Webマーケティングの志望動機に書くべき4つの内容とは?未経験時のポイントも徹底解説

「Webマーケティング会社の志望動機は何を書けば良い?」
「未経験でも応募したい場合は何を意識するべき?」
「どんなスキルが必要?」
と考えていませんか?

目当のWebマーケティング会社に入るためにも、人事を納得させられるような志望動機を考えたいですよね。

そこでこの記事では、Webマーケティング業界の志望動機に書くべき内容や、求められるスキルについて解説します!

未経験の場合に書く内容についても紹介しているので、これからWebマーケティングの会社に就職したいと考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Webマーケティングの概要をサクッと30秒で解説

まずはWebマーケティングの仕事内容について把握しておきましょう。

マーケティングというのは、企業が自社の商品やサービスを販売するプロセスを作ること。それをWeb上で行うことが「Webマーケティング」です。

インターネットやSNSがビジネスツールとして大きな力を持つようになり、多くの企業がWebマーケティングを行っています。

たとえば、以下の施策を使って、商品販売のプロセスを作成します。

  • SEO(検索エンジン最適化)
  • LPO(ランディングページ最適化)
  • SNS運用
  • ディスプレイ広告
  • リスティング広告
  • アクセス分析
  • サイト管理

一言でWebマーケティングといっても様々な施策があり、状況に応じて必要な施策を行える判断力も求められます。

様々な施策の中から、クライアントに最も適した方法を考えるのが、Webマーケティングの仕事です。

Webマーケティングの志望動機に含めるべき4つの内容

こちらでは、Webマーケティングの志望動機を書く際に、含めるべき4つの内容を紹介していきます。

  1. Webマーケティングを選んだ理由
  2. その企業を選んだ理由
  3. アピールポイント
  4. その企業でしたいこと

それぞれ詳しく確認していきましょう。

1.Webマーケティングを選んだ理由

なぜWebマーケティング職に就きたいのか、選んだ理由を具体的に書きましょう。

企業、熱意を持って誠実に仕事を進める人材を探しています。「流行りだから」という理由ではなく、Webマーケティングならではの志望動機を盛り込みましょう。

個人的にInstagramを使ったり、ブログで発信したりしているなかで、Web集客の難しさや、多くの人に見てもらえるというやりがいを感じたからです。

など、Webマーケティングの概要や行うことを理解した上で、感じた魅力や貢献できる理由などを伝えましょう。

Webマーケティングは現在市場が伸びていて、Web全般の知識に加えてマーケティングスキルも学べます。

何を書けばわからない方は、上記のようなWebマーケティングの魅力から選んだ理由を書きましょう。

2.その企業を選んだ理由

その企業を選んだ理由についても必ず記載しましょう。

企業の魅力やその会社で自分が行いたいことなどを、具体的に明確に伝えることが大切です。

貴社はWebマーケティング企業の中でもトップシェアを誇り、多くの顧客に価値を提供していると拝見しました。

個人での発信活動に留まらず、より大きなプロジェクトを動かしたいという思いから、貴社を志望しました。

現在Webマーケティング会社は非常に多くあります。企業からすれば、自社で働きたいという熱意を持っている方に社員になってもらいたいのは当然です。

志望企業への思いをはっきりさせて、なぜその企業に魅力を感じたのかを明確に書きましょう。

3.アピールポイント

志望動機には、自分のアピールポイントを忘れずに記載しましょう。

自分がどんな人間なのか、その会社に入って何ができるのかをわかりやすく書くことが重要です。

個人で発信活動を行っており、Instagramのフォロワーは◯人、ブログでは複数の記事が検索1位を獲得しています。

持っているSNS運用やSEOの知識は、貴社の事業に活かせると考えております。

Webマーケティングに関する知識や経験が少ない場合は、ヒューマンスキルなどをアピール材料に入れると採用の確率が上がります。

前職ではカスタマーサポートの窓口でトラブル対応を行っておりました。

顧客ひとりひとりに向き合い、応対後のアンケートでは高い満足度を獲得しています。

自分がアピールできることを考えて、志望動機に盛り込むようにしましょう。

4.その企業でしたいこと

その企業でしたいことも、志望動機と一緒に書きましょう。

企業に入社して、実際に行いたいことや理想の成長図を伝えると、やる気や向上心がある人材と判断されます。

貴社のWebマーケティング部門の中でも、特にSNS運用に携わりたいと考えています。よりユーザーに近い場所での発信活動によって、まだ認知度が低い商品を多くの人に提供できるように取り組みたい所存です。

など、その企業でしたいことをわかりやすく書いてみてください。

未経験でWebマーケティングの志望動機を書く3つのポイント

こちらでは、未経験でWebマーケティングの志望動機を書くポイントを3つ紹介します。

  1. 過去の活かせる経験を書く
  2. 現在進行形で勉強していることを伝える
  3. 最低限のWebマーケティングスキルをつけておく

それぞれ詳しく確認していきましょう。

1.過去の活かせる経験を書く

未経験の場合はWebマーケティングに活かせる過去の経験を書きましょう。

Webマーケティングは未経験だとしても、過去に似たような作業を行っていたらアドバンテージになります。マーケティングで行う作業は幅広いので、日常の中でも経験が活きる可能性もあるのです。

