【超重要】Webマーケテイングに必要なスキル10選!上達の方法も徹底解説

「Webマーケティングに必要なスキルが知りたい」
「どうすればWebマーケティングが上達するの?」
「Webマーケティングの仕事について知りたい」
などと考えてはいませんか?

Webマーケティングの仕事は複雑で、多くの人と関わりながら進めていきます。
そのため必要とされるスキルは多く、幅広くカバーできる人が優れたWebマーケターとなるでしょう。

ところがスキルアップをしたいと考えていても、何から身につければよいのかいまいちわかりづらいですよね。

そこで今回は、Webマーケティングで重要なスキルを10個まとめて徹底解説していきます。

  1. 基本的なPCスキル
  2. マーケティングスキル
  3. プラットフォームの運用スキル
  4. 広告の運用スキル
  5. データの運用スキル
  6. 改善案を考えるスキル
  7. Web制作スキル
  8. ヒアリングスキル
  9. チームとの連携スキル
  10. プレゼンスキル

具体的な学習方法も解説していくので、Webマーケティングのスキルを高めたい方はぜひ最後までご覧ください。

Webマーケティングで重要なスキル10選

Webマーケティングは多様な仕事をこなす職業なので、必要なスキルも多くなる傾向にあります。

重要なスキルは、大きく分けて10個です。

  1. 基本的なPCスキル
  2. マーケティングスキル
  3. プラットフォームの運用スキル
  4. 広告の運用スキル
  5. データの運用スキル
  6. 改善案を考えるスキル
  7. Web制作スキル
  8. ヒアリングスキル
  9. チームとの連携スキル
  10. プレゼンスキル

基礎的な実務スキルからコミュニケーションスキルまで、幅広くできるタイプの人が優れたWebマーケターになります。

それぞれ詳しく確認しておきましょう。

1.基本的なPCスキル

「Web」マーケティングと言う名前の通り、業務の大半はPCで行います。
そのため基本的なPC操作は必須なので、しっかりとスキルを習得しておきましょう。

  1. 業務を円滑にすすめるソフトの導入
  2. EXCEL・PowerPointなどのソフトの使い方
  3. タイピングのスピードアップ

などは、Webマーケティングの仕事全般で必要です。

仕事をスムーズに進めるためにも、基本的なPCスキルはしっかりと身につけておきましょう。

2.マーケティングスキル

当然ではありますが、Webマーケティングのスキルは非常に重要です。スキルが無いと、うまく仕事が進められません。

「マーケティング」自体には様々な意味がありますが、業務に照らし合わせると「ものを売る戦略を建てるスキル」だといえます

商品がどうすれば売れるのか考えて、Web上で作戦を展開するのがWebマーケターの仕事です。

  • どのツールを使えばいいのか
  • 誰に向けて発信すれば良いのか
  • 最終的にどのように商品を売るのか

など、売上を高めるためのスキルを学習しておきましょう。

3.プラットフォームの運用スキル

現在のWebマーケティングの戦場は1つではありません。プラットフォーム毎に操作方法や運用のコツが違うので、全く別の運用スキルが求められます。

よく使われるプラットフォームは、以下の通りです。

  • Google検索
  • Twitter
  • Instagram
  • YouTube

それぞれのプラットフォームで専門を分けて「Instagramマーケター」や「YouTubeマーケター」などの肩書で活動している人も多くいます。

最初は何でも手広くやるのではなく、1つに特化する意識を持ってスキルを身につけることがおすすめです。

4.広告の運用スキル

広告の運用はWebマーケティングの基本的な業務の1つです。
商品を多くの人に知ってもらうために広告を使うのは非常に有効で、上手く運用できれば爆発的な利益につながります。

支払った広告費用に対して発生した売上をROAS(Return On Advertising Spend)と言い、これを100%以上にするのがWebマーケターの仕事です。

