【必見】Webマーケティングのフリーランスに必要な5つのスキルや仕事の探し方を徹底解説

「Webマーケティングのフリーランスになりたい!」
「フリーランスになっても仕事はあるの?」
「Webマーケターの働き方が知りたい!」

と考えていませんか?

Webマーケティングは会社に依存しないことが多く、比較的フリーランスになりやすい職業と言えます。
オフィスも必要としないので、リモートの仕事も可能な職種です。

とはいえフリーランスは安定しないイメージもあり、仕事が無くなってしまわないか心配な方もいるでしょう。 

そこで今回は、フリーランスWebマーケターについて、以下の内容を紹介します

  1. 主な仕事内容
  2. 必要なスキル
  3. 具体的ななり方
  4. 仕事の探し方
  5. 高単価のマーケターになるコツ

これからWebマーケティングを勉強して、フリーランスとして活動したいと考えている方は、ぜひ最後まで記事をご覧ください!

フリーランスWebマーケターとは!仕事内容や働き方を解説

フリーランスのWebマーケターの働き方は幅広く、自由な働き方を選べます。

そもそも「Webマーケティング」という言葉自体の意味が広すぎて具体的なイメージが浮かばない方もいるかも知れません。

まずはWebマーケターの仕事内容や働き方を解説していくので、どのような職業なのか掴んでみてください。

Webマーケティングの主な仕事内容

Webマーケターの業務内容は幅広く、ひとりで全てをカバーできる人は多くありません。
そのため特定の分野に特化した方も多く、協力してWebマーケティングを行っています。

Webマーケティングの主な仕事
  1. SEO
  2. SNS
  3. 広告運用
  4. データ分析
  5. 改善提案

「Webマーケティング」という呼び名は例えると「スポーツ選手」と言っているようなものです。
何を専門として活動しているのかは、人によって大きく変わります。

Webマーケターとして仕事をする際は、できるだけ自分の専門が明確になる名前をつけておくと良いでしょう。

Webマーケティングの働き方の特徴

Webマーケティングの仕事にオフィスは必要ないので、フリーランスで働く場合にはリモートの仕事も多いです。

完全リモートではなくとも、週1〜2回の出社のみで良い案件など、フレキシブルに働き方を選べます。
家族との時間を大切にしたい方など、ワークライフバランスを考えた働き方が可能です。

働き方によって年収も前後しますが、フリーランスになる場合に最も収入に影響するのは実績です。

実力を証明するポートフォリオがあれば、年収1000万円も夢ではありません。

フリーランスWebマーケターに必要な5つのスキル

フリーランスのWebマーケターになるには、合計5つのスキルが必要です。

フリーランスの世界は実力主義なので、スキルもなく独立すると仕事に困る可能性があります。

  1. プラットフォームの運用力
  2. データ分析力
  3. 文章力
  4. プレゼン力
  5. ヒアリング力

どれもWebマーケティングの世界には欠かせないものなので、しっかりと確認しておきましょう。

1.プラットフォームの運用力

Webマーケティングと一口に言っても、担当する業務は様々です。発信するプラットフォームによって、必要な知識は大きく変わります。

  • ブログ(SEO)
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

担当するプラットフォームの知識無しに、マーケティングを行うのは困難です。システムアップデート等を常に追いかけ、最新の情報をキャッチしましょう。

これらのスキルによって「SEOマーケター」や「YouTubeマーケター」など、Webマーケターの中でも呼び方が細分化されます。

2.データ分析力

Webマーケティングはクライアントの売上に責任を持つ仕事であり、データ分析は基本となるスキルです。
個人の勘で施策を打つとクライアントに大損害を与える可能性があるので、データに基づいた行動を心がけましょう。

