【最適】Webマーケティングをブログ運営から勉強できる?参考にすべきサイトや具体的な方法を解説

「Webマーケティングを学ぶのにブログが役立つ?」
「ブログでWebマーケティングのどんなことを学べる?」
「Webマーケティングの勉強で参考にすべきブログは?」

Webマーケティングの勉強のために色々なブログを参考にしたり、自分で運営したりするのは非常におすすめです。
ところが、どのように勉強を進めればいいのかがイマイチわかりづらいですよね。

そこでこの記事では、Webマーケティングとブログについて、以下の内容を解説していきます。

  • ブログで身に付くWebマーケティングのスキル
  • ブログを使ったWebマーケティングの学び方
  • Webマーケティングの勉強になるおすすめブログ

この記事を読むことで、ブログ運営からWebマーケティングを学ぶ方法を理解できます!詳しく知りたい場合は、ぜひ参考にしてみてください。

ブログ運営で身に付くWebマーケティングのスキル6選

ブログ運営で学べるWebマーケティングスキルは、以下のものです。

  1. ライティング力
  2. SEOの知識
  3. コーディングスキル
  4. 個人事業の経験
  5. アフィリエイト
  6. SNSの運用

順番に見ていきましょう。

1. ライティング力

ブログに記事を書くことで、ライティング力が身につきます!

読者に分かりやすい内容の記事を書くには、文章力が求められるためです。

最初は、ほとんどの人がうまく文章を書けません。しかし人気ブログを参考に試行錯誤し継続していけば、ライティング力が磨かれていくでしょう。

Webマーケティングでは情報を分かりやすく解説し、こちらの意図を正しく伝える必要があります。

ライティング力があれば的確に情報と意図を伝えられ、ユーザーの関心を惹きつけられるようになるのです。

また、ライティング力は記事を書くだけでなく、プレゼン資料の作成や分かりやすく伝える力を鍛えることにもつながります。

ブログ記事を書きライティング力を身につければ、さまざまなことに活かしていけます。

2. SEOの知識

ブログ運営を通して、SEOの知識が身につきます!
SEOは「検索エンジン最適化」という意味で、GoogleやYahooの検索結果の上位表示を目指すための施策。
検索で上位を取って読まれるブログを作るには、SEOの知識が必要不可欠です。

ユーザーの多くはGoogle検索で必要な情報やサービスを探し、購入しています。そのためWebマーケティングで成果を出すには、SEOの知識が求められます。

SEOに強く検索上位に出る記事を作るには、以下の知識が必要です。

  • キーワード選定
  • 構成作成
  • クリックされやすいタイトル設定

こういった知識をもとに、検索ニーズにあった内容を盛り込んでいかないと読まれる記事は作れません。

インフルエンサーと呼ばれるほど影響力のあるブロガーでも、ほとんどの記事はSEOから読まれています。

人気ブログを作るためSEOは必須の知識なので、ブログ運営を通してSEOのスキルが身につきます。

3. コーディングスキル

ブログ運営でコーディングという、プログラミングに関するスキルが身につきます!

