沖ケイタのプロフィールはこちら

自分に自信がない人が簡単に自信満々になる3つの発想法

227 views

「不安でたまりません。どうやったら自分に自信がもてますか?」

そんな内容のメッセージが僕のツイッターに届きました。
自信かぁ〜。確かに僕は自信満々で、なんなら自分のことを天才だと思っている←

いや。天才だ。間違いない。

けど、自分が小さい時からそうだったかと言われると全くそんなことなくて、むしろ劣等感の塊だった。
高校の時なんかそれが激しくて、マジで死にそうになった。部活動ではレギュラーはとれない。偏差値は40。女の子にモテない(それどころか、ほぼ男子校だから教室には男子しかいない)
公立の高校に通って青春を謳歌している高校生が本当に羨ましかったし、何なら今でも羨ましい。

そんな僕が自称天才を名乗っちゃうくらい、自信満々になったのはきっと考え方が変わったからで、そこにはきっと理由があるわけで。

この記事ではそんな僕の発想のしかたを頭の中から引っ張り出して、3つにまとめてみました。

スポンサーリンク

自分よりすごい人とは比べない。自分の成長に自己陶酔する

とにかく自分より優れている人と比べるのはやめましょう。
自信を失うだけです。そんなのはシカトでいいんです。

それよりも過去の自分と比べましょう
そして、ほんのちょっとでもいいから成長していたら思いっきり自己陶酔に浸りましょう。

僕はブログを書いて、そのお金で生活しているのですが、ブログって最初は全く読まれないんですよ。
1日に10人とかですよ。いっぽう、すごいブロガーになると、1日に何万人からも読まれたりします。そんなの人と比べてたら、自信を喪失するのは当たり前です。

なので、僕はそんなすごい人はシカトして、ひたすら過去のアクセスすと比較していました。

お!今日は13人から見られてる!すげー!昨日よりも3人も多いじゃん!うひょー!

本当にこれくらいのレベルで自己陶酔に浸りましょう。
ちょっとの変化でも思いっきり喜びましょう。
これけっこう楽しいですよ笑

自分より劣っている人とは思いっきり比べる

先ほど、「自分よりすごい人とは比べるな」と言いましたが、自分より劣っている人とは思いっきり比べてください。見下すわけではないですよ。

「ふふふ。君も頑張っているけど、やはり俺の方がすごいぜ。」

僕はことある毎にこんなことばっかり考えています。
我ながら本当に性格が悪い笑

自分の成長だけに自信の拠り所を置いていると、調子が悪い時につられて自信もなくなります。

「自分の下ばっかり見るな!」と言われるかもしれませんが、僕はよく下を見ています。

下を見て、自分のポジションを確認し、自信を持って上を目指す!
と言えば聞こえが良いかもしれません←

スポンサーリンク

苦手なことはやらずに得意なことだけやる

自分が周りよりも優れている環境だけに飛び込めば自然と自信がつきます。

例えば、僕はサッカーは絶対にやりません。バスケもやりません。
苦手だから。

けど、野球はやるし、ラケット競技は全部やるし、ビリヤードやカラオケもやります。
得意だから。

日本人ってなぜか「弱点は克服しないといけない!」、「苦手なことから逃げてはダメだ!」みたいな風潮がありますが、思いっきり逃げましょう。

自分の苦手なことをなるべく排除して、得意なことだけで自分を埋め尽くせば、自信もつきますし楽しいですよ。

結局は自信なんて主観だ。今すぐにでも自信満々になれる

「自信がある/ない」なんていうのは結局は主観なんです。「自信満々検定3級!」なんていうものは存在しないわけで、あなたが自信があると思えば、それで全て解決します。

だから、都合良く考えて、うまく自分をのせてあげればいんです。

ここでは僕の発想法を3つ紹介しましたが、あなたオリジナルの考え方もぜひ探して見てください!