どの施策が何%売上を高めたのか、正確に把握するほど次の施策が明確になり、ヒット率も上がっていくはずです。

マーケティングの世界は常に競合他社との戦いなので、より詳細にデータを分析し、より効果的な施策を考えられるマーケターが評価されます。

3.文章力

Webマーケターは多くの人と関わる仕事なので、文章のやり取りが欠かせません。
メールや資料を作成する際に、文章力は大きな武器です。

  • エンジニアへの指示書
  • クライアントに提出する資料
  • 同業マーケターとの連絡

他の業種と比べて多くの人とやり取りする仕事なので、誤解のない文章を書き正確に情報を伝達するスキルが大切です。

4.プレゼン力

Webマーケターの仕事は、クライアントの売上をアップさせることです。
そのために施策を考案してプレゼンを行い、クライアントを納得させる必要があります。

過去の推移から結果を予測して、投入する予算よりも大きなリターンを残せることを証明しなくてはなりません。

どんなに良い施策を思いついたとしても、プレゼンに失敗してしまえば内容が伝わることはないでしょう。

プレゼンスキルはクライアントから仕事を獲得するために重要な部分なので、施策を論理的に説明できるように意識して取り組むことが大切です。

5.ヒアリング力

ヒアリングはWebマーケティングの土台となるスキルです。クライアントの意向を聞き出して、仕事の方針を決定するのに欠かせません。

ヒアリングは単に言うことを聞いていれば良いわけではなく、言外のニュアンスを推察したり、不明瞭な部分を聞き出す力が試されます。

Webマーケティングの仕事のスタートに関わるスキルであり、ヒアリングに失敗するとクライアントの意に反した施策や発信を行ってしまう可能性もあるので注意しましょう。

フリーランスWebマーケターになるまでの4ステップ

こちらでは、フリーランスのWebマーケターになるための4つのステップを紹介します。

  1. Webマーケティングについて学ぶ
  2. 実績を上げてポートフォリオを作る
  3. 副業として案件を受注する
  4. 情報発信を通じて案件を獲得する

しっかり段階的に実力を身につけることで、フリーランスでも活躍しやすくなります。それぞれ詳しく確認していきましょう。

ステップ1:Webマーケティングについて学ぶ

フリーランスになる前に、まずはWebマーケティングを学ばなければ始まりません。

主に3つの方法があるので、好きなものを選んでください。

  1. スクールに通う
  2. 書籍で学ぶ
  3. 自分でメディアやSNSを立ち上げる

この中でも最短距離でWebマーケティングのスキルを身につけたいのであれば、スクールがおすすめです。

スクールであれば実際に実績のあるWebマーケターから、最新のノウハウを学べます
講師に直接質問できる環境も整っているため、悩みをスッと解決できる点もメリットです。

入学にはお金がかかりますが「とにかく早くフリーランスを目指したい」という方には、非常におすすめの方法だといえます。

ステップ2:ポートフォリオを作る

ポートフォリオは、自分が過去に行ってきたマーケティングの実績をまとめたものです。

フリーランスには会社という後ろ盾がないので、本人の実績が仕事の受注に大きく関わります。
できれば最初はWebマーケティングの会社に就職して、数年経験を積むと良いでしょう。

