沖ケイタのプロフィールはこちら

【無料】就活・転職に役立つ自己分析ツール8選【実際に使ってみた】

907 views

どうも!当ブログのハイパーアシスタントの中村創(@soooo_nakamura)です。

断言しましょう。
就活、転職で一番大切なのは自己分析です!

自分に特徴や適性がわからないまま、就活をするのはゴールがわからないままマラソンを走っているのと一緒。

めんどくさがる人も多いですが、まずは自己分析をしっかり行うことが就活、転職活動の第一歩です。

この記事では無料で使えるものを中心に自己分析ツールを9つ紹介します。せひお役立てください!

自己分析ツール適職診断MATCH

引用:https://job.mynavi.jp/19/pc/forward/forwardMatch/index

【所要時間】
パーソナリティ診断 5分
バリュー診断 5分
合計 10分

自己分析ツール適職診断MATCHの特徴

MATCHの診断の特徴は診断自体が2つのパートに分かれていることが特徴です。

1つ目はパーナリティ診断です。これは基本的な自己分析サービスと同様にあなたがどんな性格を持っているかを知ることができます。

2つ目はバリュー診断です。達成・成長・調和・規範と大きく4つの大枠が細分化されて13の項目であなたのシゴトに求める価値観を明らかにしていきます。

このようなグラフで見ることで、自分のどの部分が強みでどの部分が弱みなのかが一目でわかります。

またこの2つの診断を元に、下の3項目を見ることができます。

  • 総合診断&ワークショップ
  • 91職種で見る適正ランキング
  • 48業界で見る適正ランキング

(下の画像は48業界で見る適正ランキング)

これらのランキングが他のサービスにないMATCHの1番の強みと言うことができます。
自分が適していないと思った職種が意外にも上位にいたり、自分が絶対適していると思った業界がそこまで高くなかったりします。
そういう意味でかなり活躍できるデータを得れる項目になっています。

自己分析ツール適職診断MATCHの感想

かなり多くの情報を得れるのですごく役立つなという印象です。
質問自体もこれまであまり考えたことないなと思うものが多かった気がします。

また48業界で見る適正ランキングは、「業界とかよくわからない」「どの業界を見ていけばいいの?」と思っている人にぴったりです!

ちなみにバリュー診断で僕の安定性は1、冒険性は8でした。
とりあえず旅に出ようと思います←

 

 

リクナビ診断

引用:https://job.rikunabi.com/2019/contents/useful/

【所要時間】
7分

リクナビ診断の特徴

リクナビ診断はあなたに向いている仕事を3つ教えてくれます。
例えば僕の場合はこの3つ。

具体的な職業を知るというよりは、あなたの場合はどのようなポジション・部署が向いているのか、どんなことに気をつけて会社を選べばいいのかのアドバイスをもらえるといった形です。

初めて自己分析をする人にとっては、今後の就活を考える最初の一歩になりうる診断です。

少し問題の特徴についても説明します。
リクナビ診断では合計で110もの問題が用意されています。
問題は主に前半部分と後半部分から構成されており、問題のタイプが異なっています。 前半部分は問いに対して自分が、「あてはまる」・「あてはまらない」の基準のもとで回答する形です。

一方で後半部分は、ほぼ真反対の特徴をもつ「A」か「B」かどちらの傾向が強いのか問われます。

問われている質問は日常的な行動や考え方が中心です。

リクナビ診断の感想

中学や高校で受けたことのあるようなアンケートに似ていました。
基本的で難しい質問は少ないので、問題数のわりにはサクサク進めることができますね。

あなたの傾向の部分で確かにそうだなと納得のいく点が多く、仕事選びのアドバイスもすんなり心に響きました。

リクナビはインターンシップや実際の就活の際に多くの方が登録するので一度はリクナビ診断に挑戦してみる価値ありです。

 

 

エニアグラム

引用:http://shining.main.jp/eniatest.html

【所要時間】
10分

エニアグラムの特徴

エニアグラムは個人の特性を9つのタイプに分類します。「エニアグラム」という言葉は、ギリシャ語で「9」の意味を持つ「エネア」と「図」の意味を持つ「グラム」の合成語で「9つの点を持った図」を意味します。

引用:http://shining.main.jp/enneagram/index.html

以上のように、9つのタイプから一番自分に適したタイプを診断を踏まえた得点をもとに選択する形です。

この診断がおもしろいのは、自分が20歳以下の時にどうだったか考えて回答するという条件があることです。というのも20歳以下がその人の本質という前提を持っているからです。これは驚き!

