【3STEP解説】Webマーケティングの仕事内容や向いている人の特徴などを徹底網羅

「Webマーケティングの仕事内容が知りたい!」
「自分はWebマーケティングに向いてる?」
「どうすればWebマーケティングを学べるの?」

Webマーケティングとは、簡単にいうとWebを通して商品を売る仕事です。

とはいえWebマーケティングという言葉の意味が広すぎて、仕事内容がいまいち掴めない方もいるかもしれません。

そこで今回は、Webマーケティングの仕事内容を具体例を交えながら解説していきます!

この記事を読めば、Webマーケティングの仕事内容が掴めるはず。Webマーケティングが向いている人の特徴についても解説していくので、ぜひ最後までご覧ください。

Webマーケティングの仕事内容を3ステップで紹介

Webマーケティングの仕事内容は、案件が変わっても大枠は同じです。売上UPのためにルーティーンを繰り返し、ひたすらブラッシュアップを続けていきます。

仕事は主に以下の3つに分かれているので、全てマスターしなければいけません。

  1. 集客施策の実行
  2. データの分析
  3. 改善方法の提案

Webマーケティングは1つのことに特化するよりも、幅広いスキルが求められる職業です。

1.集客施策の実行

Webマーケティング仕事は、まずは人を集めなければ始まりません。集客施策を実行し、より多くの人の目に止まるように工夫を凝らします。

マーケターは運用方針を決定して、どのような層にアプローチしていくのか舵取りを行うのが仕事です。イメージとしては、設計図を作る役割に似ています。

  • HPの作成
  • SNSでの宣伝
  • ブログの運営
  • 広告運用

などで認知を集めて、お客さんに一人でも多く来店してもらえるように様々な施策を実行することが大切です。

2.データの分析

メディアの運用が進んでいくにつれて、溜まってきたデータを分析するのもWebマーケティングの仕事です。

例えばSNSを使ったのなら、どんな発信の反応が良かったのかチェックして、その原因を特定します。

そのために、最低限以下のデータは収集することが大切です。

  • 客層はどの年代が多いか
  • どこでお店を知ったか
  • リピーターは付いているか

Webマーケティングは数字が物を言う世界なので「なんとなく」で施策を打つのはNGです。どの施策が効果的だったのか、データを根拠に決めなければいけません。

何か施策を打ったら、その効果を必ず集計しましょう。良し悪しを必ずチェックし、次に活かすまでが一仕事です。

3.改善方法の考案

データの分析が完了したら、今度は改善方法を考案しましょう。長所を伸ばし、短所を打ち消す施策をデータを基盤に導き出します。

例えば飲食店のデータを分析した結果、近所の年配の方が大半を占めていたすると、以下のような改善案が考えられます。

  • 映える写真を撮ってInstagramなどで拡散する(遠方からの集客)
  • HPのデザインを若者向けに刷新する
  • 子供が夢中になる商品を提案する

これらの改善案を試しながら再度集客に戻って、少しずつ成果を高めていくのがWebマーケティングの仕事内容です。

ここまでのルーティーンとして、案件ごとにブラッシュアップを繰り返していきます。

Webマーケティングの仕事で必要な5つのスキル

こちらでは、Webマーケターとして活躍するうえで必要なスキルを5つ紹介します。

  1. プラットフォームの運用スキル
  2. 広告の運用スキル
  3. データの運用スキル
  4. 改善案を考えるスキル
  5. Web制作スキル

それぞれ詳しく確認していきましょう。

1.プラットフォームの運用スキル

現在のWebマーケティングの戦場は1つではありません。プラットフォーム毎に操作方法や運用のコツが違うので、全く別の運用スキルが求められます。

例えば、以下の場所では、行う施策は大きく違います。

  • Google検索
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

例えばGoogle検索に必要なSEOのスキルがずば抜けて高いWebマーケターだったとしても、その人に「Instagramは触ったこと無い」と言われたらInstagramは別の人に頼みますよね。

