【3日間限定の特別特典あり】未経験から稼げるWebライターを目指すWriting Hacksがリリースです

時間と場所に縛られずに働きたい人

未経験から副業でWebライターを始めたい人

現在Webライターで稼げずに困っている人

個人の力で月収100万円を達成したい人

短期間でWebライターとして独立したい人

ライティングを習得してビジネス戦闘力を爆上げしたい人

一生食いっぱぐれないライティングというスキルと思考を身につけたい人

最速でフリーランスとして独立したい人

 

こんな人に向けて最短最速で結果を出すために作った教材「Writing Hacks」の紹介をします!

教材の詳細は後ほど詳しく語りますが、概要はこんな感じです。

  • 全70本以上の動画教材
  • 期間無制限のLINEでの質問対応
  • 全3回の記事添削
  • 卒業者はWriting Hacks卒業生ページへ掲載(お仕事の営業時に使えます)
  • 卒業生限定のグループにてお仕事の共有
  • より優秀なWebライターは弊社Webライター軍団「沖プロ」の案件を紹介

 

僕が今まで

  • 100人以上のWebライターと仕事をして
  • 現在も約50人のライター集団を束ねて
  • 20社以上のWebメディアの記事制作とSEOコンサルを受注し
  • 僕個人でもブログで数千万円以上稼いできた

その全ての経験とスキルを全部ぶち込んで「Webライターが最速でスキルを身につけられる教材」として作り込んだのが今回リリースするWriting Hacksになります。

こちらも後ほど紹介しますが、Writing Hacksを受講して現在Webライターとして活躍している人の口コミをいくつか紹介します。

決して楽ではありませんが、しっかりと取り組んだ人は短期間で教材費用を回収するどころか、ライター収入を爆上げしています。

 

さて、ここから僕の伝えたい事をガンガン書き殴っていきたいのですが、ここで1つ注意。以下に該当する人はこの場でこのページを消して、この教材の購入を断念してください。

注意

・楽して稼ぎたい人
→決して楽ではありません。しかし、受験勉強や部活で全国大会に出ることと比べたら楽です。それくらいの気持ちを持ってくれている人のみ購入してください。

・1日に15分程度しか学習時間を確保できない人
→さすがに少なすぎます。最低でも1日30分程度の学習時間を確保できない人は購入しないでください。

・PCを持っていない人
→スマホでも動画教材は閲覧できますが、記事の添削及び実際のWebライターの業務にPCは必須です。PCを持っていない人はまずはそちらの購入をしてください。

さて、以上の注意事項を確認した人のみ、この後を読み進めてください。

Webライターの世界はトキワの森。ヌルゲーすぎる

あえて言葉を選ばずに言いますが、Webライターの世界はぬるいです。ポケモンでいうならトキワの森で、Webライターはキャタピー。少しレベルをあげたピカチュウで無双できてしまうレベルです。

その上にリスクは0です。初期費用もほぼかかりません。

デザイナーや動画編集者はAdobeなどのソフト購入、有料フォント、スペックの高いPCなど数10万レベルの初期投資がかかります。未経験からエンジニアを目指す人は50万円以上のプログラミングスクールに通います。

けど、Webライターの初期投資はほぼ0円。強いていうならWordPressの費用くらい(これも絶対じゃない)月に数百円ほどの出費です。

Webライター業界はローリスクなのにライバルが激弱という謎の現象が起きています。

実際に弊社のWebライター、ディレクターも未経験から短期間で独立をしている人が数多くいます。

度々、例に出しますが弊社のディレクターであり、Writing Hacksの講師でもある原は30代未経験の状態からスタートして1年で月収100万円を達成しています。Webライターになる前はバスガイドさんでした。

