【保存版】Webライターが最速で稼ぐための勉強法5STEP【おすすめ教材5選+α】

「Webライターになりたいけど何から勉強すれば良いかわからない」

「Webライター向けの教材や書籍がわからなくて困っている」

「そもそもWebライターってどんなスキルを身につければ良いかわからない」

こんな悩みを抱えているかもしれませんが、その時点であなたは超優秀です。多くのWebライターが自分の技術向上に関心がない中で、あなたはこうやって自分の時間をスキルアップに使おうとしているのだから。

そして、安心してください。
この記事では今まで30人以上のWebライターの研修を行ってきた私が「未経験からでも月収100万のWebライターを目指せる勉強法」について詳しく解説しています。

  • Webライターが勉強すべきスキル
  • Webライターにおすすめの勉強方法
  • 最速で稼げるWebライターになる方法

などなど。包み隠すことなく公開しています。

駆け出しの初心者ライターから、スキルを上げたい中級者までぜひ参考にしてみてください。

Webライターが勉強すべきスキル5選

結論から言うと、勉強すべきスキルはこの5つです!

  1. Webライティングの基本スキル
  2. SEOの知識
  3. WordPressの基本操作
  4. コミュニケーション能力
  5. 取材記事の執筆スキル

それでは順番に解説していきます!

1. Webライティングの基本スキル

WebライターにはWebライティングのスキルが必要です。

文章の書き方がわからないという人はほとんどいないでしょう。しかし「紙に書かれた」文章とWebの文章は性質が異なります。Webライティングには覚えるべきルールがあるのです。

例えば

  • 魅力的な記事タイトルのつけ方
  • 見出しの正しい使い方
  • 漢字とひらがなのバランス
  • 指示語は使わない
  • 同じ語尾は避ける

などです。

Webの文章は「いつでも簡単に読み始める」ことができる反面「いつでも簡単に読むのを止める」ことができます。文章力に自信がある人も、Webライティングの知識がなければ、読まれる記事を書くことができません。

まずはWebライティングの基本的な知識を身につけましょう。

2.SEOの基礎知識

今やWebライターにとってSEOライティングは必須不可欠のスキルです。

SEO(エス・イー・オー)とは「Search Engine Optimization」の頭文字を取ったもので「検索エンジン最適化」という意味です。記事をGoogle等の検索エンジンの検索結果の上位に表示させるテクニックを指します。

主なSEO対策がこちら

  • キーワード選び
  • hタグの設定
  • タイトルにキーワードを含める
  • 読者の悩みを解決するような記事の構成作り

Googleの検索結果で上位表示されることは、記事を執筆するメディアへの集客力アップを意味します。
ライターの仕事は、メディアを運営するクライアント(依頼主)への価値提供です。

すなわち、SEOのスキルがないライターは「クライアントに価値提供できないライター」と判断されます!

だからこそ、SEOはWebライターが生き残るための必須不可欠のスキルなのです。

3. WordPressの基本操作

WordPressの操作ができないWebライターは泳げない水泳選手と同じくらいヤバいです。必ず身につけましょう。

WordPress(ワードプレス)とは「専門知識がなくてもサイトがつくれるシステム」のことです。日本でもほとんどのWebメディアで採用されています。
僕の体感ですが9割以上のクライアントがWordPressを使って記事をアップしているので、これが使えないライターさんはかなり危機意識を持ちましょう。

WordPressは自分が実際に操作してみて慣れればそれほど難しいものではありません。必ず使いこなせるようになりましょう!

4. コミュニケーション能力

リモートワークが中心のWebライターですが、最低限のコミュニケーション能力は必要です。

記事の執筆依頼をしているクライアントの意向や要望を理解していなければ、質の高い記事を書くことができません。また、クライアントも忙しいので、手が掛からないライターは喜ばれ、継続した発注にもつながります。

更に、クライアントに対して価格交渉をするときにも、コミュニケーション能力は必要です。

ライティングスキルはあるのに稼げないライターは、コミュニケーション能力が不足していることが多々あります。「単価を上げてほしい」と言いたい時に、ゴニョゴニョと口ごもっていては、お話になりませんよね(笑)

イケイケの陽キャである必要はありませんが、最低限のコミュニケーション能力は身につけておきましょう。

5.取材記事の執筆スキル

ここまでの4つのスキルと比べると重要度は下がりますが、取材ができるようになるとライターとしての仕事の幅が広がります。

取材は普通の記事よりも工数がかかります。

「アポどり→質問事項考案→取材→文字起こし→執筆」

工数が多い分、報酬単価も上がりますし、何より取材ができるライターって本当に少ないです。取材が得意だとクライアントから重宝されますので、他のライターと差をつけることができます。