結果の部分でも他とは異なります。この診断では特にマイナス面やその性格を持つが故の問題点を詳細に知ることができます。問題点に関してはその数はなんと13にものぼります。

あえて強みではなく突っ込まれる可能性のある自分の弱点を客観的に見つめたいときに非常に活用できそうです。

エニアグラムの感想

20歳以下だった時どうだったか考えてとありますが、20歳の僕からしたらそのまま回答できるので良かったです。

かなり年上の方がやると、少し結果に違いが出そう!笑
ちなみにこの診断で、ぼくは楽天家という診断が出ました。

問題点を読めば読むほど、言ってる通りの方法で迷惑かけてること多いなと改めて思うことが多かったです。色んなことに興味津々なので集中力が散漫になるとかその通り過ぎる…笑

ここまで見通されてるのかともはや怖さすら感じました。これを機に接し方を変えたいと改めて思いました!

 

 

ストレングスファインダー

【所要時間】
20分

ストレングスファインダーの特徴

他サービスとは違い、有料の自己分析サービスとなっています。
有料といえど、本がついてて自己分析もできるという仕組みなので本としても活用することができます。

有料だからなのか、質問数は驚異の177問!
思わずなんのテストだと思ってしまうほどのボリュームです。

しかしその問題数と過去数十年のデータベースを元に出る診断結果は非常に精度が高いと自信を持って言える自己分析サービスです。
今では企業の研修にも使われてるほど有名です。

診断結果は厳選された34の資質の中からあなたの強み5つに焦点を当てたものになっています。

強みの資質については詳細に説明しているだけではありません。今後どのような行動を取るべきなのかについても意見をもらうことができます。

自分の上位5つの資質がわかり、今後強みはなんですか?と言われた時に即答できるようになります。間違いなく!

ストレングスファインダーの感想

問題数は多かったですが、やってみて良かったです。なぜならこの強みの5つは今後も自信を持っていけると思えるからです。

また自分の特性を踏まえた上でどんな人と組むといいかのアイデアも得ることができ、今後に生かせることが多い印象です。

それにしても強みに焦点を当てると単純にやってて楽しいです!笑嫌なこと言われないし笑

ストレングスファインダーは下の記事でも詳細に説明しています!

 

スポンサーリンク

グッドポイント診断

引用:https://next.rikunabi.com/rnc/docs/cp_s11012.jsp?pr_nm=001-lp&vos=nrnnaeight00101

【所要時間】
20分

グッドポイント診断の特徴

何と言っても最大の特徴は無料診断にも関わらず、質問数が圧巻の293問という点です。

多い!盛りだくさんです!

かなりの問題数が用意されている一方で、1つ1つの問題自体は基本的でわかりやすく、短文のものばかりです。

また診断結果は、18種類の中から選択された5つの強みを紹介してくれます。
つまり、8568通りの中からあなたの本当の長所を知ることができるのです。

そこまで詳細ではないですが、基本的なところを抑えるのには情報量が多すぎず、非常に丁度いいです。

転職を考えている人は、就活をする際にやった自己分析の結果とかなり変わってるかもしれないので一度挑戦してみることをオススメします!

グッドポイント診断は無料の自己診断ツールの中では最上級の完成度なので、ぜひ一度やってみてください!