コーディングとはコンピュータ言語をコードで入力し、製作したWebデザインをブラウザ上で表示されるようにする工程のことです。

主に使用するのは「HTML」「CSS」「Java Script」などのコンピュータ言語です。

いくらいい商品・サービスでも、サイトデザインが汚い・整っていないとユーザーに魅力が伝わりにくいです。

Webマーケティングでユーザーにアピールするには、コーディングでサイドデザインを調整するスキルも求められます。

ブログ運営で記事やサイトの細かいデザインを変更するには、HTMLやCSSを使います。そのため、ブログの細かいデザインを整えるには必要な知識です。

4. 個人事業の経験

ブログを運営することで、個人事業の経験を得られます!ブログ運営では、多くのことを1人で行います。

  • ドメインの取得
  • ブログの開設
  • ジャンルの選定
  • 取り扱う商品の選定
  • ライティング

などを1人で行っていくうえで、個人で事業を行うという経験が積める点が魅力です。

読まれるブログを作るには、世の中の流れを把握することが大切。

新しく登場したサービスやSNSがあった場合、詳細や使い方をどこよりも早く解説していけばいち早く市場を抑えられます。

その時々のトレンドを掴んだ記事を書ければ、短期間で多くのアクセスを稼ぐこともできるでしょう。

ブログ運営はどの分野に参入するか・どう伸ばしていくかなどを、自分1人で考えていく作業です。

そのため個人事業を経験できて、経営者の視点で物事を見ていけます。

5. アフィリエイト

ブログでアフィリエイトを行えば、広告収入に関する知識も身につきます。

アフィリエイトとは成果報酬型広告のことで、ブログで特定のサービスを紹介し購入されると収益が得られる仕組みです。

ASPと呼ばれるアフィリエイト広告を取り扱っているサイトも多数あるため、個人でも行えるビジネスモデルです。

アフィリエイトで売り上げを出すには、Webマーケティングスキルが総合的に求められます。

SEOに強い記事を作るのはもちろんのこと、ユーザーに購入してもらうにはサービスの魅力・メリットを伝えるライティング力も必要です。

Webマーケティングスキルを身につけるには、有効な手段といえるでしょう。

6. SNS

ブログを通して、SNS運用の知識も身につきます。アクセスを集めるには、SNSの活用も重要であるためです。

ブログのアクセスアップはSEOが主体ですが、常に安定しているわけではありません。

Googleのアルゴリズム(検索順位を決める基準)の変更で一気に下落することも多いですし、新しいサイトではなかなか順位が上がりにくいです。

しかしSNSを活用することで自分からアピールできるようになり、さらなるアクセスアップにつながるのです。

変動が多いSEOだけでWebマーケティングを行なっていくのは、かなり厳しくなっています。

SNSを合わせて使っていくことで、さらにWebマーケティングの成果を高められます。

Webマーケティングをブログ運営で学んでいく流れ

Webマーケティングのスキルを学べると言われても、どのように運営していけばいいのか分からない場合もあるでしょう。

そこでここからは、Webマーケティングをブログ運営で学んでいく流れを解説していきます。

  1. ワードプレスでブログを開設する
  2. 最低でも半年〜1年継続的に運営する
  3. 結果が出た記事をリライト
  4. ライター案件を獲得する
  5. ブログに関する情報をSNSで発信

順番に見ていきましょう。

1. ワードプレスでブログを開設する

ブログは、ワードプレスを使って開設しましょう!はてなブログといった無料ブログサービスと異なり、行えることの幅が広がります。

また無料ブログでは、アフィリエイトを禁止しているものもありますし、広告を貼れる場所が限られていることも。

アフィリエイトに関する制限が多いため、無料ブログではWebマーケティングスキルを十分に学べません。

また、無料ブログは突然サービスが終了し強制的にブログがなくなってしまう可能性があります。

過去には「Yahoo!ブログ」や「ヤプログ!」などのブログサービスが終了しています。せっかく運営してきたブログが突然なくなるのは、非常値もったいないですよね。

ワードプレスならサービス終了で削除されることはないので、安心して運営していけます。

2. 最低でも半年〜1年継続的に運営する

ブログは最低でも半年〜1年継続しましょう!短期間では結果が出ないため、ある程度長期的に見ていく必要があります。

開設したばかりで記事数の少ないブログは、Googleに認知されていません。そのため記事が検索結果に反映されるまで時間がかかり、それまではSEO手法が正しかったかの判断もできないのです。

新しく開設したブログでSEOの成果が出てくるまでにかかる時間は半年、競合の多いワードで上位に入るには1年は必要です。

半年〜1年はSEOを意識し、アフィリエイト請求ができる記事の執筆を続けていきましょう。

3. 結果が出た記事をリライト

ブログを継続しSEOの成果が徐々に出てきたら、アクセス数が多い・アフィリエイトにつながる記事のリライトを行いましょう。

リライトとは、すでに公開されている記事に改良を加え、より読者ニーズを満たしたものにブラッシュアップすることです。

古い内容の記事は検索エンジンからの評価が落ち、順位が下落してしまうこともあります。
記事のリライトを行うことで検索エンジンから再評価されて、順位を維持できるのです。

