【要注意】Webマーケティングのブラック企業を見抜く4つのコツ!ホワイトカラーに入社する方法とは

「Webマーケティングの仕事はブラックって本当?」
「ブラック企業は避けて就職したい……」
「Webマーケティングの仕事は自分に向いている?」
などと考えてはいませんか?

Webマーケティングの仕事は多岐に渡るため、ブラック化しやすいという噂に不安に思う方もいるかもしれません。

確かに、Webマーケティング企業にはブラックなところもあるでしょう。しかしそれはどの業界でも同じであり、重要なのはブラックか否かを見極めることです。

見極める力がつけば、ブラック企業を避けてホワイトなWebマーケティング企業に就職できます。

そこで今回は、ブラックなWebマーケティング企業を見抜くコツを紹介します!

  1. ホワイト企業へ入社するコツ
  2. Webマーケティングの仕事に向いている人の特徴
  3. スキルの高め方

についても紹介します。

この記事を読めば、ブラックなWebマーケティング企業対策は万全です。ぜひ最後までご覧ください。

ブラックなWebマーケティング企業を見抜く4つのコツ

Webマーケティング企業がブラックかどうか見抜くコツは、大きく分けて4つあります。

  1. 案件1つに何人体制で取り組んでいるか
  2. 自社をWebマーケティングできているか
  3. 幅広い業務を請け負っているか
  4. 残業時間はどれぐらいか

一度就職すると、転職するのは簡単ではありません。

企業に履歴書を送る前に、ブラックかどうか入念にチェックしてください。

1.案件1つに何人体制で取り組んでいるか

Webマーケティングの案件は、基本的に複数人で協力して行います。中身が複雑に分かれているので、細分化して分業体制を敷くのが基本です。

  1. クライアントへのヒアリング・プレゼン
  2. 施策の考案
  3. 施策の実行
  4. データの分析
  5. 新たな施策の提案

などの業務を、分担して行います。

ところが人数が不足していると、これら全てをごく少数の人間だけで行う場合もあります
納期の厳しい案件が重なると、修正に追われてしまい、中々家に帰れなくなってしまうかもしれません。

面接やホームページでで社員の人数や請け負っている業務の規模などを確認して、ブラックかどうかを見抜くことが肝心です。

2.自社をWebマーケティングできているか

Webマーケティングの企業の実力は、自社をマーケティングできているかどうかで分かります。

検索しても名前が出てこないような企業は力不足なので、あまり儲かっていないことが多いです。
結果的に給料も絞られ、ボーナスも期待はできないでしょう。

またWebマーケティングは移り変わりが激しい業界です。
そのため歴史が浅い企業の場合は、たとえいまの売上が高くても、今後どうなるかはわかりません。

やはり規模が大きく歴史が長い企業ほど待遇が安定するので、会社の沿革もチェックすると良いでしょう。

3.幅広い業務を請け負っているか

Webマーケティングと言っても様々な意味があるので、その企業がどこまでの業務を請け負っているかは良くチェックしなければなりません。

業務が多ければ多いほど、個人が担当する内容が増えるため、忙しくなる可能性が高まります。
特に少人数の会社で幅広い業務を請け負っている場合は、注意が必要です。

一方で会社の業績は伸びやすいので、給料面の待遇が良くなることも考えられます。

4.残業時間はどれくらいか

残業時間は最も分かりやすいブラック企業の指標なので、細かくチェックすることが大切です。

とはいえ面接では聞きづらい内容で、さらに正しく答えられないかもしれません。

そこで転職サイトや口コミサイトを確認することをおすすめします。

など、口コミサイトは数多く存在するので、気になる企業があったら検索をかけてみてください。

ホワイトなWebマーケティング企業へ入社する3つのコツ

こちらでは、ホワイトなWebマーケティング企業へ入社するためのコツを3つ紹介します。

  1. スキルを身につける
  2. ポートフォリオを充実させる
  3. 複数の企業を受けて回る

それぞれ詳しく確認していきましょう。

1.スキルを身につける

スキルを身につけることで、待遇の良いホワイトな企業へ入社できる可能性が高まります。

Webマーケティングの業界は成長産業であり、人手不足が進行している売り手市場です。

電通が発表した「2020年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」によると、業界全体が前年比114.8%で成長しています。