グッドポイント診断の感想

かなり問題数が多いなという印象でしたが結論はスッキリしていてわかりやすかったです。アスパラベーコン系男子みたいな自己分析サービスです笑

あまり他の自己分析では出てこなかったような”自立”や”高揚感”といった要素がでてきました。

出てきたからには、とりあえず自立しようと思います…笑

 

OFFER BOX AnalyzeU+

引用:http://offerbox.jp/howto/8267.html

【所要時間】
10分

OFFER BOX AnalyzeU+ の特徴

基本的な自己分析っぽい質問が多いです。 合計100問とかなりボリュームがありますが、そこまで難しい質問はあまりないのでサクサク回答することができます。

結果に関しては自分の強みと弱みが100ポイント中何ポイントか定量的な観点で見れるので参考にしやすいです。

この適性診断ならではの独自の特徴は、なんと最大30人まで、他の人に自分の自己分析をしてもらうことができる点です!

ここまで適性診断について述べて来ましたが、このOFFER BOXの一番の強みは適性診断ではありません。
基本情報や自己PR・留学などの項目を埋めるユニーク情報、そしてこの適性診断の3つを完成させることによって、企業からオファーをもらうことができます。

言ってしまえば自己分析として適性診断を実行するのはオファーをもらうための過程とも言えます。

OFFER BOX AnalyzeU+の感想

やはり他人に自己分析をしてもらえるので、今までとは違った視点で自分を見つめ直すことができます。なかなか頼みにくいかもしれないですが、自分のことをよく知っている人からの意見は非常に貴重な分析材料になります。また弱みもわかります。

僕はじっくり考えない点と他者に尽くす姿勢が弱いと出て来たので、今後は意識して行動していきたいと感じました。

 

 

キャリタスクエスト

引用:https://quest.career-tasu.jp/

【所要時間】
1分30秒

キャリスタクエストの特徴

キャリタスクエストは自己分析をしたいけども問題数が多くて硬い真面目な質問に答えるのはめんどくさいという人にピッタリの自己分析サービスです。

ゲームのキャラクターがモチーフになっており、 所要時間も1分30秒なのでサクッとできちゃいます。
なんといってもキャリタスクエストの一番の強みは面白さです。
最後にはキャラ基本性格が表示されるので今後あなたがゲームでキャラクターを選ぶ際のヒントにもなるかも…?

もしもキャラの能力にあった働き方を見たい場合は登録して確認できます!

キャリスタクエストの感想

僕のキャラクターは光源氏っぽい山賊でした。もう一度いいます。ぼく山賊です(笑)

本当にゲームをしている感覚なので自己分析しなきゃいけないというめんどくささや義務感がありません。

それにもかかわらず、就活の際にも参考になるような情報をもらえるので一石二鳥です。 これに関しては就活生じゃない人も楽しめるサービスになっています。

 

 

m-gram超精密性格診断

引用:https://m-gram.com/personality

【所要時間】
10分

m-gram超精密性格診断の特徴

m-gramの特徴は何と言っても、その人を構成している8つの性格を楽しく気軽に診断できるという点です。

簡単にすらすら答えられる質問が105問あり、全44種類の中からあなたに見合う性格8項目をピックアップしてくれます。

8つの性格自体もわかりやすいものばかりなので、自分がどんな性格をしているのか単純明快です。

また深層性格で、より詳細に説明を得ることができ、相性が良い相手と知り合う確率も知ることができます!ふざけたように聞こえますが、真面目に確率を教えてくれます。これは使える!笑

個人的には自己分析と言いながらもかなりポップでカジュアルなものとなっています。

どちらかといえば、就活などに使う自己分析というよりは、自分がどんな性格をしているか再確認できるエンターテイメン的要素が強いかなと感じます!

友達同士でやって、SNSなどで共有しても面白いかもしれませんね。

m-gram超精密性格診断の感想

僕の診断結果がこちらです。

占いをやる感覚で楽しくできました。

最後に出てくる8性格はすぐSNSに投稿してみんなとシェアしたくなるようなカジュアルさがあります。
その一方で、深層性格の欄に記載されていることが、的確すぎて正直驚きました

相性のいい相手の存在確率は781人に1人。これは一体いい数字なのか否か…
あとぼく、寂しがり屋らしいです。てへぺろ。

 

 

ライター:中村創
Twitter:@soooo_nakamura
ブログ:くりえいと