しかし全部の記事をリライトするのは時間がかかりますし、読まれていない記事の評価を大幅に改善することは難しいです。

そのためリライトは人気記事を中心に行い、アクセスや収益を維持しましょう。

4. ライター案件を獲得する

ブログで身につけたライティング力を活かし、ライター案件を獲得してみましょう。

ブログをポートフォリオとして活用すれば、クラウドソーシング(企業からの仕事依頼を仲介してくれるサイト)でライター案件を獲得できます。

ライター案件の中には、メディアのディレクターさんから記事の添削を受けられることも。

自分では気づけない文章の改善点を知れるし、添削を活かしていけばさらにライティング力を高めることが可能です。

また、ライター案件への応募を通して営業力を鍛えられます。ブログで記事を書くことに慣れてきたら、ライター案件に応募してみましょう。

5. ブログに関する情報をSNSで発信

ブログ運営で得た情報をSNSで発信してみましょう!ブログに関する情報を求めている人は多いですし、SNS運用に関するスキルも学べます。

アクセス数を伸ばす方法やアフィリエイトで稼いだ方法などを発信しフォロワーが増えれば、SNS上で影響力を持つことも可能です。

また、ブログの成長過程の発信にも価値があるため、SNS運用はブログと同時並行で行うのがおすすめです。

Webマーケティングの情報が得られるブログ

Webマーケティングの勉強を本で行うのもいいですが、詳しく解説しているブログを読むのも有効です。

ブログなら読むのにお金がかかりませんし、本にも負けないだけの情報があります。Webマーケティングの情報を得られるブログは、以下のものです。

  1. バズ部
  2. SEOラボ
  3. Web担当者Forum
  4. オモコロ
  5. LIG BLOG

順番に見ていきましょう。

1. バズ部

引用 https://bazubu.com

バズ部では、ブログといったメディア運営に関する情報を多数取り扱っています。特にSEOについて知りたいなら、必ず読んでおくべきサイトです。

新着記事はもちろんのこと、過去に書かれた記事もSEOの本質的な部分を解説しているため参考になります。

SEOの基本的なことはほぼ網羅されているので、隅々まで読んでおくのがおすすめです。

2. SEOラボ

引用 https://seolaboratory.jp

SEOラボは、北海道札幌市のSEO対策専門会社「ディーボ」が運営しているメディアです。

Googleは定期的にアルゴリズムのアップデートを行なっており、その影響で検索順位が大きく変動することが多いです。

SEOラボは、Googleのアップデートや順位の変更があった際に記事にして知らせてくれます。

今回のアップデートにはどういった傾向があるのかも分析してくれるので、Webマーケティングで結果を出すなら確認しておくといいでしょう。

3. Web担当者Forum

引用 https://webtan.impress.co.jp

Web担当者Forumは、株式会社インプレスが運営している、Web担当者に向けた情報サイトです。Webマーケティングを含む、ネットに関する情報を数多く配信しています。

解説系の記事だけでなく取材記事もあるため、実例をもとに多くのことを学べるでしょう。

FacebookといったSNSで多くシェアされている記事もあり、SNSの使い方も参考になるサイトです。

4. オモコロ

引用 https://omocoro.jp

オモコロは、笑えるコンテンツを中心に掲載しているメディアです。

ここまでに解説してきたSEO関連のメディアとは違い、SNSでの反響を狙った記事が多いです。

SNSでのバズを狙った記事や広告系の記事の作り方が、マーケティングの観点から非常に参考になります。

5. LIG BLOG

引用 https://liginc.co.jp/blog

LIG BLOGは、東京の制作会社「LIG」が運営しているサイトです。

記事制作やデザイン、Webサービスについての記事もあり、勉強になる内容が多いです。

2021年3月現在では、リモートワークやワーケーションに関する記事も増えているため、そういった内容に関心がある場合もチェックしてみるといいでしょう。

Webマーケティングとブログに関するよくある質問

ここまでに解説してきた内容以外にも、Webマーケティングとブログに関して気になっていることがあるかもしれません。

そこでここからは、Webマーケティングとブログに関するよくある質問に答えていきます。

  1. 就職活動の実績にブログは使える?
  2. ブログはオワコン?
  3. Webマーケティングは学校に通って勉強したほうがいい?

順番に見ていきましょう。

1. 就職活動の実績にブログは使える?

Webマーケティング会社への就職は、実績が求められることが多いですが、ブログは実績としてかなり有利に利用できます。

個人ブログで多くのPVを集めるには、SEOの知識やライティング能力など、幅広いスキルが必要だからです。

反対に、完全未経験からWebマーケティングの会社に就職するのは難しいでしょう。

ここまでに解説してきましたが、ブログを運営しアクセスアップやアフィリエイトに取り組んでいくことでWebマーケティングの実践ができます。

結果が出れば実績として提示できるようになるので、未経験の場合はブログ運営に取り組んでみるのがおすすめです。

2. ブログはオワコン?

ブログなど、SEOに関しては、オワコンだという意見もあります。大手企業が参入しており、個人で成果を出すことが難しくなってきているからです。

10年ほど前と比べると難しくなった部分はありますが、ブログはまだオワコンとは言い切れません。

マイクロソフト社が発表した『2020年のビジョン(次の10年の定義)』で、SEOは「2020年代を生き抜く重要なスキル」だと明記されています。

SEOは今後、複合的なマーケティング施策に収束されるというのがマイクロソフトが出している予測です。

必ずしもそうなるとは限りませんが、世界的企業であるマイクロソフトがこのような見解である以上、Webマーケティングはオワコンだと断定はできません。

3. Webマーケティングは学校に通って勉強したほうがいい?

Webマーケティングを学習するために学校に行くのもひとつの手です。なぜならWebマーケティングは、実践を通して学ぶのが何より重要だからです。

スクールに通えば体系立てられて効率がいいですし、講師からのサポートも受けられるので効率的に学べます。

もちろん独学でも勉強できますが、なかなか時間が取れなかったり、疑問点をすぐに解消できなくて作業が進まなかったりするのが難点。

よって効率よく学習を進めたい方には、習得スピードが早くなる学校に通うのは有効な手段です。