真っ先に身につける必要はありませんが、習得しておいて損のないスキルです。

Webライターにおすすめの勉強法5選+α

おすすめの勉強方法は以下の5つです。

  1. Webサイトで学ぶ
  2. 書籍で学ぶ
  3. スキルのあるライターさんに添削してもらう
  4. ブログを運営する
  5. Webライティングの仕事を受注する

それでは順番に解説していきます!

1. Webサイトで学ぶ

Web上には「Webライティングのノウハウ」を発信しているサイトがあります。お金を掛けずに勉強することができるので、最初は「Webサイトで学ぶ」ことから始めてみるのがおすすめです。

Webサイトの特徴として「情報量が膨大さ」があります。非常に有益な情報が数多くある一方で、残念ながら質の低い情報が一定数あるのも事実です。効率よく学習するには、情報の質を見極める目も必要になります。

以下におすすめのサイトを紹介します。

バズ部

Webコンテンツマーケティングの第一人者であり、あらゆるコンテンツマーケティングのノウハウが掲載されているサイトです。

「SEO効果を倍増させるWebライティング」や「コピーライティングの重要性」など、Webライターにとって有益な記事が多数掲載されています。

マナブログ

今はYouTuberとしても活動している「マナブさん」という有名ブロガーが運営しているサイトです。自身が多数のWebライターのディレクション業務に関わった経験をもとに、Webライター向けのノウハウを発信しています。

2.書籍で学ぶ

勉強法の基本である書籍もおすすめです。書籍は販売数でランキングされています。事前に下調べしてから購入することで、効率的に質の高い情報を得ることが可能です。

書籍はインプットの方法としては有効です。一方でWebライティングのスキルを上げるには、アウトプットの機会もしっかりと作っていくことが重要になります。

以下におすすめの書籍を紹介します。

  • 「沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—」
  • 「人を操る禁断の文章術」

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—

Webライターでもブロガーでも、Web上に文章を書く人なら必ず読むべき本です。マンガ形式でスラスラ読めて、SEOの知識がしっかりと深まる一冊となっています。

人を操る禁断の文章術

YouTubeでも活躍されているメンタリストDaigoさんの著書です。読者を引きつける文章を書くノウハウが詰まっています。「Webライターのための本」というわけではありませんが、どの媒体に書く文章にも役立つテクニックが満載です。

3.スキルのあるライターさんに添削してもらう

実は、スキルのあるライターに添削してもらうことが、上達への最短距離です。

実績のあるライターは、自分の文章を改善してきた経験があります。そのため、ライター初心者が落ち入りやすい課題やミスのパターンを熟知しています。更に自分では考えつかない解決策を提示してもらえることもあるでしょう。

しかし、添削を頼めるようなライターさんが身近にいるような環境は、中々ないのが実情だと思います。

4.ブログを運営する

Webライターを志すならブログ運営は必須です。

学んだスキルをアウトプットできるため、文章力を鍛える練習になります。

自分のブログなら自由に文章を書くことができるので、ガンガン書いて文章力を鍛えましょう。同時にWordPressの基本操作も身につくので一石二鳥です。

とはいえ、ブログの文章を誰かに添削してもらうことはできません。ある程度のレベルまではいい練習になりますが、稼げるWebライターになる程のスキルを身につけることは至難の技です。

5.Webライティングの仕事を受注する

「習うより慣れろ」です。

自分のブログとは異なり、報酬を得て記事を執筆することは責任も伴います。執筆に身が入るので、よりライティングスキルが鍛えられるはずです。

更にクライアントから記事の修正依頼を受けることで、自分の文章の欠点を知ることができます。修正の都度改善していくことで、ライターとして成長することができるでしょう。