それぞれのプラットフォームで専門を分けて「SEOマーケター」や「YouTubeマーケター」などの肩書で活動しているWebマーケターも多くいます。

なにかひとつでいいので、プラットフォームに特化したスキルを身につけることが大切です。

2.広告の運用スキル

広告の運用はWebマーケティングの基本的な業務の1つです。商品を多くの人に知ってもらうために広告を使うのは非常に有効で、上手く運用できれば爆発的な利益に繋がります。

しかし、広告の運用は有料で、使うお金はクライアントから頂いた広告料です。万が一成果0で終わった場合、損害賠償になりかねないので慎重に運用してください。

支払った広告費用に対して発生した売上をROASと言い、これを100%以上にするのがWebマーケターの仕事です。

ROASの計算式

ROAS=売上 ÷ 広告費 × 100

例えば100万円の売上を10万円の広告費で生み出した場合、ROASは1,000%になります。

運用方法を試行錯誤して、広告費以上の対価を得られるようなスキルが必要です。

3.データの分析スキル

マーケティングは施策を打つだけで終わりでは無く、実施したものは必ず効果を測定してデータを取ります。そのデータを分析するのもWebマーケターの仕事です。

いくつか例を上げると、データの分析はこのように行います。

  • HPのデザインを変更したら何%閲覧者が増えたのか
  • SNSでどんな投稿が反応率が良いのか
  • 再生数が回る動画と回らない動画の違いは何か

施策が成功したか失敗したかは別として、そこには必ず理由があります。それをデータを基に分析し「なぜこの結果になったのか」を明確にするスキルが求められます。

細かな分析を行うには、データが持つ意味を理解するだけの知識と、十分なデータを集める能力が大切です。

4.改善案を考えるスキル

データの分析が終了したら、それを基にさらなる売上アップを狙うのがマーケティングです。

分析によって施策の効果や原因が分かっているので、成功していたのであれば良い点を取り入れ、失敗していれば反面教師にして次の施策のクオリティを高めましょう。

マーケターの発想力が試される部分ですが、上手く行けばSNSでバズも起こせるはずです。

「SNSのバズ=ヒットした施策」なので、狙って出せるようになれば一流のWebマーケターでしょう。

5.Web製作スキル

Web製作スキルも意味が曖昧な言葉ですが、Webマーケティングの仕事に当てはめると簡単なWebページを作るスキルを指します。

大企業の凝ったHPを作成する技術はエンジニアの仕事ですが、簡単なWordPressの操作やLPの作成ぐらいはできるようになったほうが良いでしょう。

Webマーケティングの仕事が向いている人の特徴5選!