入社前にWebマーケティングのスキルを身につけておけば引く手あまたの状態になり、ホワイト企業への入社確率を高められるでしょう。

2.ポートフォリオを充実させる

ポートフォリオは、過去の実績をまとめたものです。
企業はスキルを判断する材料として、ポートフォリオを使います。

Webマーケティングの仕事は実績が大切なので、身につけたスキルを使ってどんな成果を残したのかは、就職時のアピールポイントとして重要です。

とはいえ個人で他社のWebマーケティングを請け負う必要はなく、自分のSNSやブログを成長させて、PV数やインプレッションなどを公開するだけでも効果はあります。

就職したい企業が行っている業務に合わせたWebマーケティングの成果を提示できれば、即戦力とみなされ合格率が跳ね上がるでしょう。

3.複数の企業を受けて回る

当然ではありますが、Webマーケティングの会社は複数あるので、1つだけよりも複数受けることをおすすめします。

特に東京に集中しているので、地方の方でも上京してみると、新たな道が開けるかもしれません。

内定が1つしか貰えないとブラックでも行かざるをえないので、できるだけ多くの企業の情報を集めてみてください。

Webマーケティングの企業に就職する2つのメリット

Webマーケティングの企業に就職するメリットは、大きく分けて2つあります。

  1. 副業に応用できるスキルが身につく
  2. 最先端の技術に触れられる

どちらも魅力的なポイントなので、順に解説していきます。

1.副業に応用できるスキルが身につく

現代ではどんなビジネスでもWebを無視することはできないので、Webマーケティングはあらゆる副業に応用できます。

例えば一見Webマーケティングとは関係なさそうな「せどり」を副業にする場合でも、商品の魅力を伝えたり、情報発信を絡める場合にとても役に立つはずです。

Webマーケティングの知識が無ければ成功できないとは言いませんが、売上を大きく伸ばしてくれるのは間違いないでしょう。

2.最先端の技術に触れられる

Web事業は流行の移り変わりが激しく、古い施策の効果はどんどん薄くなってしまいます。そのため、今実際に使われている最先端の技術に触れることが重要です。

Webマーケティングの企業に就職すれば、現場の技術を叩き込まれるので、必然的に最先端のノウハウを習得できます。

書籍などで学ぶよりも早く、最も濃密な情報や技術に触れられるはずです。

Webマーケティングの仕事に向いている人の特徴3選

Webマーケティングは複雑な仕事で、多くの人と関わる都合上、向き不向きがある仕事です。

Webマーケティングの仕事が向いている人の特徴は、大きく分けて3つあります。

  1. 規模の大きな仕事がしたい人
  2. 心理を読むのが得意な人
  3. 新しいのも好きで流行に敏感な人

順番に解説していきます。

1.規模の大きな仕事がしたい人

Webマーケティングはクライアントの広告費を任されて、運用する仕事です。その性質上大金を動かすことも多く、大きな案件の場合は金額が億を超えることもあるでしょう。

その分世間に与える影響も大きく、SNSを任された時はバズを起こすのもWebマーケターの仕事です。

上手く行けば会社の売上の桁を変えるほどパワーを秘めているので、規模の大きな仕事がしたい人にはピッタリです。

2.心理を読むのが得意な人

Webマーケティングの仕事は、顧客の心を動かすのが肝になります。考案した施策で何人の心を動かせたか次第で、会社の売上が変わります。

そのためWebマーケターには、大衆の心理を読む能力が欠かせません。人がどんな事に興味を持ち、どんな風に感じて商品を買うのかを理解していれば、それに合わせたマーケティングができるでしょう。

人の心理を読むのが好きで、相手の考えていることを察するのが得意な人はWebマーケティングに向いています。

3.新しい物好きで流行に敏感な人

Webマーケティングとトレンドは切っても切れない関係で、流行を上手くマーケティングに取り入れれば、効果を飛躍的に高められます。

2020年には鬼滅の刃が流行し、コラボ商品や紹介ページが大量に生まれたのが良い例です。
一見関係のない缶コーヒーでも、キャラクターの絵柄を乗せるだけで爆発的なヒットを生み出しました。

このようにトレンドのパワーは絶大なので、素早く反応できる人は、Webマーケティングに向いています。

Webマーケティングを勉強する方法3選

Webマーケティングのスキルを高める方法は、大きく分けて3つあります。

  1. スクールに通う
  2. 書籍を読む
  3. 自分のメディアを伸ばす

Webマーケティングは奥が深い世界なので、スキルは多方面から磨いていきましょう。

1.スクールに通う

Webマーケティングのスクールは、現役のマーケターから最先端の情報を学べるのが魅力です。

Webは変化の激しい業界なので、10年前の知識がそのまま使えるとは限りません。
鮮度の高い情報にキャッチアップするのであれば、スクールに通うのが最適です。

またスクールでは疑問点をすぐに質問できる環境が整っているため、学習をスムーズに進められます。

「とにかく最短距離でスキルを身につけたい」という方は、スクールの受講を検討してみてください。

▼おすすめのマーケティングスクールまとめ▼

【2021最新】Webマーティングのおすすめスクール・講座8選!5つの選び方も徹底解説

>>【2021最新】Webマーティングのおすすめスクール・講座8選!5つの選び方も徹底解説

2.書籍を読む

Webマーケティングに関する書籍は数多く出版されています

料金が安く、様々なジャンルに分けて解説されているので、自分の欲しい情報を見つけやすい点が特徴です。

書籍は体系的な学習できるので、全体を把握したい初心者の方にもうってつけだといえます。

安い分疑問点を質問ができなかったり、読むだけではスキルが身につかなかったりするデメリットがありますが「とりあえず勉強したい」という方におすすめです。

3.自分のメディアを伸ばす

自分のブログやSNSなどのメディアを伸ばすのも、立派なWebマーケティングの勉強方法のひとつです。

学んだスキルを実践することで、効率よく実力を伸ばせます。

他にも自分のメディアを伸ばすメリットは多く、

  • 副業にもなる
  • 自分のポートフォリオとして使える
  • 直接案件が舞い込んでくる

などなど良い事づくしです。

スクールや書籍と組み合わせるとさらに効果が高いので、ブログやSNSなど、積極的に自分のメディアを運用してみてください。