他にも僕の編プロで研修を積んで会社を辞めて独立したライターさんはたくさんいます。

別に「3年間死ぬほど努力しろ!とか「1万時間の法則!」とか、言いません。
「毎日1〜2時間を捻出して、正しい学び方をしましょうね」ってレベルの努力を求めています。そしたら3ヶ月後には変化が起きて、半年後には収入が上がって、1年後には生活が変わります。

しかも、スキルのあるWebライターは色違いのポケモンくらいレアなので、案件が途切れることがありません。僕の周りのライターさんでも「もう2年以上は営業してないですね〜」なんて人もザラにいます。

さてさて。なんで、こんなヌルゲー現象が起きているのか?理由は以下の通り。

  • そもそも何を学べばいいかわからない
  • 体系的にWebライティングについて学べる教材が少ない
  • そもそも教えられる人が少ない
  • 文章を書くというハードルの低さが学習意欲の低下を招いている

需要に対して、供給側がこんなにも問題を抱えている業界も珍しいと思います。

だからこそ、しっかり学んだ人が、短期間で結果が出てしまうボーナスステージなんです。

Webライター業界はレッドオーシャンに見えるからこそチャンス

「ヌルゲーとか嘘でしょ?Webライターって既にたくさんいるから厳しいよね?」って言ってる人もいます。

これ、半分本当で半分嘘。

たしかにWebライターはたくさんいるけど、全然厳しくない。もう一度言います。ぬるい。あまい。

先ほど、Webライター業界をトキワの森、Webライターをキャタピーに例えましたが…このキャタピーの量が異常という状況です。つまり「ライターはたくさんいる。けど仕事できるレベルのスキルを持った人はまだまだ少ないからヌルゲーだよ」と言うことが伝えたかったんです。

実はこの状況もあなたにとっては超美味しい状況なんです。

だって、実際は稼ぎやすい業界なのに、外から見たら「ライターって人が多いからレッドオーシャン」って思われてるので、新規参入する人が勝手に減っていきます

いまや各企業が当たり前のようにメディアを作る時代です。Webライターの需要もかなり高まっているのに、この状態。

正直に言って、異常なくらいぬるいです。

エンジニアは平日は仕事で学び、土日も自習してやっと3〜4年後にフリーランスで月収40〜50万円って世界なのに、Webライターはマジでこんなんで良いのかって思うレベルです。

もはや怒ってます。マジで。

粗悪なWebライターを量産するライター教材

こんなにWebライター業界全体のスキルレベルが低いのにも理由があります。

それが「営業至上主義のライター教材・講座の増加」です。

僕もWriting Hacksというライター教材の講師を務めているのでわかるのですがライター教材は「初心者でも初月から20万円!仕事が途切れない営業術」みたいな売り出し方した方が儲かるんですよ。

  • 簡単そう
  • すぐに結果が出そう

この辺の人間の欲望を刺激すれば、そりゃあ売れます。Writing Hacksもそんなコンセプトにすれば初動でもっと売れたかもしれません(長期で見たらよくない戦略です)

けどこれって完全に「釣りの教え方を教えずに魚を与える」の典型なんですよね。

こういった「営業至上主義の教材」で学んだWebライターさんは大体月収20〜30万円くらいで頭打ちになって苦しんでいます。

当たり前です。スキルが低いので

  • 単価が上がらない
  • 案件が継続しない
  • 新規案件獲得に時間がとられる

この負のループに突入するので、すぐに限界がきます。そう言う意味では彼らも被害者なわけです。

僕は甘い言葉をかけたりしません。

Webライターは楽ではありません。スキルを身につける必要があります。しかし、身につけた先の世界はイージーゲームです。ちゃんと魚の釣り方を学びたい人はWriting Hacksをご検討ください。

なぜWriting Hacksは最短で結果が出るのか?最近のWebライターの教材に物申す(ひっそりとね)