どんな仕事にも向き不向きがあるように、Webマーケティングの仕事にも向いている人の特徴が5つあります。

  • 数字を大きくするのが好きな人
  • 完璧主義の人
  • ミーハーな人
  • 心理学が好きな人
  • 大規模な仕事がしたい人

当てはまるところが多ければ、Webマーケティングはあなたの天職かもしれません。理由を順に解説していきます。

1:数字を大きくするのが好きな人

Webマーケティングの仕事は、ひたすらハイスコアを求めるゲームに近い部分があります。

自分の行動が何円の売上を産み、何人の目に触れたのかよくチェックして、さらに数字を大きくするのがWebマーケティングの仕事です。

効率の良い方法を編み出すのが得意だったり、ゲームでレベルを99まであげないと気がすまない人などは、好きになれる可能性があります。

あらゆる攻略法を考えて、愚直に数字を追い求められるタイプの人はWebマーケティングに向いているでしょう。

2:完璧主義の人

Webマーケティングの仕事は、凝り始めるとキリがない世界です。一切の妥協を許さず、小さなことまで気を配れる執念が売上に現れます。

ライバルよりさらに細かく、緻密な計算ができる人は優れたWebマーケターになるはずです。

どうしようもなく凝り性で、何かを作り始めるとつい熱中してしまう方は好きになれる仕事かもしれません。

完璧なメディアを目指して、ひたすら調整を繰り返せるタイプの人はWebマーケティングに向いています。

3:ミーハーな人

Webマーケティングは最新の情報にキャッチアップすることが不可欠です。誰よりも早く流行りに飛びついて、波に乗っかるスピード感が重要になります。

誰かにものを売る際には相手に合わせることが重要なので、トレンドを無視したWebマーケティングを成功させるのは難しいでしょう。

発信するプラットフォームのアップデートなど、システム面でも常に最新を追いかけて一番早く対応できる人が優れたWebマーケターになれるはず。

常に最先端を追い求めるミーハー根性がある人は、Webマーケティングに向いています。

4:心理学が好きな人

Webマーケティングは顧客を動かす仕事です。メディアや広告を見た大衆がどう思うのか、心理を推測しながら施策を考えます。

心理学が好きで相手の気持ちを推し量るのが得意であれば、そのスキルは仕事に生かせるはずです。

顧客の悩みを理解し、寄り添えるようなコンテンツを考案できる人は優れたWebマーケターになるでしょう。

大衆のニーズを見抜き、自分のサービスへ誘導できるような知識を持つ人は、Webマーケティングに向いています。

5:大規模な仕事がしたい人

Webマーケティングは、億単位のお金を動かすこともある大きな仕事です。市場に与える影響も大きく、発生する成果も他とは比べ物になりません。

Webマーケティングは成長産業なので、今後さらに仕事の規模は大きくなっていくでしょう。

例えば電通が発表した2018~2019年の日本の「インターネット広告媒体費」によると、1年で114.8%の成長が確認できます。

参考:2019年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析

Webマーケティングの将来性については別の記事でまとめているので、気になる方はご覧ください。

Webマーケティングに将来性がある3つの理由!就職する際のポイントも解説

>>Webマーケティングに将来性がある3つの理由!就職する際のポイントも解説

やるからには規模の大きな仕事がしたい、チャレンジャーな人はWebマーケティングに向いています。

Webマーケティングのスキルや仕事を学ぶ3つの方法

Webマーケティングの仕事は複数のスキルが必要なので、自ら学ぶ姿勢がとても重要です。学習方法は主に3つに分かれるので、気になったものがあれば試してみてください。

  • スクールやセミナーで学ぶ
  • 書籍で学ぶ
  • 自分のメディアを立ち上げる

順に解説していきますが、価格や学習期間はバラバラなので、まずは簡単なものを選ぶのがおすすめです。

1:スクールやセミナーで学ぶ

Webマーケティングは多くのスクールやセミナーがあり、通えば現役のマーケター等から直接指導を受けられます

さらに最新情報を取り扱っているため、すぐに使えるノウハウが身につけられる点が魅力です。

質問もし放題なので、学習でつまずいたとしてもスムーズに疑問を解消できます。

もちろん入学にはお金がかかりますが、効率よく勉強を進めたい方にうってつけです。

2:書籍で学ぶ

まずは手軽に始めたい場合、書籍で学ぶのが1番です。1000円程度で手に入る情報としては最もコスパが良いので、初心者の方はまずは1冊買って読んでみると良いでしょう。

内容が体系的にまとめられているので、全体像を把握するのに向いています。しかし世に出るまで時間がかかるので、最新の情報にキャッチアップするのには向いていません。

Webマーケティングの仕事は、細分化すると無数の切り口があるので、未知の分野や苦手なところにチャレンジする際は書籍から入っても良いでしょう。

3:自分のメディアを立ち上げる

自分のブログやSNSを伸ばすのも、立派なWebマーケティングです。自分で1から全ての面倒を見なければいけないので、とても大変ですが実戦経験が積めるのがポイントです。

0を1にするまでが一番苦労するので、めげずに頑張ってください。一度軌道に乗れば、雪だるま式に膨らんでいきます。

自分のメディアを立ち上げることは副業にも繋がりますし、就職する際のポートフォリオとしても有効です。