Webマーケティングに将来性がある3つの理由!就職する際のポイントも解説

「Webマーケティングに将来性はある?」
「就職してから後悔することにならない?」
「就職するメリットや注意点が知りたい!」

「Webマーケティング」と言われても、いまいち何の仕事かピンとこなくて不安に思っている方もいるかもしれません。

結論から言うと、Webマーケティングに将来性はあるので安心してください!

とはいえ「Web」も「マーケティング」も意味が広すぎて曖昧なところがあるので、本当にこの道に進んで良いものか、判断するのがちょっと難しいですよね。

そこで今回は、Webマーケティングに将来性がある理由を解説していきます!

他にも年収や業界に就職するメリットなど、Webマーケターについても詳しく紹介していくので、ぜひ最後までご覧ください。

Webマーケティングに将来性がある3つの理由

Webマーケティングは、Web上でビジネスが行われる限り常に必要な存在です。

これからも少しずつ形を変えながら使われ続けることが予想されるので、将来性は高い業種と言って良いでしょう。

理由は大きく分けて3つあります。

  1. Web広告の市場が伸び続けているから
  2. 「マーケティング」自体に流行り廃りは無いから
  3. 副業などに応用しやすいから

未来が見えるわけではありませんが、いくつものデータを基に考えるとWebマーケティングの未来は明るくなっていきます。

1:Web広告の市場が伸び続けているから

マーケティングの大きな仕事の1つが広告事業です。Webマーケティングとなれば広告をWebに打つわけですが、その市場は伸び続けています。

例えば電通が発表した2018~2019年の日本の「インターネット広告媒体費」によると、1年で114.8%の成長が確認できます。

参考:2019年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析

ひと昔前はテレビや新聞などのマスメディアが主流でしたが、YouTubeやInstagramなど、Web関係への広告予算が多く割かれているのが現状です。

Web広告の市場が伸びている=Webマーケティングの業界全体に流れるお金が増えているので、これからもどんどん成長していくでしょう。

2:「マーケティング」自体に流行り廃りは無いから

そもそもマーケティングとは、商売が誕生した時点から存在する概念です。

開発した商品を「誰に向けて」「どのように」PRしていくのかを考えることがマーケティングなので、流行り廃りはありません。

Webマーケティングも、その名の通りWebにマーケティングを持ち込んだだけです。

もし仮に数十年後にWebが消滅したとしても、マーケティングが消滅することはないでしょう。培ったスキルを使えば、Webの次に来る何かにも対応できるはずです。

3:副業などに応用しやすいから

現代ではほとんどの仕事がWebとなんらかの形で関わっています。そこにお金の動きが発生する以上、Webマーケティングは必須です。会社規模でも個人規模でも、やっていることは変わりません。

そのため何か副業を始める際にも、Webマーケティングを応用すれば売り上げを高められるはずです。

自分が実際に商品を売る立場ではなかったとしても、マーケティングの知識があればクライアントの意向に沿った仕事ができます。

Webマーケターの将来性はジャンルで決まる!主な3つを紹介

Webマーケティングと一口に言っても「Web」だけだと意味が広すぎて、何を扱っているのかあやふやです。

実際に仕事をする際は、具体的に仕事を定義するために中身を分細分化ことが多いので、まずはWebマーケティングを3つに分けて考えましょう。

  1. 動画
  2. SEO
  3. SNS

Webマーケティングの中にも将来豊かなジャンルと、これから始めるのは厳しいジャンルがあります。

人生ハードモードにしたくない方は、将来性のある方を選んでください。

1:動画市場が爆伸び中

既に動画の波が到来して久しいですが、比較的新しい市場なのでまだまだ成長の余地が残されています。電通の広告市場の調査を振り返って見ると、前年比157.1%という一番の成長率を誇っていました。