これは僕のLINEに登録している人だけしか、見ていないので、もうちょっと本音で喋りますね。

実はWriting Hacksがリリースした後に「スキルに目を向けたWebライター教材」って増えたんですよ。リリース時に爆発的に伸びて口コミも異常な数がTwitterに上がって目立ったから、他の人も「これは俺もスキル特化型教材を作れば儲かるのでは?」と思ったのでしょう(笑)

もちろん、その発想自体は素晴らしいと思います。スキル向上に目を向けた教材が増えてくれるのは嬉しいです。しかし、僕もこっそり買ったりしたことあるのですが「うーん」って感じです。その教材を使って稼げたという話もあまり聞きません。

またWriting Hacksの受講生からも「他の〇〇の添削も受けましたけど、正直Writing Hacksの方が数倍よかったです」みたいな声もいただいています。

さっきから悪口っぽく聞こえてしまっていたら申し訳ないですが、僕は他のWebライターが作る教材には絶対に負けない圧倒的な自信と実績があります

僕は記事を書いても上位表示しないと1円も稼げないブログアフィリエイトの世界でもう7年以上生き残っています。アフィリエイトだけで数千万円以上の報酬も上げていて、法人化もしています。

1記事に何十時間もかけてリサーチと分析を積み重ねて、何十回も書き直して効果測定して、それでも上がらない時があって…けど、上がらないと飢え死にするから、それでも頑張って

そんな世界にずっと身を置いてきました。

それでいてWebライターさんもたくさん雇ってきました、いろんな人を教育してきた中で、最短最速でスキルを伸ばしてもらうノウハウも獲得しました。だって、そうじゃないと僕は生き残れないんですよ。

他の教材を出しているWebライターさんを罵倒したいわけではありません。彼らも色々な苦労と努力があって今があり、教材を出していると思います。

けど、僕ほどWebライティングに精通して、それを教材まで落とし込んでいる人はいません。これは言い切れます。だって力をつけてきた環境が違うので

それを全てぶち込んだ教材がWriting Hacksなので、ちゃんと取り組んだ人は結果が出ます。

これは魔法でも、宗教でも、奇跡でもなんでもなく、当たり前なんです。ただただ当たり前。

正しく学んで、正しく稼いで、しっかり市場に価値提供してほしい

僕みたいな教材を出している人はたまに叩かれます。

「本当に稼げるなら自分でやっているはず!わざわざライバルを増やすようなことはしない!!!」みたいことを言われますね。

まぁ、そうっぽく聞こえますよね。

しかし、Webライターの業界に限っては違います。スキルがあるWebライターが増えれば、1人あたりの単価は上昇していきます

今のWebライター業界はあまりにも書けない人が多いから

  • 単価を抑えて採用する(リスクヘッジ)
  • 構成作成者を別につける
  • 優秀な編集者をつける

など、色々な要因でWebライターに回ってくるお金が下止まりしている状況です。

しかし、優秀なWebライターの獲得が容易になれば

  • 採用コスト激減
  • 構成作成者は不要
  • 編集者のコスト激減

この分のお金がライターに回ってきます。

あ、もちろんスキルの低いWebライターは排除されますよ。つまり、スキルの低いライターが搾取していた報酬がハイレベルなライターに再配分される世界線に突入します。

だから、Webライターを50人以上抱えている僕としては、優秀なライターが市場に増えるのはプラス。

だからみんな学んで、スキルつけて、力のある人だけしっかり稼げる世界にしようぜ!!!ってシンプルな話なんです。

 

本当はここまでの内容をもっと端的に伝える予定だったのですが、つい気持ちが入ってしまって…熱く語りすぎました。

以下にWriting Hacksの教材内容について詳しくまとめました。気になる方だけどうぞ。

Writing Hacksの教材内容

料金69,800円(税込)
講師沖ケイタ
原千明
辻川倖平
教材内容・全70本以上の動画講義
・LINEでの質問回答(無期限)
・計3回の記事添削サービス
・卒業生はWriting Hacks卒業名簿ページへの掲載
・卒業生限定グループにて仕事の共有
・優秀な卒業生は沖プロに招待

