動画編集者にオワコンマウントされた話

動画編集者のAさん
「Webライター?ああ。もうそろそろオワコンですよね。これからは動画の時代なので」

沖ケイタ
「ああああああんんんんんんん????ふざけんなよ????」(心の中の声)

どうも。沖ケイタです。こないだ参加したオフ会で謎にマウントを取られたので、ここで吐き出します(笑)

そこはWeb系のフリーランスや経営者が多く参加したオフ会だったのですが、隣にいた動画編集者のAさんにマウントを取られました。まぁお酒が入ってたのもあるし、ちょっと空気読めない系だったのであまり気にしてません。

その人曰く「これからは動画の時代!テキストはなくなる!だからライターはオワコン」という理論らしいです。まぁ言いたいことはわかりますよ。

しかし、これに対して今日は僕の意見を語っていきます。
結論「たとえWebライターはオワコンになったとしても、Webライティングのスキルはオワコンにならない」です。

解説していきますね。

あ、ちなみに僕はAさんに対しては「そうかもしれないですね〜あはは。」くらいしか返していないです(笑)

僕はこういう人に対して論破しようとか、正しい意見を言おうとかそういう気持ちないんですよ。だって僕の人生で関係ない人なので。だからどうなってもいいんです。親切じゃないですよね(笑)

けど

「僕の意見を聞きたい」

「ケイタさんの発信をいつも見ている」

「本気で人生変えたい(という気概が伝わってくる)」

こんな人ならアドバイスします。その人なりに必死にもがいて、頑張って、その途中に僕がいるわけですから、こんな嬉しいことはありません。つまりこのLINEを読んでいるあなたのことです。

なので、僕も無料で情報を発信し続けます。

全員を救おうという崇高な気持ちはありません。僕のこと気にかけてくれている人だけ幸せにしたい。

あ、話それましたね(笑)それでは本編どうぞ!

Webライターがオワコンじゃない3つの理由

オワコンじゃない理由は大きく分けて3つです。

  1. 検索需要は爆上がり中
  2. 動画においてもライティングスキルは役立つ
  3. ライティングスキル=ビジネス戦闘力

順に解説していきますね。

1. 検索需要は爆上がり中

「テキストはオワコン!」って言っている人がいますが、特に根拠はないんですよね。感覚的に言ってるだけです。

ちなみに世界の検索数は年々爆上がりしています。2016年の時点でかなり少ない推定値で年間2兆回らしいです。これ2006年から比較すると約30倍。

超エグい成長しているんですよ。これ無視して「テキストオワコン!」はちょい無理があるかと。

「若年層の検索離れ」は確かにありますが、モバイルの普及率が比にならないので、検索数は上がっているかもしれないですね。あとは高齢層の「ググる」が一般的になったのも言えます。

「この世からスマホが無くなる」的な技術革新があれば別ですが、まだまだ今の現状で「テキストオワコン」は時期尚早かと。

2. 動画においてもライティングスキルは役立つ

もしこの世の全てのコンテンツが動画に置き換わったとしても(ないけど)ライティングの力はオワコンになりません。

動画を作るって実は以下のスキルが求められるんですよ。

  • わかりやすく伝えるトーク
  • 読者を離脱させないようなトーク
  • 1動画で伝えるべき情報の切り抜き方

これって結局Webライティングと変わんないんですよね。多くの教育系のYouTuberは動画を撮るときにメモ、または台本を必ず作成しています。

僕もYouTubeをしていたことがあったのでわかるのですが「これって結局1記事書くのと変わらないやん」って思ったことがあります(笑)

実際にチャンネル登録者100万人超のビジネスYouTuber「まこなり社長」も撮影の際はしっかり台本を作り込んでいるようです。

また、弊社が運営している編プロ「沖プロ」でも「YouTubeの台本制作」の依頼はたまにきます。

なので、Webライティングのスキルがあれば代替になる仕事はいくらでもあるのです。まぁテキストコンテンツが全滅する未来は見えないですが。

3. ライティングスキル=ビジネス戦闘力

これはもう説明不要ですかね?前のマガジン「上場企業の敏腕マーケターに呼び出された話」でも紹介しましたね。Webライティングにはビジネスに応用できる力がたくさんあるんですよ。

  • SEO上位を取るために競合記事をリサーチする力
  • リサーチした上で読者の悩みを解決する記事の執筆
  • 読者の行動を促すようなライティング

これって全てマーケティングに通ずるものがあるって話はしましたよね。

Webライターがもしオワコンになるんだったら、別に起業しても良いし、その力を活かして転職しても良いし。なんでもいけます。

【おまけ】
動画編集の猛者もWebライティング勉強しています

これはおまけですが動画編集界のインフルエンサーの「あおさん」もこのようにライティングの重要性を説いています。てか「Writing Hacks」も購入いただいております。

このようにちゃんと業界のトップを走っている人もライティングの重要性には気づいてます。決して僕だけの妄想ではないということをお伝えして、今日は締めたいと思います。では!

質問・感想をお待ちしております

もし今回の配信に質問、感想などあればLINEにてそのまま僕に送ってください!全てにご返信できるかわかりませんが、必ず全て目を通します。

それでは本日も最後までお読みいただきありがとうございました!また明日の配信を楽しみにおまちください!

※しっかり読んでくださる方にだけLINEを送りたいので、質問・感想が全くない方にはLINEの配信を止める可能性があります。ご容赦ください