とはいえ、クライアントの目的は自社メディアにいい記事をあげることです。あなたを育てる義理はないので修正依頼以上の手厚いフィードバックをもらえることは稀です。

良いフィードバックをもらってスキルアップできるかどうか運次第なところがあるのがデメリット。

【ちょっと宣伝】Writing Hacks

ここで僭越ながら、私が講師を務める「Writing Hacks」というオンライン講座を紹介させていただきます。

私は受講生の皆さんに「Webライターとして稼ぐための圧倒的スキル」を身につけていただくために、この講座を作りました。

Writing Hacksの特徴は以下のとおりです。

  • 30人以上のWebライターを育ててきたノウハウがつまった教材
  • Webライティングの基礎からSEO対策に取材記事の書き方まで徹底解説
  • スライドと解説による理解しやすい講義形式
  • 記事構成の作成作業が見られる
  • 動画教材なので好きな時間に何回でも見て復習できる
  • アウトプットの機会として計3回の添削サービスがある
  • 実績あるライターの手厚いフィードバックが受けられる
  • 期間無制限の質問し放題

「Webライティングが学べて、添削もしてもらえて、質問も無限にできて、お仕事の機会もGETできる」っていう「Webライターになりたい人が欲しいものを全部詰め込んだ教材」を目指して製作しました!

最速でWebライティングのスキルを身につける5STEP

ここまで解説した内容を踏まえて、勉強手順を5ステップで確認しましょう。

  1. 基礎知識をインプット
  2. ブログを開設して記事を書いてみる
  3. ブログ記事をポートフォリオに案件を受注
  4. 記事の検索順位から改善点を分析する
  5. 分析を次回の執筆に活かす

それでは順番に解説します!

1.基礎知識をインプット

Webの文章は紙媒体の文章とは書き方が異なります。自分の執筆した記事が「情報を探している人」にアクセスされ、最後まで読んでもらうのは簡単ではありません。Webライティングならではの覚えるべき知識があります。

覚えるべき知識とは「タイトルのつけ方」といったWebライティング特有のルールや「SEO」などです。まずはWebサイトや書籍などで勉強して、Webライターが覚えるべき基本的な知識をインプットしましょう。

2.ブログを開設して記事を書いてみる

知識をため込んでいるだけでは成長しません。学んだ知識をアウトプットしましょう。

とはいえ、記事を全く作成したことがない状態で、ライターとして案件を受注するのは少々ハードルが高いと思います。そこでブログを開設して記事を書いてみるのがおすすめです。

最初は自分の好きな分野で良いので書いてみましょう。実際に記事を書いてみることで、書くこと自体に慣れてきます。

3.ブログ記事をポートフォリオに案件を受注

書いた記事はポートフォリオになります。ポートフォリオとはクライアントに対して自分をアピールするために実績をまとめた資料です。特に初心者Webライターは執筆実績が少ないので、ブログをポートフォリオにすることはおすすめです。

趣味や本業に関するテーマであれば、初心者でも質の高い記事が作れるはずです。ポートフォリオができたら、ランサーズやクラウドワークスなどのサイトに登録して案件を受注しましょう。

4.記事の検索順位から改善点を分析する

ライターとして書いた記事もブログに書いた記事も、しっかりと検証して改善していきましょう。

Googleサーチコンソールなどのツールで検索順位を確認することが可能です。

「検索上位の記事」と「上位に入らなかった記事」それぞれを分析して、自分の記事の「良かった点」「悪かった点」を分析しましょう。

5.分析を次回の執筆に活かす

自分の書いた記事が分析できたら、反省点を次の執筆に活かしましょう。ブログ記事であればリライトも可能です。自分自身で記事を改善した経験はスキルアップに繋がります。

いずれにしても、ライターとして「指摘・修正を受けたポイント」とブログを「自身で改善したポイント」は自分の弱点です。資料にまとめていつでも見られるようにしておきましょう。

最速で稼げるWebライターになるにはWriting Hacks

勉強手順を確認した上で、最後にもう一度紹介させていただきます。Webライターが勉強すべき項目をすべて盛り込んだWriting Hacksは自信をもっておすすめできます!

  • 30人以上のWebライターを育ててきたノウハウがつまった教材
  • Webライティングの基礎からSEO対策に取材記事の書き方まで徹底解説
  • スライドと解説による理解しやすい講義形式
  • 記事構成の作成作業が見られる
  • 動画教材なので好きな時間に何回でも見て復習できる
  • アウトプットの機会として計3回の添削サービスがある
  • 実績あるライターの手厚いフィードバックが受けられる
  • 期間無制限の質問し放題

Webライター業界は、まだまだスキルの高いライターが不足している状況です。Writing Hacksでスキルを爆上げすれば、一気にライターとしての市場価値が高まります。

そのためのサポートは惜しみません!是非ともWritingHacksで勉強して、稼げるWebライターになってください!