全70本以上の動画講義

第0章 はじめに
第1章 クライアントから求められるライターとは?
第2章 記事タイトルの付け方
第3章 リード文の書き方
第4章 見出しの書き方
第5章 Webで文章を書くときに意識すること
第6章 SEO基礎講座
第7章 SEO実践講座
第8章 仕事の取り方単価交渉の仕方
第9章 リライト案件の受け方
第10章 取材記事の執筆方法
第11章 執筆を最速&高品質でこなす方法
第12章 仕事の取れる「ソフトスキル」の高め方

LINEでの質問回答(無期限)

Writing Hacks専用のLINEにていつでも質問を受け付けております(2日以内に回答)

  • 動画講義で分からなかったところ
  • 仕事を獲得するうえでの悩み
  • クライアントとのやりとりで疑問に思ったこと

など、いつでも気軽に質問できます。LINEの質問回答サービスに期限はありません。購入していただいてから、ずーっと使えます。追加料金も発生しません。

計3回の添削サービス

Writing Hacksでは計3回の添削を行なっています(3回提出したら卒業名簿に掲載)

正直に言って、この添削が一番スキルアップにつながります。あなたの記事を実際に見て、改善点を直接FBするので、成長の速度が爆上がりします。

また、この添削に携わる者は

  • Writing Hacks講師
  • 弊社のディレクターポジションの人(ライターより上のポジション)

のみです。

つまり弊社の編プロの中でもよりハイスキルの人しか添削業務には携わることはできません。添削のクオリティがそのままスキルアップに繋がるので、かなり慎重に人選をしています。

卒業生はWriting Hacks卒業名簿ページへの掲載

計3回の添削を終えた人は「Writing Hacks卒業者名簿」に掲載しています。

Webライターとして今後活動して行く際に、案件の提案に使っていただいてOKです。

実際にWriting Hacks受講生を指名で発注したいクライアントさんも見かけるようになりました。

卒業生限定グループにて仕事の共有、優秀な卒業生は沖プロに招待

卒業生はChatworkグループにて主に沖プロ案件の共有をしています。

ハードルは高いですが、採用されれば

採用→研修→沖プロ加入

ということで、弊社の編プロの仲間として一緒に仕事をしていける道も用意しております。

こんな人におすすめ

副業としてWebライターの活動を始めたい人

Webライターは働く時間と場所に制限がないので、副業としては超おすすめです。空き時間や土日を活用して月に15〜20万ほど稼いでいる副業ライターも弊社にいました(その後会社を辞めてフリーランスになりました)

フリーランスを目指している人

Webライターはフリーランスになるハードルが低い職種の1つです。理由はもう説明済みですね。スキルのあるライバルが少なく、需要に対して供給側が追いついていないからです。

在宅で稼ぎたい主婦(主夫)の人

主婦(主夫)ライターとして活躍している人は実はたくさんいます。育児や家事の間に仕事をすることができるので、めちゃくちゃ相性が良いです。

細切れ時間があるパパ・ママにはWebライターはおすすめ。

すでにWebライターだがスキルに不安がある人

  • なかなか案件が継続しない
  • 単価が上がらない
  • 独立したが月収20〜30万円ほどで伸び悩んでいる

こんな人はまだスキルが足りていない可能性が高いです。今まで僕の発信に対して耳が痛くなることもあったかもしれませんが、それでもブロックせずこのページを見ていただきありがとうございます。

「Writing Hacksを受講して文字単価の最高記録を更新した!」というメッセージもよくいただくので、スキルに不安のあるWebライターさんにもおすすめです。

あまりリスクを取らずに自分の力で稼いでみたい人

繰り返しになりますが、Webライターは初期投資ほぼ0円でスタートすることができます。あまりリスクを取らずに稼ぎたい人にはおすすめです。

将来は起業したい人

ライティングは全ビジネスに共通したスキルです。元ブロガーで今は活躍している経営者さんが多いのもその理由です。

将来は起業したいけど、まずはスキルを身につけたいし、独立する程度のお金も稼ぎたいという人にはWebライターはおすすめです。

【本日から3日間限定】
公式LINEからのWriting Hacks購入者に特別特典をつけます

本日から3日間、LINE読者限定でWriting Hacksの購入者特典をつけます!

