうまく管理する能力が大切です。

Webマーケティングが向いていない人の特徴

Webマーケティングが向いていないのは、以下のような人たちです。

  1. パソコン作業が苦手
  2. 自分の頭で考えない
  3. 同じことを黙々とこなしたい

順番に見ていきましょう。

1. パソコン作業が苦手

パソコン作業が苦手な人には、Webマーケティングは不向きです。

Webマーケティングはパソコンを使った仕事がメインで、エクセルやパワーポイントなどのソフトも駆使していきます。

そのため、パソコンが苦手でうまく扱えないと、仕事をなかなか覚えられません。

また、苦手なパソコンを使い続けるので、働くこと事態が苦痛になってしまいます。

パソコンに苦手意識がある人は、Webマーケティングの仕事は避けたほうがいいでしょう。

2. 自分の頭で考えない

Webマーケティングは正解がない仕事で、常に自分で考えて行動・改善していくことが求められます。

自分で考えられないとWebマーケティングで結果が出にくいですし、運よくうまくいってもその理由を分析できません。

そのため結果を次に活かせず、Webマーケティングのスキルも身につかないままです。

常に分析する思考を持てない人には、Webマーケティングは難しいといえます。

3. 同じことを黙々とこなしたい

同じことを黙々とこなしたい人には、Webマーケティングは適していません。

Webマーケティングは扱う仕事の幅が広く、同じ作業を続けることはできないためです。

また、Webマーケティングの世界は技術の進歩が早く、過去の手法が通用しなくなることも多いです。

常に新しいことを学び実践していくのがWebマーケティングなので、同じことを黙々と行うことは難しいでしょう。

Webマーケティングの具体的な仕事内容を解説

Webマーケティングといっても仕事内容は多岐にわたり、ひとつのものに断定することはできません。

そのためWebマーケティングにどんな仕事があるのか、イメージしづらい場合もあるかと思います。

そこでここからは、Webマーケティングの具体的な仕事内容について解説していきます。

  1. ユーザーを集客する
  2. サイトのアクセス解析
  3. リピーターを確保する

順番に見ていきましょう。

1. ユーザーを集客する

Webマーケティングで特に重要なのが、ユーザーの集客です。

サイトへの集客ができなければ商品やサービスについて知ってもらうことができず、収益もあげられません。

ユーザーを集客する方法は、以下のものです。

  • SEO (ネット検索で上位表示するための対策)
  • SNS(Twitter・Facebook・Instagramなど)
  • ネット広告(リスティング広告・純広告・アフィリエイト広告など)

商品やサービスによって、適した集客方法は異なります。

売りたい商品やサービスにとって、最も最適な集客方法を考えることが、Webマーケティングの重要な仕事です。

2. サイトのアクセス解析

サイトのアクセス解析を行うことで、マーケティングの施策が成功しているかどうかを分析します。

  • どんな検索からサイトに来たか
  • どのページに飛んだか
  • どこから離脱したか
  • 滞在時間はどれくらいか

このようなユーザーの行動を分析し、改善点を洗い出すことが大切です。

改善点をもとにどうすれば集客・売上を上げられるかを考え、新たな施策を実践します。

そして施策の結果が出たら、それを分析し改善策を実践する、といった流れの繰り返しです。

3. リピーターを確保する

サイトに訪問したユーザーをリピーターにする仕組みを作るのも、Webマーケティングの仕事です。

具体的な手法としては、メルマガやSNSの発信です。

リピーターが多くなるほど、新規開拓しなくても売上をあげられる仕組みが出来て収益が安定します。

メルマガに登録してくれた人に対しては、優先的にサービスを提供するのもリピーター戦略として有効です。

Webマーケティング未経験でも仕事にできる!具体的な3つの方法

Webマーケティングは経験者が優遇される傾向にあるため、未経験だと仕事にするのが難しく感じるかもしれません。

しかし未経験からでも適した方法で勉強・アピールすることで、Webマーケティングを仕事にできます。

Webマーケティング未経験から仕事にする具体的な方法は、以下の3つです。

  1. Webマーケティングスクールでスキルを身につける
  2. ブログを運営しポートフォリオにする
  3. 動画教材で勉強する

順番に見ていきましょう。

1. Webマーケティングスクールでスキルを身につける

Webマーケティングのスキルはスクールで身につけるのが、特に効果的な手段です!
Webマーケティングは内容が多角化しており、何をどのように学べばいいのかが分かりづらいのが難点です。

スクールであれば講師の指導のもと正しい手順・方法で学べるので、早くスキルを習得できます。

さらに疑問点をすぐに質問できるので、勉強につまづくことなくスムーズに進められるのもポイントです。

オンラインで学習を進められるスクールも多いので、空いた時間に勉強できるなど、学習環境が整っています。

「実践で通用する本格的なスキルを身につけたい」という方は、ぜひスクールの利用を検討してみてください。

2. ブログを運営しポートフォリオにする

ブログはWebマーケティングのスキルを総合的に使うので、ポートフォリオとして使えます。

個人でも簡単に始められるので、実績作りとして最適です。

ブログで使うWebマーケティングスキルは、以下のものです。

  1. ライティング力
  2. SEO
  3. コーディングスキル
  4. 経営者目線
  5. アフィリエイト
  6. SNS

どれもWebマーケティングで重要なスキルで、ブログを運営するとこれらを実践的に学べます

Webマーケティングスクールで身につけたスキルを、ブログ運営で実践するとさらに学習効率が高まります。

ブログ運営でWebマーケティングスキルを身につける方法については、以下の記事を参考にしてみてください。

【最適】Webマーケティングをブログ運営から勉強できる?参考にすべきサイトや具体的な方法を解説

>>【最適】Webマーケティングをブログ運営から勉強できる?参考にすべきサイトや具体的な方法を解説

3. 動画教材で勉強する

動画教材で勉強するのも、Webマーケティングスキルを身につけるのに有効です。

実践的なスキルを視覚的にわかりやすく学べるので、学習の質が高いです。

料金もスクールなどに比べると安価なので、比較的手軽に始められます。

ただし自主学習なのでモチベーションを保ちづらく、講師に質問ができずに勉強の手がとまってしまうこともあるでしょう。

料金だけで選ぶのではなく「実践で使えるWebマーケティングを身につける」という目的のために、最適な教材を探すことを意識してみてください。