ハードルが高いようであれば、自分のSNSやブログを伸ばしてみてください。SNSのフォロワー数を増やすのも、立派なWebマーケティングの1つです。

例えばTwitterのフォロワーを何個も万単位にした実績があれば、SNSマーケターとして独立するには十分です。

企業に出して恥ずかしくないポートフォリオを作りましょう。

ステップ3:副業として案件を受注する

Webマーケティングの能力が徐々に付いてきたら、いきなり独立するのではなく副業として案件を受注するのがおすすめです。

エージェントやクラウドソーシングサイトを使えば多くの案件に応募できるので、ポートフォリオがしっかりしていれば獲得は難しくないでしょう。

数をこなしながら、更にポートフォリオを充実することで、仕事を受注しやすくなります。

ステップ4:情報発信を通じて案件を獲得する

SNSなどで情報発信を行うことで、マーケティングに興味のある企業や個人から連絡が来やすくなります。

発信活動もWebマーケティングの1つなので、そこから案件を獲得できるようになれば一人前です。

積み上げた実績やスキルをもとに情報を発信して、フリーランスとして独立しても案件が途切れないようにしましょう。

フリーランスがWebマーケティングの仕事を探す方法

フリーランスがWebマーケティングの仕事を探す方法は、大きく分けて3つあります。

  1. クラウドソーシング
  2. SNS
  3. 知人やクライアントの紹介

それぞれ詳しく紹介します。

1.クラウドソーシング

特に実績がまだ少ない方の場合、クラウドソーシングサイトを使って案件に応募するのがおすすめです。

クラウドソーシングとは、企業と個人を結びつけるマッチングサイト。マーケティングを始めとして、様々な仕事が公開されています。

初心者向けの仕事も多数存在するので、実績を積み上げやすい点が特徴です。

が有名なクラウドソーシングサイトです。

無料で登録できるので、まずはどのような仕事があるのかを確認してみてください。

2.SNS

WebマーケティングについてSNSで発信を続けていれば、クライアントの方から依頼が来ることもあるでしょう。

特にフォロワーが多い=既にマーケティングの実績がある状態なので、仕事を獲得できる可能性も高まります。

  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

など、自分のアカウントをコツコツ伸ばすことで、仕事につなげられます。

3.知人やクライアントの紹介

フリーランスとしてクライアントを満足させ続けると、他の仕事を紹介してくれることがあります。

クライアントの持つコミュニティ内で噂が広がり「〇〇さんから話を聞いた」と言って連絡してくる方も現れるかも知れません。

フリーランス白書2020』によると、主な仕事の獲得方法として73%以上の人が「人脈(知人の紹介含む)」と回答しています

また、リアルで商工会などに足を運んでいれば、知人がクライアントと引き合わせてくれることもあるでしょう。

どんな仕事にも手を抜かず取り組めば、評判が高まり紹介を受けられる可能性も高まるはずです。

高単価なフリーランスWebマーケターになる3つのポイント

フリーランスのWebマーケターと言っても、支払われる報酬はピンキリです。

名前だけフリーランスになったとしても、低単価な仕事で毎日労働していては消耗するばかりなので、高単価を獲得するための3つのポイントを意識してください。

  1. スキルに専門性を持たせる
  2. 幅広いスキルを身につける
  3. 大きな成果を上げる

フリーランスになったからと言って慢心せず、さらに精進しましょう。

1.スキルに専門性を持たせる

Webマーケティングの仕事は幅広いので、あなたが仮に「Webマーケター」として仕事を求めても、クライアントは何ができる人なのか理解してくれません。

どんなものでもいいので専門性を持たせて、クライアントにアピールしましょう。

  • SEOマーケター
  • YouTubeマーケター
  • 不動産専門Webマーケター

これら以外にも得意とするジャンルで構わないので肩書を用意して、自分自身をマーケティングしてください。

強みがはっきりしていればクライアントも発注しやすく、成果を1つの分野にまとめていけば単価も上がり安くなります。

2.幅広いスキルを身につける

1つに特化させるのとは真逆で、幅広いスキルを身につける方法もあります。
企業の求めているWebマーケティング全般をまとめて引き受けられれば、報酬もアップしていくはずです。

フリーランスとしての活動が軌道に乗ったら、人を集めてWebマーケティングの仕事をまとめて引き受けられるようにするのも1つの手です。

3.大きな成果を上げる

フリーランスは実績が命なので、大きな成果を上げれば単価も大きくなっていきます。

クライアントがフリーランスに求めるのは「即戦力」なので、優秀な人の元には選びきれないほどの仕事が集まります。

仕事を集めるには、自分の実績を上手くアピールすることも大切です。
仕事の成果をポートフォリオにしっかりと反映し、誰が見てもわかりやすい実績表を作るようにしましょう。