  • ブログで発信していた
  • InstagramやTwitterをよく使っている
  • データ分析を学んだ

など、過去にWebマーケティングにつながるような経験があれば、全てアピールポイントに書きましょう。

2.現在進行形で勉強していることを伝える

現在進行形で勉強していることを伝えるのも、未経験の方は大切なポイントです。

業界が未経験でも、知識を持っていれば、就職したときにある程度の戦力になれます。特に、新卒の場合は未経験の方が多いので、実際に勉強していると有利になるでしょう。

  • 自分でブログやSNSを運用している
  • 資格勉強を進めている

など、自分なりにWebマーケティングの基礎を学んで、志望動機に含めると採用される可能性が上がります。

Webマーケティングの勉強をするときは、基礎的な知識を学んだら実践するのがおすすめです。実際にSNSの運用やブログを書いてみて、成果を出せるとスキルの証明になります。

3.最低限のWebマーケティングスキルをつけておく

未経験の方は、最低限のWebマーケティングスキルを身につけておきましょう。

未経験で全く知識がない場合は面接は通りません。いくら熱意があっても、一切Webマーケティングについて知らなければ、勉強する意思がないと判断されてしまいます。

例えば、SEOの意味アナリティクスの使い方などは理解している必要があります。

全くの未経験の場合は、まずは基礎知識を学びましょう。

Webマーケティング職に求められる6つのスキル

こちらでは、Webマーケティング職に求められる6つのスキルを紹介しますので、参考にしてみてください。

  1. SEOやLPOの知識
  2. Web広告の知識
  3. SNS運用スキル
  4. コミュニケーションスキル
  5. 企画力
  6. 分析力

1.SEOやLPOの知識

SEOやLPOはWebマーケティングによく使われる手法の1つなので、基本的な知識は身につけておきましょう。

SEOは「Search Engine Optimization」の略で、検索エンジン最適化といいます。

簡単に言うと、GoogleやYahoo!(検索エンジン)で調べ物をしたときに、自社のページが上位に表示されるための施策(最適化)を行うことです。

LPOは「Landing Page Optimization」の略で、ランディングページ最適化といいます。

Webマーケティングの世界で言われるLPは、商品購入に直接つながるページで、より購入率を上げるページを作る施策がLPOです。

WebマーケティングではSEOやLPOは非常に使われる手法なので、知識があると就職に役立ちます。

2.Web広告の知識

Web広告の知識もWebマーケティングには必要です。通常の広告スキルに加えて、それをWeb上で行う力が求められます。

Web広告とは、インターネットやSNSに掲載されている広告です。Web広告には主に以下のようなものがあります。

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • ソーシャルメディア広告
  • アフィリエイト広告
  • 動画広告

など、様々な媒体で広告を掲載する知識や技術が必要です。

Web広告は作成のコストを軽減させて細かいターゲティングを行えるので、多くの企業に使われています。

Webマーケティング職に就くのであれば、Web広告について理解しておきましょう。

3.SNS運用スキル

近年では、WebマーケティングスキルとしてSNSの運用スキルが求められます。

SNSの普及に伴い、Webマーケティングにソーシャルメディアを利用する企業が増えているからです。

SNSは無料で利用できるので、コストを抑えて集客できるのがメリットでしょう。集客力も高いので、SNSの運用スキルがあると企業からも重宝されます。

具体的には、

  • LINE
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook

などのSNSについて、運用方法を学習するのがおすすめです。

Webマーケティングにおいて重要性が高まっているので、SNSの運用スキルを身につけておきましょう。

4.コミュニケーションスキル

Webマーケティング職ではコミュニケーションスキルがとても重要です。

Webマーケティングは個人で作用するのではなく、チームのメンバーや同僚と何度も話し合いながら行います。実際に頻繁にミーティングが行われることもあり、コミュニケーションスキルがとても重要です。

Webマーケティングの効果的な施策を考えるためにも、周囲と円滑にコミュニケーションができる人材は求められます。

コミュニケーションスキルといっても、特別な話術を身につける必要はありません。

  • 最低限のトーク
  • 周囲と円滑に作業を進める
  • レスポンスを早くする
  • 仕事に必要な共有を怠らない

など、仕事を円滑に行うためのコミュニケーションスキルがあれば充分です。

5.企画力

Webマーケティング職に求められるスキルとして、企画力があります。

Webマーケティングでは、問題点や改善点などを理解した上で行う施策の戦略をたてるのが一般的です。

思いついで施策を行うわけではないので、1から施策を企画・提案をして実行する力が求められます。

会社員の場合は、上司からゴーサインをもらうためにも、魅力的な提案書を作成しなければいけません。

Webマーケティングのスキルがあっても、施策の企画と提案ができなければ実行まで辿り着けないでしょう。

まずは、マーケティングの施策を提案をするための企画力を身につけましょう。

6.分析力

分析力もWebマーケティング職には必要なスキルです。

Webマーケティングでは、適切なマーケティング戦略をたてるために市場や商品の分析が必要になります。

具体的には、

  • 市場の分析
  • 自社商品・サービスの分析
  • 競合の分析

など、商品販売のためにありとあらゆるデータを分析が必須です。

実際に、作業の多くを分析に取られる場合もあります。

Webマーケティング職では、データを正しく分析する力が求められるので、分析力を身につけておきましょう。

また、分析に加えて最新の情報をキャッチする力も大切です。

他社に負けない施策を行うために、データやトレンドの分析が欠かせません。