ROASの計算式

ROAS=売上 ÷ 広告費 × 100

たとえば広告費用が10万円で、20万円の利益を出した場合、ROASは200%です。

広告は高い効果を出せる反面、初期費用が多くかかります。そのため商品に対して興味を持つユーザーに対して、的確に広告を出稿するスキルが求められます

GoogleやTwitterなど、広告の出稿先は多岐にわたるので、商品に最適な場所を選んだり、ユーザーの興味を惹く広告文を作ったりすることが大切です。

5.データの分析スキル

マーケティングは施策を打つだけで終わりでは無く、実施したものは必ず効果を測定してデータを取ります。
そのデータを分析するのもWebマーケターの仕事です。

いくつか例を上げると、データの分析はこのように行います。

  • HPのデザインを変更したら何%閲覧者が増えたのか
  • SNSでどんな投稿が反応率が良いのか
  • 再生数が回る動画と回らない動画の違いは何か

施策が成功したか失敗したかは別として、そこには必ず理由があります。
理由をデータを基に分析し「なぜこの結果になったのか」を明確にすることが大切です。

細かな分析を行うには、データが持つ意味を理解するだけの知識と、十分なデータを集める手腕が求められます。

正確なデータ分析を行って、更に次の改善案につなげましょう。

6.改善案を考えるスキル

データの分析が終了したら、それを基にさらなる売上アップを狙うのがマーケティングです。

分析によって施策の効果や原因が分かっているので、成功していたのであれば良い点を取り入れ、失敗していれば反面教師にして次の施策を考えます。

常にPDCAをサイクルし、少しでも効果が高い施策を編みだすスキルが大切です。

7.Web制作スキル

Web制作の基本的なスキルも、Webマーケティングを行ううえで持っておいたほうが良いスキルです。

実際に制作するのはエンジニアが多いですが、内容を理解しておかないと的確な施策につなげられません。

サイトの作りを理解して、強みや弱みを見抜くことで、より効果的なWebマーケティングが行えます。

基本的な部分だけで良いので、Web制作についても理解しておきましょう。

8.ヒアリングスキル

Webマーケティングの仕事で最初の一歩になるのが、クライアントへのヒアリングです。

  • 何が目的(ゴール)なのか
  • 売りたい商品の特徴は何か
  • 予算はいくらか

これらの情報を始めとして、ニーズを細かくヒアリングしないと、Webマーケティングの施策を進められません。

クライアントとしっかり打ち合わせを行い、最適な施策を提案する力が、マーケターとしての腕の見せ所です。

9.チームとの連携スキル

Webマーケティングは規模によってはチームで行うため、周りの人との連携スキルは重要です。

  • 上から来た要件を正確に汲み取る理解力
  • 下に誤解のないよう伝達する説明力
  • 自分の仕事をスケジュール通りに終わらせるタスク管理能力

Webマーケティングの仕事に限った話ではありませんが、多くの人と関わる仕事は連携スキルが欠かせません。

10.プレゼンスキル

自分たちが考えた施策や、その成果はクライアントに発表しなければなりません。
そのためにWebマーケティングでは定期的にプレゼンを行い、新しい施策の許可を貰う必要があります。

あなたがどれだけ素晴らしい施策を考えたとしても、プレゼンで相手に伝わらなければOKは貰えないでしょう。

自分の考えを論理的に展開し、クライアントを納得させられる能力が求められます。

Webマーケティングのスキルを高める3つの方法

Webマーケティングのスキルを高める方法は、大きく分けて3つあります。

  1. スクールに通う
  2. 書籍を読む
  3. 自分のメディアを伸ばす

どれか1つをやるだけでも全然違いますが、できれば全部実践してください。

Webマーケティングは奥が深い世界なので、スキルは多方面から磨いていきましょう。

1.スクールに通う

Webマーケティングのスクールは、現役のマーケターから最先端の情報を学べるのが魅力です。

Webは変化の激しい業界なので、10年前の知識がそのまま使えるとは限りません。
鮮度の高い情報にキャッチアップするのであれば、スクールに通うのが最適です。

またスクールでは疑問点をすぐに質問できる環境が整っているため、学習をスムーズに進められます。

「とにかく最短距離でスキルを身につけたい」という方は、スクールの受講を検討してみてください。

▼おすすめのマーケティングスクールまとめ▼

【2021最新】Webマーティングのおすすめスクール・講座8選!5つの選び方も徹底解説

>>【2021最新】Webマーティングのおすすめスクール・講座8選!5つの選び方も徹底解説

2.書籍を読む

Webマーケティングに関する書籍は数多く出版されています

料金が安く、様々なジャンルに分けて解説されているので、自分の欲しい情報を見つけやすい点が特徴です。

書籍は体系的な学習できるので、全体を把握したい初心者の方にもうってつけだといえます。

安い分疑問点を質問ができなかったり、読むだけではスキルが身につかなかったりするデメリットがありますが「とりあえず勉強したい」という方におすすめです。

3.自分のメディアを伸ばす

自分のブログやSNSなどのメディアを伸ばすのも、立派なWebマーケティングの勉強方法のひとつです。

学んだスキルを実践することで、効率よく実力を伸ばせます。

他にも自分のメディアを伸ばすメリットは多く、

  • 副業にもなる
  • 自分のポートフォリオとして使える
  • 直接案件が舞い込んでくる

などなど良い事づくしです。

スクールや書籍と組み合わせるとさらに効果が高いので、ブログやSNSなど、積極的に自分のメディアを運用してみてください。

Webマーケティングに応用できる3つのスキル

Webマーケティングの業務は幅広いので、直接的に関係せずとも、応用できるスキルがたくさんあります。

その中でも、学んでおくと役立つであろうスキルは3つです。

  1. コピーライティング
  2. プログラミング
  3. トレンドの把握

順番に解説していきます。

1.コピーライティング

Webマーケティングを行う上で、顧客の心を動かすコピーは強力な武器になります。

専門のライターを雇っている場合は別ですが、そうでない場合はWebマーケターがコピーを考えることもあるでしょう。

たった一行のコピーであっても、何百万・何千万という売上差がつくこともあります。

マーケティングには欠かせない分野なので、一流のWebマーケターを目指すのであれば、コピーライティングについても学んでおきましょう。

2.プログラミング

基本的にWebマーケターがプログラミングを行うことはありませんが、エンジニアに指示を出すことがあります。

そこでプログラミングスキルを持っていれば、的確でマーケティングに最適な設計を進めることが可能です。

円滑なコミュニケーションにも役立つので「どのようにWebサイトが動いているのか」など、基本的なスキルを身につけることはおすすめです。

3.トレンドの把握

Webマーケティングの効果を高めるためにも、トレンド情報は非常に大切です。
Web業界は移り変わりが激しいため、トレンドを知っているかどうかで施策の方向性が大きく変わります。

  • どのような話題が世間の注目を集めているか
  • どのような施策が反響を呼んだか
  • どのツールがよく使われているか

など、最新のWeb情報について、つねに収集することを心がけましょう。