知名度No.1のYouTubeはもちろん、他のプラットフォームにも動画の波は届いています。5Gが全国に普及すれば、この勢いはさらなる加速していくでしょう。

様々な企業や個人が動画を使った宣伝や広告を打ちまくっていくと、必然的に動画系のマーケターが不足してくるはず。波に乗るなら今しかありません。

2:SEOは少し逆風

SEOとは、日本語で「検索エンジン最適化」という、GoogleやYahooの検索結果で上位表示を狙う技術のことです。

特に近年は難易度が上昇しており、既に熟練のマーケターや企業がしのぎを削っています。
よって今から新しく参入して、成果を上げるのは少し難しいかもしれません。

とはいえインターネット検索がなくなる将来は見えないため、SEOについての知識を身につけておくと、活用できる機会も多いでしょう。

3:SNSにはチャンスあり

どんな商売をするにしてもSNSを使うのは当たり前の時代なので、様々なSNSを伸ばせるマーケターは高い需要があります。

SNSによってやり方がバラバラなので、商品と相性がよいプラットフォームを見極めることができればどんな商品でも売れるようになるはずです。

「バズ」が起こりやすいのも特徴なので、SNSには短期で成果を上げるチャンスがいくつも眠っています。

Webマーケターの平均年収は476万円

転職サイトdodaによると、Webマーケターの平均年収は476万円です。ただしこちらには、Web以外のマーケターも含まれています。

国税庁によって発表された民間給与実態調査によると、令和元年の日本の平均年収は436万円なので、平均よりも若干高い数値です。

さらにWebマーケターの給与は会社によって大きな差が開く傾向にあり、外資系の企業であれば年収1000万を超える場合もあるでしょう。

キャリアアップしてITコンサルタントの立場になれば、より高い年収を獲得することが可能です。

Webマーケティングは会社にあまり依存しない仕事なので、フリーになって収入を大きく伸ばすケースも考えられます。

Webマーケティング業界に就職する3つのメリット

Webマーケティング業界に就職するメリットをまとめると、主に3つに分かれます。

  1. 副業・独立がしやすい
  2. 大きなお金や会社を動かせる
  3. アイデア次第で革命を起こせるかも

順に解説していきます。

1:副業・独立がしやすい

現代ではWebマーケティングは何を売るにも必須レベルのスキルです。高度な知識を持った状態で副業や独立をするのは、もはや強くてニューゲーム状態。

Webマーケティングの場合、副業や独立をする方法は2種類考えられます。

  1. Webマーケティング自体を売りにコンサルタントになる
  2. 別の事業を立ち上げて、Webマーケティングを使って伸ばす

普通なら本業で培ったノウハウを使うしかありませんが、Webマーケティングは全く関係がないジャンルでもほとんどの場合相性良く立ち回れます。

2:大きなお金や会社を動かせる

Webマーケティングは本やセミナーはいくらでもあるので、その気になれば独学もできます。

しかし就職することで、個人で扱うことはほぼ不可能なレベルの大金や会社を実際に動かす経験ができます。

あなたの判断1つで何百何千万というお金が動くのは、他ではなかなか経験できません。

3:アイデア次第で革命を起こせるかも

マーケティングは売上に大きな影響を与える仕事です。ひょんなことから生まれたアイデアがバズって、売上が倍になった商品はいくらでもあります。

この「バズ」を生み出すのもWebマーケティングの仕事の1つなので、大きな結果を出せば世界に革命を起こすことも夢ではありません。

Webマーケティング業界に就職する際の2つの注意点

Webマーケティングは将来性のある分野ですが、就職する際の注意点が2つあります。

  1. 最新の知識をキャッチアップしなくてはならない
  2. 複数のスキルが求められる

流れの早い業界なので、どうしても合わない人もいるはずです。

順に解説していくので、自分に向いていそうか考えながら読み進めてください。

1:最新の知識をキャッチアップしなくてはならない

Webマーケティングの世界は常に最新が求められる仕事です。状況が高速で動き続けているので、1年も経てばその知識の多くが使い物にならなくなります。

理由は主に3つです。

  1. 世間のトレンドがマーケティングに影響するから
  2. プラットフォームのシステムアップデートに影響されるから
  3. Webの情報は一瞬で全世界に伝達されるから

販売する商品も、販売する場所も、両方が時流の影響を受けるのがWebマーケティングです。

時流を細かく分析し、どのような手法が最適かを考えるスキルが求められます。

2:複数のスキルが求められる

Webマーケティングの仕事は多岐に渡るので、1つのスキルを極めるタイプの職業ではありません。

求められるスキルを細分化すると、主に4つに分かれます。

  1. 行動経済学・心理学のスキル
  2. 各プラットフォームの運用スキル
  3. データの分析スキル
  4. プレゼンスキル

など、全てのスキルをバランス良く学習し、仕事に活かすことが大切です。

Webマーケティングを勉強する3つの方法

こちらでは、Webマーケティングを勉強する方法を3つ紹介します

  1. スクールやセミナーで学ぶ
  2. 書籍などの教材で学ぶ
  3. 就職して学ぶ

順に解説していくので、手近なものから挑戦してみてください。

1:スクールやセミナーで学ぶ

Webマーケティングは多くのスクールやセミナーがあり、通えば現役のマーケター等から直接指導を受けられます。

さらに最新情報を取り扱っているため、すぐに使えるノウハウが身につけられる点が魅力です。

質問もし放題なので、学習でつまずいたとしてもスムーズに疑問を解消できます。

もちろん入学にはお金がかかりますが、効率よく勉強を進めたい方にうってつけです。

2:書籍などの教材で学ぶ

Webマーケティングは書籍も豊富に揃っているので、まずは1冊読んでみてください。また「Webマーケティング」は意味が広すぎるので、もし進みたいジャンルが決まっているのであれば、具体的なテーマに絞った書籍を選ぶことをおすすめします。

書籍は内容が体型的にまとめられているので、情報を一気に吸い上げられるはずです。1000円で集められる情報としては1番効率が良いので、入門編として試してみても良いでしょう。

▼Webマーケティングのおすすめ本はこちら▼

【超厳選】Webマーケティングを学べるおすすめの本15冊を一挙紹介!3つの選び方も解説

>>【超厳選】Webマーケティングを学べるおすすめの本15冊を一挙紹介!3つの選び方も解説

3:就職して学ぶ

Webマーケティングの会社に就職して、先輩にノウハウを叩き込んでもらうのも1つの手です。

Webマーケティングの会社の中には、未経験採用を行っているところも存在します。

会社ならではの大規模な案件も経験できるので、スピーディーに成長できるでしょう。