「沖ケイタの添削事例×3」を特典とします。僕が過去にWebライターの記事を実際に添削したものをそのまま残しています。

  • どんなフィードバックを送っているのか?
  • 修正の理由は何か?
  • 沖ケイタの編集後の記事はどう変わっているのか?

全て丸々記録しているので、ぜひお役立てください。

受け取り方法はLINEに記載しています。

※既にWriting Hacksを購入している方も本日から3日間は受け取れます!LINEにて受け取り方法をご確認ください

Writing Hacks受講者の声

>>その他の受講生の口コミもチェック

Q&A

Q. 返金保証はありますか?

A. ありません。よく検討した上でご購入ください。

Q.Writing Hacksはブログ運営にも役立ちますか?

あくまでWebライターとしてのスキルアップに重点を置いた教材ですが、ブロガーさんからも好評を得ています(特に添削と質問機能)

僕自身が、アフィリエイトで数千万円を稼いだ実績があるので、マネタイズ周りの質問も答えることができます。

購入の際の判断材料にしていただければ。

Q. 完全未経験でもWriting Hacksは受講可能ですか?

もちろん可能です。むしろ購入者の2〜3割は完全に未経験の方です。
実際に未経験からWriting HacksをきっかけにWebライターとして活躍し、沖プロに所属している人もいます。

ただし、Writing Hacksは「クラウドワークスの登録方法」のようなググれば誰でもわかるような情報を1から教えたりはしていません。初歩的なことは自分で調べられる人のみご購入ください。

最後に

世の中には「教材作って稼げればなんでもOK!!!」みたいな発想でセールスをかけている人がたくさんいますが、僕はそういうの嫌いです。

ここまで読み進めてくれたあなたならわかると思いますが、僕はLINEやマガジンのなかでしきりに

  • ブロックしてください!
  • Webライターは楽して稼げる仕事ではありません!
  • 〜な人は購入しないでください!

と、呼びかけていました。もはや売る気あるのかよってレベルですよね(笑)

ただ、僕は本当にやる気があってリテラシーの高い人にWriting Hacksを購入していただきたいんです

なぜなら、それがWebライター業界全体のスキル向上につながるから……と、綺麗事も言いたいし、もちろんその思いもあるのですが、本当は違います。

僕はWriting Hacksを通して一緒に働けるWebライターをたくさん発掘したいんです。実際にWriting Hacksから多くの人が沖プロに加入してくれています。

みなさんモチベーション高くWriting Hacksで学習してくれた人たちなので、スキル面でも仕事への取り組む姿勢も素晴らしく、とても助かっています。

なので、繰り返しになるのですが、やる気があってリテラシーの高い人にしか購入して欲しくないんです。だって、そうじゃない人とは一緒に働きたくないですもん。

もちろん、他の案件で活躍している人たちもたくさんいますし、そういった人たちが「Writing Hacksで学びました!」とTwitterなどで発言してくれるのはめちゃくちゃ嬉しいです。

「Writing Hacks受講生なら安心して仕事を任せられるな」ってクライアントから思ってもらえる世界線を目指しているので、僕はとにかく受講生の人間性にこだわりたいんです

わがままですよね(笑)

ただ、これが本音です。こんな「講座案内ありかよ笑」って自分でも思っていますが、自分の伝えたいことを100%表現できたので満足です。

それではWriting Hacksでスキルを磨いて、一緒にWebライター業界を変えていきましょう。では。